winter's scarecrow

<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Bridge over Troubled Water

e0158857_07397.jpg


アメリカの小説 "ライ麦畑でつかまえて" の主人公のホールデンみたく、違う場所で生きたい思った。

大好きな父母、目いっぱいの想いを注いでくれていた。 3人の優しい兄たち、中学へ入ったら母親代わりの姉が嫁いでいった。
家出をする理由なんか少しもない・・・でも、このままではいけないと。

調布リトルに入ってプロ野球選手になりたかったが、そんな夢も儚く、日曜の早朝は父と一緒に TV の時事放談を見ていた。

TV ではベトナム戦争が泥沼化されている映像が映し出されている。 沢田教一という従軍カメラマンが撮った河を渡る老婆と娘の写真に心動かされた。

ボクもカメラマンになって戦地に行こうと決めた。 UPIやBBC に入社しよう。

初めて塾に行こうと思い、父母に内緒で代々木ゼミの冬季講習のパンフレットをもらいに行った。
その帰り、渋谷駅に着いて246沿いは大勢の機動隊と学生たちがぶつかりあっていた。

真っ直ぐ家に帰りたくなく、心の震えを抑えようとハチ公前の信号を渡るとき、街頭スピーカーからサイモン&ガーファンクルの ♪ 明日にかける橋 ♪ が高々と流れていた。

When you're weary felling small
When tears are in your eyes, I will dry them all.


信号待ちの横で帽子を被った素の渥美清さんがいた。 スタスタと速足に歩く渥美さんの姿がずっと心に残っていた。

今、ハチ公の交差点をそんな憧憬も忘れ歩いている。ヘッドホーンからは柴田淳の 缶ビール ♪(youtubeへ)が流れている。
[PR]
by w-scarecrow | 2012-08-30 00:44 | my back pages | Comments(8)

e0158857_21511927.jpg


秋虫たちも、にぎやかに合唱をしはじめている。

夏の綿菓子みたいな白い雲がポカン、ポカンと浮かんでいる空が好きだ。


e0158857_2395221.jpg


夏の夕方、プープーと気の抜けた豆腐屋のラッパの音が聞こえてくる。
おじさんと毎回「今日の暑さは堪んなかっねえ」と天気の話をする。

私が幼かった時、町にはアサリ売り、金魚売、竿竹売り、おでん屋、焼き芋・・・
町中に物売りの声が響いていた。
グローブやバットを置いて駆け寄った。

かつて江戸の町には夏になると冷水(ひやみず)売りが、泉で汲んだ冷たい水の
入った桶を天秤棒で担ぎ売り歩いたらしい。 陽も高くなればぬるま湯になってしまう。
冷たい水に砂糖と白玉を入れ、砂糖の量で値段が決まったという。


e0158857_2374982.jpg


他にも、ところてん売り、蚊帳売り、よしず売り・・・電気のなかった時代の涼を
演出する庶民の知恵の数々。 

涼しげな江戸風鈴を見ると窓辺に吊るしておきたいと思うがマンションでは近所
迷惑になってしまう。

家で涼を味わうのは稲川淳二しかないのかな・・・。 

           
[PR]
by w-scarecrow | 2012-08-27 19:26 | そのほか | Comments(4)

氷見うどん

連日の猛暑の中、食欲はなくどこでランチを食べるかと街をウロウロ。
同世代らしきネクタイをしたお父さんは豚骨ラーメン屋へ入っていく。「ウッソー」
焼肉屋にも吸い込まれてゆく。 「決めた!プリンアラモードにしよう」
「千疋屋へ行こう!」 ロト6が当たったら、千疋屋のスイカでスイカ割りをしたいと常々考えていたが、今日は思い切って入ってみよう。
『宮崎完熟マンゴーパフェにしようかしら』と、完熟ぎみのお母さん3人が迷っている私の横をすり抜けていった。
パーラーの中は若い子は少なく、そうではない私と同世代のお母さんのグループばかり・・・。 男ひとりでは・・・・004.gif
結局、CoCo壱でポークカレーを食べた。 「あー、千疋屋のプリンアラモードが食いたかった!」


e0158857_1158875.jpg

氷見うどんの初挑戦。三つ葉以外は家にあった具材で餅粉の入ったうどんを熱々で食べた。 
稲庭より歯ごたえがあり、水沢や館林よりは細く、ツルツルと入っていく。

e0158857_1271968.jpg

氷見うどんの細めんは冷しにして食べた。
由来は輪島そんめんだと記してあった。 油を含んだそうめんとは違う喉越しで結構、腹もちがした。
ピンクや緑色の麺が2,3本入っていたら、もっと嬉しい。

先週、酒に酔った勢いで普段 Peacock で買っている¥500のステーキ用オージービーフではなく、少し霜降りの入った¥1480の和牛ステーキ肉を買った。
奮発!

