winter's scarecrow

<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

小さな消しゴム

今月の15日に詩人の吉野弘さんが亡くなった。 
観念的ではなく印画紙にうっすらと浮き上がってくるような日常を綴った素敵な作品の数々だった。


e0158857_1881996.jpg


         小さな旅  
                                   吉野 弘


                 丸く小さく
                 ころがり易くなった
                消しゴムがひとつ
                見えなくなった

                消しゴムの消し屑となって
                忘れ去られた言葉は
                幸いなるかな

                成就され
                忘れ去られた言葉は
                幸いなるかな

                言葉に成就された私の一部は
                幸いなるかな

                いまだ書かれず
                成就されない私の部分を
                消しゴムは消すことが出来ぬ

                いまだ書かれず
                成就されない私を辿って
                やせにやせた
                消しゴムの
                旅

                冷酷で臆病で
                淫蕩で用心深い私が
                消しゴムに許したのはわずかだ

                あれでもない
                これでもないと
                やせてゆく消しゴムの歌を
                私はじっと聞いていた

                あれでもない
                これでもないと
                やせてゆく消しゴムの白さを
                私はじっと見ていた

                その消しゴムが
                追われたように
                或日
                見えなくなった

                                                 



浪人生の頃、早稲田界隈にある古本屋を覗き歩くのが愉しみだった。 古本の文芸書は神保町より早稲田の方が充実していた。
古本の中に 『 感傷旅行 吉野弘詩集 』 という薄いクラフトケースに収まったデザイン性を全く感じない本を手にした。
吉野さんの詩は頭でっかちな少年にとっては優し過ぎた。 それから何年も過ぎて少しは分別がついたころ、やっと書棚から目を醒ました。

                *                *                *              *


明日から2月に入る。 2月に入ると何故かチョコレートが買いにくくなるので昨日、デパ地下で生チョコを買ってきた。
「いや、バレンタインデーでもらう前にちょっと食べたくなって」と販売員に向かって声には出さず話しかけていた。            

今日は " 愛妻の日 ” らしい。 日比谷公園では日本愛妻家協会主催の「愛を叫ぶ」大会が行われている。
大きな声で「愛してるぞ~!」と叫んでいる男たち。 平和な国ニッポン。 
愛妻の類似語「愛夫」という単語は日本語にあるのかな?
by w-scarecrow | 2014-01-31 19:39 | | Comments(6)

あさり

日曜日、信州名物 " おやき " が食べたく東急百貨店までトコトコと。 冷凍のおやきが買える。
アサリが一山¥450、鱈の白子も購入。

帰り道、交通量の少ない道路にある信号機、Tops の袋を提げた20歳前後の女の子が信号が青になるのを待っていた。
ムートンのショートブーツにイタリアンブルーのマフラーを可愛らしく巻いていた。

なかなか青になってくれない。
その間にも歩きスマホでそそくさと渡ってゆくOL 風、ママチャリ・・・彼女は渡るチャンスを探るでもなく、ジッと信号機を見つめている。
そんな彼女の姿を見て私も赤い信号機を眺めていた。 Tops のケーキは誰に届けるのだろう?
青に変わり、彼女はマフラーに手をあてがえながら時間を取り戻すように小走りに渡って行った。


e0158857_1315967.jpg


高崎山のボス猿 " ベンツ " に死亡が宣告され、大分市長から 『 高崎山名誉ボス 』 の称号が贈られるらしい。

最年少でB 群のボスとなったベンツ、C 群の壇蜜みたいな?メスと恋仲になりボスを辞任。
下積みからコツコツと上りつめてC 群でもボスの座に。 まさに実力者、昔の叩き上げの政治家たちを連想する。

2度目の首相の座に就いた三世議員・安倍晋三、そんな首相のお友達たちが送り込まれた NHK 経営委員会。
彼らが新会長に祭り上げた籾井氏の聞きたくもない個人的信条。

大好きな番組「美の壺」、「サラメシ」。 高級官僚が食べる高級割烹の御膳や国境警備に当たる隊員たちの昼メシが登場してくるのではと不安になる。


昆布の老舗問屋の当主が出汁について語っていた。
京都の料亭では利尻・礼文の昆布で出汁をとることが多い、出汁を味見して「昆布の出汁が良く出ている」ではなく、「この出汁は何でとっているんだろう?」と言わせるのが良い昆布である証し。
昆布の風味が全面に出てはダメということかもしれない。 老舗問屋には25年も寝かせた昆布もある。

