人気ブログランキング |

winter's scarecrow

かけがえのない時間

参宮橋近辺を歩いていたら、小学生の男の子が二人、剣道の防具入れを竹刀に引っかけ肩で担いでいる姿を見た。
なにか久しぶりに見た光景のような気がした。
子供の剣士はハキハキとしていて俊敏そうで恰好いい。 私も5年生のときに好きだったケイコちゃんが警察署の剣道教室へ通っていると聞き、私も少年剣士になった。 歴史は女で作られる。

夜、飲み屋のカウンターでそんなことを思い出しながら、ふと疑問が湧いてきた。 剣道も武道、なぜ技を仕掛けるときにわざわざ
「小手!」とか「胴!」とか決め手の技を伝えるのだろう?

柔道で「背負い投げ~!」とか、弓道で「左隅に的中!」とか、自分の技を伝えることはしない。 なぜ?

e0158857_1414865.jpg


先日、六本木の SAVOIR VIVRE で買った、多治見の若手作家、駒井正人さんのマットな急須。
その緻密で凛とした作りや姿に惚れ惚れする。

e0158857_148153.jpg


種子島の土で焼かれた大きめの湯呑。 田植えをしている人々の姿が緊張をほぐしてくれる。
朝、焙じ茶を飲むときにユーモラスな絵付けを眺めながらの一服。
種子島で作陶されている池田省吾さんのうつわ。

止めることができない時間の流れを、お茶を淹れる道具たちが、かけがいのないひと時を取り持ってくれる。
そんな一瞬を永遠に変えることができるかもしれない。
by w-scarecrow | 2011-11-06 16:57 | うつわ | Comments(2)
Commented by 花子 at 2011-11-08 05:53 x
「小手~」と言いながら面をとったら武士道に反するのでしょうね。
昔の武士は名乗りあってから刀を交えていたので、その名残でしょうか?
でも弓道の場合は「安土に的中(はずれ)」と言い続けるのは辛いですよ。
田植え姿が湯呑を温かく包んでいる、ホットするひと時に元気がもらえそうです。
時間は美味しく味わうものですね。
Commented by w- scarecrow at 2011-11-08 21:17 x
花子さん、そうですよ!小手を打つ瞬間に相手の面に隙が出来、咄嗟に「小面!」って言ってしまいそうですね。
去年、明治神宮の弓道の大会を観たとき、「当たりー!」と言うのかと想っていたら、皆、黙々と射っていました。
そんな声を出したら温泉場の射的場になっちゃいますね。
毎日、何度も使う湯呑、こんなホノボノしたのも嬉しいです。
夢は枯野を駆け巡ります。