象さんのイラストが可愛い南アフリカの赤ワインを飲みながらのステーキ・・・・そこまでは憶えていたが、
翌朝、そういえば昨夜和牛のステーキを食べたんだ?!066.gif・・・味もなにも忘れている。
そんな訳で今日は禁酒、5日目に入った。 胃腸が10代の頃に戻ったみたいだ。
[PR]
by w-scarecrow | 2012-08-22 07:36 | 食 + うつわ | Comments(4)

2時間ばかりの帰省

e0158857_18174289.jpg
涼しげなきんぎょ。
冷え冷えの水まんじゅう、あんず羊羹の爽やかな甘み。


お盆の時期の東京の道は交通量が少なく、自転車で走るのには心地よい。
旧山手通りも駒沢通りも、信号待ちのネコがゆっくりと歩いて横断できるくらいだった。

朝8時過ぎ、実家に着くと老母が植木に水をやっていた。
「見て、ほらキレイに咲いているでしょ、朝顔。M(孫) が持ってきてくれて・・・紫のも、ほらこっちエンジの花も。彼氏が車で待っていたみたいで届けたらすぐに帰っちゃったけど・・お茶でも飲んでいけばよかったのにネ」
毎朝、花開いた朝顔を見るのが愉しみみたいだ。


実家でTV を観ていたら五輪のアーチェリー団体で銅メダルを取った女性3人が出ていた。
日本チームのユニフォームを着ていなかったら、”道の駅”で、わさびのソフトクリームや静岡名物黒はんぺんを売っているお姉さんたちみたいだ。
とても70m先の小さな黄色い10点の的を射抜く闘う女には見えなかった。
女性は見かけで判断してはいけない。



最後の1秒で逆転をしたフェンシング男子団体。「わっ、赤いランプが点いた」と手に力が入ったがルールがさっぱり解らない。
後で聞いて納得、「すげぇ~」。
そのフェンシングチームはチームとしての絆を深めるため、皆で黒沢明の『七人の侍』を観たという。
それを提案したのはウクライナ人のコーチ、オレグ・マツェイチュク(松井宿と読むとgood )、もちろん20代の選手は初めて観る映画。
低迷した柔道もこの際、外国人のコーチを就けるのもいいのかもしれない。 武道の「道」、もしから彼ら外国人から見た「道」も捨てたものではないかもしれない。

実家からの帰り道、広尾1丁目から横道へ入り中学時代の通学路だった路を走った。
中学はさほど変わっていないが校庭はガラーンとして誰もいない。部活も夏休みはやっていなかった。
どこを走っても人が少なく、人恋しくなって南青山から表参道へ出た。
人、人、人、家族連れが陰を探して休んでいた。

「お茶受けに梅干しをつまんで、甘いものも少しは口に入れて、水分もしっかりと摂りなよ」と母に言ったら、「人の心配しないで・・・そう、お前(息子4人は皆、お前と呼ぶ)は水分を摂り過ぎなのかもね・・・お酒の入っていない物もちゃんと飲みなさいよ!」と言っていた。
[PR]
by w-scarecrow | 2012-08-16 19:27 | そのほか | Comments(4)

ねこ

e0158857_16511776.jpg

ロンドン五輪も終盤に入った。 毎朝ニュースでメダルの獲得を知る。
今朝は3:30am に目覚ましで起き、なでしこの試合を観戦。 決定力以外は全くアメリカに負けてはいなかった。
表彰台に立ったなでしこたちの、ひょうきんさと戦っている姿とのギャップが清々しかった。


e0158857_171318.jpg

私の想い浮かべる五輪。 いつも浮かぶ画像はネコ、カンボジア国籍をとったネコではなく世界一の名セッターと言われた男子バレーの猫田勝敏。

東京五輪で20才の若さでデビューし銅メダル。 メキシコ五輪で銀メダル。 ミュンヘン五輪では金メダルを勝ち取った。
寸分の狂いもなく放つトス、相手をあざ笑うような天井サーブ。 ガッツポーズなどせず、ひたすら攻撃の起点となるポジションの役割に徹していた。
いぶし銀のように深く輝いていた猫田勝敏。

