winter's scarecrow

タグ:icura(愛知・知多)木角皿 ( 1 ) タグの人気記事

いもだんご

e0158857_14335548.jpg




北海道在住の大学時代の旧友からジャガイモが送られてきた。



毎年、この時期はコロッケだったり、肉じゃがだったり、味噌汁の具になったり・・・





今年は道産子の mimo さんの blog に載っていた郷土料理(おやつ)" いもだんご " を真似て作ってみた。


初めてのいもだんご、プレーンだけでは飽きてしまうだろうと思い、ベーコンとチーズ入りのものも・・・








e0158857_14353647.jpg


mimo さんのレシピ通りに。 蒸かしたジャガイモをマッシュしてフライパンで焼くだけ。

コロッケの具と違うのは片栗粉が多く入ること。バターを塗って食べてもハチミツで甘くしても美味しいかもしれない。

育ち盛りの子供さんがいる家庭のおやつにはピッタリ。

油を使わなければ生活習慣病で壊れきったお父さんの朝食にもいいかもしれない。


ジャガイモを送ってくれた A 君、学生時代は新聞奨学生で大学に通っていた。 実家は帯広の農家。

週に何度か私のバイトが終わる夜8時に A 君は店の前で待ってくれていた。

渋谷の井の頭線のガード下の飲み屋でポケットにある小銭と札を数えながら、タコブツやお新香をつまみ(メイン)で頼み、静かに語りあっていた。

11時を過ぎると「じゃあな」と言って駅までダッシュしていた。専売所のある千葉まで帰り、少し寝て朝の4時には新聞を配達しなければならない。

その後、地元北海道の農機メーカーに就職し、今もサラリーマンをつづけている。 年に一度、仕事の暇な冬場に夫婦二人で東京へ遊びにくる。

原宿の有名なパンケーキ屋で2時間行列したり、水天宮の有名な親子丼を食べるのに行列したり、帯広の人は人の列に並ぶのが大好きみたいだ。 そんな彼らが自ら言うお上りさんの話を聞くとなんか嬉しい。

まだ高校生だと思っていた娘さんは看護師として地元の病院に勤めている。

会う度に白髪が増えていく A 君、いろいろとあったかもしれないがいつも笑顔でいてくれる。 
娘さんの東京土産はアイドルグッズから今はブランド物に変わったのかな?

北海道の大地の恵み、いただきます! 
[PR]
by w-scarecrow | 2015-10-10 15:43 | 食 + うつわ | Comments(4)