winter's scarecrow

<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いつもの黄昏

e0158857_1651879.jpg


e0158857_1652072.jpg


e0158857_1657968.jpg


e0158857_16582439.jpg


下北沢南口にあるキャッシュ・オン・デリバリーの飲み屋、店で買った100円チケットでも払える。
若者たちで賑わう表通りから、少し外れると30代以上のオジサンたちが心休める飲み屋が何軒かある。

e0158857_176946.jpg


e0158857_1774049.jpg


陽が長くなったせいか6時過ぎてもた黄昏ず、少しばかりの後ろめたさでビールを呑んでいる。
1930~40年代の Big Band Jazz が店内に流れ、後ろ向きな気分に浸る心地良さ。

暖簾の向こうに黒、黒、黒の就活ルックに身を包んだ新入社員の塊が通り過ぎてゆく。
彼女たちには全く非はないが、同じ服を着た集団を見ると文革時代の中国や平壌の巨大競技場に集まった人々の姿と重なってしまう。
”洋服の青山 ” 現象。 人民服みたいだ。

e0158857_1726485.jpg


e0158857_17264814.jpg


e0158857_17282955.jpg


こんな空き地にもCafe がある。 貨物車両の中で呑むのかな・・?

e0158857_17304487.jpg
いつもの和風な飲み屋へ。
70歳になる親爺さんは東京弁そのままの喧嘩口調の喋り方だが顔に似合わず心優しい。

テーブル席から30代後半のサラーリーマンの会話が聞こえてくる。

テーマはパンダの妊娠。
想い浮かべた脚本どおりの会話が聞こえる。

「パンダの発情は年にたった3日しかないんだってよ」
「一年中、発情しているお前がパンダに生まれ変ったらどうなるんだろう?中国の何とか省の山の中にキャバクラもないしな」

多分、日本中のオジサンたちの300万人くらいは、飲み屋でパンダの話をしていると想う。


地井さんが死んだ。 俳優座養成所華の15期生の原田芳雄、太地喜和子、戦中生まれの骨太の役者さんたちが去っていく。
by w-scarecrow | 2012-06-30 20:48 | 散歩 | Comments(4)

朝から気分は桜エビ

e0158857_1851246.jpg



e0158857_18533272.jpg

きしめん好きはフィットチーネも好きだ。

TV で静岡県由比の桜エビ漁師たちの番組が流れていた。

桜エビは昔から食べられていたものではなく、明治の中期由比の漁師がアジの網引き漁をしていた時に網が深く沈んでしまい、その時偶然にも大量の深海性の桜エビが捕れたのが始まりらしい。

6月の上旬で桜エビ漁は終わってしまうが残党はいるだろうと想いスーパーへ。
半額で売っていた釜あげ桜エビ。
生クリームと粒マスタードとたらこで和えて細めのフィットチーネを投入。

満足


キャンディーを谷に落とせば虹の種  塩見恵介


偶然に網が海深く落ちたのが幸い、美味しい桜エビが食べられる。
今度はご飯といっしょに炊いてみよう。




e0158857_19195721.jpg

一週間の不摂生で躰がギコギコと悲鳴を上げているので今夜はノンアルコールビールをちみちみと呑んでいる。

くず餅を食べながらいつも考える、なぜ、きな粉は黒蜜をはじくのだろう?
あぁ~、アルコールが入ったビールが呑みたい!
by w-scarecrow | 2012-06-23 19:32 | 食 + うつわ | Comments(4)

uneclef 豪徳寺

e0158857_19375483.jpg


先週、小田急線に乗って2度も買いに行った豪徳寺にあるパン屋さん。

豪徳寺駅から歩いて5分、昨年秋に開店した uneclef (ユヌクレ)、cafe も併設している。

上の写真はレーズンとオレンジピールのパンドミ。 なにしろ生地が瑞々しく美味しい。

e0158857_19471026.jpg


〔上) ぎっしりとマンゴーとクランベリーが詰まっているカンパーニュ。
(下) 九条ねぎとベシャメルソースのブリオッシュ、割ってみると大きめのベーコンとスモークチーズが入っていた。
    軽く炙ってある九条ねぎとベシャメルソースのコンビネーションが絶品。

e0158857_1958543.jpg


抹茶とデーツと白いんげん、こんな組み合わせもあるんだと迷って買ったが、抹茶がえぐくもなく、出しゃばらず、ちょうど良いバランス、仄かなやさしい甘さ。


e0158857_2061881.jpg
uneclef


世田谷区松原6-43-6


open: 9:00~18:00

closed on: 火曜日、水曜日

tel: 03-6379-2777




e0158857_20124519.jpge0158857_20134372.jpg























初めて uneclef に行ったときは 2:30pm で、すでにパンの並ぶ棚は残り少なくなっていた。
一週間に一度は通いたい生地も素材も生き生きとしたパン屋さん。


