winter's scarecrow

<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

そらの色

e0158857_16534397.jpg

"DONQ"の前を通ったら、Halloweenの主役たちが整列していた。
「そうか、ハロウィーンか・・」
と言っても、Halloweenで仮装して家を廻った経験などなく、全く縁のない神事。
近所の外人宅の前には、この時期になるといくつものカボチャが飾られていて、思わずニコッと笑みを浮かべ通り過ぎる。
X'masの前にはイルミネーションが見事に飾りつけられている。 どうせだったら正月には門松を飾ってほしい。
パンプキン・クリームのパン、チョコレート・クリームのパン。杖みたいなパンはカレーが入っていた。
チョコのパンがしっとりしていて美味しかった。
e0158857_17101589.jpg

Christpher Ravenhall(クリストファー・レイヴェンホール)の緋襷のマグカップ。
備前の作家、多久守氏に師事し、現在は岡山県赤磐郡熊山町で作陶されているイギリス人陶芸家。
口周りがかなり傾斜をしていてコーヒーを飲むのが楽しくなってくる。

医師には「1か月間、なるべくベットに転がっていてください」と言われている。
だから空ばっか見ている。
秋の空はあまり表情を変えない。 雲はほうきで払ったような雲ばかり。
空の色は薄い青。

人に漠然と"青"はどんな色?と訊くとカラー・パターンの青ではなく、自身の一番印象に残っている青を示すらしい。
それは自分が今まで見てきた空の青か海の青かもしれない。
"青"という色、山で育った人、海で育った人、都会で育った人、北国、沖縄、育った地域によって色の認識が違う。
もちろん、その中での個人差もある。
目の網膜から入り,波長の違いを脳で見る。

海外へ行ったら、青の認識はもっと多岐になる。 黒い瞳だけではなく青や薄緑色の瞳の人もいる。

CMも映画も35mmフィルムで撮影していたころ、アメリカ映画の殆どはKodakのフィルムで撮影していた。
日本映画はFUJI FILM中心。 
アメリカの大地をFUJIで撮ると、雄大さが伝わってこない。 青の出方もKodakとは違う。 空気感も違う。
反対に日本の情緒ある家並みや風景をKodakで撮るとしっとりとした感じが伝わってこない。
FUJIはシアン(明るい青・寒色系)とマゼンタ(赤紫)が強く出る。 Kodakはイエローが強い。
フイルムを開発をしてきた技術者たちの色に対しての認識が、国によってかなり違うものなんだと感じた。

明日の空の青はどんな青しているんだろう・・。
by w-scarecrow | 2009-10-30 20:10 | うつわ | Comments(6)

そっと・・・

e0158857_2243840.jpg
早朝のいつもの散歩道。

先週、土曜日の明け方、身体におおきな異変が起きた。
今までの不摂生な生活のツケがきたと想った。
2日半、寝込んでしまった。
月曜日、近くの開業医で血液、尿検査。
帰ってまた、寝込む。
今日、朝一で「検査結果がでましたのですぐ来てください」との電話。
すぐに紹介状を書くので大学病院へとの指示。

再検査前の問診で「おそらく、このまま入院してもらいます」
「無理です、仕事のこともあるし、冷蔵庫の中を処分しなければならないし、ベランダの植木の水やりやポストの郵便物の保管、新聞の解約、済ませなければいけないことが・・・」

血液の再検査、超音波検査を終え2時間後の診断、
「やはり入院してください、どの医師でもそう判断します」との答え。
数値は前日検査より、不思議と下がっていた。 
フリーランスは仕事を引き受けた以上、途中でキャンセルすることは何があっても出来ませんの一点張りで医師を説得した。
折れてくれた。
ただし、入院をしている状態と同じ環境を作ること、決して身体の消耗をさせないことを条件に。
通院の時や少し遠くへ行く時もタクシーを使うこと、熱めの風呂には入らないこと、絶対の禁酒等々。

