人気ブログランキング |

winter's scarecrow

ありがとう 2019

     

         「こ こ」


           どっかに行こうと私が言う

          どこ行こうかとあなたが言う

           ここもいいなと私が言う

           ここでもいいねとあなたが言う

           言ってるうちに日が暮れて

           ここがどこかになっていく

                              谷川俊太郎




ありがとう 2019_e0158857_19350584.jpg



穏やかな日差しが背中に刺しこんできた。


右手が使えず部屋の中で転んでばっかりだ。


TVの画面は大正時代からつづく都会の釣り堀の日々の風景。 NHKドキュメンタリー72時間。


50年以上も常連客の爺さん、金魚を一日、100匹も釣り上げる女性もいるという。


昼休みにジッと竿を垂らしている男たち。


小さい娘を連れてきた若いお父さん、いいとろを見せたいが全く当たりがない。


すぐ隣の常連さんはテンポよく金魚を釣り上げている。 娘の興味はお父さんではなく爺さんに。


女の本能であろうか、出来る男にちゃんと自分をアピールしている。 金魚を数匹いただいている。


お父さん、立場なし。



美容院を営む男性、段取りよく金魚と対面している。


暫くして素敵な奥さんが隣りに座り、ゆっくりと話かけている。


この状況が一番、夫婦の会話ができると言っていた。


1時間竿代込600円。


皆が皆、金魚に心を委ねている。


素敵な釣り人?たちの徒然。



ありがとう 2019_e0158857_20345403.jpg


横浜ベイスターズの捕手、伊藤光のツイッター、孫を見守るおばあちゃんとの会話にほんのりした。 頑張れ、光!


右手首をかばっていると肩に激痛が走る。 声に出てしまう。

そんなときはいつものように、スタスタと歩くことができた暁には何を買いに行こうと、考えを巡らす。

昨夜は豚まんだった。

王道の北京飯店の五目饅、華正樓、東京の維新號の高価な肉まんでもいい、すぐに食べたい。
東京の老舗の肉まんは砂糖の味が立ってる。小洞天、神楽坂五十番。


お粥で有名な「謝甜記」の肉まん、シュウマイは手頃な値段でかなり旨い!通販もあると思う。 

そんなことを考えながらやっと眠りにつく。


ちゃんと歩きたいな。

思ったとこへ行きたい!



ありがとう!みんな

2019 !





# by w-scarecrow | 2019-12-29 21:24 | そのほか

お~い またかいな 

寒い、寒い、
寝床からの脱出に「無理」と溜め息。

あと10分待ってくれないか・・
スクイズのサインを出せずに1アウト。

寝る前にイタリアグルメの番組を観ていて
腹は空いている


お~い またかいな _e0158857_23554973.jpg

またサインを出せずに2アウト。
手首の骨折から10日 右手は全く使えない。
起きるときも、歯磨きも洗濯も台所の洗いものも 字も

パラリンピックの選手にほんと
リスペクト。

今日は初めての病院へ
着替えるのに30分を有す ベルトやファスナーに七転八倒
首からは10日前の救急病院からの布の三角巾
もう汚れている 困ったもんだ

使い手の右手が使えない 字が書けない
コンビニで小銭を出すときも 焦ってしまう

利き手が不能になった生活に驚いた

テレビのスイッチを入れると「うそっ」 日テレ=読売=巨人軍 滅多にみない日テレの朝。
ここんちの男女アナがどうしても魅力的じゃない。
TBSやフジみたいにぶっちゃけたところがあればいいのに

朝、寝床からスクイズを諦めるとテレビからは 鶴瓶の宝くじ買えよ!の鼻につくCM.
この68歳はすごい。じいさん ばあさん 神主も偉いお坊さんも知っている師匠
だだ出すぎだ  「どんだけー」の IKKOも

コンビニ食ばかりになった ただレトルト食品を温めた後
封を開けられない 5,10分かかる

果物と甘いものばかりが食べたくなる セブンのバスクチーズケーキの濃厚さにはまっている。


お~い またかいな _e0158857_02074622.jpg

美味しい煎茶も和菓子もほっとしたときに・・

軽やかな近江の煎茶が飲みたい。




# by w-scarecrow | 2019-12-18 00:02 | そのほか

一日の終わりに


川崎洋 

ほほえみにはほほえみ


       ビールには枝豆

       カレーライスには福神漬け
       夕焼けには赤とんぼ
       花には嵐
       サンマには青い蜜柑の)
       アダムにはいちじくの葉
       青空には白鳥
       ライオンには縞馬
       富士山には月見草
       塀には落書
       やくざには唐獅子牡丹
       花見にはけんか
       雪にはカラス
       五寸釘には藁人形

