人気ブログランキング |

winter's scarecrow

タグ:大中和典(山口県)ポット ( 1 ) タグの人気記事

Tea Pot

e0158857_1737421.jpg

昨年の5月以来の、年に一度の東京での大中和典さんの展示会。
昨年と同じくポットを購入した。
煉瓦色のポット、立ち姿が新橋駅あたりの酔っぱらったオジサンみたいで愉しい。

e0158857_17444753.jpg

小田急線東北沢にある Patisserie Le Pommier でパティシエのF.マドレーヌさんが作ったマカロンを買ってきた。
以前「モンブランを一つください」と言ったら、「はい、シャモニーですね!」と笑顔で対応してくれた店だ。
モンブランと呼ぶのは日本だけみたいだ。 大久保あたりでは「モランボン」と呼ぶ。

e0158857_17554250.jpg

昨秋、青山の" うつわ楓 ” で購入した大中さんのポット。
北海道美瑛の丘の上にコロコロと転がっている牧草の塊みたいな色で、ミルクティーに合うかもしれないと想った。

e0158857_1822073.jpg
注器が好きだ。 ティーポット、片口、急須、宝瓶、鉄瓶、
ジョウロ・・・・。

お茶を淹れる順序だった儀式みたいなことが、なぜか愉しいみたいだ。
火に油を注ぐ、恋愛で悩んでいる人に「いい奴だと想うけどな、絶対!」と会ったこともない人を褒めて、恋心に油を注ぐのも好きみたいだ。


外は梅雨の暗い空、谷川俊太郎の詩に

「てんきのいいのは ふゆかいである
そらがぬけるように あおく
そよかぜがふくともなく ふいているのは
ひとをばかにしているとしかおもえない (後略)」というのがある。

そんな人をバカにしている季節があとひと月もすればやってくる。
スヤスヤと皆既月食を夢の中で見ながら眠れる梅雨の夜、一つ飛び越して、早く実りの秋が来ないかな・・・。
でも、桃だけは食べたい!!
by w-scarecrow | 2011-06-16 23:58 | Comments(2)