winter's scarecrow

ひそかなそのにぎわいに


e0158857_22222650.jpg

        
              
               夜ふけ ふと目をさましました
                    
             私の部屋の片隅で
             大輪の菊たちが起きている
             明日にはもう衰えを見せる

             この満開の美しさから出発しなければいけない
             遠い旅立ちを前にして
             どうしても眠るわけには行かない花たちが
             みんなで仕度をしていたのだ

             ひそかなそのにぎわいに




石垣りん詩集「花」 この詩はBさんへ
平成30年、昭和、大正から遠い日のいちじつ、ひそかな年明けに。


# by w-scarecrow | 2018-01-10 22:56 | そのほか | Comments(2)

成人の日だったんだ


e0158857_20161774.jpg


渋谷の街は輝いています。

そんな晴れ姿の向こうで2度目、3度目、4度目の成人式を迎えた人々が、迷路みたいな駅地下で迷子になったり、自動改札にバシッと往くてを遮られたり、109を119 と間違えたり、スペイン坂をオランダ村と言ったり、無印良品を無印洋品と勘違いしたり、20年の区切りが切々と未来図に表われてきます。


冬の冷たい雨、『 晴れ着の子たちはこの後、カクテル(居酒屋は行かないでしょ)でも飲みに行くんだろうか?水分を控えなきゃいけないよな 』と、雨に打たれての帰り道、今まで冬は好きな季節だったのにシンドイ。

「なにか春と秋ってお高くとまっていないかな、皆にちやほやされ過ぎてない」そんなことを思う。
冬だって旬の魚は目白押し、夏は滋養強壮の甘酒の季節だ。 ドラマでいえば冬彦さんもいるし、夏の青春物語は数知れず・・。

「春」と「秋」は、なにか威張っているようで嫌いだ。


東日本大震災の翌々年に結婚した仙台のカメラマンから年賀状が届いた。

当時「結婚式に来れなかったwさんへ」と結婚式のDVDが後日、送られてきた。
シラフでは観ることはちゃんちゃらできないので、ほろ酔い気分の時にポッキーをつまみながら彼の晴れの舞台を観た。
イケメンの彼の横には石原さとみ風のウエディングドレス姿の美人な新妻、BGM には中島みゆきの ♪ 糸 ♪ が流れていた。 

♪ 縦の糸はあなた 横の糸は私 逢うべき糸に出逢えることを 人は仕合わせと呼びます ♪

今年の彼の年賀状は夫婦の連名ではなく、彼のひとりの名前だった。
「うそっ?」
糸と糸とが織りなすのが人生、たぶん彼は縦糸ではなく、どっかで縦横の糸が絡んでしまったのか、糸が外れたままなのか・・。