       ほほえみにはほほえみ

                 詩集『ほほえみにはほほえみ』1998年






一日の終わりに_e0158857_18361585.jpg


                   九品仏浄真寺 







# by w-scarecrow | 2019-12-11 18:38 | そのほか

僕の轍


僕の轍_e0158857_19360166.jpg

いいよね、こんな風景。
東北訛りで話すおじさんは
「ねえちゃんたちの流行りのドリンクがあるべさ、タピオカっ、あの玉は山形の玉こんにゃくに違いないと
壇蜂さんが強く語ってたのっしゃ」
からしを入れて飲むべし。
Danmitsu loss.

たるーい浅草の昼下がり
N さんとカメラの話題で牛筋や肉豆腐で一杯いくのもいいかもしれない。
そんなダンディーな時間がたまらい。
色気のスパイスも少しだけサッサッ。

寅さんみたいなおじさんがいれば、悩み事を聞いてもらうのが世の常。たいていの下々の悩みは解決する。恋バナはダメだ。

昭和の時に婚期を逃し、令和になった今一人でいるのは平成ジャンプ。
私もそんなジャンプ仲間。突っ張っていた時代がバカ野郎だ。


食パン専門店が増えている
どっちが好きか 山型のイギリスパンと角食パン
私は美味しければ山型、そうでもない店だったら角食を買う。
フカフカよりは小麦の香ばしい一枚をトーストに
たまにの贅沢でエシレやデンマークのバターをたっぷりと塗りたい。

そうだ笹塚にあるランチだけガレットの専門店。
ブルターニュ出身の粋な男が焼く本場の具だくさんガレット。
行かなきゃと思いつつ忘れて、駅そばの洋食屋の「ロビン」に入ってしまう。
今の気持ちはきのこやハムの入ったガレット!

名優!松重豊の見せ方はすごい。
「孤独のグルメ」遅い時間に観ている孤独な人々の心を奪う。
孤独な皆も一緒にエアーでモグしている。
語りが洒落ている。ライターが恰好いい。

腹ペコの昼下がり館林から送られてきた半ナマうどんが、うどん激戦群馬の中でも俺好み
ツルーと食べたい。
愛知のオリエンタルカレーのカレーうどんの具が昭和生まれにはグッとくる。
当たり前田のクラッカーと同期です!といってもいい旧友たち。

zoo zooの前沢さんは近頃は何を食べているんだろう
ヤマザキランチパックなのか! しめじではなくトリュフ、イクラではなくキャビアなのか

プロ野球ドラフトマニアとして長ーく生きてきた。
毎朝、横浜も含め12球団、高校、大学野球の情報をチェックする。
生きがいだ。

1998年の横浜ベイスターズの38年ぶりの優勝では。瞬間にかかってきた電話も無視して部屋でボロボロ泣いていた。
来季は優勝する予感がムズムズとする。きっと行く頂点へ。
頑張れ!横浜 もう待てない。 
結果の出せなかったラミちゃんの次は、前SB監督の秋山幸二に指揮をとってもらおう。


私の誕生日の前日、病院帰りに東北沢駅前2fのオクロックに行った。
いつも素敵なご夫婦、懐かしい味に舌鼓、いいな、ここは。
高校生みたいだった奥さんも少しだけ老けたが、なんのなんのまだ40代初めにしか見えない。
ホッとくつろいだ夜。
愉しかった、ありがとう。
酒は出してくれなかった。


長くなってしまいました。僕らの轍を!






これもしみじみと来る





下北沢、茶沢通り沿いにある小さなパン屋さん”カイソ”、ここの絶品のバケットを買ってチーズだけでも、奮発してちょいと贅沢なハム買ってサンドするだけでいい。
あー食べたい!バケット。


