人気ブログランキング |

winter's scarecrow

奏でるように・・♪

e0158857_14241558.jpg




e0158857_18483714.jpg


                      兵庫県三田市で作陶されている若杉聖子さんのうつわ。
                      ”ヴィーナスの誕生”と題されたうつわにマスカットをのせた。

e0158857_18532586.jpg



e0158857_1856156.jpg



若杉さんのうつわを眺めていると音楽が聴こえてきそうだ。

ドビュッシーの弦楽四重奏、バイオリンの張りつめた緊張感、チェロが柔らかな曲線を描く。

柔と剛の対極と融合、ビィオラの円やかな音色が平面を形どる。



若杉さんのうつわは泥しょう鋳込みという技法が用いられている。
石膏を彫刻のように削りだした後、型を作り泥状の粘土を流し入れる。
その後の表面の研磨、一つ一つが丁寧に仕上げられた作品群です。









e0158857_1913752.jpg


夏の余韻を愉しむ暇もなく、どっと秋になってしまった。 10代の頃だったら愉しむも傷を癒すのも徐々に移ろうこの季節が変化をもたらしてくれた。
今は夏の猛暑で疲れた躰をいたわるだけ。 

スーパーや八百屋の軒先に柿が並び始めた。
子供の頃は柿はかたかったり、渋かったりあまり好きではなかった。 今は大好き。

柿は種が大きくなると、それまで渋かった実が甘くなり、鳥たちの食欲をそそり種を運んでもらうことができるのだ。
そんな食物連鎖を私たちがパクパクと食べてしまっている。
柿は皮を通してではなくヘタで空気を吸っているらしい。 

” 柿食へばベルがなるなりゆうパック "    注文した味噌が信州・佐久から届いた。
by w-scarecrow | 2012-09-27 19:47 | うつわ | Comments(4)
Commented by oko1225 at 2012-09-28 11:06
wさん
若杉さんの器、なかなか手に入りませんが
getされたんですね。。。
優しい手触りに女性っぽさを感じますね。
男前には無縁な・・・
涼しくなってお茶の美味しい季節になりました。
Commented by 花子 at 2012-09-29 00:52 x
マスカットにはマスカットの影がある、そんなことを気づかせてくれる器ですね。
陰影が美しく素敵です。 
柿、葡萄、梨、栗・・・・どれも器に映えそう、でも花より団子、美味しい季節がやってきますね。


Commented by w- scarecrow at 2012-09-29 09:29 x
oko さん、おはようございます。
若杉さんのうつわ、新潟の「ギャラリー栗本」で個展があるときにUp されます。近間で個展をやってくれると嬉しいんですが・・。
小さなうつわは芦屋の店でも何点かありますよね。
ほんとに丁寧でテーマ性のあるうつわたち、見とれてしまいます。
伝統的な難しい作法ではなく、家で気軽に飲むことができる中国茶器や淹れ方をブログで教えてくださいね。
Commented by w- scarecrow at 2012-09-29 09:38 x
花子さん、おはようございます。
朝から録画をしておいたCSの番組、片岡鶴太郎が巡る蕎麦屋の名店を観ていました。
東京は荻窪の「本むら」と神楽坂の津軽蕎麦の店でした。気分は朝から蕎麦モードです。
そうなんです。マットな感じで優しい白のうつわ、キューンとしてピーンとして恰好いいです。
マスカットではなく、他のものをのせた方が映えたかな~って思います。
東京駅の食品街、そそられますね。行ってみよっと。