人気ブログランキング |

winter's scarecrow

2010年 09月 25日 ( 1 )

はじまりはいつも雨 ♪

e0158857_936910.jpg

作家、平岩弓枝の生家である代々木八幡宮の大祭。
強い雨の中、傘をさした家族連れが多かった。 傘をさしながら夜店のイカ焼きを食べている子供たち。

e0158857_9435978.jpg
デパートの玩具売り場でも祭りの夜店でも「・・買って!買ってよ!」と泣きじゃくっている子供の姿は最近、見かけなくなったような気がする。
我慢をしているのか、我慢せずとも買い与えてもらっているのか。

厚労省の村木厚子元局長のしなやかな対応を見る度、想い出す子がいる。
母の大好きなムツの味噌漬けを学校帰りに買ってきてくれとよく頼まれた。
中学校からの通学路をちょっと遠回りをすると広尾商店街があり、そのなかにあった市場(広尾食品デパート)で買い物をすませた。

小学校から同じクラスだったY子が学校帰りにいつもこの市場で夕飯の買い物をしていた。
中学の制服姿にマジックバック(折りたたみのバック)から長ネギや大根が頭を出しているところを何度も見かけた。
Y子は弟と妹がいる4人姉弟、お父さんが若くして亡くなり、働くお母さんを長女である彼女が助けていた。
とっても同じ年とは想えないほど、しっかりした子だった。 
他の女子たちのスカートめくりをしては「wくん、最低!」と言われていた自分が情けなかった。

Y子の弟が私になついていたので、渋谷氷川神社の大祭に誘ってみた。
Y子の4人姉弟を引き連れての夜店巡り、焼きそばや綿アメ、サザエの壷焼き、弟や妹はジッと旨そうな食べ物を眺めているだけでゆっくりと通り過ぎる。
「w、なんだY子と出来てたんだ!」と擦れ違った同級生のヤジを無視して、石段をのぼり本殿でみんなで掌を合わせた。
「wくん、誘ってくれてありがと・・そろそろ帰んなきゃ」
「みんなで焼きそば食べようぜ。俺がおごるから・・」
「うううん、いっぱい楽しんだから・・」

Y子は学年で1,2番の成績、家事をしていつ勉強しているんだろうと不思議だった。
国立の女子大付属高校へ進学した。
きっと、素敵な働き者の母親になっているのだろうと想う。

e0158857_10272966.jpg

祭りが終わり、一気に秋になった。
by w-scarecrow | 2010-09-25 10:36 | my back pages | Comments(8)