# by w-scarecrow | 2019-12-08 22:47 | そのほか

PIZZA

PIZZA_e0158857_14094153.jpg

空を飛ぶ夢をみた。
ジブリ映画のようにほんわりと。 そんな10年に一度みる夢。

次の日から3週間の静養、動いてはいけない生活がつづいた。
初めの4日間は立つこともままならかった。

トイレに行くまでは至難の技、立つことができるようになっても、ずっと立ってはいられない。

真っ暗な頭の中をどう変えよう、DVD-DISKに録画しておいた古寺巡礼や五木寛之の仏教。
沁みたが、沁み過ぎてヘタヘタになってしまった。

しんどい時は遺書を書くと落ち着くと語っていたが、誰に遺せばいいのか・・言葉は?
ちょっと仏教から離れないと壊れてしまいそうだった。

北海道の旧友が送ってくれたジャガイモで食いつないだ。

TVの料理情報番組ばっかり観ていた。
観ているだけで、お腹が満たされたような勘違いの日々。

本格的ナポリピザだけは、いても立ってもいられなかった。
シンプルなマルガリータでいい。できれば滅多に飲んでいないラガービールも一緒に。
頭の中は長靴の形をしたイタリア一色。

歩けるようになったらゆっくりと巡ってみよう中目黒のピザ屋観光地へと。

ラグビーWCで元気をもらい、侍ジャパンでは手に汗にぎって。

今、まだ歩くのはしんどい。 PIZZA!

”遺す言葉” は、
皆に、ただただ「ありがとう」



# by w-scarecrow | 2019-11-30 14:52 | そのほか

Discover Japan

Discover Japan_e0158857_20394418.jpg


♪ 知らない街を 歩いてみたい
  どこか遠くへ 行きたい

知らない海を ながめてみたい 
  どこか遠くへ 行きたい 
        
  遠い街 遠い海  
  夢はるか ひとり旅
      

愛する人とめぐり逢いたい 
  どこか 遠くへ行きたい ♪



永六輔と中村八大の名コンビの旅を誘う曲。

秋元康と同じくらいのシンプルな?!詞、今考えれば素人でも描けそうだ!



国鉄が電通の名プロデユーサー藤岡和賀夫氏を再建の柱として、青春18切符や高峰三枝子と上原謙をCMに起用したフルムーン、そしてJRまで、恰好いい戦略がつづいた。

殺風景な国鉄の駅舎に、見たこともない遠い町の画が貼りだられていた。そのポスターが欲しくて、欲しくて。



Discover Japan_e0158857_20560380.jpg


小中学時代のわが家は兄3人たちから檄が飛ぶ、「肘をついて食べるな」「箸はちゃんと持て」「くしゃくしゅ音を立てるな」、こんな修道院みたいな環境で育った末っ子は永六輔の詩に感動した。

家を出て 遠くへ行きたい!

小学生のときは「高野山に出家したい」「ウィーン少年合唱団に入らせて」と母に懇願したが聞く耳なし。

中3のときは同志社高校の願書を取り寄せ「京都へ行かせて!、寮もあるし新聞奨学生もあるし・・・」またもや空砲。

いつになったら知らない街へ行けるんだろう・・。



Discover Japan_e0158857_21124353.jpg


♪ いい日旅立ち ♪ の山口百恵の歌声に誘われ、

青春18きっぷで山形出羽三山へひとり旅、福島、岩手へとひとり旅はつづいた。
人との出逢い、10代の若僧にもすごく優しくしてくれた人々。


大人になってからは 、「シンデレラ・エキスプレス」の横山めぐみにちょいと固唾をのみ、

山下達郎の「クリスマス・イブ」の深津絵里、牧瀬理穂になぎたおされ、

自分でもクリスマス・イブは新幹線ホームでの遠距離恋愛の定番を実現した。

東北新幹線から降りてきた彼女は名物のゆべしと、婆ちゃんが作ってくれた味噌と漬けものをお土産に持ってきてくれた。サイレントナイト。


あれから何年が経つんだろう・・。

もう何年も on air されている JR 東海のCM「そうだ、京都へ行こう!」にも
「どうせ混んでるんだろ・・」と皆、食指が動かない。

JR 東海はお膝元の名古屋はどうして・・「そうだ、名古屋へ行こう!」のCMを作らないのだろう。

名古屋出身の武井咲は人妻になってしまったのでNG,私の好きな佐藤栞里ちゃん起用で熱田神宮でひつまぶしを食べる画、名古屋の喫茶店であんこトーストを美味しそうに食べてもらって、スガキヤの台湾ラーメンではなく、新幹線下りホームの立ち食いきしめんをすすってもらって・・JR東海はなぜ名古屋を冷遇するんだろう。


