winter's scarecrow

カテゴリ:食( 101 )

マミーズ・アン・スリール × 松之助 N.Y.

e0158857_1835231.jpg


かつて樋口一葉が暮らしていた本郷菊坂を下った文京区西片に小さな本店を構える " mammies an sourire (マミーズ・アン・スリール)" のアップルパイ。

これぞ懐かしきアップルパイ。 といってもアメリカ東部の田舎町が想い浮かぶのではなく、トワ・エ・モアの ♪ 虹と雪のバラード ♪ が街頭スピーカーから流れていた頃の街の景色が浮かんでくる。



e0158857_1843118.jpg



クリームチーズ・アップルパイ。


カスタードとクリームチーズを二層にした下地に薄くスライスしたりんごが重なり合っている。

3Dの素材が口に入ると4D,6Dへと変化し、ケンカしながらも最後は握手をしていた。


* * * * * * *



酔っ払った父が握り寿司の折詰よりは、不二家の閉店間際のアップルパイの方が安く上がりだと買って帰ったあのアップルパイ。
温めたりんごが不思議でハッカの香りも恰好良かった。 

そんな嬉しい気分にさせてくれる " マミーズ " の洗練された現代版アップルパイ。








e0158857_065360.jpg

Sweden Kariskrona C/S 1960'



e0158857_2095535.jpg


" 松之助 N.Y. 代官山 " のサワークリーム・アップルパイ。

実家へ自転車で帰る途中、毎回店の前を通る。
旧山手通りの並木道沿いに三面ガラス張りで白を基調とした明るい店内、一度は自転車を停めアフタヌーンティーでも愉しもうかなと思っていた。

店内は殆どが女性客、私が前を通って眺めたときは西川史子先生風な女性や長谷川理恵風の女性が談笑している。
そんなとこでカーゴパンツにスケボーシューズを履いた男が紅茶を飲み、チーズケーキをつっつき、ひとり黄昏ている空気ではない。


e0158857_1948277.jpg


そんな人はテイクアウトをして " ミヤネ屋 " でも観ながら、「西川離婚!・・そりゃそうだ」と呟きながらゆっくりとアップルパイを食べるのがいい。

キャラメル・アップルパイ、クランベリー、メープル、ビックアップルパイなど品数も多い。 キャロットケーキが絶品だった。


先週から6日間、酒を抜いている。 
こんなことは3年ぶり、胃腸もスッキリ、頭も爽快。 でもなんかしっくりとこない。 「私は誰?」状態。

明日は午前中から病院での検査。 夜になったら呑むぞ~!
by w-scarecrow | 2014-01-13 20:11 | | Comments(0)

鯛同小異

e0158857_14133791.jpg


     雪の乱れ降る日本海の港町に上がった色鮮やかな尾頭付きの鯛を Kさんからいただいた。


e0158857_14191751.jpg

松の内が明け日常が戻ってきた。 

6日、スーパーの一角に " 七草がゆ " のコーナー。
30代のお母さんが小学校中学年くらいの娘さんに「何の草なの?」の質問に、七草をスラーと噛むことなく答えていた。

私は 光GENJI のメンバーやバーキン、ケリーなどバックの種類をスラスラと言える人より、草の名前を言える人に尊敬の念を抱いてしまう。
ハグでもしたかったが家族のある方なので、それはできなかった。

e0158857_19352979.jpg

昔から魚の食べ方は上手いといわれてきた。 ごちそうさま!

