winter's scarecrow

<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ほろほろと生きる甘納豆

e0158857_19132751.jpg

愛媛県生まれの俳人、坪内稔典さんの一月から十二月まで
甘納豆を詠んだ愉しい句がある。

” 二月には甘納豆と坂下る ”

” 四月には死んだまねする甘納豆 ”

” 八月の嘘と親しむ甘納豆 ”

” ほろほろと生きる九月の甘納豆 ”



死んだまねをした甘納豆、大阪・堺市にある『青山盛月堂』
の甘納豆をBluesを聴きながら食べた。

美味しい。

金沢の "かわむら" の甘納豆を初めて目にしたとき「わっ、豆が綺麗!」と思った。

" 青山盛月堂 " の甘納豆も負けていない。
何か純粋な味がする。 美味しさがストレートに伝わってくる。

昭和天皇も愛されたという堺の甘納豆、春の陽射しを浴びながら、一月から十二月まで一つづつ口に運ぶ。

e0158857_2223813.jpg

紅茶と甘納豆が良く似合う。
ぬれあずき、えんどう、斗六、しっとり感がいい。

青山盛月堂
大阪府堺市堺区宿院町東1-2-9
TEL: 072-233-0769

四月もあと一日で終わる、花粉の飛散もそろそろ終わりに近づいた。 
仕事仲間に女の子が産まれた、" れいか "という名前をつけたらしい。 
花粉症持ちには嬉しい名前だ。 今年の夏は冷夏になってほしい。 がんばれ!レイカ。
[PR]
by w-scarecrow | 2011-04-30 20:12 | 食 + うつわ | Comments(8)

Bizen

e0158857_1946549.jpg

                                   備前 注器

以前、一度紹介した備前の作家、竹中健次さんの斬新な酒器、湯呑(麦酒杯)を紹介します。

e0158857_19533619.jpg

                                   伊部 徳利


e0158857_19552795.jpge0158857_19564068.jpg





















         備前 粉引ぐい呑                                    備前 足付ぐい呑

風流にこの酒器で美味しい日本酒を呑みたい。 高橋竹山の津軽三味線のCDをかけ、ぐいぐいと盃を口に運んでいたらそのままの姿勢で朝まで眠ってしまった。 
きっと夢のなかで恐山あたりを浮遊していたのかもしれない。 目が覚めたら魂を抜かれたような心ここに有らず状態になっていた。

e0158857_20202785.jpg

                                 紅釉黒備前 焼酎杯


e0158857_20284052.jpge0158857_20294472.jpg





















           黒備前麦酒杯                                  ルリ釉白備前自由杯

e0158857_20382165.jpge0158857_20393380.jpg





















           備前白釉湯呑                                      備前黒湯呑

e0158857_2113861.jpg

                                   備前麦酒杯

1957年、岡山市に生まれた竹中健次さん、人間国宝・伊勢崎淳氏に師事。

ジュエリーデザイナー出身とあって鋭角的な造形とグラデーションが愉しい、いつ見ても飽きのこないプログレッシブな作家さんです。


明後日からゴールデンウィークが始まる。 海へ行きたい。
潮干狩りでも行ってアサリをブリキのバケツにいっぱい入れて、家に帰ってから深川飯でも作って・・・・。 
056.gifきっと、そぼろ弁当と紅茶入りの水筒を持って代々木公園あたりにいそうな気もする。
[PR]
by w-scarecrow | 2011-04-27 21:08 | うつわ | Comments(6)

芝 桜

e0158857_1752611.jpg

曇り空の金曜日、麻布十番から自転車で芝公園を通り、第一京浜を品川方向へ向かい走った。
以前から気になっていた三田ツインビルの芝桜を見に行った。
良かった、咲いていた。 

e0158857_17114078.jpg

西館の正面入り口から入ると、節電効果もあってグレーの大きな額縁の中に鮮やかなピンク色と新緑の木々が浮き上がって見えた。

e0158857_1719824.jpg

ソメイヨシノの花はサッと散り新緑に装いをかえている。

人が作り出した都会の自然の色彩。 生まれ育った土地の風と土が人生の一部になる。
人の手が入っていない雄大な自然を前にすると、たじろいでしまう。
金属やコンクリートでできた額縁の中の自然に違和感を感じないのは、私にとっての風土なのかもしれない。

