winter's scarecrow

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

♪ いつでも夢を ♪

アニメのキャラクターみたいな醤油さし、醤油が出てくるまで普通のものよりコンマ何秒か遅い。
その遅さを愉しんでいる。
e0158857_19324369.jpg

昔の自転車の油さしのようでもあり、太鼓腹のお相撲さんのルックスに似ていて想わず微笑んでしまう。
京都で作陶されている櫻井靖泰さんの作品。

初めての土地を訪ねたとき、その土地の風土、食文化を知るには味噌と醤油を食すのが一番。
老舗の味噌屋を探す。

e0158857_21122285.jpg

e0158857_21135234.jpg

やきものに興味を持ったのは常滑の急須を買ってから、なんでこんなに緻密で味があって、しかも軽い。
亡くなった伊丹十三さんが自分のメガネに叶う急須を求めて旅に出る気持ちがなんとなく解った。
備前で正宗悟氏に師事し、長野県須坂市で穴窯を築窯された境道一さんの還元焼成で焼出された急須。
深い土味のする大地を感じる急須。

e0158857_20223350.jpg

信楽の名匠、澤清嗣氏の小さめの湯呑。 一番好きな湯呑である。

昨夜は帰りの電車がスタイリストさんと一緒だったため下北沢で軽く一杯。
「Wさん、今度生まれ変われるとしたら、また男がいいですか?」
女子高校生のような質問がきた。
「う~ん、男がいいというより女は無理だと想う・・女子高や女子大の女の園へも行きたくないし、出産なんて神の領域のことは無理だし、横で旦那がビデオカメラなんて回してたらショックで一生立ち直れないし、公園デビューでママさん仲間に入れてもらえるように努力するのもヤダし、化粧もしなければいけないし、姑との長い闘争が待ってる・・・絶対、無理」
「でも、どうして男の人ってウソを平気でつくんでしょうか?! 」
来た! そこから2時間は彼氏の話、だいたい想像がつく話がつづきました。

「もう、男なんて・・信じられない!わたしは独りで・・男は皆、キライ!」
下北沢の夜更け、そんな叫び声が響いた夜だった。
by w-scarecrow | 2010-01-28 21:00 | うつわ | Comments(10)

くり、くり

栗きんとん発祥の地、東美濃の栗の菓子。
e0158857_2283212.jpg

岐阜県恵那市にある『恵那寿や』の栗きんとん。 一口サイズで美濃の秋を満喫できる。
e0158857_203443.jpg

栗と小豆餡を薄皮で包んだきんつば。
ほっこりとしていて、美味。 恵那寿やさんの栗づくしは甘いものが苦手な人でもペロリと食べられる。
甘さ控えめで栗の存在感を十分味わえる。
e0158857_20432661.jpg

くるみ餅。 林の中を散歩して最後はくるみで秋の味覚を食べ終えた。
くるみは子孫繁栄で西洋では結婚式で撒かれるらしい。 何故だかは知らない。

バレンタインデーまでに歯を完治さなければならず、毎週の歯医者通い。
歯医者さんまでの道のりが憂鬱で少しばかりの緊張。
榮倉奈々の献血を呼びかけるポスターまでもが橋田寿賀子に見えてくる。

私の行く歯医者さんの待合室はBGMでクラッシックをかけている。
弦楽器の音がどうしても歯に沁みてくる。 ボサノバでもかけてくれればといつも想う。
先週あたりから東京の街は花粉が飛びかっている。 目も鼻もズルズル。
クリネックスの春が一歩一歩近づいている。 やだやだ。

                       写真のうつわ上から【市橋美佳・輪花皿】【安藤雅信・長皿】【田鶴濱優香・練込豆皿】
by w-scarecrow | 2010-01-25 21:35 | 食 + うつわ | Comments(12)