七草を買って帰り、粥を作った。
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ・・・忘れた。 どれがどれだか見分けがつかない。

疲れた胃腸を整える。 白米に散りばめられた緑のかけらに宿る春。


朝から本田圭佑のAC ミラン入団記者会見がTV から流れていた。 自信に裏打ちされた逞しい言葉。

1月9日、今日は1964年東京五輪のマラソンの銅メダリスト、円谷幸吉が人生の終止符を打った日。
死を選んだのは期待への重圧だったのだろうか・・・。
「父上様、母上様、三日とろろ美味しうございました。干し柿、餅も美味しうございました・・・・幸吉はもうすっかり疲れきって走れません」
松の内が明けるの待っていたかのようなメダリストの死。

朝の空も生き物のようにコントラストのある模様を描いていた。

何の因果か昔から東京は成人の日と高校の受験日に雪が降る確率が高い。試練を与えているのか、祝っているのか?
去年から雪が積もったら、桜新町・サザエさん通りにある波平さん像の写真を撮ろうと決めている。
by w-scarecrow | 2014-01-09 08:12 | | Comments(6)

餅、大好き ♬

e0158857_9264417.jpg


昨日は三食、お雑煮。
寝る前の " 雪見だいふく " を挟んで今朝も、お雑煮。 計8個のお餅を食べている。 プラス大福2個。

鶏の手羽をコトコトと火にかけた鶏だしと、和の出汁を合わせた醤油味のお雑煮。 普段は蒲鉾ではなく" なると "を入れる。


一富士、二鷹、三茄子、初夢にみると縁起の良いものベスト3。
どう考えても茄子(なすび)の夢はみない。 茄子栽培農家や漬物屋だったらみるかもしれないが。 
江戸時代と違って茄子(なすび)は高価な野菜ではない。 にんじんやブロッコリーの夢なんかみたこともないのに茄子が出てくる訳がない! 

去年の初夢は多分、高校時代の仲間が出てくる色気もそっ気もない初夢だった気がする。

仕事柄、すぐに3パーターンくらいまではシュミレートする癖がある。 雨が降ったら、渋滞が起きたら、誰かが遅れたら・・・等々。

今年の初夢くらいは少しは艶っ気のある夢をみたいと蒲団の中で考えた。
榮倉ちゃん、杏ちゃん、出水アナ、本上さん・・・・と image making 。

水色のスカーフを首に巻いた顔見知りの子が「ろ・く・で・な・し、ロクデナシ」と私を見ながら掌を合わせたら堪らないな~と徐々にマイナス方向へ。

蛭子(能収)さんとローカル路線バスの旅をしている夢はみたくない。 えなり君と二人でゴルフをしている夢もイヤだ。 

そんなことを想いながら眠りについた。
茄子は登場しなかったけど、少しだけ艶っぽく、懐かしく楽しい初夢をみた。 良かった。

午前中に初詣に行こうと思うのだが、まだ行き先が決まらない。 願い事が多すぎるので御利益のある神社が絞れない。
明日にしよう・・・・っと。
by w-scarecrow | 2014-01-03 08:17 | | Comments(2)

ブルターニュの発酵バター

X'mas の少しばかり悲しいエピソード。
薬師丸ひろ子にそっくりの Tama ちゃん、飼っていたハムスターの " うどんちゃん " に噛まれ咄嗟に振り払ったところ、床に放り出されたハムスターがみるみると元気がなくなり、慌てて車で動物病院へ。
院長先生が仰向けにされたハムスターに両手の人差し指で小さく小さく心臓マッサージ、何度も繰り返し手当をしたが甲斐なく逝ってしまったらしい。
X'mas Song を聴くと今でも心臓マッサージをする先生の指が浮かんでくるという。


e0158857_1482318.jpg


フランス・ボルディエ社、ブルターニュ地方の美味し~い海藻入りの発酵バター。
5年前に伊勢丹フランスフェアーで購入して以来の久しぶりの味。
青山アンデルセンで年に何回かデンマークフェアーが催され、そこでデンマークの発酵バターを買うのも愉しみだ。


e0158857_14185247.jpg




e0158857_1420096.jpg


X'mas song が全くマッチしない飲み屋で熱燗を呑んでいるオジサンたち。 
山下達郎は知っているみたいだ。
「あれだろう?国鉄の宣伝でかかっていた・・牧瀬なんとかの出てた」

