winter's scarecrow

<   2015年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

♪ 家族になろうよ

e0158857_11122312.jpg


田園調布にある ♪ 桜坂、今日は会社をズル休みした OL たちで坂道が埋まっているかもしれない。泪坂。

福山ショック。 NHK のニュースでも取り上げられていた。

『 龍馬伝 』を観てファンになったおばちゃんたちは、すでにターゲットを佐々木蔵之介にくら替えしているかもしれない。


e0158857_11202944.jpg


「おいしゅうございます」の岸朝子さんが91歳で亡くなられた。

著書 " 東京五つ星の手みやげ " を見ては由緒ある和洋菓子店を訪ねてみた。 
表紙を飾っていた東十条にある 『草月』のどら焼き黒松、今でもお世話になった方に手みやげとして買いにゆく。
今は使われなくなった " ご婦人 " という言葉がぴったりの方でしたね。


TVを観ていて無意識にとってしまう行動がある。 
ロシアの大統領プーチンが画面に出てくると ♪ ねえ~ プーチン、こっち向いて~ ♪ と必ず口ずさんでしまう。

味覚の秋、サンマも安いカナダ産松茸もモンブラン(栗)も食べたし、あと秋の味覚といえばきのこたち、炊き込みご飯にして食べようっと。
でも、スーパーで売っているのは工場で栽培されたきのこたち。 路地物を見つけるのにはかなりの労力がいる。
by w-scarecrow | 2015-09-29 08:10 | そのほか | Comments(2)

mare ★ 海

e0158857_11512932.jpg



          昨日はどこにもありません      三好達治


                昨日はどこにもありません
                あちらの箪笥の抽出しにも
                こちらの机の抽出しにも
                昨日はどこにもありません

                それは昨日の写真でせうか
                そこにあなたの立つてゐる
                そこにあなたの笑つてゐる
                それは昨日の写真でせうか

                いいえ昨日はありません
                今日を打つのは今日の時計
                昨日の時計はありません
                今日を打つのは今日の時計

                昨日はどこにもありません
                昨日の部屋はありません
                それは今日の窓掛です
                それは今日のスリッパです

                今日悲しいのは今日のこと
                昨日のことではありません
                昨日はどこにもありません
                今日悲しいのは今日のこと

                いいえ悲しくありません
                何で悲しいものでせう
                昨日はどこにもありません
                何が悲しいものですか

                昨日はどこにもありません
                そこにあなたの立つてゐた
                そこにあなたの笑つてゐた
                昨日はどこにもありません


                             昭和22年詩集『測量船拾遺』に収録



e0158857_12111888.jpg



" 海 " ラテン語、スペイン語では 『マル』、フランス語で 『メール』。

どこか昆虫の動きのようなルーティンでペナルティゴールを蹴る五郎丸歩選手。

五郎丸という姓は全国に1000人いると言っていた。九州に多い××丸という姓。私の周りにも佐賀、熊本出身の××丸がいる。

イエズス会が16世紀に薩摩に上陸し、九州や長州まで転々と布教活動を行っていた。

その時、漁師が「ザビエルさん、あのきれいな海のことはなんて言っちょっと?」「マル」と答えたのがきっかけで、愛船に丸と命名したのだと勝手にイメージしていた。

実際は男子の幼名や愛称の 『麿(まろ)』が変化して 『丸』になったとの説が多いらしい。 それを子どものようなわが船に。

「楕円形のボールはどちらへ転ぶか判らない、ラグビーを知ることは人生を知ることだ」だと小さい頃に観た青春学園ドラマの熱血教師が言っていたような気がする。

24年振りの WCでの勝利、にわかラグビーファンとなってしまった私も五郎さんちの " 海 ” が放つ綺麗な弧を描くゴールを期待している。
                
by w-scarecrow | 2015-09-26 09:42 | そのほか | Comments(0)

大きなシュウマイ

朝8時を過ぎると間の抜けた祭り囃子が聞こえてくる。

代々木八幡宮の例大祭、下町の祭りと違って住宅街の祭りは全く活気がない。半被を着た神酒所のおじさんも昼間っから酒でも呑んでいてくれれば盛り上がるのに、留守番のおじさんは居眠りをしている。