ひとりで部屋にこもって声を出さずにいると自律神経に悪い影響を及ぶすと誰かがラジオで言っていたので、最近、家では独り言を声で発することにした。
風呂場では「バブ注入!」、外出するときは「行ってきます!」、カップラーメンを3分待ったときは「ラジャー!」、寝るときはTVの画面に向かって「おやっすみ~!」。
あ~ぁ・・・、日が暮れてきたのでそろそろ、ガソリンを注入しに行ってきます。「ハイオク満タン!!」
[PR]
by w-scarecrow | 2011-04-23 18:14 | 散歩 | Comments(10)

転校生

e0158857_23313973.jpg

都庁の中庭から新宿中央公園の桜が見える。
元々は巨大な淀橋上水場があり、西口再開発で20~30年のスパンで今のようなビル群が出来上がったところ。

1960~70年代の東京の街の変貌は、ひらがなからカタカナに一気に変わっていった。
私の通った小学校は大使館が周りに多かったせいか、アメリカ人、チェコ人、台湾人の生徒が通っていた。
少年野球チームの4番打者もジミーというアメリカ人。

そんな中、雪国からのたくさんの出稼ぎの人々が道路やビルの建設現場で働くためにやってきた。
うちのそばに引っ越してきた一級下のM君、岩手から家族でやってきた。
お母さんがいた記憶はない。

方言やアクセントの違いがあるので、引っ込み思案になり殆ど言葉を発しない。
戦争ごっこや探検ごっこやローラースケート、いつも引き連れ遊びまわっているうちに少しづつ話すようになってきた。
ドイツ軍役のジミーとトーマスの兄弟とも、東北地方のアクセントでちゃんと喋っていた。

運動会の日、料理が苦手な母が「お昼はM君もS君(共稼ぎ家庭)のお弁当も作ってあるからね」と言っていた。 すげえ~っ。
校庭でゴザを敷いて家族ごとの昼食、MもS君も俯きながら醤油色ばかりのおかずのお弁当を食べていた。

映画「転校生」のラストシーンみたいな涙のある別れはなかった。
ある日、突然M君一家は引っ越していた。 まだ転校してきて一年も経っていなかった。
また家族で次の建設現場に移ったんだろうか。 別れの予感も言葉も全くなかった。
それから、何年間もM君の父親から秋になると新米がわが家に送られてきた。

つくば市が福島からの被災者に対して放射線検査証明書を求めた。 人としての尊厳、それまで奪おうというのか。
[PR]
by w-scarecrow | 2011-04-20 08:18 | そのほか | Comments(4)

Sparkling Mineral Water

e0158857_19314317.jpg

横浜 Baystars が例年になく快進撃! いづれは定位置に落ち着くのだろうが、しばらくの間は夢に浸っていたい。
そんなわけで毎晩酒が旨くて旨くて、翌朝は二日酔いで頭がぐらぐらしているなか「今晩は酒を抜く!」と誓っている。
そんな脱水症状のときは炭酸水が旨い!

欧米人がガスが好きなのは何故だろうと想っていたが、飲み慣れるとなかなか美味しい。

e0158857_1944689.jpg


右から


S.Pellegrino
イタリア  硬水


Gerolsteiner
ドイツ  天然炭酸水


Ferrarelle
イタリア  天然微炭酸水 硬水


Crystal Geyser
アメリカ  軟水




炭酸水は整腸作用、利尿効果、便秘解消、ダイエット、美肌に良いと言われているが、整腸作用は胃腸の弱い私には助かる。

e0158857_1956140.jpg 


右から


OGO
オランダ  中硬水



paradiso
スペイン  中硬水



Sant Aniol
スペイン  中硬水




先日、いつもの飲み屋の隣りの席で、ひとりで福島の日本酒を呑んでいるスーツ姿の渋い50代の男性がいた。
東北楽天の頑張りに感動しているようで、私も店主との会話の仲間に入れてもらった。
名刺を交換したら××水産と書かれてあった。

××水産は"赤いきつね" と "緑のたぬき" を販売している会社。 もうそれからは頭の中で「お願いがあるんですが、マルちゃんのCMの榮倉奈々ちゃんのポスターが欲しいのですが・・・どうにか・・・」その質問をいつ切り出すかで、一時間ちかくは話はそっちのけで悶々としていた。
次に会ったときは、席についた瞬間に言ってみようっと。
[PR]
by w-scarecrow | 2011-04-16 20:21 | | Comments(6)

