winter's scarecrow

<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雨降りお月さん

e0158857_17553452.jpg
1956年の渋谷駅前。(撮影:長野重一)

写真の左上へ行くと道玄坂。
道玄坂をのぼったところに与謝野晶子、鉄幹夫妻の住居跡に歌碑がある。
明治34年、晶子はこの地で『みだれ髪』を書きあげている。

道玄坂をのぼってすぐ右に"恋文横丁"があった。
駐留軍の兵士に送る恋文を英語で代筆する露天が何軒かあったみたいだ。
私の小さい頃、その小路はまだ残っていた。 
その上にある旧円山町は"円山花街"といわれ、1975年頃までは料亭が30~40軒あり、円山芸者も80人ちかくはいたみたいだ。 今は2人だけらしい。 
1968年に西武百貨店が渋谷へ進出し、1969年、二子玉川まで走っていた路面電車、玉電が廃止。
1973年にパルコができると渋谷から"シブヤ"へと急激に変化していった。 そしてバブル。
e0158857_18391386.jpg

◆上の1956年の写真と同じポジションです。
渋谷駅の下に渋谷川が流れている。 下流の天現寺あたりからは古川と名前が変わる。

その渋谷川の少し上流、代々木八幡付近の川の流れを謡った童謡が『春の小川』。
『故郷』『おぼろ月夜』を書いた高野辰之が川辺に咲くスミレやレンゲの花を見て、詩にした。
それから100年、エビやメダカや小鮒のいた川は蓋をされ地下を流れる、
その上をルーズソックスを履いていた女子高生やガングロやコスプレが歩んできた。

母がよく口づさんでいた『雨降りお月さん』 (詩:野口雨情、曲:中山晋平)
こども心にすごく悲しい歌に映った。

♪ 雨降りお月さん 雲の陰
  お嫁にゆくときゃ 誰とゆく
  ひとりで傘さしてゆく
  傘ないときゃ 誰とゆく
  シャラシャラ シャンシャン 鈴つけた
  お馬にゆられて ぬれてゆく ♪

今でもこの歌を聴くときは割烹着を着た母が台所で、米をとぎ、魚を捌き、洗い物をしている後姿が浮かんでくる。(まだ健在)

『赤い靴』、『十五夜お月さん』、『シャボン玉』など野口雨情の詩は悲しく感じるものが多い。
特に『シャボン玉』は「・・こわれて消えた」の言葉が繰り返される。
雨情の長女が生まれて7日目で亡くなり、この詩を書いたらしい、
♪ シャボン玉 消えた
  飛ばずに 消えた
  産まれてすぐに
  こわれて 消えた ♪
悲しく切ない歌である。
童話を読んで、童謡を聴いて心和むときがある。 でも、耳を澄ますと少しの残酷さを感じるときもある。

渋谷駅前で写真を撮った日曜日、あまりにも暑く高校野球の予選を観るにはきつく、そのまま東横線に乗り横浜中華街へ、中華ちまきをまた買いに。 冷凍庫にまだ9個入っている。
これでこの夏は乗りきれそうだ。 ♪ちまき食べ食べ兄さんは、測ってくれた背の丈♪
by w-scarecrow | 2009-07-28 19:49 | 散歩 | Comments(3)

冬瓜

夏の風物詩、冬瓜を見かけるとつい買ってしまう。

e0158857_165916.jpg


冬瓜のあんかけ、暑い日にはもってこいである。

ここ2週間、体調をくずしていたが、少しづつ取り戻してきている。

e0158857_1636102.jpg


残った冬瓜は夕食に中華風スープにする。 
広東料理で冬瓜をくりぬいて、金華ハムときのこで作ったスープを中に注いだものがある。
トロトロの冬瓜がしっかりと味付けされている、さっぱり感のあるスープを食べてみたくなる。
今夜は肉団子と冬瓜のスープにする。

e0158857_183940100.jpg


[写真右]瀬津義雄さんの『柚手黄瀬戸輪花向付』
瀬津義雄さんは1937年、京都生まれ。
主に織部、黄瀬戸、志野など桃山期のうつわを作陶されている。
やわらかく温かい感触をもったうつわで、さりげない造形が心地よい。