Pinacoteca と『せとか』

e0158857_10235010.jpg

綿入りはんてんを着て炬燵に入り、手を黄色く染めながらミカンの皮をむく。
ヘタの方からむくか腹の方からむくか? 横では赤の久留米はんてんを着てスヤスヤと寝息をたてている平和な寝顔。
♪あなた変わりはないですか 日ごろ寒さが増してます 着てはもらえぬセーターを・・♪
「だったら編むなよ」とラジオに突っ込みを入れる。

そんな時代は去りました。
瑞々しい柑橘『せとか』が世に出て10年、ミカンの白いスジをシミジミっと取る作業がなくなった。

早生のせとかがやっと出荷され始めました。
"せとか"という名を初めて聞いたときはSuicaのJR四国版だと想った。Setoca。

"はるみ"、"デコポン"、"せとか"、少し値ははるが、演歌のミカンからラテン・ミュージックへ。
せとかを食べながらPinacoteca [ピナコティカ]のCDを聴く。

e0158857_10571819.jpg


e0158857_110729.jpg
Pinacotecaのデビューアルバム、FMでアルバムの紹介、
彼らのstudio liveが流れているのを聴き「みっけ」と思い翌日、
新宿のCD shopへ。 
どこにも置いていなかった。 仕方なくHMV onlineで購入。

vocalのアオキマミとguitarの梅原新のアコースティク・ユニット。
春の海辺を想わせるようなボサノバ調の曲、高層ビルから眺めた都会のsunsetのような憂いのある曲、なぜかノスタルジックな気分にさせてくれる。
アコーステックの持つやわらかさを前に出したアレンジも素晴らしい。

アオキマミの声質がbluesyではなく清々しい。 
昼下がりの公園のベンチで彼女に膝枕をさせてもらい、その耳元で歌ってもらっているような囁くような歌声。
jazz調の曲でもお酒より、野菜ジュースが似合う。

彼女は福岡県の海辺の町で生まれ育ったらしい、guitarの梅原新は広島県で役所勤めをしながらライブ活動をしてたという。

瀬戸内の海を望める地域で育ったPenacotecaの曲が緩やかに冬の朝を和らげてくれる。

薄い果皮とそのまま食べられる果汁を包んだ皮。 甘い果汁が滴る・・至福の時。

アメリカのミルウォーキーという街で暮らしていたときのルームメイトのH、私が帰国した後、Hは西海岸へ移った。
病気だったHの母親の病状が急変、Hは急遽帰国し私の部屋に1泊して翌朝、郷里の尾道へと帰って行った。
帰国当日「尾道三部作のどれでもいいからレンタルしてきてくれないかな」と成田空港から電話があった。
大林宣彦作品が嫌いな私はどれでもいいやと思い"転校生"を借りてきた。
「もう一つお願いなんだけど、ひとりで観させてくれないか・・」

映画のロケ地はHが小さいころから遊び廻っていた町々らしい。
いつも尾道にある"朱さんのラーメン"が食べたいと言っていた。 
by w-scarecrow | 2010-01-22 09:22 | music | Comments(8)

あなたに褒められたくて

e0158857_17394287.jpg

♪ かきねの かきねの まがりかど
  たきびだ たきびだ おちばたけ ♪

最近まで、おちばたけ だと思っていた。 小さい頃は♪落ち葉だけ♪と歌っていた気がする。
♪落ち葉焚き♪ 未だに合点がいかない。

7,8年前まで一張羅を「いっちょうらい」と言っていた。
亡父は「セブンイレブン2つ」と言い、ちゃんとタバコを買ってきた。
母はドライ・クリーニングのドライを「フライ」と言う。

地下鉄丸ノ内線で唯一の地上の駅、四谷駅。
皇居の外堀の町々は冬の冷たく乾いた風が吹き抜けている。 寒い。
年を重ねても四谷怪談のイメージが強く残っていて、四谷の夜道を歩くのに少ばかりの勇気がいる。

e0158857_1802487.jpg

有楽町に着いた。
駅近辺の昭和の匂い漂う、ガード下の風景が大好きだ。 オジさん、これから燗酒でも引っかけに行くのかな?
私は休肝日。ガマン。
 
e0158857_21161228.jpg

国際フォーラムの入口。 シャッター速度が遅いため前を通った人が"お岩さん"となって写っていた。

『あなたに褒められたくて』という役者さんの書いたエッセイがあった。
手に取ったことはないが、寒々とした街を歩いているとこのタイトル名が浮かんでくるときがある。
あなたに褒められたくて・・・。