熊本県の球磨川沿いにある集落に渡し舟を出している80過ぎのお爺さんがいるらしい。
顧客は高校生一人、たまに集落のお年寄りがこの渡し船を利用するらしい。 舟賃は150円。
朝、高校生が登校する前に舟着き場へ行き、下校する夕方までそこに居るという。
一日の収益は少ない時で150円、多い時で千円をいくかいかないからしい。
「なぜ、こんなことしてるかって・・・誰かが私を必要としてくれている。それだけで嬉しんだ」と老人は言う。

台風4号が近づいてきている。 風がうねり始めた。 こんな日はどうしても飲み屋へ行きたくなるのだが、その欲求をブログの記事を書きながら抑えている。
by w-scarecrow | 2012-06-19 20:38 | 食 + うつわ | Comments(2)

David Daring ♪ 羽ばたき

e0158857_21204769.jpg

TVでトキの幼鳥の成長とクライシスが映し出されている。
たぬきがそばを通るだけでドキッとする。

関東の28の市町村がいつかトキやコウノトリを、わが町で舞わせたいと夢のプロジェクトを持っているという。
かつては関東にも東北にも美しい姿で舞っていたトキやコウノトリ、そして無農薬での田んぼ作り。
舞ってほしい。

e0158857_21281321.jpg

ホッとする時間。
人の優しい笑顔に包まれる。

e0158857_21341515.jpg

Dakota Suite + David Daring + Quentin Sirjacq / Villasa  (click すると youtube へ)
イングランド出身の Chris Hooson 率いる不編成バンド Dakota Siute、大好きな米国人チェリスト David Daring、フランス人ピアニスト Quentin Sirjacq のユニットがイタリアの Villasa 教会での Live 演奏を聴く。

CD屋では Jazz のコーナーに置いてあるがノンジャンルな大好きなタイプの音楽、音。
積み重なる音のスプリット。 譜面にない音の余韻がコウノトリのように美しき田畑に羽ばたいてゆく。
by w-scarecrow | 2012-06-15 22:04 | そのほか | Comments(0)

玉 電

e0158857_1442521.jpg

日曜日、豪徳寺の境内で紫陽花を眺めながら一息。
一句、浮かんでこないかと頭をひねったが、カラカラ鳴るだけでいっこうに出てこなかった。

” 不景気川柳大会 ” で入賞した作品が面白かった。

                   お客様そのボールペンうちのです

e0158857_1413560.jpg

茶沢通りから世田谷線に沿って歩いてみた。
東京の中でも心休まる住宅街、長閑な日曜日の街々。

e0158857_14173680.jpg


e0158857_14193786.jpg

イギリスのキャメロン首相が8歳の娘をパブに忘れて帰宅とのニュースがあった。

現役時代の長島茂雄が一茂を球場に忘れてきた事件を想い出した。

自分の大事な子供をと思うが、私も父と二人で出かけて2度迷子になっている。

一度は秋葉原の電気街で二度目は巣鴨駅で、私が反対方向へ向かう山手線に飛び乗りドアがカシャーと閉まってしまった。
ホームに残された父が走る電車に何かを叫んでいた。


東京で一番住みたい街のベスト1 は吉祥寺。
確かに吉祥寺には自然もデパートもお洒落な店も安くて新鮮な食品もあり、暮らすには最適な街。

小さい頃は玉電と呼んでいた世田谷線沿線もいいな~と思う。
多少、交通の便が悪いが昭和の時代の空気感と時間の流れがある。
by w-scarecrow | 2012-06-12 14:40 | 散歩 | Comments(10)

土山茶

e0158857_10454739.jpg

週初めスウェーデンの名匠イングマール・ベルイマン監督の『 野いちご 』 と 『 ペルソナ 』 の2本の DVD を観た。
20代初めに観た以来の再鑑賞。 あの時の受け取り方と今とではどうちがうんだろう。
『 ペルソナ 』 はどう理解していいんだろう?とパズルを解くように観た憶えがある。

原因不明の失語症になった女優と彼女の世話を依頼された看護婦との心理劇、サスペンスではなく二人の心の動き。
自分の身の回りのことや人生を語りかけつづける看護婦、失語症で内にこもってしまった彼女の心の殻を解くには・・・。
カメラは二人の立ち位置がお互いの影であるように写してゆく。 やがて二人の影が重なり合ってゆく。

心理学者ユングは「人は皆、心に硬い殻を被って生きている」、その心の殻をペルソナ(仮面)と呼んだ。
周囲に適応する柔らかな心を持つあまり心の殻を被ってしまう、逆に被らないことによって自身や周囲を苦しめてしまう。
心理学では本人がペルソナを操っているうちは良いが、ペルソナに操れられるようになったとき、さまざまな心の痛みが生じる・・とあった。
「心の殻」

e0158857_1113852.jpg


新茶が届いた!

