人気ブログランキング |

winter's scarecrow

<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

家 電


「うちの電話はベルを鳴らす前に息をする」

一瞬だけ世界が止まる、向田邦子さんの言葉だが家の中心に、いや玄関かな?
小さな座布団の上には電話器があった。

確かにベルが鳴る前に一瞬の躊躇いがあったような気がした。

嬉しい知らせ、悲しい知らせ、他愛もない知らせ、悲喜こもごもの電話器。



e0158857_14283056.jpg



私の部屋の家電は鳴らない。

携帯電話を持つ前までは日に何度も鳴っていたのに。 携帯に変わってからもメールではなく電話がかかってきたときが困る。

数は少ないけど、はじめの「もしもし~」の声が上ずってしまう。

20代初め実家に住んでいた頃、「w 坊、長距離電話だよ!」と母は2階に向かって叫んでいた。 階段の途中まで駆け上がり「早くしなさい!誰だっけ?山形の・・・」

長電話をするのではないかと台所の隅で見張っている。 通話料金は向こうなのに。

電話の時代は忙しかった。 


父からの自宅への電話。20代の後半たまたま実家にいた私が受話器を取ると「なんだ w 坊か? そうか!渋谷のあの店にこれから行けるか?!とりあえずすぐに戻るから」

私の行きつけだった居酒屋、一度父を連れて行ったら大喜びだった。「ろくでもない息子がお世話になっております」と経営者夫婦、従業員、お客さんにも挨拶をしていた。

二度目は常連客のように吞んでいた。息子とは話すことはないらしく板さん会話のキャッチボールをしていた。楽しそうだった。


そんな笑顔から数ヶ月後、父の身体に異変がきた。

三度目はなくなったが、父は「また行こうな」とずっと思っていたに違いない。

今や置物になってしまった私の部屋の電話器、暇そうなので携帯から電話をかけてあげる・・・。

鳴る前に息はしない・・。



by w-scarecrow | 2018-11-29 15:33 | そのほか | Comments(0)

銭 湯


朝のニュースはどのチャンネルも、いずれ大悪事で御用となるであろう越後屋顔のカルロス・ゴーンのお金にまつわるニュースばかり。

人を顔で判断してはいけないがまさしく彼は悪人顔のトップクラスだ。 東映京都の大部屋で斬られ役がピッタリだと思っていた。

そんな下品な男の話に辟易、チャンネルを変えると穏やかな散歩番組。

先日まではシリアから3年4ヵ月ぶりに開放されたジャーナリスト、” 自己責任 ” についての喧々諤々、彼は以前イラクでも捕虜になり開放されていた。
” 自己責任 ”  
そんなコアなジャーナリストではなく、 

ニット帽にカメラをぶら下げた戦場のカメラマン・渡部陽一が甲州のブドウ園を訪ね、足湯に浸かり、信玄餅の工場で正しい餅の食べ方をレクチャーされていた。きな粉を散らさず黒蜜の注ぎ場所を。

旅番組では人気者の戦場のカメラマン、旅情報を訥々伝えてくれます。 平和なニッポン。


e0158857_22025901.jpg


この町へ引っ越してから半年がたった。

困ったことはこの周囲一帯には豆腐屋と銭湯がないこと。

部屋は昭和の広めの部屋で満足なのだが、風呂は古いタイプのハンドルをカチンカチンと点火する年代物、ただ追い焚きでお湯が温まるのに50~60分かかる。
あ~、銭湯に行きたい! 

湯舟に浸かるとしても3分&2分の入浴時間、もったいない追い焚き。

銭湯から帰り、おでん鍋をつまみながらの一杯、そんな温かな夢を見ています。



by w-scarecrow | 2018-11-21 22:24 | そのほか | Comments(2)

待ち合わせ


e0158857_21002408.jpg


午後11時前、仕事を終え、帰宅する前にサントリーの金麦350mmを一本買って、とあるベンチで通り往く人々を眺めている。

どこかでワンクッションを置かないと一日の整理がつかない。

大学生の団体が奇声を上げている、男子ではなく女子がかなり酔っている。
叫んでいる、女子が元気だ。
お勉強くんが彼女を支えている。
男を発揮している。

一緒にいた黒づくめの草食系とギターケースを背にした美男子たちは我関せず距離を取って歩いている、彼女は叫んでいる・・・

この街はカーネルおじさんに説教をしている酔っ払いもいなかったし?居酒屋で絡み酒の勤め人も少ない。



e0158857_21262445.jpg

「最近、大切な人と待ち合わせをしたことがありますか?」

録画していた番組が始まった。 東京駅・銀の鈴

80歳近いお爺さんがずっと誰かを待っている、故郷の四国で小学校から高校までを共に過ごした友人、病気がちなのが心配で定期的に銀の鈴で落ち合うらしい・・今日は無理かもしれない・・杖をつき不自由な足取りで60年来の友はやってきた。

「オタクコン」という出会いの場で結ばれたいかにもオタク風なカップル。女性が落ち着きなくにオタクを待っていた。

別れた彼女とよくこの場所に来たとただベンチで時を過ごしている男がいる。

台風で東海道新幹線が不通、盛岡から来たという女性は今朝、大阪の実家の父親が亡くなり足止めになったという。
銀の鈴の下で堪えている。

40~50代の元気なお母さんたち、K-POPの追っかけ仲間らしい、これからライブを観に武道館へ広島からくるファン仲間を待っていた・・・


「ドキュメント72 hours  銀の鈴」出逢いと別れの場所。

いつ観ても幾十の出会いがある。


ブログを始めて11年目に入りました。

上手く歩けなくなってきた、目的地まで時間の余裕を持って歩いている。


The Band / The Weight  





元気をいっぱいもらった曲です。

by w-scarecrow | 2018-11-12 22:18 | そのほか | Comments(4)