winter's scarecrow

<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

長い冬

1962年のフランス映画の傑作" Un Singe en Hiver" 『冬の猿』 当時、日本では配給されなかった作品。 
'80年代後半にやっとリバイバル上映されたアンリ・ヴェルヌイユ監督の代表作。
同じくジャン・ギャバンとのコンビで撮った『ヘッドライト』の陰に隠れてしまった作品。
e0158857_18482177.jpg

名優ジャン・ギャバンと新星ジャン・ポール・ベルモンドの新旧スター共演のエポック的な作品。
小作品ではあるが、そんな中にこそ名作が隠れている。 

e0158857_1902985.jpg
J.ギャバン演じる安ホテルの主、若い時は放埓に生き、酒びたりの日々を送っていた。
ドイツ軍の空襲があったときも決してグラスを離すことはなく、砲火のなかを千鳥足で彷徨っていた。

若き日に水兵として中国へ赴き、その時の強烈な東洋の想い出を来る日も来る日も壊れたテープレコーダーのように語っていた。

そんな夫を案じた妻との約束で15年間、酒を断っている。

過去への郷愁にも似た気持ちを内に閉じ込め、静かに人生の冬を迎えようとしていた主。

そんな時、この安ホテルにJ.P.ベルモンド演じる男がやってきた。
着くなり、酒を出してくれと頼むがこのホテルには酒はない。
こんなシケたホテルで酒を呑んでも美味くはないと、街へくりだすベルモンド。

e0158857_191973.jpg


酒に酔ったベルモンドは酒場のテーブルの上でフラメンコを踊り、路往く車には闘牛士にように挑んでゆく・・。

ノルマンディーの寒々とした港町、この街にある寄宿舎にいる愛娘を連れ戻しにやってきたベルモンド。
自分と同じように過去を拭いきることができず、その重みに潰されそうになっている若い男にギャバンは自分を重ね合わせる。

15年間手を出すことがなかった酒に、失われた時間を取り戻すかのように、一瞬の輝きを託す。
二人は陽気に街を練り歩き、叫び、笑う。
アル中のオヤジが営む雑貨屋にある花火を全て打ち上げてしまう。 田舎町の寒空がまるでパリ祭の空のように光放っている。

バカ騒ぎをすればするほど、この上ない寂寥感が湧き、心を打つ。
e0158857_19464819.jpg

翌朝、連れ戻した愛娘とベルモンドは帰路につく、墓参りにゆくというギャバンも途中まで同行する。
誰もがいつかは迎えなければならない人生の冬。
初冬に群れから離れてしまった猿の話を娘にする。

エンディングに「その後、老人は長い冬を迎えた・・」のテロップが画面に流れる。
何かを封印をする時がくる、その前の一時の輝き、老人の燃やす炎の幾重にも見える彩りが鮮やかに心に残っている。

ジャン・ルノワール監督の『大いなる幻影』、ジャック・ベッケル監督の『現金に手を出すな』、フィルム・ノワールの作品群、どの映画でもジャン・ギャバンは輝いていた、ジャガイモみたいな風貌だがその存在感に圧倒させられてしまう。
なかなか陽の目を見ることがなかった『冬の猿』、間違いなくフランス映画の傑作です。 DVDで観ることができます。
[PR]
by w-scarecrow | 2010-03-29 20:37 | 映画 | Comments(2)

Blowin' in the Wind

e0158857_9151687.jpg

東京の街を出たいという願望がいつも心の片隅にある。
e0158857_22124960.jpg

中学生のときに澤田教一、一ノ瀬泰造という戦場のカメラマンを初めて知った。
ピューリツァー賞をとった澤田のベトナム戦争時、我が子を必死に抱いて河を渡る傷ついた母親の画、
『ライカでグットバイ』という書で有名になった一ノ瀬。
ベトナム戦争の末期、無政府状態の最も危険な地域だったカンボジア。
一ノ瀬がひと目見たかったアンコールワットを目指して、クメール・ルージュ支配下にあった無秩序地帯を突き進む。
澤田も一ノ瀬も安息の地を求めて日々、戦場で写真を撮っていた。
e0158857_2228327.jpg

澤田教一34歳、一ノ瀬泰造26歳、二人とも内線下のカンボジアで戦死した。
e0158857_22344795.jpg

そんな戦場カメラマンに憧れた。
彼らは戦場を撮っているのではなく、戦禍の人々の素描、子と母、戦士の不安、街の破壊・・この時代を生きている人の儚さを映しだしていた。
e0158857_22431864.jpg