♪ 愛する人と巡り逢いたい どこか遠くへ行きたい ♪

♪ あーあ 日本のどこかであなたを待っている人がいる ♪

そんな電通や谷村新司の詞にひょいひょいと誘われた青春の旅でいっぱい出逢がありました。


「そうだ!どこへ行こう!」

遠くへ行きたい。     

まだ見ぬ街に・・行きたい・・ 

神奈川三浦漁港にあがる稀少サバ、松輪サバを買ってきて味噌煮を作りたい
もちろん赤味噌で 食べた


# by w-scarecrow | 2019-09-24 22:13 | そのほか

来花


日曜日、仕事中にメールが入っていた。

助監督、撮影助手、同じ暗黒のペイペイ時代を過ごした友。今は郷里に帰り家業を継いでいる。

「w、長男が出来たんだけどいい名前ないか?」「爺ちゃんたちが決めるんじゃないの?」
「そんなの気にしなくていいから」

そんな息子は28歳になっていた。「カメラマンの息子は、ライカに決まってんじゃない」

そろそろ危ないとは知っていたけどライカくんは逝ってしまった。
ライカくんとは彼が専門学校の時、カメラマンの助手になったときと2度、二人で飲みに行った。

「ムービーとスチールカメラマンの違いはあるけどお父さんと同じ道を選んで、オヤジ嫌がってないの?」

彼は「全然」と首を振っていた。爽やかな笑顔が今も脳裏にこびりついてる。



来花_e0158857_23231752.jpg

「wさんが僕の名前の名付け親なんですよね・・」「Nikon や Canon じゃ、まずかったし」


彼の親父は「なんで自分より先に・・」「病気になったのもなんも親のせいだよな・・」と細い声で言っていた。

駅からの帰り路、電話を切って街道沿いにある小さな飲み屋さんへ入った。3度目。
一年かかってやっと見つけた落ち着ける場所。

高校生棋士・藤井くんみたいなシャイな店主。

ライカくんが好きだったバンプ・オブ・チキンの曲が店内に流れていた。



部屋に帰りTVを点けるとコーヒー飲料 WANDA の CM が流れれていた。
北野たけしが運転するタクシーに乗り込んだ神木くん。

「最近ちょっと疲れちゃって」
「それだけあんたが必要とされているんじゃないの・・」



バンプを好きだったライカくん、きっとバンプを尊敬している米津玄師も好きだったんじゃないかな・・。
彼はどんな恋をしていたんだろう・・


心底、響いた。28。


   米津玄師 Lemon





# by w-scarecrow | 2019-07-03 00:38 | そのほか

加油!

マックの前を通ると新メニューのマックトリオの大きなのぼり?
どれも美味しそうだ。

メニューの名前は " ノグチ " 、” ヤグチ " 、” トリチ " とある。
" ヤグチ " はかつて映画の製作進行でショーケンそっくりな喋り方をする、いけすかない矢口という男がいた。
" ノグチ " まだ若いのに明治時代の頑固者、幕末の武士の性格をした東北沢の洋風居酒屋の店主の名字だ。

頑固者の" ノグチ " を食べることにした。Wチーズバーガーのちょいとだけプレミアム感。いい具合のチーズソース。

そんな武士に想いを馳せていた私の横で10代後半のギャル?の言葉が耳に入った。

「ねぇ、マックのコークってジイちゃんの香りがしない?」とメタボ気味のギャル友に呟いていた。

ジイちゃんの香り?

なんじゃ!


加油!_e0158857_22110828.jpg

香港の立法会周辺では若者や家族連れが、黒のシャツを着て侵され始めた自由を取り戻そうと200万人が立法府政府機関に向かい行進している。

逃亡犯を中国本土への送還することへの撤回、林行政官の退陣を求めて集結している。
「暴徒」「暴乱」と呼ばれた市民たち、天安門事件から30年が経つ、そんな熱をTVから重く感じる。

2014年の雨傘運動、それ以来の最大のデモ行進。

香港映画の助監督で編集作業の休日に、ビクトリアパークでガチョウのロースト弁当を食べ感嘆していた私。
その公園に若者たちが今、集結していた。「おっと」のノー天気だった自分が甦る。

ジーちゃんの香りがする。

数年前に霞が関に集結して安保関連法案や憲法改正に「NO!」を唱えたSEALDsの若者たちに感動していていた。

その彼らの叫びの後ろに××労組ののぼりが画面で見えたときに幻滅した。
なんで個で自己表現をする若い彼らの邪魔するのだろう。

主義思想は別として旗をかかげ旗のもとに集い叫ぶ奴らが大嫌いだ。そんなのぼり・・が! 
個で闘えないんだろうか
旗好きの彼らは。



加油!_e0158857_22402805.jpg


名優・米倉斉加年さんの画。

1983年に出版された米倉斉加年作・絵の素晴らしい絵本があった。

” おとなになれなかった弟たちに ”