いっぱい詰まった年輪

震災から数日後、「家族みんな無事です」とのメッセージがupされて以来、約1ヶ月ぶりに仙台に住むTsumugi さんのBlog が復活した。 ずっと気にかかっていたので一安心。
娘さんの成長、ご主人の思いやり、愛犬ルナとの日々を淡々と綴った心温まるBlog 。
器、暮らしの道具、雑貨のお店を開店されて半年目、お店や商品の被害は少なかったと聞き、また一安心。
また、素敵なお店が再開されることを願っています。

e0158857_18443211.jpg

井の頭線池の上にある" ピエール " のバウムクーヘン。
『バウムクーヘン三昧』というBlog で全国のバウムクーヘン好きが年に一度投票をして、その年のバウムクーヘン大賞を決めている。(これが信頼度が高く、いい情報源になっています)
2,3年前の大賞に輝いたのがPIERRE のバウムクーヘン。

e0158857_1238399.jpg

甘さもふんわり感も全てにおいてバランスのとれたバウムクーヘン。 密度がありきめ細かい。

PIERRE

世田谷区代沢2-42-8
TEL: 03-3421-6023
Open: 10:00~18:30
定休日: 日曜日

ただ一つだけのマイナス点はPIERRE のHP を開くと「創業以来セレブに愛されて・・・」の文言。

プロ野球も開幕し、わが横浜Baystars の8年ぶりの開幕戦勝利、年に40数回しか美酒を呑めないチームなので貴重な美味しい酒を呑めた。
東北楽天も嶋くんの逆転ホームランで勝利した。 がんばれ!東北
[PR]
by w-scarecrow | 2011-04-13 08:44 | | Comments(4)

桜  "you are not alone"

e0158857_19304456.jpg

強風の中、代々木公園へ。 

e0158857_19343326.jpg

e0158857_19383288.jpg

朝早くからビニールシートを敷き、強風と戦っている学生のグループが多かった。

e0158857_1943485.jpg

e0158857_19434641.jpg

e0158857_23125036.jpg

e0158857_23163730.jpg

前日に炊いた五目ご飯をおにぎりにして、番茶を水筒に淹れて遠足へ行くような気分で家を出たが、風が強く土埃が舞っていたのでゆっくりと空を仰ぎながらの朝食とはいかなかった。
五目ご飯にコンニャクが多めに入っていたので、手でしっかりと握っていないとバラバラになってしまって・・・。
あ~ぁ、折角の花見なのに。

e0158857_21184617.jpg

場所をかえて東大駒場校舎へきた。 濃いピンク色をした枝垂れ桜がグラウンド横一面に咲いていた。

e0158857_2004387.jpg

今年はどこへ花見に行こうかと迷った挙句、自転車で15分以内の近間にした。
出来れば寺社や古い建物のある場所がよかったのだが、検索をしてみてもなかなか候補があがらなかった。

e0158857_2092975.jpg

私も含めて日本人のおじさんたちは何かと理由づけをして酒を呑む機会を作っている。
桜はもってこいだ。 細い枝にいっぱい花を咲かせて、あっという間に散ってゆく、その儚さを自身に重ね合わせて・・・こんな旨い酒はない。

日本人特有の花見酒、ドイツ人がライン川に屋形船を浮かべて、ソーセージを頬張りながらビールを呑み♪ ローレライ ♪ を歌ったり、イギリス人が英国風庭園でスコッチを呑みながらバラを眺め ♪ ロンドン橋 ♪ を皆で歌ったり、そんな光景は想い浮かばない。
やはり、桜の木の下で鶏の唐揚げや芋の煮っころがしをつまみながら、♪ 神田川 ♪ を歌うのが似合っている。
[PR]
by w-scarecrow | 2011-04-09 21:19 | 散歩 | Comments(12)

It's A Small World

e0158857_19324247.jpg

平年より1日遅く東京のソメイヨシノは満開。 桜茶を飲む。

週末の桜の名所は自粛とあっても人で賑わうことと想う。
私より少し年上の女性社長と呑んだ。 バリバリ仕事をし、きしっと家事もするすごい人。 独身。
「wさんは毎年、どこへ花見に行くの?」
「決まってはいないけど、満開を避けて散り始めたころに行きます」
「咲き始めより、散り際が好きなんだ・・・」
この年代の女性と喋るときは、使う言葉に悩む。 『散る』だとか逆に『蕾が開いたばかりの』だとかどちらも使えない。
意識すればするほど禁語で出てしまう。
「普通男の人って、ピチピチとして、折れてしまいそうなのが好きなんじゃない?!」
(きたっ)
「いやっ、ちゃんと根の張ったチャラチャラ、ひらひらしていない凛とした淡い感じが好きですよ(きしっとした嘘の言葉が言えた)・・・」