昨年から滋賀県の朝宮茶が気に入り飲んでいる。

近江三大産地、朝宮、政所、土山。

今年は初摘みの時期が遅く、やっとの新茶。
土山茶を取り寄せてみた。

土山の有機栽培の新茶、深蒸しの煎茶を飲んでいる人には物足りないかもしれないが、上品で口当たりの良い土山茶、胃腸の弱い私でも朝一番に飲むことができる。


「宇治は茶所、茶は政所(まんどころ)、娘やるのは縁所」
誰が言ったか知らないが同じ近江の琵琶湖の東部、鈴鹿山系の渓谷に位置する政所のお茶も飲んでみたい。

政所茶の新茶の出荷は6月の中旬過ぎらしい。






e0158857_11334168.jpg

多治見の大江憲一さんの小さな急須で淹れてみた。


e0158857_11371643.jpg
そろそろ東京も梅雨入りしそうだ。

朝、窓を全開にする、部屋に入り込む空気が少し湿気を帯び、乾いた躰にはちょうど良い。
ベランダの観葉植物たちも、新芽を携え生き生きとしている。

今年になって初めて電動の歯ブラシを使い始めた。
歯ぐきの強化にも歯槽膿漏にも歯垢にも良いという宣伝文句に心奪われ購入。

確かに以前よりは一本一本、丁寧に磨くようになった。
でも、これで歯垢が取れるのかな?と思うくらい頼りない。
¥4000代の物を買ったが、1万円以上する電動歯ブラシはどんなに強力なんだろう?

鏡を見ながらの歯磨きタイム、毎回少し血が滲むし、口元からよだれが落ちる。
うちの洗面所の鏡は実際よりは痩せて美男美女に見える。その魔法の鏡に映る姿はなんとも情けない。
人前では決して磨けない電動歯ブラシ。
by w-scarecrow | 2012-06-06 08:24 | tea | Comments(12)

涼しげに

e0158857_14362057.jpg


朝から、またこんなことをして遊んでいる。
姪っ子から木箱入りの稲庭うどんをいただいた。 レタスのお皿に盛ると涼しげだ。


e0158857_1443161.jpg

日本そばの干麺は苦手で家で茹でることはないが、うどんは干麺でも充分に旨い。

先日、NHK の「ためしてガッテン」はうどん特集、うどんを茹でる時に少しばかりの酢 (2 ℓ の水に対して小さじ1杯) を入れることによって、うどんのデンプンが水に溶け出にくくなり煮崩れしなくなるらし。
ガッテン!!

少しばかりの酢を入れた稲庭うどん、薬味のみょうがで美味しくいただいた。


そろそろ自転車での移動は着替えのT シャツを用意しなければならない季節になった。
昨年の震災以来、街を走る自転車が圧倒的に増えた。
通勤時間帯は自転車だらけ、車を運転する人もきっと恐いに違いない。

スポーツタイプの自転車が多く、信号で停車している車の合間をくねくねとかなりのスピードで走り抜ける。

スマホ片手に走る姿は見慣れたが、信号で停車する度にポケットからスマホを取り出す人が多い。
数十秒間、何を見ているんだろう?

私も走っていて恐怖に感じるのは舗道を猛スピードで走る自転車。
前後に子供を乗せた自転車は何故、皆あれだけのスピードを出すのだろう?
スピードを落とさずに角を曲がってくる。

以前、子供を前後に乗せ、携帯電話で喋りながら片手運転で走るママさんを見たことがあった。
ほんとに勘弁してほしい。
自転車は自動車と一緒で左側通行なのに、右側を堂々と走ってくるのにも腹が立つ。

午前中にクロネコが大きな箱を届けてくれた。 開けると愛媛産の河内晩柑がぎっしり。
「誰が贈ってくれたんだろう?」
依頼主には私の名前が書かれていた。 きっと酔っぱらった私が注文した記憶の全くない河内晩柑。
また、やっちゃった!
by w-scarecrow | 2012-06-01 17:54 | | Comments(8)