winter's scarecrow

<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ポヨ~ン


e0158857_18120478.jpg
                    
                   
              東大生産技術研究所内で一番早く花開く桜の木




e0158857_18153042.jpg



みち


みちのおわったところで

ふりかえれば

みちはそこから

はじまっています

ゆきついた そのせなかが

かえりみちをせおっている

でも もどりたくない

もっとさきへ

あのやまを こえてゆきたい


              谷川俊太郎








なにも考えたくない、なにも感じたくない なにも放っておきたい・・・

そんな日があったらいいのにな~

水族館のクラゲでも観に行こうか・・? クラゲには脳がない、ゼラチン質の体だから肩もこらない、哀楽も絶望もない、

ただ、いつもポヨ~ンポヨ~ンと浮いていなければならない。

浮遊生活の日々、ポヨ~ンポヨ~ン。




e0158857_18361053.jpg



渋谷からわが家へと向かうバス。

「寒いなかお待たせしました」とバス停で乗客を乗せるたびに運転手さんがマイクで言っている。(今日は寒くはないのに)

「× ×1丁目です。お疲れさまでした」


なんと優しい運転手さんなんだろう。 春の柔らかな陽を浴びながら 『 夕飯はなににしよう 』と冷蔵庫の中を浮かべてみた。

バスは私と運転手さんだけになってしまった。 誰にも邪魔されずピンポンとボタンを押す。

「お疲れさまでした」と運転手さん、「どうもご馳走さまでした」と私。 (あれ、っ違った)



『 お米と手造り味噌とカブと、泥付きネギがあるから駅前まで来れる? 』と古里の姉みたいな存在の kita さんからのメール。

今日の夕飯は決まった。カブの鶏そぼろあんかけ。 いつも山梨の新鮮な食をいただく、ほんと助かる。

袋の中には鹿児島の希少な芋焼酎も入っていた。「呑み過ぎちゃだめよ!」 「ありがとうございました!」(ここは、ご馳走さまかな)

そんな優しさに包まれた一日だった。 

「お父さん!ヤクルトは一日一本にしてくださいね」と連れ合いから言われることもない、束縛のないポヨ~ンとした春の日。 いいんだか悪いんだか。




[PR]
by w-scarecrow | 2017-03-28 19:09 | 散歩 | Comments(2)

ふるさと


♪ 上野ば出だ 晩(ばんげ)の汽車っ子 着いたどき 青森の停車場は 吹雪(ふぶ)いでだ ♪

阿久悠作詞「津軽海峡・冬景色」を津軽の言葉に翻訳したもの。 

元の歌に劣らなぬ,
しみじみとした味わいと、北国のねぶたに注ぐ情念と反比例で端的な津軽の言の葉。



e0158857_21164044.jpg


♪なまじ腰ば降ろして休もうなんて 絶対思うたらつまらんど 死ぬ気で働いてみろ 鉄矢 ♪   

武田鉄矢さんのお母さんから言葉 ”母に贈るバラード” 1972年高度成長期の人々の気合と博多弁のきっぷのよさが漂う。

家の前に三重ナンバーのトラックが停まっていた。
引っ越しであろうか、母娘の軽妙なお国言葉が聞こえた。 ファミチキの入った袋をプラプラと持った私に会釈するお母さん、新入生であろうか荷物を運ぶ娘さんのジャージ姿が初々しい。


仲の良かった大阪出身のスタイリストの30代後半の女子がいる。、スタイリストはフリーの場合、住所が港区南青山、麻布、渋谷区神宮前、広尾など名刺に書き込まれる住所が欲しく、無理して高額な部屋に住んでいた。

彼女の故郷、泉州の祭りや水茄子の話をすると、少し涙目の河内弁を聞くことができた。 それが可愛いかった。 
もう、港区、渋谷区の名刺のアドレス必要ないじゃん! 

