人気ブログランキング |

winter's scarecrow

2011年 10月 02日 ( 1 )

台東 小島 三筋 蔵前

e0158857_13594893.jpg


e0158857_104859.jpg


東十条で黒松のどら焼きを買い、京浜東北線に乗り御徒町まで。

e0158857_10511161.jpg
御徒町駅からアメ横と線路を挟み反対方向へ向かう、ディスカウントショップ周辺は土曜日ということもあり人の波。
大きな袋を持ったアジアからの観光客も多かった。 行き控えだった観光客も少しづつ回復しているのかもしれない。

e0158857_10593271.jpg


e0158857_112143.jpg


e0158857_118752.jpg

御徒町駅からさほど距離のない台東3丁目、小島近辺には懐かしき東京の家並みが多く残っていた。
長屋の玄関先には色とりどりの花が咲き、陶器の火鉢には金魚が泳いでる。
火事と喧嘩は江戸の華というが、花と金魚も東京の華、下駄をつっかけたおばちゃんが玄関先で植木の手入れをしている。

e0158857_11192688.jpg


e0158857_1120578.jpg


e0158857_11223074.jpg

午後2時過ぎなのに町の中華屋さんには人が次々と入ってゆく。
とんこつ和風こってり味ではなく、昔ながらの鶏ダシの支那ソバを食べさせてくれるのかもしれない。

e0158857_1126593.jpg


e0158857_1128214.jpg

錆びたトタンまでもがアーティスティックに見えてしまう。

e0158857_11301393.jpg

一瞬、中南米。

e0158857_11322571.jpg


e0158857_1413124.jpg

平成小学校近くの銅貼りの家屋、見事なまでの緑色に見とれてしまう。

e0158857_11381834.jpg

小島から三筋へ来ると、道幅が広くなり木造家屋が少なくなった。 町工場が多く整然とした町並。

e0158857_11424423.jpg

立派な破風の銭湯、ゆず湯や菖蒲湯のときには来てみたくなる。 ♪ 小さな石鹸 カタカタ鳴った 窓の外には神田川 ♪ の'70年代フォークの世界とはちょいと趣の違う銭湯。

e0158857_1158275.jpg

やっと蔵前橋まで辿り着いた。 ヘッドホーンで聴いていたノスタルジックな中山うりの曲が終わり、秦基博に変っていた。
蔵前といえばかつて国技館があったところ。 欄干のモチーフもお相撲さん。

e0158857_16345954.jpg

遠くに厩橋と東京スカイツリーが望める。 曇天の下町散歩、もう気分は『ALWAYS / 三丁目の夕日』になっていた。
4時半過ぎ、小雪がいそうな下町の粋な一杯飲み屋はどこも開いていなかったので、渋谷の立ち飲み屋で肉豆腐をつまみながら
一杯やった。
by w-scarecrow | 2011-10-02 12:15 | 散歩 | Comments(14)