米倉さんは福岡県人、太平洋戦争中の疎開先での飢えを忍んだ日々の自伝的物語。
食べ物がなく乳もでなくなっていた母、いただいた乳児への弟のミルクを盗み飲みしてしてしまった兄、そして栄養失調で亡くなった弟。

米倉さんの絵師としての作品も素敵だった。



# by w-scarecrow | 2019-06-19 22:57 | そのほか

ちゃんと


ちゃんと_e0158857_02494649.jpg


狭い路を制服を着た男子や女子生徒たちが横に並びわがもの顔で歩いてる。


夜になって新入生歓迎会の帰路なのかヘベレケの大学生たちに、路を塞がれている。

たぶん青春時代、同じことをしていたおじさんになった私がいる。

「ちゃんと、路を開けろよ」と呟く。

千鳥足になって仲間に抱えられている女子を見ると、父親感いっぱいになってしまう。
月8万のオートロックの住まいは故郷にいる親たちにとっては必死だ。

「ちゃんとしなさい」

小さい時から母から1日何度も言われた言葉。
「ちゃんとかたずけなさい」「ちゃんと挨拶しなさい」「男なんだからちゃんと謝りなさい」


狭い路を横に並んで歩く若者たちの声を聞いたことがある。
「一歩前に出るのも一歩下がって歩くのも、シャシャリ出るのも後ろにくっついていくのも何か・・ヤバイっしょ」


お袋の一周忌の数日前、財布を拾った。中には2万円近い財布だった。

いつものように仕事からから部屋に帰る前に、駅の近くでワン・クッションを置く。
一服してから1日を整理して、誰もいない部屋に帰る。

そんなときいつも一服する場所に財布が転がっていた。
どう見ても2つ折りの男の財布、一応金額だけは覗いてみた。
お尻のポケットに入れていたんだろう。
二つ折りのよろよろの財布、札入れにはコンビニのレシートが何枚も挟まれていた。

どんな年代でどんな人物なんだろう?
あまり覗くのは止めよう・・。

これがブランド物の長財布でカードがいっぱい詰まっていたら、ドロンしたかもしれない。

お金持ちにはお金が集まる、ブランド物の長財布には福沢諭吉たちは折り曲げられなく居心地がよくてまた戻ってくる、そんな経済の循環を聞くと、この間までマジックテープで閉じられた財布を使っていた身にとってシンパシーを感じてしまった。


「ちゃんと交番に届けたぜ、お袋!」

そんな男気のこの顛末を先輩や友人に話したら、「馬鹿じゃない!」「今時、拾った財布を交番に届ける奴なんかいないぜ、
50万、100万だったら別だけどよ」
「どうせ国庫に入るんだぜ」

あのコンビニのレシートをヨレヨレの財布に何枚も入れていた人は、どんな奴だったんだろう・・。



# by w-scarecrow | 2019-06-11 22:41

桜満開のころ

少しづつ躰が戻ってきました。
一ヶ月超の入院生活を終え、満開の桜に見おくられての退院。

退院のときに担当医から「ちゃんと断酒、節酒をしてくださいね」と言われ「勿論」と言った私。

病室から見える私鉄電車。始発の時間も最終の時間も憶えてしまった。
ブログ仲間のBさんは朝6時過ぎの電車に乗っているだろうと目を凝らして眺めていた。
といっても発見できる訳でもない。

この巨大病院はもともとは精神科に特化した病院、わが家から歩いて12,3分。
初めの一週間は歩くことがおぼつかず個室からは車椅子での生活だった。

歩くことができてからは4人部屋での日々、この部屋の面子がすごい、私と同じ肝臓系の患者はゼロ、ドラッグ系の患者が一人、ミュージシャンだった。
覚醒剤系の患者は2人、その一人のキャイーンの天野くんに似たAくんの解説が楽しかった。
この病棟の患者は20~30人、普通の女子大生もいた。女子は3割程度だが皆若い。

モデル風の女は一番危ない患者、いつも誰かと仮想の携帯で喋り大声で笑い泣いている。
Aくん「だぶん安い覚醒剤を常用していたからああなったんです」

不思議ちゃんの宮崎葵風の女の子もいた。彼女もずっと誰かと会話してしている「お父様・・」
Aくんいわく彼女は何度めか入退院を繰り返しているらしい。ドラッグらしい。

私と同じ肝炎系は少なく、いろいろなヒストリーを聞かせてもらった。
肝炎系はおしおきの意味での入院。

朝7時の朝食、12時、18時の昼夕食。その全員が食堂に集まる。
なかなかの病院食、贅沢は言えない。


桜満開のころ_e0158857_22024040.jpg



私の4人部屋の隣りのベッドは背中に見事なモンモン、世間の人が憶えのある銀行襲撃事件の人質を刺してしまった男。
知らなければなんともないのに天野くん似のAくんが解説してくれた。