「W坊、ちょっと豆腐屋まで行って納豆を買ってきてくれない・・・それと揚げも」
「わかった!! いくつ?」
柱時計を見て、百円玉を握りしめて豆腐屋までの全力疾走。
息を切らせながらの帰り道、仕立て屋の爺さんが「ほら、もう少しだ。W坊、ガンバレ!」の沿道の声援。
「あら、速かったね」 「・・うん」

幼稚園生から大学生までいた兄弟。
兄弟が多かったせいか、両親は誰かひとりを褒めるということをしなかった。
何かで賞をもらっても、野球の大会で優勝しても・・。

「速かったね」の一言が欲しくていつも全力疾走。

いくつになっても、親から最愛の人に変わっても、『あなたに褒められたくて』 そんな気持ちはまだ残っているのかもしれない。
by w-scarecrow | 2010-01-18 21:30 | 散歩 | Comments(6)

色、うつろい

春夏秋冬、四季折々の自然の変化に富んだ日本。
人々は自然界の色から季節の移ろいを感じ、恵みの豊さに感謝し、自然界の色に憧れ染色、やきものや菓子や料理とあらゆるものづくりに色を映しだしてきた。
紅葉を観て英語ならRedという一色にくくられてしまうが紅色、朱色他々と日本ならではの色彩表現、自然の色から生みだす中間色、日本古来からの伝統色の底の広さ。
四季の移ろいを強く感じることのなくなった現在、どんな色に憧れ、どういう色表現をしてゆくのだろう。


e0158857_12272370.jpg




e0158857_12283647.jpg

好きな黄瀬戸のうつわを紹介します。

『黄瀬戸』、桃山時代に美濃でつくられた黄色いやきもの。
中国の青磁をつくろうと焼成したが窯から出すと黄色いものが出てきた。 十分に還元焼成ができなくて酸化焼成となって出てきたのが黄瀬戸の始まり。

(写真上2枚)豊場惺也 『八角形黄瀬戸湯呑』 (1942年生まれ、岐阜県可児市に築窯)
人間国宝・荒川豊蔵氏に師事し、志野、黄瀬戸など独特な色彩表現をされる作家。 
淡い色のやわらかな作品が和みを感じさせてくれる大好きな作家さん。

e0158857_1249744.jpg




e0158857_12501971.jpg


各務賢周 『黄瀬戸湯呑』 (1973年岐阜県恵那市生まれ)
幼いころから父(各務周海)のやきものづくりを手伝い、土や薪、灰の扱いを学んできた作家。
控えめなタンバン(緑に発色する銅)、口縁から腰にかけての焦げがやわらかな風合いのうつわのアクセントとなっている。 
黄葉の秋より春を想わせる湯呑である。
昨年、お父さんの周海さんの個展を見に行き、白髪の骨太の体躯をされた作家さんという強烈な印象。
繊細な黄瀬戸をつくられる手をジッと見つめてしまった。 そのすぐ後、5月に他界された。
賢周さんもいつの日かお父さんの手になられることと想います。


e0158857_13215238.jpg


浜田純理 『黄瀬戸小服碗』 (1947年、岡山県備前市生まれ)
岐阜県土岐で作陶されている浜田純理さんのタンバンと焦げの強いコントラストをもつ小服碗。
桃山陶を追い求め、穴窯とガス窯を使い炎を強く感じさせる作品をつくられている。
素人目にはいつも遊び心満点な野趣に富んだダイナミックさを感じてしまう。


e0158857_13321716.jpg


久保忠廣 『黄瀬戸湯呑』 (1948年、東京生まれ。三重県に築窯)
以前に紹介した、久保忠廣さんの鮮やかな黄色、タンバンの緑がくっきりと発色した油揚げ手の綺麗な湯呑。
久保さんの作品の造形がどれをとっても手にぴったりと馴染む、使い手を心地よくさせてくれるうつわに感服する。