e0158857_20727.jpg

嵯峨野の"竹路庵"の道明寺桜餅と草餅を買ってきた。

桜の花を眺めながら、六月の雨に濡れた紫陽花を見ながら、紅葉をめでながらゆっくりと時間を過ごすのが好きだ。
あっちこっちへと動きまわるのは苦手だ。
旅行に行って目一杯のスケジュールを立て、見てまわるなんてもってのほか。

今まで誰かと付き合うときは、初めに2つのお願いをしておく、「遊園地と焼肉屋は勘弁して」。
肉は大好きだけど焼肉屋の甘いタレがどうしてもダメ。

高校時代にディズニーランドでバイトをしていたほどのディズニー好きの人と付き合っていたときに、そのお願いが破られることになった。
「こんな楽しいところを嫌いだという人は世の中に一人としていない!」と彼女は思っていたに違いない。

2日くらい前から胃がシクシクしてきた。
ディズニーランドへ向かう電車で20歳くらいのカップルが、子供のように興奮していた。
「ねえ、見て見て見て!海!」
「うるっせいな、今××先輩と話ししてっとこだべさ」
「キレイだよ、海浅いね・・ねえ、これ何海・・・日本海?!」

少し緊張がほぐれてきたが、これから先に何種類のアトラクションに乗らなければいけないんだろ。
"プーさんと仲間たちの森"では「俺はずっとここにいるから」と躊躇い、"It's a small world"では「ここが絶対に一番好き、あとは任せた」と駄々をこね・・・・それからは地獄の一日。

なんで女の子ってお金を貰うのではなく、お金を払ってキャーキャー叫びながらあんな恐いものに乗るんだろう。
"プーさんと仲間たちの森"が一番楽しかった。
[PR]
by w-scarecrow | 2011-04-06 20:46 | | Comments(2)

道標

e0158857_15532966.jpg

「懐中電灯に透明な入れ物に入った水、それに乾パンやビスケット、肌着や靴下をまとめて袋に入れて・・・」
受話器越しに老母の防災に関する心得の話がつづく。
「それに空からガラスが降ってくるから、ちゃんと防災頭巾を被って・・・お前んとこは頭巾はあるのかい?」

実家の玄関には銀色の袋が2つ置いてある。 この中にちゃんと防災グッズが詰められている。
空襲の中を逃げ惑った母の世代には防災頭巾は必需品。

e0158857_10125378.jpg

防災頭巾を取りに実家まで自転車をとばした。 いらないのにな~

サッと作ったカルボナーラを一本一本ゆっくりと口に運んでいる。
「空襲の時って、防空壕まで逃げるときは頭巾を被って走ったの?」
「うううん、被らなかったわよ」

母は防災頭巾を被ったことは一度もなかったらしい。
「美味しいけど、年寄りには麺をもっとやわらかく茹でてくれないと・・・」

e0158857_10252929.jpg

e0158857_1125385.jpg
実家から白金台を通って八芳園を右折。

花子さんのブログによく登場する和菓子屋"松島屋"へ行ってみることにした。
途中に保安寺という曹洞宗の寺があった。 防災に保安。
参道を登ると本殿があるのが普通だが、ここは参道を下る。

午後3時ちかくになっていたので松島屋さんの硝子ケースの中には、みたらし団子が数本残っているだけだった。

高輪界隈は赤穂浪士の眠る泉岳寺や小さなお寺さんが多く、歴史のあるお屋敷町である。
ロト6が当たったら、この町に住むのもいいかもしれない。

父の仕事場が泉岳寺の先にあったので、小さい頃はバイクの後ろに乗り何度も魚籃坂を登り下りした。
あの頃は父の背中で何を歌っていたんだろ。 たぶん ♪ 星のフラメンコ ♪ だったかもしれない。

今はイヤホンから福山雅治の"道標"が流れている。

愛に出逢い 愛を信じ 愛にやぶれて
 愛を憎み 愛で赦し また愛を知る
 風に吹かれ 迷いゆれて 生きるこの道
 あなたの笑顔 それは道標

今年の花見は桜坂にするかな。
[PR]
by w-scarecrow | 2011-04-03 09:14 | 散歩 | Comments(6)