winter's scarecrow

タグ:田谷直子(神奈川)ルリ青小皿 ( 1 ) タグの人気記事

漆盆

今に始まったことではないが、最近はとみに涙もろくなってきた。
『鶴瓶の家族に乾杯』で道端で鶴瓶を見送る、いつまでも深く頭を下げているお婆さんの姿を見て、こみ上げてくる。
呑んで部屋へ帰り、植村花菜の♪トイレの神様♪のPVを観て涙、涙。
甲子園球児の泥だらけになった手で涙を拭いている姿を見て、こっちも号泣。
球児たちの無垢で爽やかな涙と違い、私の涙は塩分濃度が濃いい、糖分もちょっと含まれているかもしれない。ドライアイになってみたい。

e0158857_19422463.jpg


漆師 矢沢光広さんの"拭き漆盆"。
裏面に3つの足がついた実に実用的なキハダ材の9寸のお盆。

e0158857_19465671.jpge0158857_1948769.jpg























お盆の上に急須、湯冷まし、茶筒をいつものせてある。
流れてゆく時間の区切り、毎日何度もおなじ儀式を繰り返している。

矢沢光広さんは1946年生まれ。 武蔵野美術大学中退後、木工芸の技術を学び、その後漆器作りの道へ入る。
鎌倉の『鎌思堂』という工房とお店を主宰している。

漆は水を弾く防水に優れた性質をもち、木の呼吸を妨げることなく木のもっている調湿作用を損なうことがない。
使うほどに艶が増し、時間とともに深い魅力を映しだす。

e0158857_2055783.jpg


石井隆寛さんの『朱釉ラスター湯呑』でホッと一息。
石井さんの今夏窯出しした湯呑、深い赤と茶、煉瓦色と鈍く光る銀、手にとるだけでも愉しい。
毎年、違うフォルムの作品を一つづつ手に入れ、眺めている。

フレッシュネスバーガーで好きなHot Dogを頬張っていたら、隣りの学生のでっかい関西弁がきこえた。
「タカやん遅い!待ちくたびれたわ~っ」
タカやんだから、高橋か高木という名だろう。「××やん」という関西の呼び方は心地いい。
でも大阪にいる本間さんや渋井君は何と呼ばれるんだろう?
「ホンマやん!」「シブイやん!」

それと何で蓮舫はフルネームで呼ばれるんだろう?「蓮さん」でも「舫ちゃん」でもいんではないかと思う。
先週は朝、昼、夜と女性コメンテイターが異句同音に「私たち市民の・・」とか「市民感覚では・・それよりもっと政策論を!」という言葉を何度も発していた。 
その言葉とコメンテイターとのギャップがどうしても相入れない。
政局、党内抗争、見ていてこれが楽しい! 群れと群れの闘い、「群れろ!もっと群れろ!」と想わず言葉が出てきてしまった。
by w-scarecrow | 2010-09-17 22:35 | もの | Comments(12)