猫田のバレーボール人生15年のうち、郷里の広島で暮らす妻や子供たちと共に過ごせたのは2年もなかったらしい。
練習、合宿、遠征、試合の繰り返し。

猫田が禮子夫人と婚約をしていた時期に書いた手紙がある。

    『未来の二人の姿、あるいは子供を連れて桜でも見に行っている姿を想像してください。
     そんな未来の楽しい姿こそ、生きる喜びを与えてくれるのでしょう。
     平凡な生活、今の二人は平凡ではない。 私が世界一になれるかどうかわからないけど、大事な仕事をしている。
     この今の生活が終わった時、どこにでもある平凡な生活を築きましょう。
     それまで、いろいろな寂しいこと悲しいことがあるでしょうが頑張りましょう。(後略)1968年 勝敏』

そんな名セッターは専売広島の監督になり、39才の若さでこの世を去った。
平凡な生活は難しかったと想うが、平安な生活はきっと築けたのであろうと想う。
病床で残した猫田の最期の言葉は「後1本・・・後1本・・」だったという。
[PR]
by w-scarecrow | 2012-08-10 21:26 | そのほか | Comments(2)

中国茶に和んで

e0158857_1623398.jpg

関西に住む中国茶や紅茶に造詣の深い K さんから数種類の中国茶が届いた。 嬉しい。
ジャスミン・ローズ茶を水出しで冷たくして飲んだ。 ジャスミンの花で香りづけした緑茶の清涼感とローズ(ハマナス)のやわらかな甘みで身も心もほぐれてくる。

中国茶は質も値段もピンキリで専門店でも幅があり、どうも一歩引いてしまっている。
でも飲むといつも「なんてうまいんだろ」と思う。


e0158857_16225167.jpg

実家へ寄った帰りに広尾の菓匠・正庵黒豆さらさらを買ってきた。
久寿餅も大福も美味しく、次に寄ったときは何を買おう?と思っていたところ 『和風総本家』 (テレビ東京)で " もらって嬉しい夏の東京みやげ " という特集が放送されていた。
老舗名店の品々を抑えて、"黒豆さらさら" が第一位になっていた。 次はこれにしてみよう・・・。

黒豆の煮汁で作った寒天につぶ餡と黒豆、黒蜜をかけあんみつ風な一品。 ジャスミン・ローズ茶といっしょに頂いた。
美味しい・・・!!

五輪が中盤を迎え水泳陣の活躍がすごい。 4x100mの男女の銀、銅は息を呑んだ。
なにか不思議な感動を覚えるのはなんなんだろう? 爽やかな笑顔、それもあるが20代の女性のすっぴんの顔を見ることはあまりない。
すっぴんの綺麗さに感動している。 いいぞ、すっぴん娘たち。
泣くな!!柔道の強者男子たち。
[PR]
by w-scarecrow | 2012-08-05 16:55 | tea | Comments(4)

・・・走るママ友

e0158857_13123497.jpg


うちの前にバス停がある。
一時間に2本だけの都心のローカル路線。 バスが停車しシューという音を立て乗車口の扉が開く。
「あっ5分遅れている」と停車の度に時計を見るのが癖になってしまった。

紅茶を淹れたカップを持ちベランダからバス停を眺めると中学生くらいの女の子が2人、まだ朝の6時半だというのに笑い声が全開。
なぜ、そんなに楽しいの!? と二日酔いの頭の中で???!
夏休みの早朝、これからどこへ行くんだろう? ディズニーランドなのかな?
「オレもカルピスを飲むときはドナルドダックの大きなコップで飲んでいるんだぜっ」と宙に呟く。


e0158857_13294838.jpg
昨日の東京の最高気温は33度、夕方頃にはやや涼しげな風が吹いていた。

買い物帰りの子連れのママさん2人が立ち話、放っておけば日付が変わるまで喋っていそうな雰囲気。

スーパーのビニール袋からまるまる1個のスイカの縞々柄が見える。 

退屈している男の子がお母さんの手からぶら下がったスイカをキックする真似をしたり、しゃがみこんでヘディングをしたりしている。

もう、このシツエーションを見ただけで CM のワンシーンが浮かんできてしまう。

ヘディングをしたスイカは坂道を転がっていく~。

「・・・吹き抜ける風 転がるスイカ 追うママ友(長友)!ママ友!? 」

水泳選手の身体は角が取れ、だんだんと魚の体形に近づいてきている。 人魚のようで本当に綺麗だ。
どうして吹奏楽部のフルートと水泳の背泳ぎは美人が集まるんだろう。 平泳ぎの鈴木聡美さんの笑顔も素敵だった。
[PR]
by w-scarecrow | 2012-08-01 07:11 | そのほか | Comments(0)