いつか顛末を聞くことがあったら「結局、中島みゆきがいけない!」と優しい言葉をかけてみることにする。

東京は寒い雨。
今週は寒波が押し寄せるみたいだ。「春よこい♪」 


# by w-scarecrow | 2018-01-08 22:07 | そのほか | Comments(0)

八咫烏 都庁前


e0158857_21021597.jpg


1月2日、箱根駅伝の往路が東洋大が一位で優勝。

どうしても箱根駅伝が好きになれないのは昔はジープ、今はトヨタの運営管理車? なにか固い言葉になっているが監督が乗る伴走車。


e0158857_21085537.jpg

その伴走車から拡声器で選手にかけられる言葉がすごい。

「お前、男だろ!」
「腹を叩く暇があったら 走れ!」
「いいか、その一秒を削り出せ!」

まるで監督たちのダミ声は右翼の街宣車だ。 後半は浪花節に入っていく「お前がいてくれた4年間ありがとう!」

どうしてもかつての米国でのヒット作 " ROOTS" のクンタ・キンテを思い起こしてしまう。農場主との主従関係。

駅伝の走者たちにはどう聞こえているんだろう?ムチをもったトランプみたいな農場主から逃れたいの一心で走る奴はいないだろうが・・。


「中継車の方、もっと前にお願いします。これからスピード上げますんで」という謙虚な監督もいる。

青学大の原監督は、

「いいよ、そのままパフィーのリズムでいこう」
「中継所に彼女が待っているんだったら、区間記録出してみような」

箱根駅伝、伴走車に梅沢富美男が同乗しているようでうるさい、画的にもトヨタの軍団が邪魔でしょうがない。


e0158857_21330503.jpg


かつて松田優作、萩原健一、地井武男が " 太陽にほえろ " でピストルを持って走り廻っていた新宿西口公園の真ん中、都庁の真下に十二社・熊野神社がある。

今年の初詣は小田急・参宮橋駅で下車、熊野神社へ。下車する人の90%以上の人々が明治神宮方面へと消えてゆく。 

なでしこ JAPAN も出陣前にここ熊野神社に参拝し、八咫烏(やたがらす)のお守りは彼女たちのユニフォームに縫いつけられたという勝負の神様。

今年は私の住む氏神さんの代々木八幡宮でもなく、安産祈願で有名な神社でもなく勝負の神様に祈願することにした。



e0158857_21463258.jpg


まずかったのは勝負の神様に4つ5つのお願いをしてしまった。 勝負なので一点に絞ればよかった・・。

あと自分の名前と住所、郵便番号を言うのを忘れてしまった。


e0158857_00132152.jpg


小田急、京王百貨店のデパ地下は「うそ?」と思うくらいに人、人、人。
ご老人から、ベビーカーに乗る乳児まで。なにもこんな混んでる三が日に。

三が日が終わろうとしている、フラリーマンのお父さんたちも家庭から離れやっと会社へ行ける。

また日常が待っている。 八咫烏のお守りをポッケに入れ私の一日もまた始まる。



# by w-scarecrow | 2018-01-03 22:11 | 散歩 | Comments(4)

新年に



                     あけましておめでとうございます


e0158857_03361485.jpg




                     他人を励ますことはできても 
                     自分を励ますことは難しい
                     だから というべきか
                     しかし というべきか
                     自分がまだひらく花だと
                     思える間はそう思うがいい
                     少しの気恥ずかしさに耐え
                     少しの無理をしてでも
                     淡い脤やかさのなかに
                     自分を遊ばせせておくがいい


                                   吉野弘詩集「自分自身に」



「ゆく年、くる年」も終わり、ベランダで厚手のパーカーを着て芋焼酎のお湯割りを呑んでいる。そんなに寒くない。年が明けた外の空気を吸いたい。

私の住む集合住宅の部屋の殆どが灯りがついておらず、少しボリュームを上げて Suchmos を流している。

PVの映像もアナログで格好いい 軽い歌声だが薄っぺらくない、沁みるサウンド。

外は静かだ、バイクの騒音もない、人影も見えない。

自分の影も見えない。

本年も、よく解らないブログにまたお付き合いをお願いいたします。


2018 元旦


    


夜が明けるのを待ちきれなく、お雑煮で4個の餅を食べてしまいました。 旨い!



# by w-scarecrow | 2018-01-01 03:22 | そのほか | Comments(2)

さて どうしよう

e0158857_13343623.jpg


さて、どうしよう。

お雑煮さえあれば正月を過ごせる、あとは葉物野菜を買うだけ。

大晦日は一年の締めくくりにひとりカラオケで発散してこようか。

待てよ、
同じ想いでひとりカラオケにくるやからも多いかもしれない。

隣のボックスでは大久保佳代子風の女性が ♪ 恨みま~す・・♪ と中島みゆきを精魂こめて歌っている、その声が漏れ聞こえるのでは。

手前の部屋では温水洋一風の男性が ♪ 東京砂漠 ♪ を熱唱しているかもしれない。

私はその真ん中で福山雅治の ♪ 家族になろうよ ♪ を歌うには気が引ける。

帰りのエレベーターに加藤一二三名人が乗ってきたらどうしよう。

昔、大晦日の日に初めて入ったスナックで柳ジョージを歌っていたら、ノリノリのママのタンバリンがうるさくて・・すぐに店を出たことがあった。


さて、どう過ごそう晦日、大晦日・・。


# by w-scarecrow | 2017-12-29 14:06 | そのほか | Comments(4)

十二月


e0158857_22320051.jpg



” わたしの十二月はちがう。 座る。 何もしない。 そしていつもはないゆったりとした時間を自分にとりもどす月だ ”

