winter's scarecrow

なんとなく過ぎてゆく日々

e0158857_13201447.jpg


                            ふとん     池井昌樹



                     新婚当初
                     妻が寝入ると
                     つないだ手をこっそりほどき
                     ぼくはじぶんのふとんでねむった
                     じぶんのふとんを抱いてねむった

                     妻のてよりも その胸よりも
                     やわらかく またむしあつく
                     ふとんは とおいだれかににていた
                     だれかに抱かれてねむっていると
                     くらいほしや
                     くらいつきや
                     くらい よるのうみがみえた
                     くらい いのりのうたがきこえた

                     いまでは妻の手をにぎり
                     いまではつなぎあった手を
                     ほどくことなくねむってしまうと
                     くらいほしも
                     くらいつきも
                     くらい よるのうみもみえない
                     やさしくくらい いのりのうたを
                     うたってくれたあのひとが
                     だれだったのか
                     どこへ失せたのか
                     抜け殻か またなきがらめいた
                     ふとんは かたえにおしやられ
                     あれから十年
                     腕のなかから
                     かすかに寝息のつたわってくる
                     おまえを抱いて眠っていると
                     雨後の のはらへでてきたような
                     しらない匂いでいっぱいなのだ
                     いま みひらかれためのような
                     しらない虹の匂いがするのだ
                      (やっとおまえに)
                      (であえたんだな)
                     ひとりぼっちの
                     ふたりきりよ
                                                『晴夜』1997 思潮社刊


明日から師走に入る、毎年のように過ぎた日々への反省の月。

絵本作家・五味太郎さんの著書 『ここまできて それなりにわかったこと』 のなかに
「なんとなく過ぎてゆく日々というやつは、宇宙的に美しく、貴重だということ」 との一文がある。
一安心。                 
             
                                 
[PR]
by w-scarecrow | 2013-11-30 13:49 | | Comments(0)