お囃子のテープ大丈夫?止まってるよ。


e0158857_18484810.jpg


今まで横浜中華街でもどの店のシュウマイが美味しいか食べ較べをしてきた。

中華街のシュウマイはどれもが、酒の友にちょうどいい小さなサイズが多い。

池波正太郎が愛した清風楼、華正樓、謝甜記、同發、どれもが美味しい。 ご飯のおかずになる大き目のシュウマイとなると、中華惣菜の店 ” 四陸 " (フォールー)のシュウマイがピカいち、肉の臭みもパサパサ感もなく、ふっくらとしてこれが旨い。

高島屋、伊勢丹、東武百貨店のデパ地下で買える。


e0158857_1941343.jpg




e0158857_19382025.jpg



朝から昨夜の残りの青椒肉絲とシュウマイで、火野正平のチャリンコ旅を観ながらの朝食。

大阪難波の " 一芳亭 " のシュウマイもまた食べたい。


町の中華屋さんの手作りのシュウマイや大好きなワンタンメンもなかなか食べれる店が少なくなってきた。
鶏出汁スープのシンプルな支那そばの上にヒラヒラとしたワンタンが揺れている・・食べたっ。

いつからだろうラーメン屋さんはお揃いの作務衣を着た従業員や黒のTシャツにハンチング、壁にはラーメン訓、焼き豚ではなく煮豚になりこれでもかと魚介の出汁を使う、元気な声で「オレのラーメーン喰ってみろ!!」の勢いでくる、まるで道場みたいだ。

昔ながらの根性の入っていないワンタンメンが食べたい! 
by w-scarecrow | 2015-09-23 19:29 | | Comments(0)

おばあさんの明るい笑顔

e0158857_16353833.jpg




e0158857_16364254.jpg




e0158857_16374468.jpg




e0158857_18204034.jpg



シルバーウィーク初日、真っ青な空。 自転車散歩。

皮膚科でいつもの薬をもらう、「今日は¥1020です」と83歳の院長、「あれっ、先月は¥1680でしたよ」「いいさ、いつも話に付き合ってもらっているからまけておく」と先生とまた世間話をして、北沢川緑道へ。

北沢川緑道は人口の小川、環七から池尻までつづく。 緑道の周りには桜並木、住宅街のなかを流れ緑道には色彩豊かな花々が植えられている。

自転車を押しながら花を眺め、停まってはパシャ、パシャ。「おにいさん、あっちにも似たような白いのが何本か咲いてるよ、行ってみるといいよ」と散歩中の老紳士。
私と同じで花の名前は知らないみたいだ。


e0158857_17452767.jpg


♪ そばにいてくれるだけでいい~ ♪ とフランク永井は歌っていた。

東日本大震災後、その言葉をよく耳にした。
被災地では学生や若い人たちがいるだけで地域を明るくした。

お年寄りと一緒に足湯に入るのでもいい、おはじきをするのでも、手芸を一緒にするだけでもいい。
" そばにいるだけで " お年寄りたちの励みになった。

きっと今も仮設住宅に若いボランティアたちが訪ね、お年寄りたちと接することがあると思う。

緑道のベンチで玉子サンドを食べながら、道往く人を眺める。
先のベンチでお婆さん二人が笑顔で喋っている。何を喋っているのだろう? 喋ること笑うことが一番の良薬なんだろうな。


今週も「ただいま!」と部屋の電気を点け、20年も枯れずにいてくれるジャスミンの木を抱えるように倒れてしまった。
何回、よろけて倒したんだろう? アザの数だけ? それでもなにも言わず元気でいてくれる。
by w-scarecrow | 2015-09-19 17:50 | 散歩 | Comments(0)

旅情

e0158857_11405592.jpg



         20歳の顔は自然からの贈り物 50歳の顔はあなたの価値  ココ・シャネル 
                               

訳あって先日、イギリス映画界の巨匠デヴィット・リーン監督の列車物の名作2本を観た。
1955年製作の " 旅情 " 。

アメリカの片田舎で秘書をしている40歳に近づこうとしている主人公キャサリン・ヘップバーンは念願の欧州旅行に出る。オリエント急行でのベニスまでの旅。

ペンショーネに着くなり、「私はもうおばさんよ」、女主人「年齢は財産だわ」「じゃあ財産家ね」と負い目を見せる。
ベニスで恋に陥るのだがイタリア人の男は妻子持ち。

最後まで主人公のなかでは「私はもう若くない」というワードがつきまとう。 再び観てみて時代性なのかベニスの情景も相まって、気骨ある女性が美しく輝いてみえた。


もう一本は1945年製作の名作 " 逢びき " 。
人妻のローラ(シリア・ジョンソン)は妻子のいる医師と小さな駅で出会う。
二人は毎木曜日の午後、ランチを食べ映画、郊外のドライブへと密会を重ねてゆく。