詩人、故長田弘の師走の過ごし方。


いつもなにかにせっ突かれているような年の瀬、それを愉しむように生きてきた下町のオヤジさんたち。

シャンシャンブームで湧く上野界隈の賑わいはすごい。かつては荒巻鮭や数の子を買いにいったアメ横、今はパンダ関連商品が並ぶ。
あっちを向いてもこっちを見てもパンダ、パンダ、パンダ、店員さんの化粧もパンダっぽい。

490倍の抽選を突破した人たちが列をなしている。数分のパンダ母子のご対面にシャッター音の洪水。

インスタ映えする一枚を撮れなかった人は溜息吐息。「しょうがないから父親のリーリーでも撮っておきましょ」

と、ひとり優雅な日々をすごしているリーリーのところへ、「2,3枚撮っておけばいいかしら」


内縁の妻と実娘がどれだけ世間から騒がれているなんて知りもせず、昇ったり転がったり、スヤスヤと寝ていたり、笹の竹を職人のように上手く割ってみせたり、長田弘さんの文を想わせる。

いつか家族のご対面はあるのだろうか? 
一度くらいは実子に会せてあげたいですね。 

ラジオからはジョン・レノンの ♪Happy Christmas ♪ が流れている。

1971年、ベトナム戦争真っだ中のころ「戦争が終わる あなたが望めば・・」そんな歌詞に若者たちは反応した。 その4年後、イデオロギーの代理戦争は終わった。 数百万人の兵士と市民の犠牲の下に。

今はではなく今も、宗教、宗派の違いや異教徒や罪のない市民を巻きぞいとするテロがつづいている。

小学生のころから歴史を学んで、「この世に宗教がなければ戦争は繰り返さないじゃん」と作文にも書いた。


十二月は自分をとりもどす月、ゆったりとはできない。


# by w-scarecrow | 2017-12-25 23:34 | そのほか | Comments(0)

鉄輪の湯けむり

1990年代の香港映画、女性監督・許鞍華(アン・ホイ)の監督補として就いていた。

香港映画は脚本がないといわれているが、本当なんです。
ベースの台本はあるのですが、すぐパクられていまうので公にしません。 前日、前々日に書き上げたものか現場で脚本を描き演出してゆきます。

ロンドン、マカオ、香港の撮影を終え、最後は別府、湯布院、大分での準備期間を含め3~4週間の撮影。


e0158857_02153398.jpg



撮影隊の宿泊、別府駅前のかなりポンコツのビジネスホテル。

そこに香港映画の名女優・マギー・チェンもスタッフともども逗留している。日本映画だったら主演女優はそんな錆びれたホテルに滞在させることはない。

香港映画のクルーは日本人は私だけなので、市役所の厚意で観光課の二人が帯同してくれた。
普段は9時5時の役所の職員、中尾さんも三ヶ尻さんも朝7、8時から夜中2,3時までずっと撮影の同行してくれた。

映画の撮影のハードさに面喰っていたと思うが、後々本人たちは何か別世界に自分もいるようだと言っていた。 

撮影時に道路を10分位い人や車止めをることがある「申し訳ありあません」、市役所の人たちが夜更けの歓楽街で車止めをしていてくれていた。
こういうときには灯りに引き寄せられたようにヤンキーがやってくるのだが、このときは顔を赤くした酔っ払い運転のガラの悪い男たち、「なに、断りもなく止めてんじゃ!」

「撮影許可を取っているので」と市役所の中尾さんが足を運んだら、奴らは逃げ去った「あの酔っ払い運転の奴は別府警察の警官でしたよ」とニコッと笑ってくれた。
車止め人止め、弁当手配に機材運びスタッフ以上の働きをしてくれた。

役所勤め10年の中尾さん、地元の進学校から大学進学時にいくつかの推薦入学枠があり、その中で「津田塾大学を・・」と進路指導のときに言ったらしい。( 女子大とは知らず)

