人気ブログランキング |

winter's scarecrow

すごい記録

e0158857_21083718.jpg


汗をふきふき飲むカルピスの美味しいこと。 すっかりカルピス還りしてしまった。

今日の南極の気温はマイナス45℃、ペンギンたちは寒さに震えているのか? 適温なのか?

『 命にかかわる危険な高温です、外出はできるかぎり控えてください 』
NHK のアナウンサーがここ数日間、強い目線で訴えている。

東京都心が39℃の今日、町を行けば、いる、いる!素敵な帽子に可愛いらしいバッグを下げたお婆ちゃんが、日陰を選びながら歩いている。『 お婆ちゃん、ダメだって病院に薬をもらいに行くのは数日先にしよう・・』
次の診察日が書かれたカードとお薬手帳を持って、先生とお喋りのできる約束の時間に向かって歩いている。



e0158857_21321183.jpg

夏の高校野球の予選がそろそろ大詰めにきた。

選手のプレーをするグラウンドは40℃近い、そんな中、西東京予選の日大鶴ヶ丘 vs 明治大学中野八王子(どうしてこんな長い校名にしたんだろう、嫌いだ)
その試合は今秋のドラフト候補の投手がいる日大鶴ヶ丘が19対15の乱打戦を制した。

ただこの試合は球史の残る両軍合わせて41四死球という驚異的な数字。
球審は横も縦もストライクゾーンは規則どおりにとった結果、これだけの四球が生まれてしまった。
厳しいジャッジに投手は膝をついて悔しがったという。

ストライクゾーンが狭すぎた球審を非難することはできない、ルールどおりにジャッジしたんだから。

そんな41四死球を排出した球審のおじさんはどんな人なんだろう?
ボランティアで来ているから本職はどんな仕事なんだろう?
誰もが〇×▽%の仕事では?と想像すると思うが、私は 豆腐屋か石材店のオヤジだと思う。


土用の丑の日、うな重のタレが別売で置いていないかとスーパーで探してみた。 
ない。
温かいご飯と山椒は家にあるのになっ。


by w-scarecrow | 2018-07-23 22:26 | baseball | Comments(0)