カメラを持ち歩いていたのは10代までだった。
いつか澤田や一ノ瀬が想い抱いたように海外の通信社に入るのが夢だった。

この2年、デジタルカメラを買ってから東京の街の情景を撮りたくて少しづつ、カメラに収めている。10代以来のカメラ。
e0158857_2251143.jpg

自然が織りなす圧倒的な美しさの写真を見ても、あまり心を動かされることがない。
東京の喧騒のなかで生まれ育ったせいかは判らない。
美しい花があっても、風に揺れる川面があっても、紅いの富士山が輝いていても、いつもそこに人の小さな営みや匂いが感じられる写真に興味がゆく。
e0158857_2259966.jpg

e0158857_230467.jpg


東京を出てみたい、一度しかない人生、踏み出せばいいのに・・。
e0158857_2342595.jpg

いつも、いつも海の望める海辺の町で暮らすことを夢見ている。
映画『八月の鯨』の老姉妹が、いつか来たクジラの親子たちが再びやってくるのを待っているかのように、ここを離れられないのはなんなんだろう。
[PR]
by w-scarecrow | 2010-03-24 23:21 | my back pages | Comments(10)

白カビチーズのやさしい味わい

春を感じてかメダカもスイスイ泳いでいる。
e0158857_9125142.jpg

朝起きて、明治のLG21を飲む。 ピロリ菌の抑制に効くというヨーグルト。
でもLG21のCMでピロリ菌を発見した医学博士マーシャル教授のUPの画を見るたびに、顔色が悪く胃腸が弱そうな人だなと想ってしまう。
果たして効果はあるんだろうか?
e0158857_11553911.jpg

大好きなスプレッドタイプのチーズ。 パンにぬってもクラッカーにぬっても旨い。
パリの近郊の田園地帯、イル・ド・フランス地方で作られた2種類のチーズ。

(左)クレム・ドゥ・フロマージュ 『マロワール』
ウォッシュタイプのチーズ、マロワールを80%使用して作られている。ウォッシュタイプのチーズには本来、強い芳香はなく穏かでマイルドなとろけるような味わい。

(右)『ブリード・モー』
チーズの王様と言われるフランスの白カビチーズ、ブリード・モーを95%とふんだんに使われている。
白カビチーズの表皮が苦手な人にも食べられる、力強さを感じさせるスプレッドタイプのチーズ。
こちらの方がインパクトがあった。旨い。
e0158857_11484126.jpg


甲子園では選抜高校野球が始まり、オープン戦最下位のわが横浜Baystarsの開幕も真近にせまっている。 
野球ファンには堪らない季節がやってきた。
勝っては美酒を呑み、負けては悔しい酒を呑み、結局一年中酒を呑んでいる。
今年は横浜中華街で早めの夕食をすませて、横浜スタジアムのナイターへ通うつもりです。
[PR]
by w-scarecrow | 2010-03-22 09:56 | 食 + うつわ | Comments(11)

never never land

e0158857_1740568.jpg

♪朝だパン パン・パ・パン♪
ではなく朝は納豆!という決まりごと。
昔の東京の街は納豆売り、アサリ売り、焼き芋売り、金魚売り、竹竿売りの売り子さんの声で時間や季節を感じとっていた。
よく三輪車を反対に倒し、押しながら横丁を「金魚え、金魚~」と真似をしながら歩いた。
「Wちゃん、おばちゃんに出目金を一匹ちょうだいな」
「あいよ!」

e0158857_17542613.jpg

冷凍をしても納豆菌は冬眠状態になるだけで壊れはしないらしいので多めに買ってきたときは冷凍保存をしている。

e0158857_17585884.jpg

恵比寿三越で買ってきた新潟県魚沼・大力納豆の『つるの子納豆』。
全国納豆鑑評会優秀賞の納豆というお墨付きが加味されて、「ワッ、大豆だ!」と感じる美味しい大粒納豆。

デパートでいろいろな地方で作られた納豆を買うことができ、食べ比べてみるのも楽しい。
埼玉にある矢口納豆製造所の『鶴の子納豆』『がんこおやじ納豆』も美味しかった。

納豆を生産する食品会社を調べたら関西、中国、四国は圧倒的に少なかった。
九州は熊本を中心に結構多い。

安価で栄養満点な納豆、定食屋のおばちゃんの茨城弁を聞きながら食べるとなお美味しい。
[PR]
by w-scarecrow | 2010-03-19 22:05 | 食 + うつわ | Comments(8)