[写真左]瀬津純司さんの『彩墨流鉢(五角)』
1975年、京都山科で生まれる。 
父である瀬津義雄氏のもと、父親とは全く異なった作風のうつわを作陶されている。
マーブリングのような黄土色、緑、黄緑、白と多彩な色を使って彩泥墨流しでできた模様が施されている。
京都らしい上品な和をうつわに表現する父と、伝統を踏まえて今までにない世界を描く息子と素敵な親子の鉢。

友人の奥さんから電話があった。 奥さんとは旦那さんよりも古く、高校時代のバイト仲間。
私が魚屋で彼女は隣の肉屋のバイト。
旦那が入院したと言う。
家の前でタクシーをつかまえ病院まで行ったらいしのだが、車中で旦那が「黒い色したタクシーに乗っちゃったな。帰りは黒い車じゃなきゃいいんだけど・・」と呟いたらしい。
車の色なんか意識せず、タクシーをつかまえてしまったことをずっと悔んでいた。
二人には子供はなく、アウトドアやワインや料理作りを仲良く楽しんでいた。
「おれがオープンカーで迎えに行ってやるよ!と伝えておいて」
「ありがとう、そう伝えておく」と電話を切った。
電話を切って考えた。 私には運転免許がない。
奴もそんなことは承知だ。 がんばれよ!

東京は夏らしくなってきた。 明日は自転車で等々力渓谷に行くか、神宮球場で高校野球の予選を観に行くかビール工場見学で作りたての美味しいビールを呑みに行くか迷っている。
by w-scarecrow | 2009-07-25 18:06 | うつわ | Comments(8)

空に星があるように

"The Leaf Store"から取り寄せた撫で肩タイプのブリキの茶缶。
1缶、¥350。
e0158857_1934497.jpg

樹脂の中蓋もついており、100gの煎茶がぴったりと入る。
シールを貼る楽しみもあり、値段から考えても優れものです。
ナッツやドライフルーツ、刻み海苔、用途は多々あり。

奄美諸島で皆既日食を観に行った家族づれが可哀そうでしょうがない。
上海へ1泊2日で行った人たちも雨の中で空を見上げていた。
インタビューではそれでも素晴らしい体験ができたと言っていたのでホッとする。
宇宙飛行士だった毛利衛さんも皆既日食を観て人生観が変わったと言っていた。
それから宇宙飛行士を目指したらしい。

日食グラスをかざして空を観ていた少年。 彼らの2009.7.22.はきっと記憶のなかに刻まれる。
私が中学生のとき、雑誌に載っていた通販で「水着が透けて見えます」というグラスを取り寄せ、
夏休みで混んでいる神宮プールで、水着姿のお姉さんたちをグラスをかけながら追っていた夏の思い出とはレベルが違う。
透けては見えず、立体的に見えるだけだった。 悔しかった。

日本で観れる皆既日食は26年後らしい、もちろん観ることはできないと想うが、是非、海外ででも観てみたい!
モンゴルの地平線の見える大草原で遊牧民たちの呑む強い酒を呑みながら
手で掴めるような星が溢れる空も眺めてみたい。

新宿のデパ地下でロールケーキを買ってきた。 「これが最後で~す」と私の横に並ぶ30代の女性に聞こえるように店員さんが言った。
私と視線が合ったときの彼女の目が怖かった。
歩きながら考えた、あの眼差しはいつかどこかで見た記憶がある。
電車の中で思い出した。
学生時代の友人の結婚式のときだ。 花嫁の投げたブーケが私の頭のところに飛んできたので想わずキャッチしてしまった。
そのとき私の前にいた女の子が振り返った、あのときの抗議の目だ。
by w-scarecrow | 2009-07-22 20:20 | Comments(8)

キャッチボール

サザエさん通りのある桜新町まで自転車散歩。
今日の東京は陽射しはないが湿度が高い、走っているときは風を感じるが停まった瞬間汗が滴る。
夏場の自転車散歩はリュックの中に着替えを常備している。
e0158857_18493027.jpg