ボンゴレ・ビアンコにアサリの味噌汁。 今度は深川めしにしようっと。
                   
by w-scarecrow | 2014-01-28 08:24 | そのほか | Comments(4)

ちょっとだけ春

e0158857_15401225.jpg




e0158857_15302619.jpg




e0158857_15403822.jpg


         桜の咲く頃の気温だとお天気おねえさんが舌っ足らずに言っていた。


e0158857_153502.jpg




e0158857_15384119.jpg


桜が咲く前に、「サクラサク」 「サクラチル」の季節がやってくる。
もともとは大学のサークルが受験番号をあらかじめ訊いておき、会場に来れない受験生たちに電報を打ったのが初めらしい。

宝塚音楽学校の合格発表のように泣きじゃくったり、アメフト部のユニフォームを着た学生たちに胴上げされている姿は私のときには見ることはなかった。
入学手続書類の入った、大学の名前が印刷された大きな茶封筒を渡されたときはホッと張っていた力が抜けた憶えがある。

合格電報は大学によって「サクラ」以外のものがあったらしい。

「オチャ カオル」(お茶の水女子大)、「ダイブツ ヨロコブ」(奈良教育大)、「ニュウシ ハエル」(大阪大歯学部)等々、ユニークな合格電報が多い。

不合格の電報はどんなものだったのだろう? 「モウ エイワ」(東洋英和)、「キョウモ アメダッタ」(長崎大)こんな風にちゃかすことができないので苦慮をしたと想う。

そんな合格電報の悲喜こもごもも遠い過去のものになってしまった。


e0158857_15583942.jpg


    おかあさんたちは渋谷のど真ん中で誰を待っているんだろう? 綾小路きみまろ? 綾野剛?


e0158857_0385578.jpg


田中マーくんの N.Y.Yankees 入団、7年総額163億円のビックニュース。 やっぱり Yankees か。
アンチ巨人の野球ファンの殆どが Yankees は好きではない。

サッカー少年を持つ親は昨日までACミランの本田圭佑を目指せと言っていたのが、「なぁ、野球も面白いぞ。サッカーやめて硬球を握ってみないか?!」と息子に転向を促しているかもしれない。
by w-scarecrow | 2014-01-25 16:33 | 散歩 | Comments(0)

こめこめ倶楽部

e0158857_1334275.jpg



昔の台所は寒かったのか、冬の朝、前夜の煮魚の鍋に " 煮こごり " ができていた。
魚のゼラチン質が煮汁に溶けて飴色のゼリーになっていた。

「また、煮魚」と不満を言っていたが、カレーと一緒で次の日が愉しみだった。


e0158857_1391589.jpg


師走に入った頃、念願の家庭用精米機を買った。 置き場所がないと諦めていたが売り場で見たら電気炊飯器と同じくらいのコンパクトサイズだったので場所をとらないと判明。



e0158857_1316515.jpge0158857_13165019.jpg

























毎日、研ぎたての白米を食べれる歓び。 私がもしイタリア人だったら家庭用のパスタ製造機を手に入れた歓びと同じかもしれない。
操作も後の掃除もおちゃのこさいさい。 3分間、玄米が白化粧の粒に変ってゆくのを眺めている。



e0158857_13241025.jpge0158857_132502.jpg

























悪戯っ子がそのまま大きくなったAちゃんからいただいた " 味噌漬け寄せ豆腐 " の燻製で食べるのも旨い。
酒のつまみの方がいいかな?



e0158857_13285273.jpg


手作りの沢庵で食べるのも良し。 様々なご飯の友たちが主役を引き立ててくれる。

休日の井の頭線、冬の陽差しが心地よかった。 そんな時は厄介事が舞いこんでくる。
私の座席の斜め前の床に缶コーヒーの空き缶が、コロコロと行き所を探している。 「こっちに来るなよ~」と見ないフリをするが、奴はやって来た。
そんなもんに、なつかれやすい。 
by w-scarecrow | 2014-01-21 08:04 | 食 + うつわ | Comments(6)

♪ シンシア

e0158857_845835.jpg




e0158857_846579.jpg




e0158857_8472541.jpg


「君はなぜお酒を飲むの?」と小さな王子が尋ねました。
「忘れるためだ」と酒飲みは答えました。  (サンテグジュベリ)