結局、軟弱ミッション系、私より2歳上の先輩、別府のカラオケでサザンを歌いながら渋谷宮益坂「ラケル」の思い出話。

NHKが撮影した跡にはぺんぺん草も生えないというのが映像に携わった人たちの常套句。

その後、中尾さんは役所間の日米交流でアメリカ留学した。

きっとNHKが撮影した跡も、別府観光にぺんぺん草が生える誘致をいくつもされてきたと想う。

香港の許鞍華が東京映画祭で審査委員として来日したときも「wさん、中尾さんには感謝を伝えといて」と言われた。

地方での長い撮影、数知れない町の人々の援助と中尾さん、三ヶ尻さんみたいな突出した役人さんたちと出遭います。

中尾さんが出張で東京に来られた時はいつも台湾へなちょこ中華料理店だっんで、今度は本格中華で。

「何十年かの役所勤めで、あんな刺激的な1ヶ月はなかった」と言っていた。 佐藤課長、残業代はつけてくれていたのかな?
今、思うとそれだけが気になる。残業といより睡眠時間が3,4時間の毎日だった思う。


また、訪ねますね別府、鉄輪。


# by w-scarecrow | 2017-12-23 04:54 | Comments(0)

デラックス

e0158857_03083050.jpg



「家に帰って光浦靖子がいても、なんか楽しそうじゃん、べたべた感ないし」
洋風居酒屋の薬師丸ひろ子似の奥さんが「あれっ、wさんこの間までは剛力彩芽がいいって言ってたじゃないですか」

人は日々変わっていくのよ、特に X'mas 、年の瀬は・・。

FMにゴスペラーズのリーダー村上くんが出ていた、今が掻き入れ時なのに・・「今年は結構暇なんです」
チューブの前田亘輝は夏の王者、ゴスペラーズは・・何してんの、大丈夫なんだろうか?


10kg 近くの減量に成功したNさん、少しだけ?!リバウンドしてしまった、でも食欲が旺盛だ。メニューは殆ど暗記していると思うが食べながらも、またメニューを凝視している。
本当に美味しそうに食べる姿に「いいじゃん、気にしないで」と思う。

安室奈美恵が大好きなNさん、Nさんの誕生日に安室ちゃんを宴席に招待したら喜ぶだろうな~
果たしていくらくらいかかるのか? 3000万円くらい出せばOKかもとラジオのDJが言っていた。

解った。

故林家三平の娘、先日イラン人と祝言を挙げた「泰×」だったら呼べそうな感じがする。「ダメかな ×葉?」

FM からはX’mas ソングがずっと流れている。

黒霧島を呑みながら、T-Point Card の Q&A に答えて2ポイントゲット!をコツコツとやっている。 現在買い物を含め753ポイント。

近所にある消防学校から頻繁に出動してゆく消防車が発する大音量の「消防車が信号を通過しま~す。車は寄せて!そこの軽自動車!」のアナウンスとサイレンを聞くたびに息を止めている。


# by w-scarecrow | 2017-12-19 21:12 | そのほか | Comments(0)

ふる里へ

e0158857_02583509.jpg

年の瀬が迫ってきた。

何年か前の新聞のコラムに載っていた記事。
50代の男性が踏切を乗り越え走ってきた電車に衝突した。 
男のバックには滞納していた5ヶ月分の国民健康保険のコンビニでの払い込みと、3.11の震災義援金への振り込み証、迎える年の年賀状作成のためかプリンターのインクと切手が入っていたという。独身男性だった。

年を越えてゆくための仕度をちゃんとしていた後の出来事。
年の瀬を迎えるといつも思い出す。

師走は一年を清算しなければいけない、せっつかれた時。
駅のホームの電光掲示板、人身事故のため遅れが出ていますの文字。いつも辛い。


大学時代の旧友から山形県朝日町産「ふじ」の林檎が届いた。
段ボールを開けた瞬間に香る、何十年来つづく安らぎ。 元気でいてくれたんだ。

東京をわが街のように東京生まれの私を案内してくれた友人。

突然の寒波、山形は雪掻き雪降ろし大変なんだろうな~。

あの頃の君の住んでいた荻窪南口、さほど変わっていませんよ。 こんなに旨い町の中華料理屋があるのかと「徳大」へも通いましたね。
菅原文太さんも通ったいた「中華徳大」。文太さんはいつもあんかけ焼きそばかラーメン&餃子。