開店して18年、いつも混んでいる人気店"Backerei Brotheim"[ベッカライ・ブロートハイム]、ドイツのパンを中心にフランス、イタリア、日本的なパンなど豊富な種類のパンが並び迷ってしまう。
アンチョビのフォカッチャ、ハムチーズサンド、カイザーゼンメル、ヘルンヒェン。
店員がケースの中のパンを一つづつ取ってくれる。 舌を噛みそうなので勿論、指で指し示す。

駒沢公園を抜け実家へ。
老母が物置になっている部屋の片づけを手伝ってほしいとのこと。
ナスがのっているフォカッチャに感動していた。

カラスの習性に似ていて、わが母もいろいろなものを溜め込む習性がある。
デパートの紙袋が30袋以上もある。 クッキーや海苔の缶、包装紙、下駄や草履、アルバム、私が高校生のときに使っていたノート。
ゴミに出したはずなのにここにある。 開くと一頁を使って女子の名前が細かい字で綿々と書かれている。
ヤバッ。
「缶は段ボールに入れておいて、燃えないゴミの日に出すから」
「紙袋はみんな捨てちゃおうよ、使わないでしょ」
しばらく考えて伊勢丹の紺色のタータン・チェックの紙袋は捨てないでくれと言っている。
「親父の写真、一枚持って帰っていい?」
「いいわよ」写真を確かめることなく迷わずに言った。

今度くるときにまた、なんとか茶を買ってきてほしいと言っている。
「フォカッチャね、わかった」
あと何年できるか判らないが、結構楽しい老母とのキャッチボールの一日。

★ベッカライ・ブロートハイム  世田谷区弦巻4-1-17 営業時間:8:00~20:00 (月曜定休)
by w-scarecrow | 2009-07-18 19:54 | 食 + うつわ | Comments(9)

にほんの夏、つけめんの夏

梅雨の明けた東京は朝の6過ぎの散歩でもTシャツが汗で濡れてしまった。
朝の散歩は駒場近辺(東大構内、宇宙研内など)と代々木上原近辺が気持ちよい。
昼前には32℃まで気温が上がってきている。
こんな日はつけ麺がいい。
e0158857_11565679.jpg

"代々木上原・大勝軒"のお土産用のつけ麺。
大勝軒は暖簾分けしたお店が多くある。 よくTVで取り上げられていたのは東池袋の店。
おおもとは中野大勝軒とこの代々木上原の店らしい。
和風出汁のスープとやや太めの麺。 熱々のスープにラー油を多めに入れてソバをすする。
旨い。
明治通り広尾1丁目の交差点にある"丸富"の醤油ラーメン、細麺のつけ麺も美味しい。
並木橋交差点の"有昌"の塩ラーメンも好きだ。

e0158857_12343982.jpg
写真は井の頭通り沿いにそびえるモスク"東京ジャミー"、トルコ系のモスクで昭和40年代、ラジオ番組のDJをやっていたトルコ人、ロイ・ジェームの育った場所に建つ。

代々木上原界隈に住んで25年以上経つ。
以前は古賀政男の邸宅(今はJASRACのビルと古賀政男記念館)があり、駅のそばに小さな店がポツリポツリとあるだけの街だった。
この7,8年にお洒落な店が急に増えてきた。 30~40代が多い居心地のよい街である。
地方から東京に出てきた若者が住みたい街は下北沢、三軒茶屋、自由が丘がベスト3らしい。

下北沢は10~20代前半の若者ばかりが目立つ街、歩いているとどこかで店の解体工事をしている。
若者たちはお店を覗きながらブラブラするが、お金は落としていかない。
若年層向けの店が圧倒的に多いので半年もたずに閉店に追い込まれる店も多い。
この街の家賃がベラボウに高いので商売は大手ファーストフード店以外は無理である。
28年前からこの地で頑張っている"ZAJI"という店がある。 昔の下北沢の匂いをそのまま持ちつづけてくれている飲み屋さんがあるのが救いだ。

