winter's scarecrow

<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

たけくらべ


湯島天満宮(天神)
e0158857_1984159.jpg


e0158857_1911334.jpg



男坂、女坂の梅はまだ蕾。

境内へ入ると蕾の開いた白梅がわずかに観ることができた。

学問の神様菅原道真を祀っている神社。
時期もかさなり受験生たちが多かった。
チャリーンと音がした。
おばちゃんが財布から賽銭を出そうとしたのか、落ちてしまった。
受験生がさっと振り向く。
ここでは「落ちる」「落とす」という言葉も行動もタブーである。

私も願い事を絵馬に記そうと思ったが色恋沙汰を祈願した不謹慎な絵馬は一つもなく断念。









e0158857_1924327.jpg

湯島天神から、ゆるやかな坂道を歩き本郷3丁目交差点へ。
"江戸あられ"という看板、昔ながらの硝子ケースに焼き上げたあられや煎餅が詰まっている。
そんな古めかしい店が二軒もあった。

明治の文豪たちの小説によく登場する"菊坂"を下ったあたりに嘗ては長屋が連なっていたと想わせる一帯にでる。
二葉亭四迷、竹久夢二、坂口安吾、梶井基次郎らが暮らしていた。宮沢賢治住居跡と記されたプレートもあった。


e0158857_19483067.jpg



そして路地を曲がると明治時代からの下宿屋が向かい合って建っている。
本郷菊坂70番地。現在は文京区本郷4-32。

樋口一葉が住んでいた建物が現存している。(左側)
16歳の頃から和服の仕立て、洗い張りで生計を立て一家を支えていた一葉。

『たけくらべ』を執筆したのもこの下宿屋である。

吉原の廓に住む、いつかは遊女になることを運命づけられた14歳の少女と僧侶の息子との淡い恋。
やがて僧侶になるための学校へ行くことになった少年は少女の家の窓に水仙の花を差込み、この町を去ってゆく。

隣町である丸山福山町へ転居した一葉は24歳の命を閉じる。





e0158857_202844.jpg

菊坂をのぼってゆく。
この界隈は帝大に近いこともあって多くの下宿屋があったという。今は姿を変え旅館になっているところもある。
石川啄木と親友の金田一京助が暮らしていた下宿屋もこのそばにある。
e0158857_2065578.jpg

東京大学を抜けて池の端方面へ。
東大生は男女を問わず黒髪の学生が多かった。女子は軽く染めているのかもしれないが男子は金、銀、茶髪は殆どいなかった。
EXILE風もいない。新鮮な驚きがあった。
彼らはいつの日か日本という国を背負い、やがて"渡り"となって暖かな越冬の地へと飛び立ってゆく。
e0158857_20134962.jpg

不忍の池。
大の苦手な鳥さんたちの楽園。足元にも頭のすぐ上にも我がもの顔で飛んでいる。
忍ぶ。
e0158857_20173822.jpg

e0158857_20181688.jpg





らーめんと北大路魯山人が共存する街、上野。
明治の香りを今も残す本郷界隈。
昭和の懐かしい顔をもつ池の端。

歴史のある町へきて蕎麦を食べず、なんでcoco壱のハンバーグカレーにしたのだろうか後悔が残る。
会計をするとき一葉を出すのを躊躇い、諭吉にした。

神田末広町から地下鉄に乗り有楽町のガード下で焼鳥で一杯と想ったがまだ陽は落ちていない。
by w-scarecrow | 2009-01-29 20:28 | 散歩 | Comments(11)

定番

e0158857_11511239.jpg
VIRON,PAUL,フランスのパン屋さんがいっぱい上陸してきた。

家にいてParisのcafeにいるような錯覚に陥る。
フランスから直輸入した小麦粉で焼いたパンを食べカフェオレを飲みながら、みのもんたのTVを観る。Le cafe Monta

写真のサンドイッチはアンデルセンのパリジャンサンド。
「フランスパンってこんなにパリパリしているんだ」と感動した20数年前。
アンデルセンが広島のパン屋さんだったとは知らなかった。
'70年代初めに東京の青山に進出している。

今は"パリジャンサンド"とは呼んでないのかもしれない。
本場物のサンドイッチがいつでも食べられるが、今でもアンデルセンのこのサンドイッチが定番である。価格的にも嬉しい。
今日こそはVIRONの食べごたえのあるサンドイッチを買って帰ろうと思うのだが財布の中をのぞいてしまう。
そして庶民の味方アンデルセンへ。
by w-scarecrow | 2009-01-25 12:19 | 食 + うつわ | Comments(13)

