人気ブログランキング |

winter's scarecrow

<   2019年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

風をあつめて


-
e0158857_15521043.jpg









  歩くことが、きつくなりました。

  11年間、ありがとうございました。  

  

  

by w-scarecrow | 2019-02-17 05:16 | そのほか | Comments(4)

ルーロウファン

夜遅く、録画をしておいた “ ブラタモリ ” や”アド街ック天国 ”、“ 和風総本家 ” NHK の ” サラメシ ” を再生。

こんなに美味しそうなサラメシの弁当は誰かのため。食堂のおばちゃんも愛情を込めた一品に汗だく、社員や学生の笑顔が嬉しくて・・
愛情のある風景。

昨夜はNHK の " パン旅 神戸編 " 一年前に観たパン旅が地上波で流れていた、
無精に美味いパンドミ、バケットが食べたくなる。 女性は角食より山型の食パン、イギリスパンが好きみたいだ。


台湾の食旅番組を観ていると屋台料理の定番、ご飯の入った丼にガサッと肉がぶっかけられたルーロウファン。バサッ


e0158857_23234162.jpg


かつて渋谷でラーメンを食べたときに魯肉飯の小鉢(中)が添えられて、撃沈。

そんな味を思い出しながら乾燥エシャロットを中華食材店まで買いにゆき、あとは豚のバラを好みの厚さに切り1時間ボイル。
中華醤油(日本醤油でも)、オイスターソースをベースにしてニンニクや生姜を効かして五香粉を振り具材の丼飯を作ったことがあった、旨かった! 



それとは別に、面倒くさいときの一品、サッポロ塩ラーメンの仕上がりにガラムマサラをバサッとかけると、いい具合のカレーラーメンになります。トッピングはスープカレー風に・・
オススメです。


池江璃花子が豪州からの緊急帰国の後に白血病で入院中であるとラジオのアナの声、
「うそっ」 

『 なんで今・・私に !? 』 彼女の闘いが始まるのかもしれない。

「東京オリンピックだけが全てじゃないぜ」と言うのは、たまには良識あるおじさんたち。

神さまはいったいどっちを向いていたんだ! おいっ、神さん!





by w-scarecrow | 2019-02-13 00:27 | | Comments(0)

付き添い


うちから徒歩7,8分にある吉野屋。

夕方になるころ中学生のお姉さんと10歳くらいの弟くんがお持ち帰りの袋を持ち、私の前を通っていった。

たぶん牛丼、二人の夕飯になるんだろうか? 


e0158857_21444809.jpg

私の姉は9歳上、いつも母親代わりだった。

姉が近所の医院に行くとき、何故か解らないけど小学校低学年の私が付き添いとしていた。
待合室ですることがないので、興味のない絵本を何度も見返していた。

思春期の姉と母親と喧嘩をするのを押し入れの中から聞いた。怖かった。

姉が20歳を過ぎた頃、たぶん付き合ってた人と一緒に白金ボールでのボーリーング。

付き添いの私は「ナイス、パー」と目を合わさぬように任務を遂行していた。

今でも姉は穏やかでおっちょこちょいで、いつもおおらかに笑っている。

どんな時にでも私には優しい言葉と笑顔を投げかけてくれた。

「お姉ちゃん、ありがとね!」

立春の温かな一日、持ち帰りの牛丼をぶらさげながら、こどもの頃の東京の街が甦っていく。



by w-scarecrow | 2019-02-04 21:38 | そのほか | Comments(0)