winter's scarecrow

<   2017年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おっさんたちのチャリンコ旅



e0158857_13190951.jpg
  
  

火野正平のチャリンコ旅・秋編が始まった。 ” にっぽん縦断こころ旅 ”

長野から愛知、四国を抜けて鹿児島まで行くルート。 録画した前夜の番組を朝、ほうじ茶を飲みながら観ている。
各地方の朝の風景、緩やかに流れる人々の営み。

火野さんは68歳、今では役者ではなく自転車乗りになってしまったと嘆く。 息を切らしながら山道を登ってゆく。

今まで数知れずの浮名を流してきたが、悪評は出てこなかった これがすごい。
母性本能をくすぐるなにかを持っている、人との接し方をみてもこれが解る。 
なにか放っておけない「わたしがそばに居なければ・・」と相手に感じさせてしまう天性のものを持っている。

この天性が私に少しでもあったら歴史は変わていた。

火野さんと並走するスタッフもおじさんばかり、知らない町を突っ走る。 いいぞ、おっさん。


e0158857_13461523.jpg


地方都市へ行ったときの朝の風景が好きだ。

歩いている人々の歩幅が違う、東京では皆ピッチ走法で肩をすくめて歩いている。 知らない街の朝、どこで朝食を摂ろう。

名古屋なら喫茶店のモーニングで腹が満腹になるに決まっている。コーヒーにあんこトーストにうどんや茶碗蒸し、赤だしの味噌汁・・おもちゃ箱ひっくり返したようなメニューの多さ。

この豪華なモーニングサービスの始まりは一宮、豊橋、広島と諸説あるみたいだが、高度成長期の殆ど同じ頃、コーヒーを¥50、まだ贅沢品であったゆで玉子を付けて¥60で出したのが始まりらしい。

喫茶店が少なくなった東京、ドトールコーヒーの開店前にはお年寄りたちが並んでいる。いつものメニューに決まった席、お年寄りたちは決まった席にこだわる。
「うそ~信じられない」「マジ、ヤバイんですけど」とギャル語が聞こえない朝の空間が心地いい。


震災前、陸前高田の鄙びたホテルに泊まり、モーニングを食べようと町を徘徊、昔ながらの喫茶店に入った。
おばちゃん2人がお国言葉でお客さんと接している。 聞き耳を立てないとなかなか解らない、サイホン珈琲のプクプクを眺めていたら「お待ちどうさん」とセットが置かれた。

トーストにコーヒーにサラダにゆで玉子、「うそっ」さばの味噌煮がついてきた。
このミスマッチにこころ踊った。
おばちゃんに高田松原へ行く道を訊いた。 「この道を潮の匂いのする方へ歩いてけば松原に着くよ」

東京は秋晴れもう9月も終わる。
ラジオからリスナーの声 ” うちの部署に小池とアベという上司と部下がいます。昨日からどっちについていいのか悩みの種です”




[PR]
by w-scarecrow | 2017-09-29 14:39 | そのほか | Comments(0)

なんでもサンド

e0158857_19414197.jpg



サンドイッチが好きだ。

立食パーティーのときも、正方形の小口サイズのサンドイッチをほぼひとり占めしている。
人々がローストビーフに並んでいる間に5個~6個、10個~12個とグラスを片手に気づかれないように口に入れている。

家作りのサンドイッチをいくつか UP してきた。


e0158857_19414901.jpg


ピーナッツバターをぬり、スプラウトや多くの野菜をガバッと挟んだサンドイッチ。



e0158857_19485400.jpg



e0158857_19524011.jpg


ピタパンにカリカリベーコン、スクランブルエッグに野菜、きのこたちのサンドイッチ & more


今もあまったサラダや多めに作ったスクランブルエッグ、冷蔵庫にある野菜をただ食パンに挟んで食べています。私の食べる数少ない健康食。


週半分くらいは仕事帰りが夜の11時を過ぎる。

ふぅ~と座椅子に座り、横浜ベイスターズの試合結果、経過を入念にチェック。 ドラフトマニアとしては今秋のドラフト会議に指名されそうな選手を一人一人 youtube で見て、ABCとマイランクをつけている。

「間違っても清宮を指名するなよ」とベイスターズのスカウトに喝!

