人気ブログランキング |

winter's scarecrow

石井隆寛 湯呑

e0158857_14155353.jpg

                      石井隆寛 『白釉炭化湯呑』                  
                         1977年 東京都生まれ
                         2000年 玉川大学芸術学部卒
                                隠崎隆一氏(備前)に師事
                         2006年 神奈川県箱根町に築窯

                           口径: 7cm 高さ:8.3cm


e0158857_14252971.jpg


躊躇いのない大胆な面とりに釉の流れ、貫入、顔を出している濃淡の素地。
ややベッージュががった色合いが鋭さのある造形をやわらかく包んでくれている。
酒器、花器、茶器など、どの作品でも斬新的なデザイン、造形で楽しませてくれる。
次はどんな作品を発表するのだろうと期待をもたせてくれる作家はそう多くない。

鬼才・隠崎隆一氏に師事をしていたので師と似ている、抜け出ていないと評されているのを見たことがある。
それは当り前のことであり、どの分野の作り手でも初めは自分が一番影響を受けた人の模倣で始まる。
落語の世界でも初めは演目を師匠の上書きで、それらしく演じているだけである。
30代になってその演目を消化し、長い時の積み重ねでいつしか燻し銀の光を放ち、自分の十八番となっていく。

石井さんは織部にも黒、銀彩釉、炭化焼き〆にも特異な作風を生みだしている。
魅力的なシルエットのなかにフッと和める柔軟性があって使う人にも作者の想いが伝わってくる。


e0158857_15215939.jpg

鹿児島県の霧島山系の『みぞべ茶』、いただいた煎茶で焼菓子を食べながら北欧のcoolなjazzを聴く。
知覧茶、みぞべ茶は採れた産地をブランド名にしている。 あとは鹿児島茶というブレンド茶として売られている。
知覧、頴娃のお茶は陽を浴びて強くて洋々とした香りあるお茶の印象があった。
この溝辺のお茶は山のお茶のやわらかさと仄かな明るさを感じる美味しいお茶だった。
末重製茶の飽きない煎茶。 

霧島は一度訪れてみたいところ。 日当山温泉の古湯に浸かり焼酎と錦江湾の新鮮な魚を食べてみたい。
ただ年配の人が話す薩摩弁は全く解らないと想うのでCasioの電子辞書を持っていかなければ。
いまだに不思議なのは幕末のころ西郷さんの薩摩弁と勝海舟の江戸弁が通訳なしで通じたんだろか?
それに津軽や会津の人間が加わったら大変なことになっていたと想う。 

PCの莫大な修理代を費やしてからまたストイックな日々がつづいている。
ついこの間まで花を見て愛しいとか空を見て永久(とわ)を感じることなどなかったのに・・。 なんか変だ。
by w-scarecrow | 2009-06-28 15:58 | うつわ | Comments(12)
Commented by sssumunion at 2009-06-28 16:01
初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま~す<m(__)m>
Commented by oko1225 at 2009-06-29 06:33
おはようございます。
今の季節に相応しい色合いの湯呑みですね。
学生の頃流行ったフイッシャ-マンズセ-タ-を
思い出すテクスチャ-。
彫刻を見ているようです。
なんだかとても上品。見ていて気持ちが癒されます。
ストイックな気分のWさんがこの湯呑みで飲みたいと
いう心情はこのあたりからでしょうか?
Commented by w-scarecrow at 2009-06-29 09:02 x
sssumunionさん、よろしくお願いします。
Commented by w-scarecrow at 2009-06-29 09:11 x
okoさん、おはようございます。
フィッシャーマンズセーター流行りましたね。
新宿のtakaQあたりで買った覚えがあります。
うつわの色合いも似ていますね。
石井さんのうつわの造形はほんと面白いです。
見ているだけでも楽しいです。
関西で個展をやってくれるといいんですが。
Commented by kirara at 2009-06-29 16:45 x
器の色合いと質感が互いを引き立てあっているように見えます^^
焼き物のことはよく分からないんですが まずは模倣からって言うのは本当にその通りだと思います。