そんなこんなで人生初の便秘という辛い体験、きつかった。

肝炎系患者は運動をせずぐうたらベットに居るのが必須。
ずっと電車を眺めていた。「卑屈になったらいけない」と担当医が言っていた。

酒は欲っしなかった。煙草は吸いたかった。

まだ蕾にもならない桜の樹を眺めながら、退院したら吉牛が食べたい、中華街の豚まんが食べたい、皿うどんが食べたい、美味いハード系のパンが食べたい、大坂なおみとかつ丼が、青山テルマと小粋なバーでバーっと呑みたい・・そんな画ばかりが目に、胃袋に呼び起こされた。

退院の日、桜は満開だった。
洗濯物抱えわが家へ、電気が止まっていたので支払いを済ませてから数時間後に回復するとのことで、駅前のできたばかりの餃子屋さんへ行った。

久しぶりの生ビールで「ウマっ」とうなり餃子をつまんだ。2杯目のビールが運ばれたときに私の視界にレジで会計をする担当医が目に入った。

断酒、節酒宣言をしてから数時間後のこと。

5月に入った、ベスト体重73,4キロの私は入院時58キロに、ちゃんと食生活を変えなきゃいけませんね。

大好きなマミーズのアップルパイを買ってきた。


# by w-scarecrow | 2019-05-14 22:46 | そのほか

風をあつめて


-
風をあつめて_e0158857_15521043.jpg









  歩くことが、きつくなりました。

  11年間、ありがとうございました。  

  

  

# by w-scarecrow | 2019-02-17 05:16 | そのほか

ルーロウファン

夜遅く、録画をしておいた “ ブラタモリ ” や”アド街ック天国 ”、“ 和風総本家 ” NHK の ” サラメシ ” を再生。

こんなに美味しそうなサラメシの弁当は誰かのため。食堂のおばちゃんも愛情を込めた一品に汗だく、社員や学生の笑顔が嬉しくて・・
愛情のある風景。

昨夜はNHK の " パン旅 神戸編 " 一年前に観たパン旅が地上波で流れていた、
無精に美味いパンドミ、バケットが食べたくなる。 女性は角食より山型の食パン、イギリスパンが好きみたいだ。


台湾の食旅番組を観ていると屋台料理の定番、ご飯の入った丼にガサッと肉がぶっかけられたルーロウファン。バサッ


ルーロウファン_e0158857_23234162.jpg


かつて渋谷でラーメンを食べたときに魯肉飯の小鉢(中)が添えられて、撃沈。

そんな味を思い出しながら乾燥エシャロットを中華食材店まで買いにゆき、あとは豚のバラを好みの厚さに切り1時間ボイル。
中華醤油(日本醤油でも)、オイスターソースをベースにしてニンニクや生姜を効かして五香粉を振り具材の丼飯を作ったことがあった、旨かった! 



それとは別に、面倒くさいときの一品、サッポロ塩ラーメンの仕上がりにガラムマサラをバサッとかけると、いい具合のカレーラーメンになります。トッピングはスープカレー風に・・
オススメです。


池江璃花子が豪州からの緊急帰国の後に白血病で入院中であるとラジオのアナの声、
「うそっ」 

『 なんで今・・私に !? 』 彼女の闘いが始まるのかもしれない。

「東京オリンピックだけが全てじゃないぜ」と言うのは、たまには良識あるおじさんたち。

神さまはいったいどっちを向いていたんだ! おいっ、神さん!





# by w-scarecrow | 2019-02-13 00:27 |

付き添い


うちから徒歩7,8分にある吉野屋。

夕方になるころ中学生のお姉さんと10歳くらいの弟くんがお持ち帰りの袋を持ち、私の前を通っていった。

たぶん牛丼、二人の夕飯になるんだろうか? 