バイトの給料を握り酢豚を注文したように、またそんな小さな贅沢をしたいですね。

X’masソングを聞くたびに、あと少しで故郷へ帰ってゆく君たちの和らいだ顔が浮かびます。

蜜のつまった林檎、いただきます。


# by w-scarecrow | 2017-12-17 04:01 | そのほか | Comments(0)

北向きの部屋から

" 今年の漢字 " に選ばれたのは「北」。清水寺の偉い人が書いた字が達筆かどうか毎年悩んでしまう。

「北」という字は背中を向けあっている姿を表しているという。「背く」という意味にも。

人は明るい南側に向いているのを好み、それに背する方角が「北」。 毎年選ばれる世相を表した一文字に暗~い気分にさせられる。

昨年の漢字一文字は「金」。もっと希望の持てる一文字であってほしい。


e0158857_14124617.jpg


私のまわりには背中を向け合うどころか、本当に仲の良いご夫婦たちに囲まれている。
仲良し夫婦の共通点は学生時代から付き合っていた彼女とそのままゴールインしている。 そして奥さんはそこそこ酒を飲む。

近所にある洋風居酒屋のご夫婦は高校2年からのお付き合い。
ランチの時間も夜の営業時間もずっと二人。 やっと旦那さんと別行動ができるママさんバレーに最近は旦那さんも参加している。

休みの日も夜は二人で食事&飲みに出かけている。
スーパーで奥さんと偶然会い、「あれ、一人でいるときもあるんだ」と心で思う。

人生で一番恥ずかしい10代の時代を知っている。 私だったら格好悪くてずっと頭を上げられないだろう。
でも、そんな情けなかった時代をともに過ごしたからこそ絆は強いのかもしれない。

いつも清々しいご夫婦、先日14年生活をともにしたチワワが亡くなられ意気消沈、「愛犬ドン」と記された位牌を眺めて酒を呑んでいるのかもしれない。

お店に顔を出し、仲の良いご夫婦の姿を見ながらの酒は旨い。
ちなみに奥さんは薬師丸ひろ子と似ていて、なぜか映画 " ALWAYS 3丁目の夕日 "の 劇中の鈴木オーとの堤くんの女房とぴったりシンクロ。気分は控えめな昭和。 

# by w-scarecrow | 2017-12-15 14:57 | そのほか | Comments(0)

女医さん


e0158857_16394114.jpg



朝からご近所の皮膚科の医院へ、一番乗りだと思ったがすでにおばあさんが二人。
負けたっ。
一人のおばあさんは受付のお姉さんに、自分の病状を説明している。
それが終わり「貴の岩の傷はしんどいのかね?あとからいろんな症状が出てきたり・・」 受付のお姉さんは貴の岩の怪我も貴乃花部屋のことも解らないだろうがにこやかに対応している。

おばあさんたちの診療時間は長い、私は週刊誌の今年の流行語大賞、つまらない角界の一幕の記事に目を通している。

朝から病院に並ぶお年寄りは皆、元気だ。
喋り尽くしたのか涼しい顔でおばあさんが診療室から出てきた。

おばあさんには「インスタ映え」という流行語は、きっとまた新種のハエが日本に上陸したんだろう・・と理解しているのかな?

この医院の40代の院長さんの女医さんがとても素敵だ。
優しい口調で「前回と同じ薬を用意します」。私の診療時間は30秒。
好きなタイプの前では高倉健(「不器用ですから」)になってしまう癖がある。もっと話したいが言葉が出てこない。
月に一度ではなく、週に一度は通いたい安らぎの医院。

昼飯はたまにお赤飯を食べたくてなり、JAZZ 好きのお爺ちゃんがやっている和菓子屋の¥320の手作りお赤飯にした。


深煎りのコーヒーを飲みながら、録り溜めした職人さんたちの DVD を観た。 こんな時間が一番幸せだ。

奈良の宮大工さんや陶芸家、和紙の職人。
江戸指物師の初仕事での経験「言いつけ通り桑の木を用いた6枚組の手鏡を仕上げ、6枚分の賃金をもらったが、親方はつづけてこう言った。『 一番気に入った1枚はとっておけ 』」