フィッシャーマンズセーター 若いころ一生分ほど編みました(笑)
特にアラン模様の縄編みが好きで。。。
アラン島にいつか行ってみたいと思っていたら この秋いけそうです!
漁師さん達のセーターは保温と防水性抜群の純毛で編まれていますが 各家ごとに違う独特の模様には意味があって 万が一の海難事故で帰らぬ人になって時 どこ誰?を識別するときの為なのだそうです。キルトもそうですが 模様が出来上がるには 必然的な理由も存在するのだな・・・としみじみ思います。 

Commented by w-scarecrow at 2009-06-29 21:14 x
kiraraさん、ブルターニュの旅に行かれると言われていましたよね。
アラン島まで行かれるんですか?
1934年の記録映画で「アラン」というのがあって、いつか行ってみたいと思っていました。 キルトもスコットランドのものだから、やはりケルト文化の一端なんでしょうか?
フィッシャーマンズセーターの模様はそんないわれがあるんですね。 アイルランド製のものでオイルが塗ってあるセーターを見たことがあります。 今はアラン島の漁師たちは純毛のセーターを着て漁に行っているのかな?
いいな、ケルト文化の旅。
Commented by Kirara at 2009-06-30 19:22 x
アランセーターは原毛そのままの生成で軽く脱脂してある毛糸だったと思います。
これを着て荒海に出て行く漁師さんの無事を祈る心が編み込まれている 
作り手の魂のこもったセーターですよね。

10月にイギリスで開催されるニッティングフェスティバルに行く某出版社の企画旅行なんですよ^^
アイルランドにも足を伸ばします。
ブルターニュは又別の機会になりそうです。
*新型インフルエンザの状況気になるところですが
良いご報告ができるとうれしいです^^
Commented by w-scarecrow at 2009-06-30 19:44 x
kiraraさん、アイルランドの西側の荒涼とした風景、10月だとかなり寒いんでしょうね。
ホテルの傍の地元のBARでアイリッシュ・ウイスキーを呑みながらケルト語で歌うアイリッシュを聴きたいですね!
アランセーターの原毛を買ってきてkiraraさんの家紋のセーターを編んでほしいです。
Commented by tukiyomi at 2009-06-30 20:09 x
素敵なお湯呑みですね。使い込むほどに味わいが出てきそうです☆
Commented by w-scarecrow at 2009-06-30 21:41 x
tukiyomiさん、新茶が出ると産地によってどの器で飲もうかって悩みます。そんなことを楽しんでいます。
あまり変わりがないんですけど・・。
ちっぽけな楽しみです。
Commented by 花子 at 2009-07-01 23:18 x
薩摩弁と江戸弁が通じるのか・・・ってそうですよね、沖縄語もアイヌ語も津軽弁もいまだによくわかりません。
今は東京語が標準語になっていますが、もし津軽弁が標準語になっていたら・・・
先日、太宰治の「走れメロス」を津軽弁で朗読されていましたが、穏やかで優しい言葉でした。
津軽弁で政治の話をしたら、少しは良くなるかもしれませんね。
手の中にほど良く納まる大きさの湯のみに、ゆっくりと時間をかけてお茶の時間を楽しめそうです。
Commented by w-scarecrow at 2009-07-02 19:15 x
花子さん、津軽みたいな寒いところでは言葉まで短縮して、食え=ケッですもね。響きがフランス語に聞こえてしまいます。
遠野の昔話の語りべもそうですが、なんとのも言えない和らぎ。
太宰作品も標準語より、津軽弁の方ががリアリティーがありますね。
弘前市議会を覗いてみたいですね。
寺山修司の歌に"故郷の訛りなくせし友といてモカ珈琲はかくまでにがし" 複雑な想いがします。