winter's scarecrow

タグ:加藤仁志(土岐)縞8寸皿 ( 1 ) タグの人気記事

いい夫婦の日に

e0158857_15411127.jpg



                     厚揚げを煮付けたものではありません。 フレンチトーストです。


e0158857_15414081.jpg



e0158857_1429163.jpg

渋谷区上原2丁目にあるパン屋さん " ブロートランド " で 6×6×30cm over の長~い食パンを買い、玉子とミルクの液に一晩寝かせて火にかけた。

メープルシロップをかけて食べてみた。 中はまるでプリンみたいだった。


映画 『 クレーマー・クレーマー』 で突然に女房に逃げられ、5才の息子と二人で暮らすことになったダスティン・ホフマン。
仕事と慣れない家事をドタバタと繰り返すうち、息子との絆が徐々に強くなってゆく。
時が過ぎ、
離婚訴訟で息子の親権を奪われ、元妻に息子を渡す日がきた。 その日の朝、父と息子で作っていたのがフレンチトースト。
そのシーンが甦る。

私には、
息子は(娘も)いないが、父と幼き息子の二人の生活もいいもんだなと・・・当時、想った。(父子家庭で頑張っているお父さんすみません)




昨日11月22日は " いい夫婦の日 " 。 婚姻届を提出する日は10月10日、11月3日、5月5日、7月7日とゾロ目の日が多かったらしいが、最近は " いい夫婦の日 " に届を出すカップルが急増しているらしい。

そんないい夫婦の日の飲み屋さんは、真っ直ぐ家に帰りたくないお父さんたちで結構、賑わっていた。 
私の横でレコード屋さんの袋を置き焼酎を呑んでいた50代のお父さん、背が高くシックなスーツがよく似合っていた。

お父さんは大分県の南部の山海の幸の豊富な港町で育ったという。 リタイアした後はそんな故郷で海を眺めながらの生活をしたいと、遠い宙を見つめ語っていた。
そんなビジョンを奥さんに伝えたところ「帰るならひとりで帰って」と即答されたらしい。

Jazz やクラッシック、オーディオの話をしながら、お父さんの焼酎のピッチも上がってきた。さすが九州人。
「あ~ぁ」と一つ溜息をつき、「帰ります!・・・また音楽の話でもしながら飲みましょう」と席を立った。
「帰ります!」と言ったのはわが家のことだったのか、未来のことだったのか・・・・。
[PR]
by w-scarecrow | 2013-11-23 18:29 | 食 + うつわ | Comments(2)