人気ブログランキング |

winter's scarecrow

女医さん


e0158857_16394114.jpg



朝からご近所の皮膚科の医院へ、一番乗りだと思ったがすでにおばあさんが二人。
負けたっ。
一人のおばあさんは受付のお姉さんに、自分の病状を説明している。
それが終わり「貴の岩の傷はしんどいのかね?あとからいろんな症状が出てきたり・・」 受付のお姉さんは貴の岩の怪我も貴乃花部屋のことも解らないだろうがにこやかに対応している。

おばあさんたちの診療時間は長い、私は週刊誌の今年の流行語大賞、つまらない角界の一幕の記事に目を通している。

朝から病院に並ぶお年寄りは皆、元気だ。
喋り尽くしたのか涼しい顔でおばあさんが診療室から出てきた。

おばあさんには「インスタ映え」という流行語は、きっとまた新種のハエが日本に上陸したんだろう・・と理解しているのかな?

この医院の40代の院長さんの女医さんがとても素敵だ。
優しい口調で「前回と同じ薬を用意します」。私の診療時間は30秒。
好きなタイプの前では高倉健(「不器用ですから」)になってしまう癖がある。もっと話したいが言葉が出てこない。
月に一度ではなく、週に一度は通いたい安らぎの医院。

昼飯はたまにお赤飯を食べたくてなり、JAZZ 好きのお爺ちゃんがやっている和菓子屋の¥320の手作りお赤飯にした。


深煎りのコーヒーを飲みながら、録り溜めした職人さんたちの DVD を観た。 こんな時間が一番幸せだ。

奈良の宮大工さんや陶芸家、和紙の職人。
江戸指物師の初仕事での経験「言いつけ通り桑の木を用いた6枚組の手鏡を仕上げ、6枚分の賃金をもらったが、親方はつづけてこう言った。『 一番気に入った1枚はとっておけ 』」

精魂を込めた初仕事の品は手放すのがつらく手元に残しておきたくなるもの。得意先からの注文は実は5枚組で残りの1枚は職人の気持ちを知りぬいた親方の思いやりだったらしい。

50年以上も経った今、初仕事の手鏡は押し入れの奥に眠ったままなのであろうか。

今、私の使っている机は中学校へ上がったときに父が買ってくれたものだ。まだまだ現役。


夕飯は代々木上原の大田豆腐店で買ってきた木綿豆腐で湯豆腐にする。
簡単な一品をふーふーとしながら食べる。

渋谷道玄坂にすっぴんのお姉さんたちが接客してくれるバーがあり、おっさんたちで大盛況らしい。
化粧をしてない女子=武器を持っていない兵士に映るのかもしれない。

家に帰ればすっぴんの奥さんがいるのに・・・


by w-scarecrow | 2017-12-12 18:35 | そのほか | Comments(2)
Commented by nobrin-k at 2017-12-14 16:34
そうそう、皮膚科はなぜか女医さん率が高くて、しかも肌が綺麗な人が多いんですよね。 これ、昔から不思議に思ってました。まさにいつでも「すっぴんバー」で働けそうです(笑)
そういえば、最近内科のk先生の所はかなり混んでませんか?そしてお年寄りが多い~(我が家も含む) やはり話しやすい優しい先生の所に集まるんでしょうね。
あ・・・先週末、湯豆腐をしたのに太田屋さんの向かいのマルエツで買ってしまいました。
Commented by w-scarecrow at 2017-12-14 23:51 x
nobrin さん、こんばんは。
確かに。皮膚科の女医さんは2度目です、どちらとも肌が綺麗でした。
僕の行っている皮膚科はほんとに小さな医院。
メガネ美人の女医さんで柔らかな口調でこっちが緊張してしまいます。
内科のK医院、朝早くは平均年齢70歳以上の患者さんがドッと押し寄せて混んでいます。
診療終了時間間近に行くと少しは楽ですよ。
大田屋さんのお豆腐美味しいのに残念。絹揚げも旨いですよ。