さりげなく

e0158857_804561.jpg

河村喜平 『窯変』

愛知県豊田市で作陶されている河村喜平さんの酒杯と湯呑。
丁寧なロクロで薄く、使い手の手にしっかりと馴染む感触に作られている。
白い化粧土との鼠色、褐色の織りなす雄々しい景色をみせる杯、砂を含んだ土が穏やかな大地を想わせる湯呑。
私の手元にいつも置いてある河村さんのうつわ。
いつもさりげなく、静かに佇んでいる。

         1961年 陶芸家・河村又次郎氏の次男として豊田市に生まれる。
         1966年 鎌倉市(北大路魯山人陶房跡)に移転。
         1986年 武蔵野美術大卒業。
         1998年 豊田市平戸橋で祖父と父が作陶した"さなげ陶房"を再興。
         2000年 喜中窯を開窯。

         『酒杯』 口径:6.7cm 高さ:4.8cm  『湯呑』 口径:7.6cm 高さ:7.7cm

      喜中窯  河村さんの作品が見られます。

今朝、4時過ぎに起きて米大統領の就任式を見た。
連邦議会議事堂前に集まった100万超の人々の歓声、ベルリンの壁崩壊の一歩となった東欧の民衆が広場や議事堂前で「Freedom」と叫びそれが渦となった。
その声が大きなうねりとなって変革(崩壊)をもたらした。あの光景が浮かんできた。
何かが変わっていく第一歩だと信じたい。そしてあまりにも多くの失ったものを取り戻す第一歩であると願いたい。
by w-scarecrow | 2009-01-21 09:06 | うつわ | Comments(4)

turkey

昨日、買い物に出かけようとしたら大勢の警察官が周囲3-400mを通行止めにし住民たちを避難させていた。
解体中のアパートの地中から不発弾が見つかったとのこと。ヘリコプターが旋回し自衛隊のトラックまて出動してきた。
はじめは映画の撮影だと疑い青島巡査、室井さんや湾岸署の面々を探したが、お巡りさんたちがエキストラらしくなく拳銃も作り物ではなかったので納得。
e0158857_14475293.jpg

ターキーの胸肉を買ってきてクリーム煮を作った。
もさもさした食感が苦手な人もいると想います。
Milwaukeeというドイツ系の人々が多く住むアメリカ北部の街、樹々が多く古きよきアメリカの風情が残る街に住んでいたことがあります。
夕食は学生食堂でターキーのクリーム煮かPizzaばかりを食べていた。それ以外に口にあうものがなかったのも理由。
さすがビールの街、学生食堂でもビールが飲めた。地元のOld Styleというビールが旨かった。
ラテン系の人々が多い街なら日本人にあった食事ができるが北部の街にはまだ少なかった。
なんでアングロサクソンは食文化が希薄なんだろうといつも思う。

Boris Vian(ボリス・ヴィヴァン)の『うたかたの日々』という小説を久しぶりに読み返してみた。
お金持ちの青年と美しい娘が出逢い結婚をする。やがて妻は難病にかかってしまう「肺にスイレンの花が咲いている」という。
療養をする部屋には高価なスイレンの花で埋めつくさなければならない。
男は高価な花を買うために初めて働きにでる。やがて男は辛い労働で痩せ細ってゆく。
現実離れした内容だが描写のすごさ構成の面白さで最後まで引っ張っていかれる。
Boris Vian,フランスの夭折した作家・詩人、シャンソンの有名な曲『脱走兵』の作詞者としても有名である。
20数年ぶりに読み返し、当たり前ではあるが感じ方が違ってきている。あの頃は人物に目がゆき、今は表現に心惹かれる。

東京は曇り空。
朝はクリーム煮を食べ過ぎた。夜はきしめんにでもしようっと。
by w-scarecrow | 2009-01-18 23:25 | 食 + うつわ | Comments(10)

白金

プラチナ通りから外苑西通りを下っていくと白金6丁目にでる。
ランチを終え昼下がりのお散歩を楽しんでいる人々の街から作業服に爪楊枝をくわえた職工さんたちが闊歩する町へ。
かつてはこの一帯は白金三光町という地名だった。
恵比寿から白金高輪駅へつづく道。北里通り(恵比寿の住民はえびす通りという)明治通りと200mくらいの間隔で平行して走っている。
e0158857_1252390.jpg