東京は来週から暖かな日がつづくという。
三寒四温、植物たちの体内時計のスイッチがそろそろONになる頃かもしれない。
私の体内時計は手巻きなので、いつも狂っている。
春が近づくと、小学1年生のように童謡を口ずさんでいる。 ♪春と来い!早く来い!のぼりくだりの船人が・・♪
by w-scarecrow | 2010-01-16 14:09 | うつわ | Comments(6)

♪はつ恋♪を口ずさみながら

旧山手通り沿いにある西郷山公園、その脇道に通るたびに気になる店があった。
パウンドケーキ専門店"Ennismore Gardens"エニスモアガーデン。 先日、自転車を停め入ってみることに。
e0158857_1884560.jpg

黒胡麻、りんご、栗、チーズ、抹茶のパウンドケーキの中から黒胡麻のhalf sizeを買ってきた。
e0158857_18115273.jpg

もっとクドイ味を想像していたが、甘さを極力抑えていてうまい!
次は栗のパウンドケーキを買ってみよう。 実家からの帰り道、ついつい寄ってしまいそう。

Ennismore Gardens Daikanyama
目黒区青葉台2-3-14
TEL: 03-5728-4737

日本橋三越にも出店している。お取り寄せも可。

東京は初雪を観測。といってもみぞれ混じりの冷たい雨が降っていて、こんな半端なのは雪扱いにしてほしくない。
冷たい雨の中、分厚い皮の手袋をして井の頭通りをテクテクと歩いて帰ってきた。
人通りが少ないので福山雅治の♪はつ恋♪を歌いながら歩いた。

             ♪ 帰るべき場所がある
               守るべき人がいる
               愚かすぎる過ちと
               知っているから・・・

               友達ではいられないことも
               恋人には戻れないことも
               わかってるよ でもこの真心を
               永遠のはつ恋と呼ばせて ♪

CMでも流れているせいか、この曲をつい口ずさんでしまう。

ただ、どう見ても福山雅治は龍馬ではない。 NHKの数字取り企画。
福山雅治は小日向文世と公家の装束で蹴まりや投扇興、双六に興じ、池の錦鯉を眺めながら和歌を詠んでいる方が適役。
そんなことを考えながら歩いていたら、歌声が大きかったのかミニスカートの制服を着た女子高生に笑われてしまった。
「おまんらがこのニッポンを変えなきゃいかんぜよ!」と、心の中で呟いた。

"はつ恋"、高校時代。相手は新宿番衆町の♨旅館の娘。 切れ長の目をした魅力的な子だった。
付き合い始めたときに夏目漱石の『こころ』の文庫本を貸したら、別れたときに太宰の『人間失格』が返ってきた。
by w-scarecrow | 2010-01-12 19:21 | 食 + うつわ | Comments(8)

お隣りのとろろ

e0158857_15381154.jpg

炭団(たどん)のような砲丸のような男爵芋のような、見てくれの良くない『山の芋』。
関西では馴染みの姿であると想うが、ずっと関東で育った私が初めて口にしたのは15年くらい前、丹波篠山の祖父が送ってきてくれた芋だと頂いたのが初めて。
黒い皮をむくと純白な肌。
粘りが強くキッチボールができるくらい強固、とろろにするのにかなりの量の出し汁で割った。
「世の中にこんなうまいもんがあるんだ!」
e0158857_1551292.jpg


e0158857_16132297.jpg
大和芋、つくね芋、山の芋、土地それぞれで呼び方も、種類も全く違うものも多いみたいだ。
一杯目のとろろご飯は醤油とワサビ、二杯目は出し汁に味噌を加えたものと2度楽しんでいる。

