winter's scarecrow

色、うつろい

春夏秋冬、四季折々の自然の変化に富んだ日本。
人々は自然界の色から季節の移ろいを感じ、恵みの豊さに感謝し、自然界の色に憧れ染色、やきものや菓子や料理とあらゆるものづくりに色を映しだしてきた。
紅葉を観て英語ならRedという一色にくくられてしまうが紅色、朱色他々と日本ならではの色彩表現、自然の色から生みだす中間色、日本古来からの伝統色の底の広さ。
四季の移ろいを強く感じることのなくなった現在、どんな色に憧れ、どういう色表現をしてゆくのだろう。


e0158857_12272370.jpg




e0158857_12283647.jpg

好きな黄瀬戸のうつわを紹介します。

『黄瀬戸』、桃山時代に美濃でつくられた黄色いやきもの。
中国の青磁をつくろうと焼成したが窯から出すと黄色いものが出てきた。 十分に還元焼成ができなくて酸化焼成となって出てきたのが黄瀬戸の始まり。

(写真上2枚)豊場惺也 『八角形黄瀬戸湯呑』 (1942年生まれ、岐阜県可児市に築窯)
人間国宝・荒川豊蔵氏に師事し、志野、黄瀬戸など独特な色彩表現をされる作家。 
淡い色のやわらかな作品が和みを感じさせてくれる大好きな作家さん。

e0158857_1249744.jpg




e0158857_12501971.jpg


各務賢周 『黄瀬戸湯呑』 (1973年岐阜県恵那市生まれ)
幼いころから父(各務周海)のやきものづくりを手伝い、土や薪、灰の扱いを学んできた作家。
控えめなタンバン(緑に発色する銅)、口縁から腰にかけての焦げがやわらかな風合いのうつわのアクセントとなっている。 
黄葉の秋より春を想わせる湯呑である。
昨年、お父さんの周海さんの個展を見に行き、白髪の骨太の体躯をされた作家さんという強烈な印象。
繊細な黄瀬戸をつくられる手をジッと見つめてしまった。 そのすぐ後、5月に他界された。
賢周さんもいつの日かお父さんの手になられることと想います。


e0158857_13215238.jpg


浜田純理 『黄瀬戸小服碗』 (1947年、岡山県備前市生まれ)
岐阜県土岐で作陶されている浜田純理さんのタンバンと焦げの強いコントラストをもつ小服碗。
桃山陶を追い求め、穴窯とガス窯を使い炎を強く感じさせる作品をつくられている。
素人目にはいつも遊び心満点な野趣に富んだダイナミックさを感じてしまう。


e0158857_13321716.jpg


久保忠廣 『黄瀬戸湯呑』 (1948年、東京生まれ。三重県に築窯)
以前に紹介した、久保忠廣さんの鮮やかな黄色、タンバンの緑がくっきりと発色した油揚げ手の綺麗な湯呑。
久保さんの作品の造形がどれをとっても手にぴったりと馴染む、使い手を心地よくさせてくれるうつわに感服する。

東京は来週から暖かな日がつづくという。
三寒四温、植物たちの体内時計のスイッチがそろそろONになる頃かもしれない。
私の体内時計は手巻きなので、いつも狂っている。
春が近づくと、小学1年生のように童謡を口ずさんでいる。 ♪春と来い!早く来い!のぼりくだりの船人が・・♪
[PR]
by w-scarecrow | 2010-01-16 14:09 | うつわ | Comments(6)
Commented by hayatedani at 2010-01-16 21:16
やっちゃいましたね w-scarecrowさん
大好きな黄瀬戸のオンパレード
どれも素敵な中間色
いわゆる黄色い油揚手ばかりでないところが
w-scarecrowさんらしくて 素敵です

黄瀬戸って日本人の繊細な美意識を表現していますよね
日本の色はすべからく素晴らしい四季から生まれたもの
日本の器も自然から生まれたもののような気がします
Commented by w-scarecrow at 2010-01-16 22:11 x
疾風谷さん、どこかですれ違っていると想うのですがお久しぶりです。
黄瀬戸って桃山の頃でも今でも「洋」という感じがします。
柚子手といえば和の感じなんですけど。
疾風谷さんの今の黄瀬戸の湯呑、小服碗をつくってくれないですかね。
中間色の手に馴染む油揚げ手のものを。
タンバンの緑の発色を意識しないで「黄」を表に出したものを・・浅めの向付でもかまいません。 野菜たちが生きるうつわを。
Commented by Kirara at 2010-01-16 23:10 x
造形のお手本は 全て自然の中にあるのでしょうね。
黄瀬戸の微妙な色合い 美しいですね。
瀬戸・多治見・美濃・可児。。。車でひとっ走りの場所ばかりです。
今年こそ産地を巡り歩いてみたいと思います。

週明けの東京暖かそうで助かります^^

Commented by w-scarecrow at 2010-01-16 23:42 x
kiraraさん、美濃に近いところに住まわれて羨ましいです。
現代の作家さんたちの日常づかいの食器も美濃と常滑は面白いです。
窯の風景を見に行かれるだけでもいいですよね。
わっ!この人の感性すごい!と惚れてしまうかもしれません。
もし、東京で行くところで迷ったときは非公開でも構いませんので言ってくださいね。
Commented by Kirara at 2010-01-17 16:50 x
ありがとうございます^^
行ってみたいところばかりで困ってしまいますが
予定を決めず ガイドブック片手に(笑)気ままに歩いてみたいと思います。

ANNON族のなれの果てです^^;
Commented by w-scarecrow at 2010-01-18 01:13 x
kiraraさん、天気は良さそうですね。
格好も当時のannon族で来てくださいね。
いっぱい歩いて、美味しいものを食べていってください。