素のままで行こうぜ。




[PR]
by w-scarecrow | 2017-03-21 22:44 | そのほか | Comments(0)

つつましく

e0158857_20543279.jpg



花粉症でクシュンクシュンしながら、ドラッグストアーの店頭に並ぶ一番安いネピア5箱¥225のティッシュを購入している。

鼻さわりの良い贅沢な高級ティッシュを使えば、鼻の下が赤くならなくてすむのにな~。

ある経済学者が言っていた「今の日本は格差ではなく、階級差というものが底にある」


経済学者ではない私が最近、少し時代錯誤を感じている。
6月17日にデビューするJR西日本の豪華列車。 JR九州で走っている " ななつ星 " の豪華さで息を呑んだが、今度の新車両が注文住宅だとすると、駅から遠い所に建つ建売住宅のように、しみじみっと★七つの星★が愛おしく見えてくる。

JR西日本の豪華寝台列車、" 瑞風 " はいつものように著名デザイナー、名工××などのオールスターが作り上げた一両一室の部屋もあり、ルネッサンス風の脚の付いた白い西洋風のバスタブからは夕日に輝く瀬戸内の島々が展望でき、バルコニーまで付いた高級ホテルの一室が山陽道を優雅に走る。

列車のなかで風呂、入りたい? これも、ながら×××、これから温泉に浸かれるというのに・・。
ヘリコプターに乗り飽きた高須クリニックの院長風のおじさんが、沢尻エリカ風のおねえちゃんとドンペリを飲んでいる姿しか浮かばない。



世界一のお金持ちのサウジアラビアの国王が1000以上の親族と家来たちで、原油輸出の3分の1を賄ってくれる御得意さんのJAPANへの大名行列。

レンタルした高級外車の数は400台、国王専用機から降りる専用エレベータータラップ、もし国王が足が悪いのであれば「長靴業界が儲かったかも」と言ってすぐ首になった内閣府のトンチンカンな政務官みたいに役人におんぶをしてもらって、ビートルズの初来日にも降りたJALのタラップを使えばいい。

すっ飛んだ感覚。 日本へ向かう機内では " おしん " か " 北の国から " を観さてたい。

来日の目的は原油価格の低迷で3年連続赤字財政になったサウジアラビア経済を立て直すべく、日本企業による投資や技術協力を求めているらしい。
勘弁してほしい。
石油は地球の財産、たまたま貴方たちのところに噴き出しただけ。 その地球の資源のあぶく銭で貴方たちは煌びやかな貴金属をまとっているだけ。

春も近いのに「もったいない」精神で生きている私は、納豆をつまみながらイカっています。 
ガソリンスタンドで産地表示が義務になったら絶対にサウジアラビア産は買いません!

サウジのおとぎ話のなかにいる君たち。いつか儚く泡となり消えていくぞ。 





[PR]
by w-scarecrow | 2017-03-13 21:51 | そのほか | Comments(2)

