人気ブログランキング |

winter's scarecrow

おつかい



e0158857_21050336.jpg


          ” 夜ご飯じいちゃん作る芋っ子を「け」と言われれて僕は「く」と言う ”


高校生が詠んだ短歌で津軽弁の単刀直入な言いまわしがユーモラス。 津軽弁で「け」とは食べなさい、「く」食べる=いただきます。
野菜や食べ物に「子」をつけるのも食物への愛情を感じる。

関西で芋にさんを付けて「お芋さん」というのと同じだ。


コンビニで半ズボン姿の小学校3,4年の男の子がおでんを買っていた。

注文を書いたメモをバングラデシュ人の店員に渡したのはいいが、店員は首を傾げてながら持ち帰り用の器に入れている。少年は「これ!」と指をさしながら確認していた。

大きな発泡スチロールの器が入った袋を少年は揺らさないように忍び足で店を出て行った。少しばかりのお遣いの緊張感。

家に帰ってお母さんが待っているのだろう?兄弟も帰りを待っているのかな。任務遂行まであと少し。


何か月か前に名古屋出身のNさんとわが家で二人で呑むことにした。
普段呑めないラガービールやミニ竹輪や乾き物などをいっぱい買ってきてくれた。 おでん鍋を囲んでのミニ酒宴。

羽根木の豆腐屋・寿屋さんの厚揚げにがんもどき、ちくわぶにコンニャク、白滝、さつま揚げ、玉子に大根、はんぺん etc。
昆布出汁に煮干しを少し加えクツクツと煮込んだ。
Nさんが帰った後、残ったちくわぶ、コンニャク、白滝をつまみながら「そうか苦手だったんだ~」
そうだNさんは名古屋の人だからカツオ出汁にすればよかったかもしれない。味噌味はキツイ。

おでん鍋は食べてお腹を満たすというより、つっつきながらボソボソと会話ができる。楽しい鍋談義。


♪ マンダム ♪ のチャールズ・ブロンソンやB級映画が大好きだという人と話したことがあった。一番好きな彼の映画は?と訊いたら 『 さらば友よ 』だと言っていた。

酔っていた私には 『 原田知世 』と聞こえてしまった。 最近ヤバイ。


by w-scarecrow | 2017-12-04 22:08 | そのほか | Comments(0)