白金台と南麻布の高級住宅街に挟まれた町。最近はお洒落な店がこのあたりにも増えてきた。
渋谷川沿いには町工場がいっぱいあった。機械をまわす音、鉄を叩く音。メッキのにおいや油のにおいに包まれていた。
作家の藤田宜永の初期の作品はこの町を舞台にしたミステリーが多い。
雑多な人々の住む町、人情味溢れるミステリーで面白い。
e0158857_12131135.jpg

この通りは聖心女子学院の小・中・高校生や慶応幼稚舎の生徒たちで登下校時は溢れている。
小学1年生くらいまではこの商店街に毎日、母のあとについて夕食の買い物にきていた。
魚屋さん、豆腐屋さんは毎日、母がご機嫌なときは『大久保だんご』で"すあま"を食べさせてくれた。もちろん赤いすあま。
そのころ、どうしても小学校に上がったら制服が着たかった。慶応幼稚舎に入れてくれと母に頼んだ。
「いいかい、聖心は両親のことをお父様、お母様と呼んでいる家の子でないと入れてくれないし慶応もパパ、ママと呼んでなければ入れてくれないのよ」
「だったらうちもパパ、ママにすればいいじゃん」
「お前の好きなケイコちゃんは私立じゃなくてK小(区立)にしたみたいよ」
急所を突いてきた。息子の性格を熟知している。女によわい。

高校受験のときは皇族の方々が通われているG高校を受けようかなと言ったら間髪を入れず「それは駄目。駄目。参観日に着ていく着物がない」との即答。
察しはつくと想いますが母はTHE B型です。
e0158857_12381858.jpg

e0158857_1239247.jpg
北里通りからちょっと入ったところに戦中から店をかまえている『中華楼』がある。
これぞ東京のラーメン(支那そば)の味。
鶏だしのさっぱり味。どぎつい和風だしなんか入っていない。
ラーメン¥350 ワンタンメン¥450

一番のお奨めは"五目やきそば"やわらか麺の方 ¥550
キャベツと五目野菜のかるいあんかけ焼きそば。絶品です。

『中華楼』
港区白金6-1-9 金曜日定休。
by w-scarecrow | 2009-01-14 21:27 | 散歩 | Comments(6)

らくがき

e0158857_17301958.jpg

昨日、石原良純は東京は夜半過ぎから雪になるといっていた。
雪だるまの炭の眉毛をしている人がそういうのだから雪に間違ない。
もう気分は小学生。目覚まし時計は5:20にセット。
家を6:30に出て銀世界の代々木公園へ行く。そこでポットの温かい紅茶を飲んで幸せな気分に浸り散策。それから8:50銀座着仕事。予定はばっちり。

興奮をしていたのか4:30頃に目を覚ましてしまった。 
窓を開けると、外は雨。 
石原良純!(東京オリンピック誘致、絶対反対!)

銀座の帰りに宝瓶展をやっている『ギャラリー夢幻庵』に寄った。
宝瓶(ほうひん・取っ手のない急須)。金重陶陽、大饗仁堂、松田華山、日幡光顕の今は亡き匠たちの作品を見ているだけでもわくわくした。

梶井基次郎の小説『檸檬(れもん)』の主人公が浮かんだ。
大正時代のインテリたちの憧れの場 "丸善"。
舶来物の西洋の画集が並んでいる売場。遠き欧州の紙やインクの憧憬の匂い。
その羨望の売場の真ん中にレモンを一つ置いて去る。レイアウトのように。(主人公の空想のなか、丸善は爆発した)

そんなことを想い浮かべながら、丸善ではなく三越に入り、仙太郎で花だんごと豆大福を買ってきた。

古川章蔵さんのらくがきみたいな染付けの汲出し。(写真上)
古川さんは1947年福島生まれ。金沢美術工芸大を卒業。
現在は奈良、柳生の里で工房を開いている。
古川さんの絵付けのカップも皿も飯碗も遊び心満天。色で遊び模様で遊び、その筆づかいを眺めているだけで楽しさが伝わってくる。
雪ではなく憂鬱な冬の雨の日にはぴったり。(良純!)
by w-scarecrow | 2009-01-10 01:47 | うつわ | Comments(4)