Gateaux Basque

ポカポカ陽気に誘われて京王線に乗り30分、高幡不動へ。
目当てのガトー・バスクだけを買うのには惜しまれるので、3種類の焼菓子を買ってきた。
Patisserie du chef FUJIU、店は人気店だけあって混んでいた。
e0158857_1639695.jpg

Saucisson  レーズンに杏ジャムの入った、バウムクーヘンに似たロールケーキ。 【猿山修(東京)角小皿】
e0158857_16242228.jpg

e0158857_1643666.jpg

Saraebo ボスニアのサラエボの郷土菓子かどうかは判らない、ラム酒のきいたフルーツケーキ。 【森本良信(備前)7寸皿】
e0158857_1635055.jpg

Gateaux Basque 目当てのガトー・バスク、渋皮栗がポッコリと存在感を示していた。     【八木橋昇(信楽)古粉引6寸皿】

ヨーロッパでケーキや焼菓子を食べたとき、普段甘さ控えめに慣れているので多少甘く感じる。
FUJIUはヨーロッパの味なのかもしれない。
ガトー・バスク、もう1個買ってくればよかった。

新撰組の土方歳三の菩提寺、高幡不動尊金剛寺。 土方人気もあって他のお寺さんより若い女性の姿が目についた。

昨夜は呑んだ勢いでプリクラを撮ってしまった。
どんな人でも最近のプリクラは美男美女に写るらしい、多分にもれず私も実物より50%増しくらい+アルファーがついていた。 すごい性能。
パスポートの写真もこのプリクラの写真を使えればいいんだけど・・。 今の写真はどう見てもテロリストにしか見えない。

2ヵ月前「男はウソつきばかり・・みんな嫌い!私はひとりで・・」と下北沢の街で叫んでいたスタイリストの女の子は、ウソつき?の彼氏と別れ、"自分探し"の旅に出たらしい。
1週間の旅、結局自分は見つけられず、新しい彼氏を見つけてきたらしい。
"自分探し"の旅、私の場合は玄関を出たところで探し当ててしまうので必要はないかもしれない。
[PR]
by w-scarecrow | 2010-03-16 21:07 | 食 + うつわ | Comments(8)

おばあちゃん

東京は14℃、平年並みの気温とはいえ暖かな日射しが嬉しい。
窓辺でドット柄のほっこりしたボウルでカフェオレを飲む。
e0158857_15542068.jpg

代々木上原のパン屋さんで焼きたてのマフィンを買ってきて、スクランブルエッグとコロッケをはさんだ。
e0158857_15572512.jpg


FMから流れてきた植村花菜の♪トイレの神様♪(緑色のタイトルをclick,PVで聴けます)、何度聴いても自然と泪がこぼれる。
今は亡きおばあちゃんの想い出をトツトツと歌っている。

            ♪ トイレには それはそれはキレイな
              女神さまがいるんやで
              だから毎日キレイにしたら 女神さまみたいに
              べっぴんさんになれるんやで ♪

おばあちゃん、木漏れ日射す縁側に正座をして針仕事をしている、
一日中割烹着姿の小さな小さなおばあちゃん。
そんな穏かな画が浮かびます。

私には父方のおばあちゃんがいたが、亡くなるまでの私が5才までの記憶しかない。
背の高いおばあちゃん、イタズラをしてバツで押入れに閉じ込められたとき、差し入れのお菓子を持ってきてくれた。

今は私の老母が7人の甥や姪たちのおばあちゃん。 正座をして煎餅をかじりながらスポーツ番組を見ている。
「いつも座って球を捕っている人・・あれだね、いつか腰にくるね。立ったり座ったり気の毒だこと・・」
私たちとは野球を見る視点が違っている。
三寒四温がつづくこの時期は年寄りにはキツイ。 好きなあんみつでも届けてあげよっ。
[PR]
by w-scarecrow | 2010-03-12 19:22 | うつわ | Comments(10)

春にして君を想う

e0158857_1992945.jpg

「雪の匂いを感じるの・・」
そんな言葉を聞いたことがあった。 雪国で生まれた彼女は雪が降る前の匂いを感じとることができた。
雪が降り積もる音のない世界、雨には匂いがあるが雪自体の匂いは・・私は感じとれない。
e0158857_19205627.jpg