決して一線を越えないのだが、こちらがどきまぎする程不器用に振る舞う。 二人は身もだえし、雨の中を走り廻り錯乱する。
妄想の中での二人の世界を遊ぶ、背後では日常が定刻通りに流れている。

" 旅情 " のキャサリン・ヘップバーンは感情の高まりを自制し、ベニスを後にする。
ローラは固い決心や強い意志の持ち、錯乱の深みにどんどんとはまってゆく。


列車物の映画は名作が多い、ポーランド映画の " 夜行列車 " " 見知らぬ乗客 " " 終着駅 " " リスボン特急 " 。

日本では列車物は少ない、高倉健の " 駅 " 。 CMではJR東海の山下達郎の名曲 ♪ きみはきっと関西人 そうでんなほうでんな ♪ の流れる新幹線ホームでの恋人たちが筆頭かもしれない。

二人の強い女性の恋愛映画を立てつづけに観たので、切り替えに " 小さな恋のメロディ " が観たくなった。


いつも思うのだが何故世の中のお母さんたちは、番組で芸能人が町を歩いているとススッと近づいてきて「あっ、ずっとファンなんですぅ??」「いつも観てます??」「握手していいですか!!」となんで報告したり触れたがるんだろう?

大阪のおかんたちは「何チャン?」と初めに訊き、相撲取りに触るようにあちこちとマーキングをしてゆく。

おかんたちにも映画 " 旅情 " のキャサリン・ヘップバーンのよう凛とした女性の姿を見てほしい。
by w-scarecrow | 2015-09-15 08:38 | 映画 | Comments(2)

ひもかわ

e0158857_13481150.jpg


関東のうどん処、群馬県。 中でも館林のうどんが好きだ。

朝から花山うどんのひもかわを食す。 ワンタン、きしめん好きには one step up 。

季節の変わり目、弱った躰には生姜がいいと軽くあんをかけた汁で食べた。

桐生のひもかわはラザニア・シートをしのぐ長方形大のうどんが有名。 それは勘弁。


e0158857_14584440.jpg



おじさんたちに人気のあるBSの番組 『 吉田類の酒場放浪記 』。
黒ずくめの衣装で全国の居酒屋を訪ね、地酒や店の自慢料理を食べ、常連さんとお近づきの乾杯をし他人の頼んだ料理に勝手に手をのばし、いつもご機嫌に酔っぱらって店を出て一句詠む。

そんな酔っ払いの吉田類と酒の肴をTV画面越しに眺めながら、一緒に呑む酒も美味しい。


e0158857_15194395.jpg


いつもご機嫌なO先生、大学病院の医師であるが一緒に呑むときはただのおっさん、たまにナーバスなときがあって「どうしたんですか?また奥さんにお説教されたんですが?」、「いや、厚生労働省へ行って馬鹿な役人たちとの会議」。
医師国家試験の出題者の一人だという。

O先生は4年前までは大の巨人ファン、なぜ転向したのか解らないが今は球場へ行って ♪ 六甲おろし ♪ を歌う阪神ファン。
初対面の人には「僕は関西生まれなんで小さい時からのタイガースファンなんです」と毎回、大ウソをついている。 
そんな人が国家試験の問題を・・・。

先日は肝臓の数値が高く、4,5日酒を抜いたという。「元気ないですね」「いや、まだ下がらないんだよ」
「信頼できる肝臓の専門医に診てもらったらどうですか?」「俺も肝臓の専門医」「知ってます」。

いつも、こんなカワイイ会話をして愉しんでいる。

           ⚘           ⚘          ⚘          ⚘

孫が 3300g 生まれて、孫の名義で¥3300 の貯金通帳を作り、一年ごとにその時の体重の数値の金額を貯金してやるんだ。
と言っていた、いつも大酔っ払いの元アメフト選手だったおじさんもいる。

酒を呑んでいい具合になると、呑むその人の性格のマイナスな部分が出る人と、反対に素敵な部分が出る人にちゃんと分かれる。 からみ酒の人はいつもからみ酒、人を楽しませようとする人はいつもの心遣い。