コレステロールの蓄積を防ぎ、でんぷん質消化酵素のジアスターゼが大根よりも多いみたいだ。
東京では大きなスーパーでたまに見かけることがあるが、やはり値段が高めについている。
毎年、躰がヘナヘナになってくると丹波篠山から山の芋を取り寄せる。

「もらった五穀米があるけど持って帰るかい?」
母親というのは手ぶらで帰すのはイヤみたいで洗剤やゴミ袋、羊羹、野菜、必ず何かを袋に詰め込んでいる。
「からだの為にはこういう物をいつも食べていないと・・もう遅いかね。 あと鮭を持っていくかい?そろそろ食べちゃわないとダメになっちゃうし・・」
実家の冷蔵庫は賞味期限が昭和のものがありそうで怖い。

東京は暖かな土曜日。
りんごジャムも出来上がり、瓶に詰め終わった。
歯の痛みが治まらないので、久しぶりにアルコール消毒をしに出かけます。 ズキ、ズキッ・・。
by w-scarecrow | 2010-01-09 17:23 | 食 + うつわ | Comments(10)

拝啓、松岡修造さま

e0158857_12614100.jpg

初詣で掌を合わせ"健康"を生まれて初めて祈願した。
今までの煩悩だらけの願い事は一切せず健康だけを願った。 もう一つくらいお願いをしても良かったかも。

昨日、念願のミルサーが届いた。ミルとジューサーを合わせた商品名。
ジューサーは家の収納庫に眠っているものだと想っていた。 大きく重たく洗うのが面倒。
そんな邪険にされているジューサーを買おうと初詣からの帰り道に思った。 小型で軽くて洗浄が簡単なもの。
価格.comで調べたらそんな優れものが5千円代であった。 ビックカメラより千円以上安かった。
これからは普段余らせていた根菜も淋しげだった緑の野菜たちも活躍の場ができた。
このBlogを見て宮崎の友人があそらくマンゴーを送ってくれることだろう。 これで万全。
あとはブドウと桃の美味しい岡山県出身の友だちをつくればいい。

e0158857_12342120.jpg

朝から腰に手を置いて、野菜ジュースを飲んでいる姿が松岡修造みたいでどうしても腑に落ちない。
爽やかなBGMはやめてもっとcoreなものを聴こうとbluesにした。

"CALVIN LEAVY / Cummins Prison Farm"
アメリカ南部アーカンソー州のSoul Beatというレーベルから出されていたカルヴィン・リーヴィのシングルを復刻したLP。

        ♪ この刑務所から出してくだされば 真人間になるよと頼み込んだ
         看守は俺の目を見てこう言った
         ここには お前 真人間なんていくらでもいるんだぜ ♪

罪のない黒人たちを収容し残酷な仕打ちによって見せしめにしようとしていた'60年代中頃の米南部の社会状況。
黒人の若者たちはかつてのblues menの歌っていた嘆きと諦めの音楽からは離れていった。
カルヴィンの歌う古い慣習の残る社会へのprotest song "Commins Prison Farm"は若い彼らの共感を呼んだ。
blues史に残る鮮烈な一曲(you tubeで聴けます)。

e0158857_13131560.jpg
年が明けても穏かな日がつづいている。
私の中では気分だけはもう春。
春めいたLRGのパーカーを買ってきた。

午前中に仕事の打ち合わせが終わり、帰りに実家に寄ると
「お前はいくつになっても世の中の常識が解っていない・・」
老母が毎回言う台詞、
「仕事で目上の人たちと会うときに、そんな体操着みたいな菜っ葉服みたいな格好をして・・・育て方を間違えたのかね、やだやだ」

パーカーやダウンにカーゴパンツをはいているときが多い。
母にしてみればルーズな格好が常識人には見えないのかもしれない。

正月に帰ったときは兄からプレゼントされた紺色のフリースの上着とベストを着て上機嫌だった。
レディースのSを買ってきたら、小さいから換えてきてくれと L sizeにしたらしい。
「たっぷりめじゃないとね・・」
老母もルーズな格好が好きらしい。 