夕立のあがった夏の夕方、街はとてもいい匂いに包まれる。
涼しくなった風が運んでくる、水や土や草の匂いがするあの香りが好きだ。

歴史の流れ、街は次々と風景を変えてはいくが、雨、すなわち水だけは地球が誕生したころから
その姿を変えていない・・雪も。

そんな「匂い」のことを考えながら、雪解けの道を自転車で走る。
春の香りがした。
e0158857_19302153.jpg

ADELE(アデル)の19才のデビューCDを聴きながら246を通り渋谷の街へ。
1st.アルバム[19]で全英アルバム・チャートの1位にランキングされた。
Blues,R&B singer,Etta Jamesを尊敬しているというADELLE、聴こえてくる彼女の声はスモーキーでsoulfulというより、時にはBritish Folkの澄んだ歌声にも聴こえ、R&Bの強さも感じる。
ADELEの歌がMarianne Faithfullの歌う、重たい雲に覆われたロンドンのdowntownの情景と重なりあう。
e0158857_19514069.jpg

近所のショーウィンドーに新人たちのフィギュアが加わっていた。

街を走っていると自然の匂いのなかに懐かしい、どこかで感じたことのある匂いを感じるときがある。
いつだったんだろう・・。
[PR]
by w-scarecrow | 2010-03-10 20:06 | music | Comments(4)

春、こたつにはいり金沢を味わう

e0158857_1944345.jpg

                         金沢玉寿司 桜寿し 【野口淳(瀬戸)角皿】


昨日、めばち鮪のブツを買いに小田急ハルクへ、デパートの鮮魚は高いところばかりだがハルクは安くてものがいい。
その前に西武池袋本店で催されていた『金沢、能登の味と技』という物産展へ。


e0158857_15455126.jpg

                 森八 栗きんとん-百栗・美々栗 【廣谷ゆかり(高知)角小皿】

金沢の物産展だったので九谷焼のうつわと和菓子を紹介すべきだが、九谷焼に興味がなく、なんの脈略もありませんが唐津で活躍されている中堅の作家さんの湯呑を紹介させてもらいます。


e0158857_15543669.jpg

梶原靖元     1962年 伊万里市生まれ
          1989年 大丸北峰氏に師事
          1997年 佐賀県東松浦郡相知町に穴窯築窯
原料に対する強い拘りを持った作家さん、陶石を砕き、干し、水ひなど丹念な土作り、釉薬も竹や藁などを自家配合した青斑などを使われている。 古唐津に近い風合いと現代的な感性がマッチしている。


e0158857_1691293.jpg

                          板屋 菰かぶり 【松村英治(常滑)4寸皿】

森八、板屋さんと栗づくしになってしまいました。どちらも上品な甘さでパクリと食べてしまった。


e0158857_16135552.jpg

丸田宗彦    1961年 武雄市黒牟田焼の窯元に生まれる
          1980年 益子、浜田篤哉氏に師事
          1987年 丸田皿屋窯を築窯

初めて唐津を買ったのが丸田さんの湯呑。 身近な草、木を力強く伸びやかな太い線で描き、勢いのある細い線が余白とのバランスをとっている。
やさしく滑らかな土感のする湯呑である。


e0158857_1633147.jpg

                            板屋 香林 【十河隆史(岡山)角皿】

まろやかな蒸しカステラ、和洋がうまくマッチしている、マロンが口のなかでやさしく溶けていった。


e0158857_16445542.jpg

岡本作礼     1958年 唐津生まれ
          1978年 中里重利氏に師事
          1998年 唐津・厳木に築窯

作礼さんの大きな躰から作られたダイナミックな作品。 梅花皮、釉薬が縮んで粒状になった胴部の趣が堪らない。 野趣溢れる伝統を踏まえた作家さんです。


e0158857_1654411.jpg

                    山下ミツ商店 焼いなり 【荒賀文成(滋賀)たわみ鉢】

炙って醤油につけて食べても美味しい油揚げのなかに鶏飯と十穀米が入っている。 大満足。

東京は冷たい雨の一日、すんなりと春がやって来ないのが自然の妙技、天気を司る神様は女神なんだろうなと想う。
夕飯はおでん、昨夜から醤油味を沁みこませた玉子、こんにゃくと大好きな生(厚)揚げにがんも。関東特有のちくわぶ、大根、薩摩揚げ、じゃが芋も入れてある。
女性はおでん屋さんでまず大根を食べる人が多い、男は玉子。
男の食べ物の嗜好は子供のころからあまり成長していないのかもしれない。 
[PR]
by w-scarecrow | 2010-03-07 19:45 | うつわ | Comments(8)

Max Yavno

e0158857_18353290.jpg

Garage Doores
e0158857_1837395.jpg

Keyboards, San Francisco. 1947

Max Yavno(1911~1985) N.Y.生まれの写真家。
1930年代から生まれ育ったN.Y.のdowntownや南部、中西部の退廃的な街々、光り輝く西海岸の海辺の情景や移民・不法滞在者たち、中近東の人々の営みを大型のカメラに収めてきた。
e0158857_1839999.jpg

