人気ブログランキング |

winter's scarecrow

2019年 01月 01日 ( 1 )

キャプテン


建築家の隈さんはあのバブルが跳ねた後、10年間東京での仕事がなかっらしい。地方での仕事、職人や住む人々の交わりがその後の建築家への糧となったという。
今や隈出没注意!

東京のどの街角でも隈さんの建物が眺められる、使われた木々がその地で息を吹き返しているのかもしれない。

平成、振り返るとどんな時代だったんだろう・・                  
   
e0158857_21010815.jpg


毎年のこと、朝起きたらTVでは駅伝ランナーが白い息を吐きながら必死で襷を渡している。

私は二日酔いのどんよりとした息を吐きながら水分補給ばかりしている。襷がないので駅伝という競技はあまり好きではないかも・・

箱根駅伝もしかり日本人は襷を繋げていくことに美徳を感じている。 襷、繋ぐ。
もし、それが途切れたら?

TVのチャンネルを変えれば急にどっぷりと関西弁の世界、××坂なんとかの女子たちの溢れんばかりの笑顔。


大晦日、風呂掃除が終わり、あとは部屋の拭き掃除というところで突然トントントンのノック、NHK の契約だと思って無視!
携帯が鳴り、ドアの向こうにいたのは NHK ではなく R 教大学バスケ部の元キャプテンだった。

わざわざMAP頼りに年越し蕎麦と小さな鏡餅を届けてくれた。

「暖房で部屋が暖めるまで3時間くらいかかるから、できれば4,5時間呑んでいってよ」

朝まででもいいが、KSくんには広島ファンのかみさんとデリケートな年頃の息子と娘が待っている。 

KS くんは酔うまでは元キャプテンなので会話が少し硬い、でも酔っ払っら大変だ、体育会系ど真中!

拭き掃除のしてない埃舞う部屋で2時間、芋焼酎を呑みながらのしみじみと会話。部屋はまだ寒い。引っ越してからは初めての訪問。

いつも、ありがとう! 


明日も起きたら、TV ではランナーが走っているだろう・・襷、絆、いっぱい背負って。

姉がほうれん草やお雑煮セット、新鮮野菜を宅配で送ってきてくれた。 そんな特別な雑煮を食べながら眺めることにしよう・・


2019 


今年もよろしくお願いいたします。



by w-scarecrow | 2019-01-01 22:20 | そのほか | Comments(0)