月曜日、枕元に"お伊勢さん"のお守りを置いた。
4年前にMRIで胸に癌の良性腫瘍らしきものがあると診断された2日後、仕事で4日間伊勢へ行った。
もちろん、お伊勢さんの内宮、下宮へも参拝した。
帰ってから3週間後の再検査で癌ではなかったとの結果。
信心深くない私はお伊勢さんには2度、救われた。

自転車散歩も長時間の街歩きも、近くの淡島温泉へも行けなくなった。 
よく行く飲み屋さんには、アルコール分0.00%の"キリン・フリー"を入れてもらうように頼んでおいた。
静かに、そっと生活をしていかなければ・・。
by w-scarecrow | 2009-10-27 23:47 | そのほか | Comments(8)

今日まで、そして明日から

e0158857_16431167.jpg

京都・一善や 石臼挽き抹茶ロール
先週、西武池袋本店でやっていた京都名匠会で買いもとめた抹茶ロール。
渋みのある抹茶ロールもあるが、これはスポンジとクリームが抜群なバランスで甘さ加減もちょうどよかった。
物産展は初めての味や手工芸品に出会うことができるのでワクワクする。
人気の北海道展はこの時期、毎週どこかのデパートで開催されている。
e0158857_16532742.jpg

いただいた高知・針木産の新高梨。
幸水や豊水よりも酸味が少なく、果肉がきめ細かいように感じる。 旨かった。
砲丸投げの選手にプレゼントをしたら喜ばれそうな大きさ。 ハンマーの室伏選手の首の太さくらいはある。
e0158857_1712364.jpg

奈良県室生寺で作陶されている尾形アツシさんのダイナミックな片口に盛ってみた。
片口は作家さんの個性が強く出ているものが多く、つい買ってしまう。
部屋で日本酒を呑むことはないので、注器としては使わずそーめんやとろろを入れたりしている。 
これがなかなか風情があっていい。
e0158857_1893769.jpg

有名な加茂みたらし茶屋のみたらし団子。
下鴨神社前に天正11年(1583年)に創業。 戦国武将や幕末の志士や新撰組も食べていたかもしれない。
甘醤油だれは関東のみたらしより、濃くしっかりとした味のように感じた。 甘くない。
焼酎を呑みながら5本を食べつくしたら、夕飯が食べられなかった。 焼酎にピッタシのみたらし団子。

今朝、TVを見ていたら久しぶりに菅原文太さんが映っていた。
飛騨で農業をしている。 熱く今の農業について語っていた。
私が初めて映画用の脚本を書いたとき、どこから辿りついたかは判らないが菅原文太さんの手元にあった。
直接、文太さんから電話があった。
「wさん、電話だよ・・菅原って言ってたけど、暗~い感じの人、男ならはっきりと喋れ!」
当時の同居人が電話を取り次いだ。
文太さんの銀座にある事務所で脚本の感想、製作予算やこれからの映画製作の形など、あの語り口で聞かせてくれた。
2度目に書いた脚本のときも文太さんが動いてくれた。 仙台一高時代の仲間や新聞社の経営者、元東映の方々を紹介してくれ資金集めに協力をしていただいた。
充分な製作費は集まらず頓挫をしてしまったが、今でも感謝の気持ちは忘れない。
文太さんの息子さんが小田急線・下北沢の踏み切りで事故(自殺)で失くして以来、表舞台にはなかなか出てこなくなったが、TVで見た文太さんの渋みのある風貌は益々輝いているように感じた。
優しい語り口は強く詰まった年輪の厚みを感じた。
by w-scarecrow | 2009-10-23 22:00 | 食 + うつわ | Comments(4)