精魂を込めた初仕事の品は手放すのがつらく手元に残しておきたくなるもの。得意先からの注文は実は5枚組で残りの1枚は職人の気持ちを知りぬいた親方の思いやりだったらしい。

50年以上も経った今、初仕事の手鏡は押し入れの奥に眠ったままなのであろうか。

今、私の使っている机は中学校へ上がったときに父が買ってくれたものだ。まだまだ現役。


夕飯は代々木上原の大田豆腐店で買ってきた木綿豆腐で湯豆腐にする。
簡単な一品をふーふーとしながら食べる。

渋谷道玄坂にすっぴんのお姉さんたちが接客してくれるバーがあり、おっさんたちで大盛況らしい。
化粧をしてない女子=武器を持っていない兵士に映るのかもしれない。

家に帰ればすっぴんの奥さんがいるのに・・・


# by w-scarecrow | 2017-12-12 18:35 | そのほか | Comments(2)

17歳と49歳


FM で流れるラジオCMが面白い。

音楽づくしの中で、ふと入る安らかなショート・ストーリー。

単身赴任で東京にいる父と、長崎から東京見物に来た娘さんとの一編がこころ和む。


 
e0158857_01183847.jpg



” ここ 東京の真ん中 17歳と49歳 ”

単身赴任中の父に逢いに長崎から東京へ 17歳と49歳 
   
東京で行きたい場所は山ほどあるのに 父と行きたい場所は一つもない
たどり着いた六本木ヒルズ 長崎でもやっている映画を観た

早めの夕飯 天ぷら ビールで真っ赤な父の顔
東京を見せてやる

なぜか親子で展望台
52階から見る夜景は 
父が私にしてくれた 高い高い史上最高を記録した 
    

もし自分に17歳の娘がいたら、長崎のお父さんと同じことをしているんだろう。
ギャップを埋めようとすると 王道を行ってしまって・・・ 
もっともっと娘はちゃんと色んなアンテナで世界を見ている お父さんのAM放送的なものではなく

昨日は私の誕生日だった
心遣いに感謝の一日だった

振り返るとこついこの間は7歳、そして15歳だったのに20歳になったときから走馬灯のように時は進んだ

来年の誕生日は念願の瀬戸内の海を見ながら 木村多江みたいな宿屋の女将とママカリやガンスをつまみ青春を語っていたい
女将が未亡人だったら もっと話が弾む 

岡山弁、広島弁の語り口 「僕」というのが恥ずかしくしてきっと「わし」になっいるじゃけん きっと来年は行くけんのう 




   
    


# by w-scarecrow | 2017-12-08 03:30 | そのほか | Comments(4)

おつかい



e0158857_21050336.jpg


          ” 夜ご飯じいちゃん作る芋っ子を「け」と言われれて僕は「く」と言う ”


高校生が詠んだ短歌で津軽弁の単刀直入な言いまわしがユーモラス。 津軽弁で「け」とは食べなさい、「く」食べる=いただきます。
野菜や食べ物に「子」をつけるのも食物への愛情を感じる。

関西で芋にさんを付けて「お芋さん」というのと同じだ。


コンビニで半ズボン姿の小学校3,4年の男の子がおでんを買っていた。

注文を書いたメモをバングラデシュ人の店員に渡したのはいいが、店員は首を傾げてながら持ち帰り用の器に入れている。少年は「これ!」と指をさしながら確認していた。

大きな発泡スチロールの器が入った袋を少年は揺らさないように忍び足で店を出て行った。少しばかりのお遣いの緊張感。

家に帰ってお母さんが待っているのだろう?兄弟も帰りを待っているのかな。任務遂行まであと少し。


何か月か前に名古屋出身のNさんとわが家で二人で呑むことにした。
普段呑めないラガービールやミニ竹輪や乾き物などをいっぱい買ってきてくれた。 おでん鍋を囲んでのミニ酒宴。

羽根木の豆腐屋・寿屋さんの厚揚げにがんもどき、ちくわぶにコンニャク、白滝、さつま揚げ、玉子に大根、はんぺん etc。
昆布出汁に煮干しを少し加えクツクツと煮込んだ。
Nさんが帰った後、残ったちくわぶ、コンニャク、白滝をつまみながら「そうか苦手だったんだ~」
そうだNさんは名古屋の人だからカツオ出汁にすればよかったかもしれない。味噌味はキツイ。

