winter's scarecrow

2013年 08月 03日 ( 1 )

Clarine

e0158857_1795345.jpg


フランス東部、フラッシュコンテ地方のウォッシュタイプのチーズ " Clarine クラリーヌ " 。 ランドセルみたいな名前。

表皮はウォッシュチーズ特有の香り、中はコクのあるミルクの風味。 これが滑らかでドイツパン、ボンバニッケルの上にのせて食べると堪らなく美味しい。
こういうときくらいは発泡酒ではなくラガービールを奮発したい。


e0158857_15491975.jpg


たま~に BAR へ寄ることがある。
カクテルは10秒で呑み干してしまうので、もっぱらビールかバーボン、アイリッシュを呑む。

BARのカウンターでチミチミと呑んでいて、たまに隣りの席から「わたしをイメージしたカクテルを作ってくれません?」と注文する女性がいる。

榮倉奈々みたいな子がそんな注文をするのだったら、南国気分のカシスベース、やや甘めのカクテルを出すだろうが、いかにもキャビンアテンダントみたいな女性が「わたしのイメージで・・・」というのは鼻の頭をポリポリしたくなる。

もし私がバーテンダーだったら、芋焼酎をベースにその辺に転がっているカボスだとかゆずでカクテルを作っているに違いない。

食べ物屋さんへ入って注文するとき「この店のオススメはなんですか?」とお決まりのように訊く人が多い。
店によっては「メニューにあるもん、全部がオススメだよ!」と怒り半分で返してくる店もあるだろう。 それが普通だと想うのだが・・・。

魚をメインに扱っている店だったら「今日はどの魚がいいですか?」と訊くのは頷ける。

私の行く甚兵衛と下駄履きでも入れる店のオジサンたちの会話はいつも秀逸だ。
カタカナ文字が苦手なのは言うまでもない、DVD, DV, PV, BVD, DDT, これらは間違って使ってもオジサン同士では通じ合う。

「最近、この辺の洋品店では DVD のパンツが売ってなくてさ」 「ユニクロのパンツでいいんじゃん、グンゼやDDT のパンツは今や高級品かもしれない」

アロハとアロエを間違えたり、プラズマテレビをイナズマテレビと言ったり、孫とデニーズランドへ行ったとかそんなオジサンたちの会話が微笑ましい。
そんな私もロコモコをモコモコと言ったり、ナンナコッタが言えない。
[PR]
by w-scarecrow | 2013-08-03 17:14 | | Comments(4)