そんな理由づけをしながら、グラスを眺め小さな虹を飲むように喉を潤す。

吉田拓郎の ♪ シンシア ♪ を口づさみながらの帰り道、手編みの帽子をかぶったお地蔵さんに出逢った。
明るい色の毛糸がロウソクの明かりのように冷え込む街角に灯っている。


e0158857_901432.jpg


阪神淡路大震災から19年が経った。

3.11.陸前高田では奇跡の一本松を残し七万本の松が流された。
そのおが屑を四国中央市の職員が和紙にすき込み卒業証書を作ったという。

役人さんは町おこしで、今度はどのギネス記録に挑戦しようか?との発想ばかりだと想っていた。
松に宿る古里の記憶が詰まった和紙は忘れ難い贈りものになるはず。 頑張れ奉行所。

今朝の東京は2℃くらいみたいだ。 洗濯機が回っているうちに焼きたてのパンを買いにひとっ走り行ってきます。
by w-scarecrow | 2014-01-17 08:14 | 散歩 | Comments(2)

マミーズ・アン・スリール × 松之助 N.Y.

e0158857_1835231.jpg


かつて樋口一葉が暮らしていた本郷菊坂を下った文京区西片に小さな本店を構える " mammies an sourire (マミーズ・アン・スリール)" のアップルパイ。

これぞ懐かしきアップルパイ。 といってもアメリカ東部の田舎町が想い浮かぶのではなく、トワ・エ・モアの ♪ 虹と雪のバラード ♪ が街頭スピーカーから流れていた頃の街の景色が浮かんでくる。



e0158857_1843118.jpg



クリームチーズ・アップルパイ。


カスタードとクリームチーズを二層にした下地に薄くスライスしたりんごが重なり合っている。

3Dの素材が口に入ると4D,6Dへと変化し、ケンカしながらも最後は握手をしていた。


* * * * * * *



酔っ払った父が握り寿司の折詰よりは、不二家の閉店間際のアップルパイの方が安く上がりだと買って帰ったあのアップルパイ。
温めたりんごが不思議でハッカの香りも恰好良かった。 

そんな嬉しい気分にさせてくれる " マミーズ " の洗練された現代版アップルパイ。








e0158857_065360.jpg

Sweden Kariskrona C/S 1960'



e0158857_2095535.jpg


" 松之助 N.Y. 代官山 " のサワークリーム・アップルパイ。

実家へ自転車で帰る途中、毎回店の前を通る。
旧山手通りの並木道沿いに三面ガラス張りで白を基調とした明るい店内、一度は自転車を停めアフタヌーンティーでも愉しもうかなと思っていた。

店内は殆どが女性客、私が前を通って眺めたときは西川史子先生風な女性や長谷川理恵風の女性が談笑している。
そんなとこでカーゴパンツにスケボーシューズを履いた男が紅茶を飲み、チーズケーキをつっつき、ひとり黄昏ている空気ではない。


e0158857_1948277.jpg


そんな人はテイクアウトをして " ミヤネ屋 " でも観ながら、「西川離婚!・・そりゃそうだ」と呟きながらゆっくりとアップルパイを食べるのがいい。

キャラメル・アップルパイ、クランベリー、メープル、ビックアップルパイなど品数も多い。 キャロットケーキが絶品だった。


先週から6日間、酒を抜いている。 
こんなことは3年ぶり、胃腸もスッキリ、頭も爽快。 でもなんかしっくりとこない。 「私は誰?」状態。

明日は午前中から病院での検査。 夜になったら呑むぞ~!
by w-scarecrow | 2014-01-13 20:11 | | Comments(0)

鯛同小異

e0158857_14133791.jpg


     雪の乱れ降る日本海の港町に上がった色鮮やかな尾頭付きの鯛を Kさんからいただいた。


e0158857_14191751.jpg

松の内が明け日常が戻ってきた。 

6日、スーパーの一角に " 七草がゆ " のコーナー。
30代のお母さんが小学校中学年くらいの娘さんに「何の草なの?」の質問に、七草をスラーと噛むことなく答えていた。

私は 光GENJI のメンバーやバーキン、ケリーなどバックの種類をスラスラと言える人より、草の名前を言える人に尊敬の念を抱いてしまう。
ハグでもしたかったが家族のある方なので、それはできなかった。

e0158857_19352979.jpg

昔から魚の食べ方は上手いといわれてきた。 ごちそうさま!

