winter's scarecrow

心地よい場所

e0158857_22075283.jpg

下北沢の街、夜8時を過ぎると、遠くからやってきた少年たちのグループも岐路についているのかもしれない。


夜11時頃、駅近くのベンチで一服をしながら若者たちを眺めている。 20代の女子のハイウエストのスカートやパンツ。
フワフワとした丈の長いスカートも多い。 流行はそうなんだ・・


駅の周りにはストリートミュージシャンがシャッターが降りた店の軒先で叫んでいる。いつもの風景。

素通りするのには申し訳ない、ギター一本で歌う女性のクオリティの高い弾き語り。

スティールパンを演奏している人もいる、癒しなんかいらない若者たちは足を停めないが、おじさんたちはゆらゆらとしなが聴きいっている。


最寄駅からの帰り道、剛力彩芽は宇宙に行っていまうのか? 他愛もない悩み事を整理する帰り道。

東京電力福島第一原発の吉田所長、3.11の翌年に一月に末期の癌で亡くなっている。
もし、あのとき吉田さんの的確な意思がなければ被爆者はどれだけ増えていったんだろう?

帰り道、疲れた姿で歩いていると二階建てマンションの前に綺麗な飼いネコが「お帰りなさいませ」のポーズで待っている。
スゴイ美人さんのネコ。

「ただいま・・」と笑顔で言い、経験上触れ合うことは辞めている。 週に2,3回、彼女は住宅街の入口にいる。

引っ越してから半年ぶりに東北沢の洋風居酒屋へ立ち寄った。

素敵なご夫婦の営む店、30代初めで店を立ち上げたらあっというまに彼らは50歳になってしまっていた。見た目はまだまだ若い!!
なにか久しぶりの帰省のようで嬉しくて。 美味しいラガービールを3本飲みほした。
うまい!


[PR]
by w-scarecrow | 2018-10-17 23:10 | そのほか | Comments(0)