そんなことをしていたら眠れなくなってくる。 窓外が白みはじめている。



そんなときは録画しておいた NHK BS の「パン旅」という番組を観ることが多い。女の子二人の全国パン屋巡り。

その中でこんな店が家のそばにあったらいいよなというパン屋が京都・堀川松原にある。



e0158857_21382647.jpg


 
e0158857_20145128.jpg



e0158857_20155789.jpg
                        写真は雑誌からおかりしました



京都下京区松原京極商店街にある " まるき製パン所 " 。 朝の6:30からの開店時間から人が集まり、コッペパンのサンドイッチを買っていく。
惣菜パンの種類も多く、あんこやクリームの甘いものも。 一日、3000個のコッペパンを焼くらしい。

こんな早朝からやっている手作りのパン屋がある街がほんと羨ましい。


そんな、パン旅を観ながらやっと眠気がやってくる。 

ひと時の幸せ、「変な夢みるなよと、コッペパンが一個、コッペパンが二個、ジャムバターのコッペパンが三個と・・・」と眠りにつく。



[PR]
by w-scarecrow | 2017-09-25 20:48 | そのほか | Comments(2)

古新聞


e0158857_20574522.jpg


新聞の購読をやめてから8年近くがたつ。

毎朝、5時頃に部屋の新聞受けからパタンと音が聞こえた。 ご苦労さん、新聞屋さん。


昭和の頃の新聞紙は大活躍。

八百屋さんも古新聞で野菜をくるりと巻いて渡してくれた。 魚屋さんは油紙に入れた魚をくるりと包んだ、
焼き芋屋さんも・・

お父さんたちは子供たちに新聞紙で兜を作ってくれた。
お母さんたちの掃除にも濡れた新聞紙が役にたった。


バブルの頃から、お洒落な花屋さんは ル・モンド誌で花束を包んで贈り物の花束を作ってくれた。

好きな女の子の誕生日に贈る花束はフランス語の新聞じゃクサ過ぎるて困る。

競馬新聞を持参して包んでラッピングをしてもらおうとしたが、勇気がでなかった。石田純一にはなれなかった。


e0158857_21174561.jpg


資源ゴミを出す日、きしっと丁寧に紐で縛られた新聞の束が置かれている。 2ヶ月分くらいが積まれている。

毎朝、同じルーティーンでお茶かコーヒーを飲みながら、隅々まで誌面に目を通した人の抜け殻みたいだった。



[PR]
by w-scarecrow | 2017-09-20 21:26 | そのほか | Comments(0)

♪ Day Dream Bileiver



敬老の日。
私の老母は腰は弱くなり、歩くのは少しだけ難儀みたい。

「人様に迷惑をかけちゃいけないよ」と「ちゃんと自分の躰のことを考えなさい」、いくつになっても毎回、電話口での最後の言葉はこの二言。 


e0158857_00004485.jpg

2015 原宿表参道


1960年代後半、アメリカのアイドルグループ、モンキーズが ♪ Day Dream Biliever ♪ で全米チャート一位となった。
ジャニーズ事務所がこれをならって続々とアイドルグループを放出した元祖。

このモンキーズのヒット曲が1989年、日本で甦った。 なんも面白くない原曲を忌野清志郎が自分の詞でカバーした。


          Day Dreams Bliever
          もう 今は彼女はどこにもいない
          朝はやく 目覚ましがなっても
          そういつも 彼女と暮らしてきよ
          ケンカしたり 仲直りしたり
          ずっと 夢を見て 安心していた
          僕は Day Dream Biliever
          彼女はクイーン

          でもそれは 遠い遠い思い出
          日が暮れて テーブルに座っても
          ah 今は 写真の中で微笑む
          ずっと 夢を見て幸せだっただろ
          僕は Day Dream Biliever  そんで
          彼女はクイーン


このカバーが発表される2年前、清志郎は父と母とも実の両親ではなかったと、育ての母が他界したときに知らされた。その後のすぐに育ての父の突然死。
そして育ての母の実の妹(清志郎が3歳のときに亡くなった実母)の遺品が届けられた。 写真や日記や俳句を記したノート。
          