付き添い_e0158857_21444809.jpg

私の姉は9歳上、いつも母親代わりだった。

姉が近所の医院に行くとき、何故か解らないけど小学校低学年の私が付き添いとしていた。
待合室ですることがないので、興味のない絵本を何度も見返していた。

思春期の姉と母親と喧嘩をするのを押し入れの中から聞いた。怖かった。

姉が20歳を過ぎた頃、たぶん付き合ってた人と一緒に白金ボールでのボーリーング。

付き添いの私は「ナイス、パー」と目を合わさぬように任務を遂行していた。

今でも姉は穏やかでおっちょこちょいで、いつもおおらかに笑っている。

どんな時にでも私には優しい言葉と笑顔を投げかけてくれた。

「お姉ちゃん、ありがとね!」

立春の温かな一日、持ち帰りの牛丼をぶらさげながら、こどもの頃の東京の街が甦っていく。



# by w-scarecrow | 2019-02-04 21:38 | そのほか

美味しいものたち

3年前のパリの劇場での悲惨なテロ事件、90人の犠牲者が出た。その裏口の扉に描かれた悲しげな女性の姿、バンクシーが追悼で落書きをした。

そんな落書きが扉ごと盗んでいかれたとニュースで流れていた。

バンクシー、謎多きアーティスト?


美味しいものたち_e0158857_22561239.jpg

港区の防潮堤にはねずみが描かれたバンクシーらしき落書きが・・・  九十九里では「風船と少女」の絵が2か所で発見。

バンクシー作品の真偽はともかく、ウソでもいいよ素敵な落書きならば・・

バンクシーが多く描くねずみは路上生活者や弱者たちのこと。

昨秋のサザビーズのオークション「風船と少女」が1億5千万で万事落札、と思ったらそん瞬間に絵がシュレッダーにかけられゆっくりと箱の中へ。
作品名が「愛は箱の中にある」に変えられていた。

見事だった。
落札者はZOZO?

バンクシーの落書き、平和な街には描かれることが少ない、その創造性とアンチテーゼにガッテン!


この一週間の東京はなんて寒かったんだろう。

「アド街ック天国」の録画を観ながら、やたらと美味いものが食べたくなってくる。

吉祥寺「天音」の鯛焼き、いつでも食べたい!
代々木八幡、デンマーク大使館の御用達のパン屋「イエンセン」のケシの実がいっぱいかかった山型の食パン・・・これが旨いのなんのフランセーなんとかです、
横浜中華街の北京飯店、華正樓の肉まんにも夢が馳せます。

買いに行きたっ。




# by w-scarecrow | 2019-01-28 23:56 | そのほか

みま みゆ みゆう みう


無駄時間、そんな看板が気になっていた。
wasted か?

みま みゆ みゆう みう_e0158857_11353999.jpg

寒い帰り道、「ねえ、Google お風呂を沸かしてくれないかな、あとエアコンのスイッチも入れといて30分で帰る」
それができれば・・

昭和のわが部屋、エアコンの取り付け場所が部屋の隅にあり、厚着をしたまま座椅子に座り暖気が下に降りるまで2時間じっと待っている。 さむ~いぞ!毎日。 追い焚きは1時間ちょいだ。


テレビでは驚異的なスピードでラリーを打つ10代高校生の美誠ちゃんが中学生の美悠ちゃんと決勝を戦っていた。
「みま」「みゆう」「みゆ」「みう」、それぞれ強豪選手の名前には「美○」という字がついている。
漢字ではないと顔が誰かは解らない。困った。

女子卓球は中国と肩を並べつつある、いや超えている、10歳の張本美和ちゃんもシニアに勝ち上がった。
男子の張本くんもスゴイ。
美和ちゃんのお兄さんは「チキータ」と美味しそうな名前の技で勝ち抜いている、シングルスでは準優勝に終わり、シャーッ・・!
張本くんに負けた20代の選手が気になる。
対戦を隠れて観ていた選手の彼女がいるかもしれない。
勝ったら叙々苑、負けたら牛角、そんな二人の帰り道の画が浮かぶ。