今年は松岡修造みたに白の似合う男を目指そう、でもポロシャツの襟は立てたくない。
by w-scarecrow | 2010-01-07 19:02 | music | Comments(6)

これでも鏡餅

e0158857_19565988.jpg

わが家の今年の鏡餅。 とうてい正月が明けるまではもたない。
この形でデパートで売っていたらしい。
"イチゴ大福"であるが、発想がシンプルすぎて想わず笑ってしまった。
大晦日にわざわざ、ヌーベル鏡餅?と金沢の金箔のついた金平糖をMちゃんが届けにきてくれた。
e0158857_12414448.jpg

きらきら星のような、雪の結晶のようなテトラポットのような砂糖菓子、凹凸を確かめながら口に入れる。
想いきって噛んでいいものか、このまま舐めていた方のがいいのか・・。
恋愛に悩む男子のような迷い。

和三盆もない戦国時代、こんな白い砂糖菓子を見た人々はどれだけ驚いただろうか。
ポルトガル名"コンフェイト" 建築資材みたいで全然、旨そうな名前ではない。 やっぱり金平糖。

作家・壇一雄も金平糖を舐めながら筆を走らせていたらしい。
その後、ポルトガルに移り住み毎日、大西洋で泳いでいた鰯やサバの塩焼きをバールで食べていたみたいだ。

旅に行くなら、リスボンの狭い坂道を走る路面電車に乗り、ポルトやナザレで鰯の塩焼きを食べながら酒を呑み、かつて宣教師や商人たちがアジアや新大陸へと船出をした海を眺めていたい。
ポルトガル人は文明堂のカステラと長崎のカステラとどっちが口に合うんだろう?

e0158857_20311793.jpg

渋谷駅から国学院大学方向へ向かって歩く、途中、金王八幡の横にある豊榮稲荷で掌を合わせ、渋谷氷川神社へ。
e0158857_20354036.jpg

e0158857_20375565.jpg

私の生まれ育った地域の氏神さまを祀る渋谷氷川神社。後ろの景観を壊しているビルが国学院大学。

神輿の終着点、中学生のころの秋祭りの縁日には何十回もこの参道を往き来し、
「あっ、Wくんも来てたんだ」
「いや、遠藤がひとりで行くのがイヤだっていうから・・あっ、これ、あげる」
好きな子から、そんな声をかけてもらうのに何本の綿アメを持って階段を往復したことか。
e0158857_3164483.jpg

e0158857_2047262.jpg

e0158857_20485237.jpg

渋谷の街は三がんにちなのに人でごった返していた。 例年はこんなに人出はなかった。

去年の初夢は滝川クリステルの夢だった。 
今年は榮倉ちゃんではなく蓮舫かもしれないと腹をくくっていたら、どこか知らない町へ引っ越した夢をみた。
年に何回かみる引っ越しの夢だが、すごく不安にさせられる夢。 
せめて寝ている間くらいだけはいい夢をみさせてくれよ、と願う。 来年に期待をしよっ。
by w-scarecrow | 2010-01-03 21:16 | 散歩 | Comments(12)

遠い日の音に耳をすませて

e0158857_23553811.jpg
  
                                                         【伊藤環・角皿】


e0158857_2384544.jpg




あけましておめでとうございます

今年も、素敵なものにふれて感動し、
いつかの音にふり返り、
ふと香る花に立ちどまり、
右往左往しながら進んでいくことと想います。

また声をかけてください。






e0158857_2334388.jpg

                                                        【竹内鉱三・角皿】
老松の『花びら餅』 京都のお正月に出される伝統菓子。
京都の雑煮を見立て、求肥に白みそ餡、こぼうの入った美味しい和菓子。
e0158857_23394012.jpg

今日、実家の老母に届けるつもりです。 ほんのり頬を紅くそめたような美しい『花びら餅』。
喜んでくれるといいなと想います。

素敵な一年でありますように・・
2010 元旦
by w-scarecrow | 2010-01-01 00:04 | そのほか | Comments(8)