Chaves Raviine,Los Angeles. 1945
e0158857_18402559.jpg

Strange Tanks, 1947
e0158857_18413871.jpg

Ultra Orthodox Quarter, Jerusalem.1979
Yavnoの写真は被写体の建造物と正対した構図が多い。 斜に構えた写真が少ないのは美的な感覚なのか性格なのか・・。
e0158857_1843258.jpg

Golden Gate Bridge,1947
e0158857_18442540.jpg

Premiere at Carthay Circle,L.A. 1949
e0158857_18453685.jpg

Cattle Paths, 1978
e0158857_18562530.jpg

Sunday,Brooklyn,N.Y. 1941

e0158857_1905212.jpg
モノクロームのコントラストの強い写真、少し見づらかったかもしれません。

ロッキー山脈が見たくてコロラド州へ行ったときに買った写真集。
「シェーン、カムバック!」の映画に出てくるような山は見ることができず、山腹でスー族がのろしをあげている様子もなかった。

車で雄大な大地を走りたかったが免許を持っていない、いっそのことこちらで免許を取ろうとしたが、受験料の$20を持って、レンタカーを運転して教習所まで来い!とのことだった。
一度もエンジンをかけたことがないのに・・。
いきなり本番のテストで免許が取れるみたいだった。

今日は亡父の22回目の命日、22年前も冷たい雨の日だった。
父が好きだった白子を買ってきた。
天ぷらが一番好きなのだが、実家で作っていたように醤油とみりんと酒で煮る。
[PR]
by w-scarecrow | 2010-03-05 09:54 | Comments(4)

おやき

e0158857_1833949.jpg

府中の伊勢丹に寄って信州の郷土料理『おやき』を買ってきた。
あまりにも空腹だったので、しめじ、切干大根、あざみの惣菜系のおやきを家に着くなり食べてしまった。
「あっ、写真におさめておかなきゃ」後の祭り。
残っていた餡、カボチャ、野菜ミックス、野沢菜、ネギ味噌をパシリ。

小麦粉の皮に野菜や餡などの具を包んで蒸したり、焼いたり、油で焼いたり揚げたり、北信州と中南信とでは違うみたいだ。
旅番組でよく見る、丸くて固いおやきを囲炉裏の灰の中にくべて食べるところもある。
e0158857_19592994.jpg

昔の信州ではおやきはお盆にだけ食べられるご馳走だったみたいだ。
和菓子屋さんにでも、パン屋さんでも新幹線のホームでもおやきを買うことができる。

郷土の大地の実りがいっぱい詰まったおやき、熱いので手のひらで転がしてホコホクしながら食べるのも美味しい。
上の写真のネギ味噌のおやきがたまらなかった。
長野市にある『いろは堂』のものを買ってきたが、信濃毎日新聞のHPを見ると蕎麦や郷土の物産を紹介したページがあり、美味しそうな漬物やお奨めの味噌屋さんなどが載っている。

土曜日はNHKのPさんと久しぶりのカラオケ、隣に座っていた深津絵里みたいなお姉さんと青山テルマの♪そばにいるね♪をデュエットをして、その後、ニュースも知らずTSUNAMIを熱唱。

Pさんは画に描いたような国公立大理工系タイプ、50前後だが独身。 親元に居るため不自由もないのでこのまま独身を通すのかもしれない。
週に1度のキャバクラとフィリピンパブに行くのが楽しみな人である。
「俺だったら高いお金を払ってオネエちゃんとどうでもいい世間話をするより、お菓子作りやパン作りの教室へ行くんだけど・・Pさん、そっちの方が普通の女の子と出会えるチャンスかもしれませんよ」
適当に言った言葉にPさんは反応してしまった。
キャバクラへもフィリピンパブにも行くのをやめてしまったらしい。
最近は飲み屋へ行く、私のローテーションにPさんも合わせてきた。

鉄道好きなPさんに以前から大宮にある鉄道博物館へ行かないかと誘われている。
おっさん2人で館内を走る小型蒸気機関車には乗りたくない。
「秋葉原にLittle TGVという車掌の格好をたウェイトレスがいる居酒屋があるんです。一度、行きません!?」
♪ああ、上野駅♪を朗々と歌うPさんを見ていたら、「俺もそろそろ身を固めなきゃ」としみじみと感じてしまった夜。

朝、目覚めたら津波がが日本に向かってきていた。
十八番を歌っちゃいけない日もある、反省。
[PR]
by w-scarecrow | 2010-03-01 21:27 | 食 + うつわ | Comments(4)