白い一日

曇天の土曜日、下落合でうつわを見て、目白、雑司ヶ谷、東池袋と歩いてきた。
鬼子母神の前を通り抜けて、雑司ヶ谷霊園、護国寺にある『群林堂』で豆大福を買いに行くつもりでいた。
参道の入り口から露店がつづいていたので寄ってみることに。
e0158857_1874437.jpg

e0158857_189399.jpg

近頃、なぜか安産、子育てに縁のある社寺にくることが多い。 
お守りを買って、功があっても産むことはできない。
e0158857_1815368.jpg

江戸時代からつづいているという"御会式"。
万灯を担いで集まった信徒たちが池袋東口を出発し、団扇太鼓を叩き、鬼子母神参道に繰りこんでくるらしい。
昼を過ぎたばかりなので、法被姿は見ることができなかった。
e0158857_1823144.jpg

e0158857_18241993.jpg

e0158857_18263870.jpg

御堂の前には樹齢700年の御神木があり、裏手にある法明寺の雌木、鬼子母神の雄木といわれた
子授けイチョウがある。 
「雌木のイチョウがある法明寺にも行かなければいけないのかな?」
e0158857_18365196.jpg

鳥の中でも子供をかえすのが一番上手いという『すすきみみずく』は子育ての神、郷土民芸品として売られている。
e0158857_1842288.jpg

e0158857_1844682.jpg

雄木を拝んだのに雌木を訪ねない訳にはいかず、威光山法明寺へ。
e0158857_18472431.jpg

これで子授けは万全になった。
e0158857_18492786.jpg

都電荒川線の線路を越えて東池袋へ。
e0158857_18512818.jpg

護国寺"群林堂"の豆大福は今度にした。
目白の吉祥庵で蕎麦を食べたかったが、目白駅方向に戻る元気がなかった。
仕方がなくCoCo壱でハンバーグ・カレーを食べた。

今度は湾岸へ行ってみることにしよう。 カレー以外のものを食べよっと。
by w-scarecrow | 2009-10-20 19:56 | 散歩 | Comments(4)

学生食堂

東京大学生産技術研究所・駒場リサーチキャンパスへ。
お昼ご飯を食べに研究所内の食堂へ。 昔から学食が大好き。
e0158857_1822834.jpg

e0158857_1825154.jpg

e0158857_1834132.jpg

自転車を停め、あまり美味しくはない学食へ。 特にカレーライスが美味しくない。
かつての明大駿河台校舎の真っ黄色なカレールーがどこか懐かしい味がして旨かった。
e0158857_181043.jpg

e0158857_1811460.jpg

e0158857_18113212.jpg

e0158857_18121050.jpg

以前は東大航空宇宙研究所と呼ばれていた。
オープンキャンパスということで小中学生のために多岐な科学の講習が開かれている。
e0158857_18153838.jpg

e0158857_1816761.jpg

そして裏口へ。 出るとすぐに日本民芸館があり、駒場東大前駅へとつづく。
e0158857_1818569.jpg

日本の科学技術の最高峰の人々と同じ定食を食べていると、自分の脳も活性化された気がする。
理工系の人はどこか凛としていて羨望の目で見てしまう。

昔、大学を選ぶとき、どうしても米国文学科に入りたくR大を受けたが落ちてしまい、しょうがなく他大の英米文学科へ入った。 
英米文学科というのは大体が英国文学が中心である。
シェークスピアやトマス・ハーディーなどの古典から授業が始まるので、退屈で退屈で日本文学の文庫本と平凡パンチをずっと読んでいた。
いつになったら、ビート・ジェネレーションの時代に行くのか気が遠くなった。

男子校で3年間を過ごしたので、初めての授業のときは前に座った女の子の翻る髪の毛や仄かな香りにうっとりとしてしまい授業など全く耳に入らず、ひとりで妄想の世界に浸っていた。
「生きていてよかった!」
そこからdrop out人生が始まった。

西武池袋本店で"京都名匠会"の催事が行われている。 美味しそうな和洋菓子、物産がいっぱい載っていた。
早稲田から都電に乗って池袋へ行ってこようと想う。
by w-scarecrow | 2009-10-16 21:06 | 散歩 | Comments(6)