七草を買って帰り、粥を作った。
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ・・・忘れた。 どれがどれだか見分けがつかない。

疲れた胃腸を整える。 白米に散りばめられた緑のかけらに宿る春。


朝から本田圭佑のAC ミラン入団記者会見がTV から流れていた。 自信に裏打ちされた逞しい言葉。

1月9日、今日は1964年東京五輪のマラソンの銅メダリスト、円谷幸吉が人生の終止符を打った日。
死を選んだのは期待への重圧だったのだろうか・・・。
「父上様、母上様、三日とろろ美味しうございました。干し柿、餅も美味しうございました・・・・幸吉はもうすっかり疲れきって走れません」
松の内が明けるの待っていたかのようなメダリストの死。

朝の空も生き物のようにコントラストのある模様を描いていた。

何の因果か昔から東京は成人の日と高校の受験日に雪が降る確率が高い。試練を与えているのか、祝っているのか?
去年から雪が積もったら、桜新町・サザエさん通りにある波平さん像の写真を撮ろうと決めている。
by w-scarecrow | 2014-01-09 08:12 | | Comments(6)

雑司ヶ谷

e0158857_21201988.jpg



e0158857_1147265.jpg



e0158857_1148335.jpg



e0158857_11495316.jpg




e0158857_11513825.jpg

三が日が過ぎ、餅で重くなった躰をヨイショと動かした。


目白駅から学習院横を通り雑司ヶ谷へ。

安産、子育ての神様をお祀りする鬼子母神で掌を合わせてきた。

昨年につづいて初詣は安産・子育てに御利益のある神様の元へ。

おみくじの結果を待つ小さな姉妹。

私の知り合いに正月に限らず神社へ行くと必ず、おみくじを引くおじさんがいる。
その度々結果に一憂。

鬼子母神では、おみくじ好きのおじさんはゼロだった。


正月は子どもたちにとっては天国。

わんぱくもじゃじゃ馬も正月だけはしおらしい。






e0158857_12135360.jpg



e0158857_12145217.jpg




e0158857_12161578.jpg



e0158857_1217263.jpg


                          雑司ヶ谷から都電に沿って大塚まで歩いた。

e0158857_12194754.jpg


松飾が取れると街はすぐにチョコレート一色に染まる。 男にとっては暇な季節がつづく。
by w-scarecrow | 2014-01-06 08:25 | 散歩 | Comments(2)

餅、大好き ♬

e0158857_9264417.jpg


昨日は三食、お雑煮。
寝る前の " 雪見だいふく " を挟んで今朝も、お雑煮。 計8個のお餅を食べている。 プラス大福2個。

鶏の手羽をコトコトと火にかけた鶏だしと、和の出汁を合わせた醤油味のお雑煮。 普段は蒲鉾ではなく" なると "を入れる。


一富士、二鷹、三茄子、初夢にみると縁起の良いものベスト3。
どう考えても茄子(なすび)の夢はみない。 茄子栽培農家や漬物屋だったらみるかもしれないが。 
江戸時代と違って茄子(なすび)は高価な野菜ではない。 にんじんやブロッコリーの夢なんかみたこともないのに茄子が出てくる訳がない! 

去年の初夢は多分、高校時代の仲間が出てくる色気もそっ気もない初夢だった気がする。

仕事柄、すぐに3パーターンくらいまではシュミレートする癖がある。 雨が降ったら、渋滞が起きたら、誰かが遅れたら・・・等々。

今年の初夢くらいは少しは艶っ気のある夢をみたいと蒲団の中で考えた。
榮倉ちゃん、杏ちゃん、出水アナ、本上さん・・・・と image making 。

水色のスカーフを首に巻いた顔見知りの子が「ろ・く・で・な・し、ロクデナシ」と私を見ながら掌を合わせたら堪らないな~と徐々にマイナス方向へ。

蛭子(能収)さんとローカル路線バスの旅をしている夢はみたくない。 えなり君と二人でゴルフをしている夢もイヤだ。 

そんなことを想いながら眠りについた。
茄子は登場しなかったけど、少しだけ艶っぽく、懐かしく楽しい初夢をみた。 良かった。

午前中に初詣に行こうと思うのだが、まだ行き先が決まらない。 願い事が多すぎるので御利益のある神社が絞れない。
明日にしよう・・・・っと。
by w-scarecrow | 2014-01-03 08:17 | | Comments(2)

kaze 2014

e0158857_03549.jpg


                                2014年 明けました

         はっぴいえんどの ♪ 風をあつめて ♪  大瀧詠一の ♪ 幸せな結末 ♪ を聴きながら年明けを迎えました
                     
                          ただのつぶやき Blog となってしまった昨今
                    
                      そんなたわごとを覗いていただきありがとうございました
                 
                
               
                風に流されずと積み重ねた意固地さ 風に乗らなければと思う失敗からの記憶
          
                      そんな吹く風をあつめて また新しい年に入っていきます 


 
              
by w-scarecrow | 2014-01-01 00:31 | そのほか | Comments(18)