winter's scarecrow

世界一の運送屋さん

e0158857_21482684.jpg


おそらく世界一仕事ができて、とびっきり感じのいい運送会社の O社長がやっと引っ越し用の段ボール30箱を届けてくれた。
20:50到着。
明日一日で荷作り、結構断捨離をしてきたのに、NHKのどーもくんの貯金箱が捨てられなかったり、頭を押すと口からチョコボールが出てくるあの口の尖った鳥のキョロの置き物も捨てられない。

Oさんは40代のイケメン。前回の引っ越しのときもお世話になった古くからの町の運送屋さんの何代目か。

連休中も朝から夜まで働きづくめ、私の一件が終わったら身体が疲れ切っているので無理やり休みにすると言っていた。


行きつけの駅前の飲み屋さん、なにか困ったことがあれば男女関係のもつれ以外はすぐに解決してくれる。
運送屋さんもK中学の後輩をすぐに紹介してくれた。

常連客のA医師も呑みながら、躰の不調を訊ねればしっかりと聞き的確なアドバイスをしてくれる。
色々な職業の達人たちが集う場所、何かがあればすぐに解決策を出してくれる。
そんな付き合いは二十年近くつづいている。

私が25歳の時から住んでいる町、写真屋さんも電気屋さんもPTA会長もママさんバレーの面々もすれ違うとちゃんと声をかけてくれる。

今度は電車に乗ってこの町に来ることになる、終電の時間を気にしながらの酒も節酒になるんでいいかもしれない。

ブログはヤフーの回線がまた繋がるまでお休みになってしまいます。

次は新しい住みかの穏やかな町の情景をUpします。

松坂大輔、12年ぶりの日本での勝利、おめでとう!やったね!


[PR]
by w-scarecrow | 2018-04-30 22:41 | そのほか | Comments(2)
Commented by mother-of-pearl at 2018-04-30 23:21
穏やかな街からの第一声をお待ちしています!

Commented by w-scarecrow at 2018-05-01 09:20 x
m-o-p さん、おはようございます。
朝からの荷作り、茶缶がゴロゴロとあったり、細かなものがいっぱいあります。
新しい町の風景を載せます。ありがとうございます。