人気ブログランキング |

winter's scarecrow

藤岡周平 伊賀

e0158857_1945792.jpg


藤岡周平 『伊賀湯呑』
口径 7.5-7.9cm  
高さ 10.4cm

1947年 愛媛県生まれ
1970年 立命館大卒
1974年 谷本光生氏に 師事
1975年 三重県上野市 に築窯






藤岡さんの湯呑で焼酎を呑む。
自然豊かな伊賀の四季の折々をあるがままに形にする。形を成したものを壊してゆく破調の美。
素朴な素地に焦げ、緋色、エメラルドグリーンのビードロの輝き、1400度の炎の中から生まれた複雑な景色を眺め、それを酒の肴に呑む。
伊賀のうつわはその武骨さゆえ日本酒よりは焼酎の方が呑み心地がいいように感じる。

伊賀といえば松尾芭蕉の生誕地。
そして私たちは忍者ごっこの伊賀と甲賀。なぜか伊賀忍者は正義の味方にされていた。
伊賀から車で20分の距離に甲賀の町がある。
かつて地元の少年たちは忍者ごっこをしなかったのだろうか。伊賀の少年たちは甲賀まで攻めいらなかったんだろうか。
甲賀の少年たちも変な汚名をきせられて逆襲をしなかったんだろうか。
そんなことを考え、今晩もリッツをつまみながら呑んでいる。


 
by w-scarecrow | 2008-12-28 19:08 | うつわ | Comments(4)
Commented by Kirara at 2008-12-29 11:26 x
以前(いつだったか?) 地元のイベントで 伊賀市長VS甲賀市長
の「手裏剣投なげ対決」っていうのをTVニュースで見ました^^
楽しいイベントでしたが 何故か負けた方(確か甲賀)は真剣に悔しがっていましたよ。
その後リベンジ出来たんでしょうか?(笑)
Commented by w-scarecrow at 2008-12-29 15:08 x
kiraraさん、伊賀vs甲賀の戦いはまだつづいているんですね。
三河vs尾張や駿河の戦国時代からの因縁というものはあるんですか?
kiraraさん、伊賀は土鍋で有名ですが酒器、茶器も豪放でいいですよ。
Commented by こたりん at 2008-12-31 10:16 x
手になじみそうで味のあるお湯のみですね。
わたしも、この湯のみにはやはり焼酎の方が似合うような気します。。。
w_scarecrowさん。いつも素敵なコメントありがとうございます。
よいお年をお迎えくださいね。
Commented by w-scarecrow at 2008-12-31 14:35 x
こたりんさんのブログに載っていた作る文房具の『鈴木文具店』
面白いですね。こしらえてみます。
伊賀のうつわはぶち壊した感じのものが多く。楽しいです。
良いお年を!