winter's scarecrow

2010年 06月 07日 ( 1 )

涙がポロリとこぼれたら 歌いだすのさ舟唄を ♪

e0158857_2012631.jpg

              ♪ お酒はぬるめの燗がいい
               肴はあぶった イカでいい ♪

経堂から東京農大の構内を抜け、馬事公苑の手前に農大の『食と農』の博物館がある。
やわらかな光あふれる1階のcafe spaceは、いつも空いていてくつろげる場所。
2階へ上がると、280銘柄の日本酒が壁一面に陳列されている。
日本酒の蔵元の8割が東京農大の出身者らしい、農大には醸造科がある。
有名な蔵元の日本酒や格好いいデザインのボトルが並んでいた。

ほかにも時代物の酒器がならんでいる。 徳利や盃、陶器・磁器・錫製のものなど興味深い展示物。

e0158857_18342044.jpg

北海道・陸別町で生産されている『 β惚れ 』(べたぼれ)という
ニンジンから作られた発泡酒が飾ってあった。
これは使える! 家に帰ってすぐに検索。
とりあえず1ケースくらい注文をしてみよう。

この発泡酒とお米の『ひとめぼれ』をセットにしてプレゼントしてみよう。
山形米の『どまんなか』でもいいかもしれない。
『どんとこい』という米もある。
おまけに関西のインスタントラーメンの『好きやねん』をつけてもいい056.gif

学生食堂、社員食堂ファンなので大学の前を通るとどうしても
カレーライスが食べたくなる。
東京農大は検証済み。
農業の大学なので期待値が大きすぎたせいか、点数にすると35点くらいだった。
ちょっとガックリ。


旅先で地元の料理を食べるときはご当地の日本酒を呑むが、家ではまったく日本酒を呑むことはない。
でも古唐津の徳利やぐい呑みを手にとると、これで美味しい日本酒を呑んでみたいとう願望がひしひしと湧いてくる。
ぼんやりと灯ったあかりで炙ったイカをつまみながら、去っていった日々を噛みしめ、呑んでみたい。
流れる曲は『舟唄』よりも『木綿のハンカチーフ』が今は沁みるかもしれない。♪       
[PR]
by w-scarecrow | 2010-06-07 20:01 | 散歩 | Comments(14)