人気ブログランキング |

winter's scarecrow

付き添い


うちから徒歩7,8分にある吉野屋。

夕方になるころ中学生のお姉さんと10歳くらいの弟くんがお持ち帰りの袋を持ち、私の前を通っていった。

たぶん牛丼、二人の夕飯になるんだろうか? 


e0158857_21444809.jpg

私の姉は9歳上、いつも母親代わりだった。

姉が近所の医院に行くとき、何故か解らないけど小学校低学年の私が付き添いとしていた。
待合室ですることがないので、興味のない絵本を何度も見返していた。

思春期の姉と母親と喧嘩をするのを押し入れの中から聞いた。怖かった。

姉が20歳を過ぎた頃、たぶん付き合ってた人と一緒に白金ボールでのボーリーング。

付き添いの私は「ナイス、パー」と目を合わさぬように任務を遂行していた。

今でも姉は穏やかでおっちょこちょいで、いつもおおらかに笑っている。

どんな時にでも私には優しい言葉と笑顔を投げかけてくれた。

「お姉ちゃん、ありがとね!」

立春の温かな一日、持ち帰りの牛丼をぶらさげながら、こどもの頃の東京の街が甦っていく。



by w-scarecrow | 2019-02-04 21:38 | そのほか | Comments(0)