交通量の多い幹線道路沿いの街は住みたいとは思わないが、三軒茶屋の街の方が下町風情も残っており物価も安いし、おじさんたちの居場所もある。
一部路面を走る玉川線に乗る楽しみもある。

自由が丘は私も住みたい。 毎日、ナボナが食べられる。

昨夜の横浜ベイスターズは今期初の3連勝、すごい!初である。
愛子さまの好きな内川がタイムリーを打ち、同じ大分出身の山口が抑えた。
先日、大分・柳ケ浦高校の野球部員を乗せたバスが転倒し死者がでた。 山口は3年前の柳ケ浦のエース。
昨夜は速球がうなっていた。
by w-scarecrow | 2009-07-15 15:54 | 食 + うつわ | Comments(6)

山のお茶

雨の日は雨を聴く、こころも躰もここにいる。
五感で雨を感じ、今を一心に味うことにする。
e0158857_1648398.jpg

e0158857_16504759.jpg

手揉み茶のように細く針のような綺麗な茶葉に驚いた。
"TEA Shop八月の鯨"の限定で販売されている"煎茶・Mr.マウンテン"と名づけられた山のお茶。
浅蒸しの煎茶特有のまろやかさ、香ばしさが際立った(控えめではなく前に出た)実に美味しいお茶でした。

美味しいお茶に出会ったときは、このお茶を飲むときは何を添えて飲むかを考えるのが楽しい。
わざわざデパートに行き和菓子や焼菓子を買うのも苦にならない。
この時期は雨の音を感じて一服するのもいいかもしれない。

鎌倉の報国寺の見事な竹林を眺めながらいただいた抹茶が美味しかった。
寺の近くにある"さはん"という茶処の煎茶もすごく美味しかった。
その帰りにお金を洗うと倍になって返ってくるという銭洗い弁天で
ザルの中に一万円札を2枚入れ、何度も何度も丁寧に水をかけていた当時の彼女の後姿が浮かぶ
「長つづきはしないんだろうな・・・」と感じた身勝手だった思い出。

◆急須・水野陽景(常滑)   ◆板皿・山田想(常滑)
by w-scarecrow | 2009-07-10 19:30 | tea | Comments(4)

石垣りん

e0158857_1824279.jpg
『儀式』

母親は
白い割烹着の紐をうしろで結び
板敷きの台所におりて
流しの前に娘を連れてゆくがいい

洗い桶に
木の香りのする新しいまな板を渡し
鰹でも
鯛でも
鰈でも
よい
丸ごと一匹の姿をのせ
よく研いだ包丁をしっかり握りしめて
力を手もとに集め
頭をブスリと落とすことから
教えなければならない
その骨の手応えを
血のぬめりを
成長した女に伝えるのが母の役目だ
パッケージされた方々を材料と呼び
料理は愛情です
などとやさしく諭すまえに
長い間
私たちがどうやって生きてきたか
どうやってこれから生きてゆくか

石垣りん詩集より

石垣りん(1920~2004)さんは東京生まれ、14歳の時に日本興業銀行に事務員として採用され、定年まで勤める。
母の死後、4人の義母のもと3人の妹と2人の弟の生活を背負い詩作をつづけてきた。
茨木のり子さんと同じく、大正の女性たちは想像しがたいほどの貫かれた惑いのない意思を感じる。

小学校6年生のときの担任が50代中頃の女のF先生だった。
夏休みの読書の宿題が井伏鱒二の『黒い雨』だった。 私にとって初めての長編の小説。
2学期が始まり、先生の戦中や空襲の話を『黒い雨』をもとに戦争というものの酷さ聞かせてくれた。
私が「どう生きてゆくか?」という「?」の始まりがそのF先生との出会いから始まった。