バトミントン女子ペアーのたかまつぺあーではなくて、もっと実力があるペアーを凍えながら、すばらしい勝利を観た。

やっと2時間して部屋が暖まったので芋焼酎をちみちみと呑む。

以前は部屋に帰ると木村多江風がいてくれたらと思った。それだけで乾いた生活がなくなると・・

駅の改札前で頭(顔)から倒れ救急車で運ばれてから一ヶ月になる。

以前からの上手く歩けない状態が多かった上の不安だ。


こんなときは木村多江でなく、阿佐谷姉妹の優しさにでも接したい。


ひとり暮らし、身体は壊れていても入院をすることだけはできない。
どうにかしなければ・・

大阪なおみの七変化の表情のかわいらしさにグラスがすすむ。
すごいぞ大阪! こころ温まる。

そんな一ヶ月だった。疲れた。



# by w-scarecrow | 2019-01-22 12:47 | そのほか

電線音頭



電線音頭_e0158857_23113170.jpg


なにかちょっとしたヘマをしたときに口づさみたい歌 ♪ しらけ鳥 飛んでゆく 南の空へ ♪

私が思う昭和の喜劇人(コメディアン)、植木等と彼の運転手をしていた小松政夫が最高峰だ。

小さい頃から(萩本)欣ちゃんのコントで笑ったことがなかった。



電線音頭_e0158857_00344951.jpg

   独身男が酔っ払ってアパートの部屋に帰ってきて寝るまでの話。
  
   玄関でつまづいて布団に倒れこんだり、
   背広のズボンを寝押しにしたり、
   煙草は吸いたいんだけどシケモクしかないから、
   残っているわずかな葉をほぐして、新聞紙に巻いて吸い始める。
   「朝日はまずいな!」


と言ったら舞台では大受け、新聞社と煙草の銘柄の「朝日」をかけあわせた一石。

小松政夫の一人芝居は劇場へと移る、これは伊集院静の演出での二人芝居。

全く、今の私と寸分なく一緒だ。


もう一人の大好きな喜劇人、今や名優となってしまった、

” 電線音頭 ” で笑わせてくれた伊東四朗、

でも伊東四朗は基本的にコメディアンである。

てんぷくトリオが解散状態になっていた時期に伊東四朗と、小松政夫との掛け合いが堪らなかった。

伊東さんは渋い演技で何人もの犯人を逮捕している、もういいんじゃないか!

いつか小松政夫ともう一度弾けてほしい。


私が青春の時に観たちょいとエッチな日本映画史上、最高の青春映画だった「博多っ子純情」

光石研のデビュー作、アイドル松本ちえことの博多弁の掛けあい、「好いとっと・・」だけで、関東人の男子は燃えた。

そんな中に、もちろん博多出身の小松の親分さんも出ていた。

「やっぱ 好いとう・・」と松本ちえこが口づさむ、

この強烈な博多の女子高校生にドキドキした。

関西の「好きやねん!」は、ウソ!だと大人になってやっと知った。





# by w-scarecrow | 2019-01-17 00:39 | そのほか

「あっ!」という間に

「あっ!」という間に_e0158857_22041814.jpg

オイオイ、何をしているんだ、俺は

世田谷線の改札を出て自衛隊の駐屯地に向かうとき、年は90を越えているかもしれない三茶レディーがしゃきっとした歩みでタクシーを停めようとしている。

私は真っ直ぐ歩けない病が進んだのかなんなのか、ただ焦らず歩くようにしている。 小学生が追い越いしてゆく。

目的は6本縫ったおでこの抜糸、病院までの道のりが遠かった。まして国道246沿いを歩くのは息がつまりそうになる。

救急車で運ばれた次の日、ひとりでショートケーキを買って祝った?
クリスマスイヴ。

サザンを聴きながらショートケーキをパクパクと食べていたら、あっという間に大晦日、KSくんが届けてくれた生年越し蕎麦をいただいて、108の煩悩を洗い流して、お雑煮三昧の松の内がもう明けた。

間違いなく「あっ」という間に冬が去り、「ウソっ」という間もなく夏も去る。

地球の自転速度が早くなっているかも。

もう、待っていられない!1998年に38年降りに優勝してから、あれからもう21年の月日が経っている。
横浜 DeNa ベイスターズ。

記憶のアップデイト、更新頻度が高い・・ 
と、だんだん来世が近づいてくる、

優勝させてくれ! ラミレス監督では無理なので次の石井琢朗監督で。あと何年?

そんなこんなの想いを巡らせながら自衛隊の病院で軍服の患者とともに緊急外来の待合室。すごいいい画なんだけど軍の施設なので写真はタブー。


「あっ!」という間に_e0158857_23082474.jpg

帰り道、無性にラーメン、出来ればワンタン麺が食べたく三軒茶屋の街を歩く。

「おっとっ」メニューには、あの台湾ラーメン、名古屋で一世風靡をしている。 これで決まり。
「さてと・・」と思ったら営業中の札ではなかった。

なにも食べず下高井戸の肉屋でコロッケとメンチ(計¥210)を買って家路についた。

                                 

# by w-scarecrow | 2019-01-08 23:29 | そのほか