干しりんご

e0158857_179928.jpg
岩手県室根山山麓[かけす農場]の干しりんご。
干しりんごを食べたのは初めて。
先日、いただいたもので封を開けると大きめのりんご片。
半生のものを想像していたが食べてみると水分は抜けきっている。
でも噛んでいるうちにやさしい自然な甘さが広がってきた。

干すことでりんごの重量が1/10になっているらしい。
この80gの袋には3個弱のりんごが入っている。
ゆっくりと時間をかけて乾燥させたりんご。
半生や甘めのドライフルーツを好む人には向いていないかもしれません。

いただいたのは王林とふじ。
食べているいるうちにやめられなくなってきた。

風土倶楽部HPに載っています。

今朝は初めて七草かゆをつくって食べた。
正月で疲れた胃腸が生き返ってきたようだ。さて、呑も。
by w-scarecrow | 2009-01-07 20:02 | 食 + うつわ | Comments(12)

忘れていないもの

e0158857_1205888.jpg
秦基博

正月のおせちに飽きてさて何を聴こう。
ウルフルズを聴いて「壊したろ」の気分になるか秦基博に行こうか。

『僕らをつないでいるもの』
二人が夜の閑散とした街を歩いている。
どこに行ったらいいんだろ俺たち。
幼い恋と知りながら ♪不安を塞ぐようにキスをするんだ。ゆれる雲が月を塞ぐ前に♪
歌詞の細かい描写が鮮明な映像として浮かんできます。

高校時代の初恋の子。細身に色黒のサーファー風の子だった。
「高校生は煙草を吸っては駄目」と吸っていたロング・ピースは取り上げられ彼女の机の引き出しがロング・ピースだらけだったらしい。
新宿番衆町の旅館街、いつもそこで別れる。
今はビジネスホテルになってるが、当時は木造の旅館。いつもそこで「じゃあね!」
そこが彼女の住んでいる家。旅館の娘。
どうしたらいいんだろ。毎回、毎回、旅館の前で「送ってくれてありがと!おやすみ!」

秦基博、New Releaseでも瑞々しい心情を歌っています。
元気になります。
by w-scarecrow | 2009-01-05 00:20 | music | Comments(4)

はかた小吉 大吉

早朝から杉並区大宮にある大宮八幡宮へ初詣。
境内にはご近所のご老人数人と猫しかおらずすぐに参拝ができました。
この神社は安産に功があるといわれている。
何を祈願していいのやら迷った。
e0158857_18193619.jpg

初夢はなぜか滝川クリステルが夢にでてきた。つづきをみようと二度寝をしたが再放送には応じてくれなかったみたいだ。
今年は癒される一年になると確信。
e0158857_18263870.jpg

世田谷区桜にある延命山勝光院(上の写真)へ。
住宅街の中に見事な竹林が見えてくる。ここの竹は背がやたらと高い。
静寂のなか竹林の囁くような葉音がこころに沁みいる。
こういうときは柴田淳の曲が聴きたい。
e0158857_18385373.jpg

年末、正月と地上波のTV番組は観ず録画しておいた衛星放送の番組を観ている。
[美の壺] [イタリア 小さな村の物語] [Travelix] [sweets & bread] [食彩の王国]
[写真家たちの日本紀行] [美しい村] [こんなステキなにっぽんが] [器 夢工房]等々。
今晩、『はじめてのおつかい』がon airされる。
ハンカチではなくバスタオルを用意しなければ・・泣ける。
by w-scarecrow | 2009-01-02 19:00 | 散歩 | Comments(2)

2009 煩悩

e0158857_23522833.jpg




あけましておめでとうございます




昨年は温かなコメントをいただきほんとうにありがとうございました。
今、TVで『ゆく年くる年』が流れています。

日本各地のお寺さんの鐘の音。
年が明けてから最後につく108番目の鐘。

人間の108つの煩悩。

毎年、この鐘の音をきいて
いつかは笠智衆さんみたいな枯れかたをしたいと想ってきました。

鐘の音が終わりチャンネルを変えたら石田純一が運悪く出ていました。
もう少しだけ笠さんではなく石田さんをやってからでもいいかなと想いました。
(実際の石田さんは男から見てもほんと素敵な人です)

今年もよろしくお願いいたします。

写真は戦前のつむぎで祖母から母へ受け継がれた着物です。
ほかにも年代物の着物があったのですが幾何学的な模様で地味ながら新しさを感じる80年前の柄。
by w-scarecrow | 2009-01-01 00:57 | そのほか | Comments(4)