人気ブログランキング |

winter's scarecrow

e0158857_20594598.jpg


台風12号は関東へ直進すると思えば何を考えたのか東海道新幹線と並行するように西に進み、三重県に上陸してからは今度は恐れていた中国・四国地方を山陽新幹線に沿った進路をとりそしては九州新幹線に沿って南下した。

今もまだ種子島付近で給油をして西へ向かい中国本土の新幹線を狙っているみたいだ。
鼻っからJR東海、西日本、九州を目指してきた「新幹線鉄ちゃん台風」だった。

東京の雨のピークは午後3時頃から7時頃までだった。
私もズボンの裾から下はかなり濡れてしまった。

ピーク時は歩く人も少なかった街は、ピークを越えると雨後のオジサン状態になってきた。


e0158857_21311969.jpg


オジサンの居場所、
「いいから呑め、俺の学生の頃はな・・」
「結婚はまだか?!グラマーな子には気をつけろよ」
「なんでお新香に、味の素と醤油をかけていけないの?」
「田舎のご両親は公務員?」
「草食男子みたいなのが好きなのか?男はさ・・」

そんな迂闊でとんちんかんな生き物のオジサンの居場所がなくなった。
パワハラ、セクハラというオジサンの特権が奪われ、オッサンたちは街の立ち飲み屋で「バカ野郎・・っ」と小声で呟きながらひとりで吞んでいる。

『 いいのよ、あなたがどこで遊ぼうが、誰と呑もうが朝帰りだろうが、ちゃんと働いてくれれば・・』


e0158857_21555787.jpg


そんなオジサンたちが嵐の去った街で密かに呑んでいる。

35℃以上の猛暑になると蚊も飛ぶことをせず、蝉も啼くことを諦めている。
飛ぶことも啼くこともできなくなった虫さんたち。

オッサンたちはどこへ行く・・。

酷暑で疲れ切ったオジサンに癒られる?曲を。

高田渡の1971年の曲 ♪ 生活の柄 ♪ を、ハンバートハンバートが爽やかにカバーしています。





「柄」(がら)とはどんな意味だったんだろう?




by w-scarecrow | 2018-07-31 22:13 | そのほか | Comments(0)