中2から中3の9月まで新聞配達をしていた。 朝の4時前に専売所へゆき、暗い中、担当市域へゆく。
東京は木造やモルタル造りのアパートが密集しているところが多い。
小学校の時に仲のよかったM君とK君、いつも学年で1~3番までのトップクラスの成績を残していた2人。
M君は父子家庭で2人の弟がいた。 狭い木造のアパート、新聞受けに入れる時は既に電気が点いており、廊下に面した台所からの生活音がいつも聞こえた。 M君が起きて台所にいたに違いない。
K君はひとりっ子の母子家庭。 一部屋だけの古いアパートの一室。
運動は苦手で少年野球でいつもベンチウォーマーだったが休むこともなく来ていた。
M君やK君の部屋に新聞を入れる時にはいつも「がんばれよ・・」と心の中で呟いていた。
でも、2人とも修学旅行へは来ることはなかった。

兄貴たちも中学生のときからアルバイトをしていたので私も小遣い欲しさに新聞を配った。
裕福ではなかったが高校は私立へ進学してもよいと許しを得ていた。
M君は都立高校へゆき、その後就職をして名古屋で会社を営んでいると聞く、主だ。
K君は千葉にある全寮制の高校へゆき、30を迎える前に亡くなったと聞く。
将来の選択肢が限られていた成績優秀な2人、どんな選択でもできた自分。
明日は七夕、なんと短冊に書こう?
by w-scarecrow | 2009-07-06 20:17 | | Comments(6)

がんばれニホンのお父さん

重たい雲がゆっくりとどこかへ移動し、薄い雲になってきた。
新宿のデパ地下で夕飯の材料と低温殺菌の牛乳、できあいのデミソースのハンバーグを買い帰路へ。
デパ地下の狭い通路をキャリーバックを引きづった人が多いのに驚く。 ぶつかりそうになった。
西新宿を抜け、甲州街道に沿って走る水道道路をテクテクと歩いてきた。
6,7月は地方の物産展はめったにやっておらず、まだ見ぬ味と出会うことがない。
e0158857_15353798.jpg

水道道路と幡ヶ谷の6号商店街のぶつかったところに"CONCENT"というケーキ屋がある。
以前、パンを買ったことがあるがパンも美味しい。
e0158857_15404637.jpg

<杏仁フルーツ> 風味のある杏仁クリームの上にいちご、キウイ、オレンジがのっかっている。
<パッションフルーツ> パッションフルーツのジュレとクリームをミルクチョコのムースで包んでいる。
ジュレが二層になっていて、甘さも抑えめ栄倉奈々のような爽やかな味。
e0158857_1549429.jpg

深煎りのコーヒーに合うやや小ぶりなRorstrandのC/S。(ソーサーの柄がカップに反射してしまいました)

総選挙もちかくなり首相も議員たちも悲壮感に溢れた顔つきになってきた。
そんな顔をTVで眺めているのがなかなか楽しい。
自信溢れる東国原知事と対照的に一番、悲壮感が漂っていたのは先週、結婚式を挙げたパティシエの鎧塚さん。
新婦はこれ以上にない晴れやかな笑顔でいるのに新郎は引きつった笑顔を時々、浮かべていただけ。
がんばろう日本の亭主たち。 辛いのは皆、一緒だ。

先週、呑み仲間が悲痛な顔をしていた。
「聞いてくれます?小学4年生の娘の行く末が心配なんです。 先日、娘に『今日はお父さんと一緒に風呂に入るか?』と訊いたら、『お小遣いをくれるんだったら入ってあげる』と答えたんですよ。
お金を貰って一緒に風呂に入る。 どこでそんなことを憶えたのか・・・これからどんな大人になっていくのか・・、なんかすごいショックなんです」
私は笑ってはいけないし、返す言葉の経験値がないので困った。

この一週間、私を含めて悲壮感が溢れた人ばかりだった。
こんなときは葉山のヨットハーバーに停めてあるクルーザーで小笠原あたりまで航海にでたい。
そうだ、そんな夢が覚めたら井の頭公園のボートでも乗りに行こう! 「ここのボートに乗ると絶対別れるよ!」とすれ違うカップルが乗るボートに声でもかけてみることにしよう。  
by w-scarecrow | 2009-07-03 18:20 | 食 + うつわ | Comments(6)