そんな素敵な話や人柄に接する一夜は愉しい。 でも毎回、年上のおじさんばかりだとちょいとツライ。

 
by w-scarecrow | 2015-09-11 18:43 | 食 + うつわ | Comments(4)

e0158857_9411249.jpg



               なみだは人間の作るいちばん小さな海です  寺山修司



これまでに人間の流した涙を集めれば、どれほどの海になるんだろう。


ブタペスト東駅からドイツへ向かう列車に殺到するシリアからの人々、戦火を逃れ陸路、海路ハンガリーに辿り着いた。

乗り切れない多くの人々を残し発車する。子供たちの不安げな目。

70数年前、欧州各地のユダヤ人がドイツから貨物列車に乗せられポーランドや東欧の強制収容所へと送られた。 
そんなモノクロームの列車の画が浮かんできた。

「死」への終着駅に向かった列車と、『ドイツ行き』の「生」への希望の列車。

政治的迫害を受ける可能性のある人間は庇護する責務があるとドイツの憲法に記されている。


日本各地で安保法案に反対の声をあげる人が徐々に数を増している。

幼児を抱いたお母さんが言っていた。「70数年前、女は(出征する夫に)涙を見せることさえ許されなかったんです、そんな時代に・・」


東京も長雨がつづいています。心まで冷えてきます。冷蔵庫に残った野菜と魚で鍋でも作ろう思う。
マロニーちゃんもあるし。
by w-scarecrow | 2015-09-08 07:38 | そのほか | Comments(0)

♪ モンブラン ??

e0158857_16125336.jpg

                   2種類のカボチャのモンブラン


成城には " アルプス " 、学芸大学には " マッターホーン "、 そして自由ヶ丘には1933年から " モンブラン " が聳え立つ。

歴史ある東京の洋菓子店名。


e0158857_1621242.jpg

                   むらさき芋と安納芋のモンブラン


自由ヶ丘の老舗洋菓子店 " モンブラン " で初めて作られた黄色いモンブラン。 モンブランの上に栗がヒョイとのっている。

いつごろから欧州風の茶色い蕎麦模様(ソバージュ?)に粉雪がかかったお洒落なモンブランが出現したんだろう?

小さいころはラム酒の利いたサバランを好んで食べていた。 茶色い蕎麦柄のモンブランが出てきてやっと好きになった。


e0158857_16375567.jpg

                       和栗のモンブラン


昨日、突然の雷雨に襲われた。

新宿の地下道に入った。 入ったついでに昨夜からキスの天ぷらが頭をよぎっては消え・・天ぷらを3種類買って夕飯は天丼にしようとデパ地下へ。

ディズニーランドよりもラスベガス、ブロードウェイよりもデパ地下は私にとっての心弾む場所。

売り子のお姉さんと商品ケースを代わる代わる見ていたら KIHACHI の前で目が留まった。

小さめのモンブランの3点セット。 週に2度買ってくるコージーコーナーのジャンボプリン(¥185)以外の久しぶりのちゃんとしたスイーツ。


e0158857_16565987.jpg


メモ魔の私はラジオや飲み屋、街中の会話でも気になったものはメモをする習慣がある。

その中に江戸時代の少年が詠んだ和歌に素敵なのがある、

       あふときは(会う時)は語りつくすと思えども 別れとなれば残る言の葉

「言葉」という2文字の間に「の」を入れると「言(こと)の葉(は)」となる。

意味は同じでもとても映像的でどこか優しい響きに聞こえてくる。


今日はこれからシャンプーセットを持って銭湯へ行く日。 「銭(ぜに)の湯」ではないですよ。
by w-scarecrow | 2015-09-05 17:27 | 食 + うつわ | Comments(4)

秋 早っ

e0158857_21543423.jpg



蕎麦が食べたい、美味しい蕎麦が食べたい。

美味しい蕎麦は電車に乗って下町まで足を延ばさなければならない。

ちょっと贅沢をして天ざるがいい。池波正太郎のように一合徳利を同時に2本並べて。

美味しいパンが食べたい、小麦の香ばしいパンが食べたい。

エシレ・バター(100g ¥993)をこれでもかとふんだんに塗ってサクサク食べたい。

値段の安いハマグリの仲間、ホンビノス貝で作ったクラムチャウダーも添えて。



9月に入った、子供たちは夏休み宿題を無事終えたんだろうか?
絵や工作の宿題が一番の憂鬱のたねだった。

ご両親の心配は宿題で提出した絵やデザインが区や都のコンクールに学校代表で出されたら・・・。

その作品を先生が手直しをして、もし都知事賞に輝いたらと思うと気がきではないはず。


明日はドラえもんの誕生日らしい。ドラえもんの干支は何なんだろう?
by w-scarecrow | 2015-09-02 22:18 | そのほか | Comments(2)