グラコロの秋

ようやく、やってきた秋のグラタン・コロッケバーガー。
e0158857_16142469.jpg

いつもは11月頃の販売だったような気がしたが、マックのグロコロ・バーガーが解禁。
これを食べていると「そろそろ今年も終わるんだ」と毎年シミジミっと感じている。
Wendy'sのペッパー・マッシュルーム・チキンサンドも好きだ。
e0158857_16152229.jpg

昨夜、いつも行く飲み屋さんの横にある小さな児童公園で20代初めの女の子が
ブランコに座って泪を流していた。
「秋なんだ」
2時間くらいで店を出たときも、まだ座っていた。

なにかで読んだ話。
人は2度サヨナラをするという、「2度死ぬ」ということ。1度目のサヨナラは肉体が死を迎えるとき、
2度目のサヨナラはまわりの人々からの記憶が絶えるとき。

そんな人生を考えながら食べる、グラコロの秋。
by w-scarecrow | 2009-10-13 18:46 | 食 + うつわ | Comments(2)

日幡光顕 備前宝瓶

e0158857_13482464.jpg


備前焼の研究家でもあった日幡光顕氏の宝瓶。
日幡光顕は1920年(大正9年)に伊部天津神社の宮司の家で生まれ、ご自身も元神主さんであった。
備前の特徴である胡麻、桟切、窯変した素地の渋い味わいが楽しめる。
2002年に逝去されるまで茶器や花器などを中心に作陶されていた。


e0158857_142322.jpg

宝瓶の銅の部分全体に謡曲『高砂』の歌詞が書き込まれている。
今は殆ど結婚式などで聞くことはないが、長寿や夫婦愛を謡っている。
どちらも縁はないが、かぶせ茶を淹れながらうつわを眺めているのも楽しい。


e0158857_1495531.jpg

日幡光顕『丹波湯呑』
黒飴釉の上に灰釉が施され、幽玄な景色が配された湯呑である。
秋空の遠い雲を追いかけながらの至福の一服。

一昨日から老母は私の姪っ子の家に泊りに行っている。 今日は曾孫たちの幼稚園の運動会。
何日も前から楽しみにしていた。
姪っ子が母(祖母)を連れて北海道や京都、箱根などへと旅をしてくれる。
息子としては本当にありがたく、頭が上がらない。
4,5年前に箱根に連れていってもらったときは温泉卓球で母は姪っ子を破ったらしい。
また卓球台のある所へ行きたがっている。 目指せクルム伊達。
昨日、姪から写メールが送られてきた。 奥高尾の鶏料理で有名お店で食べているらしい。
どんな料理なのかと興味深々で開いたら、満面の笑みをした母の顔写真だけだった。
ありがとう。
by w-scarecrow | 2009-10-10 20:41 | うつわ | Comments(6)

たどり着いたら、いつも雨ふり

e0158857_18321660.jpg

e0158857_1834363.jpg

駒場(目黒区)散歩。
束の間の晴れを少し遠くへと自転車散歩をしようとした日曜日。
前日、歯医者の麻酔がきいたまま、楽しく呑んでしまったので二日酔いの日曜日はご近所の駒場公園まで
トホトホとやっとの思いで到着。
e0158857_18415088.jpg

駒場農学校(後の帝国大学農学部)の跡地に昭和の初め邸宅を構えた、旧前田家の前田利為陸軍大将。
利為は加賀藩祖・前田利家の五男利孝の末裔、幻の家康計画を嫌疑をかけられ、その後、七日市藩(現・群馬県富岡市)という小藩の藩主になった前田家の分家。
e0158857_18544862.jpg
e0158857_18561256.jpg

e0158857_1859510.jpg

洋館独特の木を随所に使用した廊下、階段、大きな窓のある部屋。
昭和の初めのお手伝いさんは着物を着て仕事をしていたんだろうか、それともメイド服だったのか?
窓辺でお手伝いさんが運んできてくれた紅茶を飲みながら『とらや』の羊羹を食べる。
紅茶は日東紅茶が似合うかも。 いつものようにどんどんと妄想に走っていったがここでは書けない。
e0158857_19103312.jpg

e0158857_19123590.jpg

e0158857_19152596.jpg

洋館の裏に外国人の接待用の和館がある。 茶会などに使われている。
e0158857_19211926.jpg

昼飯のパンを買いに"ル・ルソール"へ行く途中、駒場野公園へ。
老人会のハーモニカとリコーダーの演奏会が行われていた。息つぎが苦しそうだった。
e0158857_20101671.jpg