         
          37年近く生きてきて とにかく初めての気持ちなんだ
          とっても幸せな気持ち だけど どんどん涙が出てきてしまう

          わーい ぼくのお母さんてこんな可愛い顔をしていたんだ 
          気がつくと ぼくの目に涙があふれている 



デイドリームとは空想のなかの楽しい夢のこと、ビリーバーは信じる者。

忌野清志郎が逝ってから8年が経つ、同じチャリ好き、私もただただその辺、風を切って走ってます。



私の兄弟は5人、母は子どもたちにの誰かを褒めたり特別扱いはしなかった。 少年野球で準優勝したときも褒めの言葉はなかった。
ただ例外がある、私が小学校6年生のときに NHK の「みんなでホームラン」というクイズ番組に学校の代表として出たとき。

一週間後の放映日。 正解をピンポンと出した四男坊に言葉も発しなかった。「あらっ」だけ。

その日の放映後、親父が角打で呑んでいるご近所の末広屋酒店から「これ、W坊に」とバヤリースが届き、変わり者の仕立て屋のおじさんからはカルピスが届き、お隣のKさんからは泉屋の缶に入ったクッキーが届いた。

なんだ、ご近所に放映日を知らせていたんじゃん。

東京大空襲の中を生き延びてきた老母、弱音を息子たちにはこれっぽっちも見せない。 元気です。

My Day Dream Believer  粋です。
          


[PR]
by w-scarecrow | 2017-09-15 01:39 | Comments(2)

酒器は唐津がやさしい



e0158857_21134381.jpg



部屋で好きな音楽を聴きながら酒を呑む、

ベランダから入る風も秋を知らせてくれる。

唐津の若手陶芸作家・村山健太郎の酒器で呑んだら、土の触感と酒の触覚で世界がどんどんと広がってゆく。


ひとりで部屋で呑む時間がこの上なく愉しいのだが、ただひたすら酔う。

話し相手は自分、自分が大好きな人だったら愉しい酒だが、私は好きではない自分と声にせず会話している。

酔いが廻ってくると、懐古的になってくる。そうすると結構好きだった自分が現れる。そんな街の情景も甦ってくる。

酔いが覚めた次の日は二日酔い。


e0158857_21114898.jpg
備前・竹中健次
                        

酒は仲間と、よもやま話をしているのが一番いい、かみさんのキツイ一言や子供たちの話、私にはどれもが新鮮。

私の親父の世代は女房のことを「あの、すっとこどっこい」と言いながら、女房の前ではシュンとしていた。

愛情ある連れ合いや家族のたわいもない日常の話が愉しい。

ひとり酒、自分と会話するのがしんどい。 また、好きだった自分と話してみたい。



[PR]
by w-scarecrow | 2017-09-11 21:28 | そのほか | Comments(0)

せんせい


e0158857_02095998.jpg


女子体育大学の大学院へ通う M ちゃん。 体育会系だから体は大きいめ、それなのに女性の柔軟性をすごく感じる23歳、 STUSSY ブランド好きの院生。
ご両親と同じく中学の教師を目指している。 「中学校の教師が一番大変なんじゃないの?」
「う~ん」と笑みを返すが、彼女なりの考えがあるんだろう。

週末の飲み屋、くたびれたおっさんたちは皆、バイトする彼女の屈託のない笑顔から元気をもらっている。
バイトの時間が終わり、まかない飯を食べているときの M ちゃんの幸せそうな顔 178.png

この店のまかない飯は超豪華、メインに刺身とビール付き。 アパートでのひとりの暮らしの彼女は「ちゃんと食べてる!」の問いに「昨日は¥37の豆腐ですませました」



e0158857_13322266.jpg


誌面にある中学校の教員の言葉が載っていた。

教師と生徒たちの関係でなにが一番問題か?