おでん鍋は食べてお腹を満たすというより、つっつきながらボソボソと会話ができる。楽しい鍋談義。


♪ マンダム ♪ のチャールズ・ブロンソンやB級映画が大好きだという人と話したことがあった。一番好きな彼の映画は?と訊いたら 『 さらば友よ 』だと言っていた。

酔っていた私には 『 原田知世 』と聞こえてしまった。 最近ヤバイ。


# by w-scarecrow | 2017-12-04 22:08 | そのほか | Comments(0)

大黒様

e0158857_23015889.jpg



久しぶりにカメラを持って夕暮れの下北沢へ。 再開発の進む街、そんな情景がないかと歩いてみた。

この街は10代~20代の若者たちが湧きだすバブルのようにうごめいている。

これも変わってゆく街の情景なのだが、シャッターを押せないでいる。

終電が終わったころ、街中でしゃがみながら一人大粒の涙を流し泣いている女学生を見かけたことがある。 誰かから逸れたかったのか、誰かを待っているのか。 どうしてそんなに涙が出るんだろう。


どうもピエロの姿が大黒様に見えてしまう。

いつも半泣きのピエロが、五穀豊穣の神様、食の神様に見えてくる。 口元だけが笑っているのピエロが・・。



e0158857_23242514.jpg


何年か前に仕事仲間のご夫婦の記念日に絵本を贈ったことがある。

              ” さいごの一葉 ” O・ヘンリー原作の 『 The Last Leaf 』

     ” 重い肺炎にかかった画家のジョアンナは窓から見えるツタの葉が全て散ったら自分は死ぬといいだします。 
     窓から見える散る葉を数える日々、心配した友人のスーが今まで一枚も売れたことのない老画家の
     ベアモントに相談してもバカバカしいと取り合ってくれません。
     いよいよ最後の一葉・・葉は嵐のなかでも揺らぎもしませんでした。
     その一葉に勇気づけられ快方に向かっていきます。
     ベアモントは一葉を見ることなく命を閉じてしまいます ”