目を閉じれば満開の桜



ドキッとしてキュンとして
TVの画面からは、裸の秋田美人の、美背中が映し出されている。

ワイヤレスブラに「おはよう・・」と語りかけ、肩からとおす。 鏡に映る佐々木希のユニクロブラを付けた姿。
ただただ、溜息。 

私も朝起きて、ユニクロの2枚で¥980のトランクスに「おはよう ♥」と声かけをすることにしよう・・。


e0158857_22385243.jpg


戦闘機のような尖った顔をした吉田羊と名子役・鈴木梨央ちゃんの母娘役のポカリスエットの CM が観ていて心地よい。

スタイリストの部屋着のセンスがいい。

檀れいのサントリー " 金麦 " の CM のイメージキャラクターも好感が持てる。 

濃い目キャラの女優、吉田羊と檀れいのラフな部屋着、かなり薄まった。

男はベッピンさんたちのスッピンと部屋着が好きだ。


名古屋での CM の仕事をしていたとき、名古屋人の打ち合わせ(会議)好きを初めて知った。 長~い打ち合わせをするがバシッと結論が出ない。

ボートレースの CM撮影のとき 、レースの実景を撮影し終わると、次のレースの間にサッと名古屋スタッフが居なくなる。

競艇の舟券を買ってスッと戻ってくる。 決断が速い。

「w 監督は競艇やギャンブルはしないんですか?」

「僕の仕事自体がギャンブルなんで、手を出せません!」 「う~む・・」と納得したのかしないのか。


名古屋出身のカメラ好きの N さんに初孫が生まれた。 すごい!これからはお爺ちゃんと話すんだ。

若くして一人娘を授かった N さん、自分の娘と、お孫さんを抱いたときの想いはどう違うんだろう? 握った乳児の小さな握りこぶしに指を差し入れたとき、どんな力加減でかえしてくれるのであろう?

どえりゃ~ビックニュースに、黒霧島が進んでいます。





[PR]
by w-scarecrow | 2017-03-06 23:20 | そのほか | Comments(0)

ロケ弁


掃除機の紙パックを先程、コロネコさんが届けてくれた。 掃除機といっても30年前に友人から贈られたもの。

30年経っても販売中止となった掃除機の紙パックを生産している日本の企業のアフターケアに恐れいった。

掃除は拭き掃除が面倒でついつい怠けてしまう。

洗濯は好きな方だ、機械がすべてやってくれる、ピーと終了の音がなり、もう一度脱水の選択ボタンを押す。
あとは洗い上がった洗濯物のシワを一枚一枚のばしてハンガーにかける、この作業が「無」の状態になれて好きである。

洗濯機にはいろいろな洗い方を選べるボタンがある。
パナソニックのインド現地法人では、現地の人たちの要望に応えて " カレーの汚れ " に適応した選択ボタンがある全自動洗濯機発売したらしい。 すごいぞ日本企業。
次はイタリアでトマトソースの汚れ、愛知県では八丁味噌の汚れ用のボタンができたら面白い。



e0158857_14115143.jpg



許鞍華監督の " 客途秋恨 " (上・写真)の撮影を別府でしていたとき、香港スタッフが皆怖がる撮影監督がいた、その名は ”チュンサー”

監督から「彼はクイックテンパーだからね」と言われていたが、朝会うときは強面な顔で「ゾウサン(おはよう)」と声をかけてくれる。
広東語では「ジョーサン」の発音らしい、私にはどうしても「ぞうさん!」にしか聞こえず、笑みをこらえてしまう。

こんにちはは広東語で「レイホウ」。
ヨーデルの ♪ ヨーロロイ、レイホウー ♪ を想い浮かべ、自然に声が上ずってしまう。

短気な名撮影監督(鍾志文 デビット・チャン)を皆は「サー」を付けて、「チュンサー」と呼んでいた。
街中での撮影のときのロケ弁は温かなカレーライス弁当が多かった、初めて日本風のカレーライスを口にしてからチュンサーはカレーが大好きになった。

こどものようににこやかに食べていた。「また、明日もこれにしてくれ」、あの名女優マギーチェンも福神漬を除けて食べていた。
ハマっていた日本伝統のカレーライスに豚骨ラーメン・・・大好きな香港映画の巨匠カメラマン。 次作でもまた同じロケ弁と共にした。 


♪下駄を鳴らして奴がくる 腰に手ぬぐいぶらさげて・・・アアアー 夢よ良き友よ お前いまごろどの空の下で 俺とおんなじあの星みつめて何想う~ ♪

みんな元気でくれればいい、あの星みつめてニタッっと照れ笑いしてくれればいいんだけど。
ムッシュみたいな生き方ができたらいいですね。


ひな祭りにバンカラな汗臭い話題で終わります。



  


[PR]
by w-scarecrow | 2017-03-03 14:57 | そのほか | Comments(4)