winter's scarecrow

2015年 11月 29日 ( 1 )

一日 

日曜日は嫌いだった。家は兄貴たちに占領されていた。

サザエさん症候群ではなく学校へ行くのが楽しみだった。

小学校5,6年の担任は定年間近かだった藤田澄江先生。 先生の授業を聞いているのが好きだった。
先生の色んな経験談に聞き耳を立てていた。その言葉は今でも残っている。

『 銀の匙 』ぐらいしか読んだことのない私たちに、夏休みの読書感想文として井伏鱒二の 『 黒い雨 』を読まさせた先生の暴挙。

隣のクラスは新任の村中先生、美人だった。 体育の時間が楽しそうだった。 片目で校庭でポートボールをする隣のクラスの授業をそっと見ていた。


e0158857_2331685.jpg


日曜日の朝、昨夜割ってしまったマグカップの代わりに、食器棚の奥にあったムーミンのマグでエメラルド・マウンテンを挽いて飲む。

録画しておいた先週の " ブラタモリ " を観る。 桑子アナを見ているといつも平和な気分になれる??

冷凍のポルチーニ茸でリゾット作る、無心で40分近く手を動かしフライパンの火を見ている、頭のなかで整理できないことがあるときはいつも火の前にいる。

イタリア気分になった午後、近所の公園で開かれているフリーマーケットへ。
Y さんと女子3人が出店している。

「wさん、買ってって」「女装すんの?」
彼女たちのブルーシートに座り、いっぱい光合成をしてきた。彼女たちはすでにワインを呑んでいる、いくつになっても女三人寄れば明るい、明るい。 (私は昼間は酒を呑めないんです♪)

心地よい日曜日だった、部屋に帰りしばらく控えていた酒を呑もうと、色んな言い訳を今考えている。

呑もっ、サザエさんが始まる前に。 Jazz でも聴きながら・・。
[PR]
by w-scarecrow | 2015-11-29 18:42 | そのほか | Comments(8)