e0158857_23430004.jpg

夫婦の記念日、二人には病弱の娘さんがおり、奥さんが外で食事をすることは滅多になかった。この O・ヘンリーの絵本が適切だったどうか。

嵐にも耐え、残った一葉。



e0158857_23524178.jpg

今日も下北沢の街は学生たちでごったがえしていた。 

大黒様は打ち出の小槌に大きな袋を抱えている。

あの大きな袋にはみんなの優し心がいっぱい詰まっている。 ピエロの涙は隠された、まだ見ぬ自分。


# by w-scarecrow | 2017-11-28 00:02 | 散歩 | Comments(0)

e0158857_03233975.jpg


昨日の朝に友が逝った。

15,6年来の呑み友達。 「飲んでるときはパーと楽しくいこうね」

美人さんで、キュートで粋で、小金持ちが呑んでいるときにやたら金がらみの無粋な話をするのを、いつも「最低」と一蹴していた。

いつも静かに皆を盛り上げる、そんな女性。

166cmある身長、かつての an an のモデルと言われても不思議ではない彼女。

私の姉と背丈も気質も重なって見えて、いつも少しだけの緊張感。「wくん、しっかり健康管理しなきゃだめ!」と怒られていた。
故郷山梨の野菜や米をいっぱいいただいた。

ひとり身の女性だったので、「ただ愉しく生きたいね」「それだけでいいんじゃない」と皆とバカ話をしているのが楽しかったみたい。

打算がなく粋だなと感じた人でした。

3週間前に会ったばかりなのに・・・。 

いっぱい思い出をありがとう・・Kさん。


# by w-scarecrow | 2017-11-27 04:03 | そのほか | Comments(0)

「僕はレアーで焼いてください」


e0158857_01533416.jpg


今まで生きてきてずっと嘘をついてきたことがある。

「やはり、新鮮な刺身を肴に純米酒で一杯」

「ステーキはレアーでお願いします、いやミディアムレアーで」


握り寿司は大好きなこはだをはじめ、脂っこいカンパチやブリの出世魚系以外はなんでも好きだ。

ただ通の人間ではないんで、寿司屋へ入って極上の刺身をつまみ最後は軽く握りを頼む、そんな粋なことが本質にありません。

はなっから握りをしみじみっと頼みたいんです。
できれば、お店の手のかかっている煮穴子とか・・・。

刺身自体は板さんの腕とは関係なく仕入れた素材そのものですもんね。

本当は刺身より焼き魚、煮魚がこの上なく好きです。 のどぐろの大き目な干物を新米で食べたい! そんな贅沢をしたくなります。

街のチェーン店のステーキ屋さんへ女の子と入って、「僕は焼きはレアーで」なんて20代の頃は言ってました。
オージーやアメリカンビーフの冷凍を解凍した牛さん、本当はトランプと同じウェルダンと言いたいのが本音なんです。

A4,A5ランクの牛肉や熟成牛を出すお洒落な店も行ったことはなく、いつかそんな店に行った時は「レアーで」と言ってみたい。

すき焼きの名店は数々あるのですが、あのすき焼き鍋に砂糖をドボっと入れただけで食指が下がります。
砂糖が貴重だった時代はもう終わり、築地の玉子焼き専門店の「甘~い」のも大の苦手です。

明日は少し脂身の多い牛バラを買って、牛丼を作ろうっと! 砂糖なんか使わず酒と味醂で優しい甘味は摂れます。

刺身が大好きだ!と、ステーキはレアーで焼いてください!

それは嘘でした。

「よく焼きでお願いします~」

# by w-scarecrow | 2017-11-26 02:56 | そのほか | Comments(0)

繋がる


e0158857_00121344.jpg



雑草は孤独を愛する。

街を歩くとよく見かけるアスファルトの隙間に力強く芽を出した雑草、「こんな所に?」と目を疑うが植物にしてみれば隙間は天国らしい。

競争相手は近寄れず、陽の光を独占できるから・・あんなに狭い所でも彼らにはパラダイス。


外を見渡せるカウンターの横には若いスーツ姿の青年が、ミラノサンドをスマホをいじりながら食べている。 食べているというよりただ口に運んでいる。

陽の光をさんさんと浴びたパラダイス。

私はレタスドッグ。

鮮やかな紅葉や黄葉、季節は錦繍。黄色の絨毯の上を散歩する戦中、団塊の世代の人たち。

美しい暖色の落ち葉は葉の老化に伴う機能の低下だそうだ。

一年間、ご苦労さんです!と落ち葉と路往く人たちに温かな声をかけたくなる。


e0158857_19233733.jpg


1964年の東京オリンピックの開催前後に生まれた少年は、高度成長期という産湯につかい、アポロと大阪万博に未来を教えてもらった。

ノストラダムスと宇宙戦艦ヤマトによって地球はやがて滅亡するんだと信じていた子供たち。

そんな彼らも50歳を過ぎた。 地球はまだ大丈夫みたいだ。 

団塊の世代も彼らも、もちろん携帯やパソコンのない時代、心細い夜はラジオの深夜放送が夜をともにしてくれた。
学校や友人関係の不安、見知らぬ若者たちのハガキに共感していた。

きっと僕らも繋がっているんだろう・・同じ時、同じ放送を聴いていると考えたら孤独感も薄らぐような気がした。


スマホを片手にミラノサンドを口に運んでいる青年、よくスマホを間違えて口に入れないなと感心する。 そんな一瞬のヘマを見たいのに。
手にしたスマホは誰と繋がっているんだろう? 未来?


Queen's Isetan で売っている¥480の冷凍ではないマルゲリータのピザを買ってきた。20cmくらいの大きさでつまみにはちょうどいい。生地もナポリ風でなかなか美味い。

とろけるチーズを増量してハラペーニョを散りばめて焼いた。
TVの佐藤栞里ちゃんの笑顔を観ながら、晩飯はこれで十分かも。 口なおしに永谷園の松茸のお吸いものを飲めばいい。


# by w-scarecrow | 2017-11-20 20:27 | 散歩 | Comments(2)