  「毎日 SNS との戦いです。フェイスブックにツイッター、LINE に溺れている生徒が大勢いる。
   聞いて驚いたという。『先生、私500人もの友達がいるんだよ』
   その子にとっては本当の友達と仮想空間にいる友達との間にまるで違いがないようなんです。
   人と人との関係が薄っぺらになっている。
   受験勉強の最中も延々と返信しつづけなければならない友達とはなんだろう?
   今はイジメは仮想空間で起きているので把握しづらい、分かった頃には大ごとになっている」

友達(知り合い)は出来ても友情の「情」は仮想空間では生まれない。先生たちは昔のようにやんちゃな奴でも向かって来る方が楽だったと思う。
教師たちはこの仮想空間に立ち入ることはできない。

M ちゃん、やっぱり多感な中学生の教師はシンドイ。
直ぐに着任するのもいいけど、少しくらいは遠回りしたっていいかもしれない。 遠回りする分いろんな人たちとの出逢いがあるから。

「ヤバイ」と「カワイイ」の2つの単語で一日が終わってしまう街ゆく女子たち。

フジテレビの " 有吉くんの正直さんぽ " 、一緒に旅する報道の局アナは「わっ、カワイイ~」「オシャレ~」のほぼ2つの単語だけで散歩を終えている。すごいボキャブラリーの多さ。

今日は清々しい秋晴れ、まだ蝉が鳴いている。 きのこの季節がやってくる。
うちには Meiji のきのこの山とたけのこの里が常備されている。 たまにはビターな生チョコが食べたい。

そして各地のアンテナショップで買ったきた、地産のきのこたちで作る炊き込みご飯が愉しみ。 



[PR]
by w-scarecrow | 2017-09-08 14:00 | そのほか | Comments(0)

Can't help falling love with you ♪



e0158857_14293774.jpg

1947 San Francisco

                ♪ Wise men say only fools rush in
                       But I can't help falling love with you ♪


        賢い人は言う 愚か者だけが急ぐのだと だけど僕は君を好きにならずにはいられない



  • e0158857_14305812.jpg
1945 Chavez Ravine.L..A.CAL


1950年代、アメリカでは明かに分断した社会があった。
だが少年は音楽という銀の翼をはためかせ、その境界を鮮やかに乗り越えた。

差別、分断の色濃い南部のメンフィスという街まで。
リズム&ブルースの黒い風、カントリーウェスタンの白い風。

少年はこの2つの風を体にしみこませ、黒人と白人の魂を併せもつ新しいロックンロールの風を巻き起こした。

少年の名はエルヴィス・プレスリー。


e0158857_22144524.jpg

1949 Tenement.N.Y.C.


日本人のミュージシャンがよく口にする「ロックンロールしてる?」とは違う真の変革。

CNN のニュース映像を見ながら胸が痛む、2つに分かれた群衆が睨み合い殴り合っている。
「ヘイト」という言葉を聞くだけで虫唾がはしる。
人間(民族)に優劣はない。

安倍総理も韓国の文在寅大統領もトランプ大統領と40分間の電話会談をしたらしい。 通訳を挟むので実質20分くらいなのだろうか?
政治・外交政策をトランプ氏が語られるのか?
おそらく「シンゾウ、イージス艦のシステムの購入もっと増やしたらどだ? THAAD は少しお勉強ておくから・・」そんな話が多いのではと想像してしまう。


2015年のラグビーワールドカップ、私もにわかラグビーファンになってしまうほど一戦一戦興奮をして観ていた。
試合はもちろんのこと、何人かの外国人選手が同じ桜のエンブレムのジャージを身につけ、オールジャパンとして闘っている姿に爽やかさを覚えた。

ラグビーというスポーツの深い精神をあのとき知った。
  
*(ルール)いかなる人に対しても宗教、人種、肌の色、国籍または民族の違いを根拠に威圧、攻撃、侮辱したり差別するような一切の行為をしれはならない


この2,3日の涼しさ、夏は終わったんだろうか?
今夏はスイカもトウモロコシも殆ど食べていない、海へもプールにも行っていないし失恋もしていない。
終わると思うとむしょうに食べたくなる。 甘~いスイカが食べた。

                              All Photo by Max Yavno 1911~1985



[PR]
by w-scarecrow | 2017-09-04 18:32 | music | Comments(2)