台風で大きな被害を受けた方々には失礼だが、
台風が近づくと何故か気持ちが高揚してくる、小学生のときは強風吹き荒れる中、バットを手にして
素振りを繰り返した。
今でも、こんな日は家にいても落ち着かない。 ご近所の飲み屋に行きたくなる。

昨日、Queen's 伊勢丹で松茸ご飯用の雀の泪くらいにスライスしたものが¥680で売っていた。
もちろん、カナダ産。
1分くらい松茸とにらめっこをしていた。

ひとり暮らしが長いので、ひとり鍋、ひとり釜めし、ひとりお好み焼き、ひとりバースデーケーキ、
ひとりお節には慣れている。
幼稚園の頃はケイコちゃんちのお屋敷の庭で、よく、おまま事をしていた。
「あなた、遅かったわね」
「あの課長がしつこいんだよ。飲め飲めって・・」
「ご飯はどうします?」
「もらおうか。こどもたちはもう寝たのか?」
おそらく、こんな会話をしていたのかもしれない。

それから20数年後、
数年間、同棲をしていたときがある。 「今から帰るけど、夕飯はある?」
「あるよ!・・プリン」
「プリン?」
「うん、プッチン・プリン」
幼稚園の頃とあまり変化はなかった。
彼女は仕事の時間帯が不規則でハードだったので、一緒に食べることが少なかった。
朝は5:00くらいになると会社が手配したTaxiが家の前まで迎えにきた。
鶴のマークの入った航空会社の制服を着て出社していた。

「わたしの居ないときに制服、着たりしてないよね?」
馬鹿でのろまな亀の『スチュワーデス物語』のファンだった私は、ずっと眺めていたことはあるが、着たことはない。 帽子を頭に乗せたことはあるが・・。

やはり、台風が去ったら、¥680の松茸のスライスを買いに行こう。
雀の泪でも秋を味あうことにしよう。 永谷園の秋よ、サヨウナラ。
by w-scarecrow | 2009-10-07 20:17 | 散歩 | Comments(8)

PIERRE

e0158857_21646.jpg

井の頭線、池の上駅から徒歩1分のところにあるケーキ屋さん"PIERRE"。
こじんまりとしたお店なのに種類が多く、いつも迷ってしまう。
木苺のムースの甘酸っぱさが絶妙な"レア・フランボア”、ほとんど噛まずに食べてしまった"かぼちゃのモンブラン"。
次にくるときは何にしよう。 (イチゴのへたが見えない角度で写せばと反省)

いつも行く豆腐屋の池田屋さんのそばにあるのでケーキと豆腐の両方を買ってくる。
離乳食みたいなものばかりで歯が退化してしまいそうなルート。

オリンピックのプレゼン、オバマさんはゆっくりと短い時間で端的に喋っていた。
欧米の人を見ていていつも感じることだが、オバマさんが壇上に上がるときでもミシェル夫人とキスをする。
毎日何回、キスをしなければいけないんだろう? 日本人に生まれてよかった。
日本人でも結婚式で指輪の交換のあと、親兄弟の見ている前で誓いのキスをする。 どうしてそんな無茶なことができるのだろう。 それだけはできない。

秋の長雨、日曜日は束の間の晴れみたいだ。 良純が言ってたので当てにならないが、自転車散歩が楽しみだ。
by w-scarecrow | 2009-10-02 21:36 | 食 + うつわ | Comments(2)