オジサン二人が世界文化遺産に登録された 『和食』について熱く語っていた。
「俺らには関係ねえな。京都の間口2間の一見さんお断りみたいなところでメシ喰う機会もないしな、あんなとこ行けるのキャリア組の公務員か IT関係の奴らくらいだろ」
「あれかい、トンカツは洋食に入るのか和食か・・」
「あれは箸で喰うから和食でしょ」
「じゃあ、スプーンで喰うライスカレーやフォークでくるくるするナポリタンは洋食なのかい?」
「・・・・・」
「中国産ばっかりになった、うな重は?」

「あれは養殖です」 「なんだw くん聞いてたのか」


師走の街をゆっくりと走るバスに乗るのが愉しい、外のX'mas song も喧騒も遮断されている。
バスは運転手さんがどこかへ連れていってくれる、ゆったりとした容れ物。 運転手さんの横の一等席がいい。
by w-scarecrow | 2013-12-21 14:51 | | Comments(4)

因幡の柿

e0158857_15275872.jpg


12月に入り、やっと出荷が始まる花御所柿。 一見、ベッピンではないかもしれない。

鳥取県因幡地方だけで栽培されている非常に糖度の高い柿。
去年、初めてSさんからお裾わけをいただき、果汁の多さに驚いた。 今年もSさんからいただき、実家に届ける分は取り寄せてみた。

「柿が赤くなれば 医者は青くなる」といわれる栄養価の高い果物。
いつも一緒に呑んだくれている内科医にも2つ、プレゼントした。


e0158857_15374917.jpg


下町の商店街を歩くと店頭でおでん鍋を出している店が必ずある。

路地裏におでんと書かれた提灯、ふと暖簾をくぐりたくなる。 

関西ではタコ、鯨や牛スジ、静岡では串に刺さったおでんダネに黒はんぺん、関東ではちくわぶ、鮫の軟骨の入った白身魚の練りスジに真っ白なはんぺん。
地方にそれぞれに特色がある。
小さい頃はウィンナー巻きやシュウマイ巻きが好きだった。 もちろん玉子も。

出汁の繊細な味わいを愉しむには大根がいい。
肝臓が壊れそうな人には大根おろしが良いと聞いてから、大根を摂るように心がけている。
桜島、聖護院、守口、三浦、練馬、どれが肝臓に良いのか試してみたくなる。

ユネスコ無形文化遺産への登録が決まった " 和食 " 、 ミシュランや世界遺産、ギネスブックと権威や箔に弱い日本人。

路地裏の小さな店で出す、おばちゃんの作った惣菜や汁もの、作り手の郷土の味が私にとっての和食かもしれない。
ひとんちのおふくろの味。
by w-scarecrow | 2013-12-13 20:26 | | Comments(0)

からすみ

e0158857_22372154.jpg


小さなからすみが2個で¥1200で売っていたので、バッタものではないのを確かめゲット。

ペペロンチーノにして、ブロッコリースプラウトと和えてみた。

少しばかりの贅沢なパスタ。


「やだ、やだ」と溜息ばかりのこの頃、学生時代の友と話をしていて、

昔は可愛い子は美大にいる!! と、一緒に女子美や武蔵野美大、多摩美、思考を変えて白百合の学園祭へ繰り出していた友が今は、「うちの町内のヤクルトレディーのちょいと若めの人が可愛いんだよ、ジョアぽいんだ」

「俺も、みずほ横の宝くじ売り場の若めの人が・・・・・」と、
そんな会話が繰り広がれています。

なんか、やだ。
by w-scarecrow | 2013-10-23 22:11 | | Comments(0)

american pie

e0158857_16301565.jpg



日本晴れの日曜日 

家族連れで溢れる世田谷公園へ

ほんとに 世の中にこれだけの家族連れがいるのか!

と思うほどの賑わい


子どもが走る こける 親も走り寄る

泣きながら また走り出す


殆どの子どもは 突っ走っているが

中には蛭子さんみたいな子もいる

無表情で噴水の水飛沫を眺めながら 雑草をむしっている

子どもは走れ!!








公園を抜けたところにあるアップルパイ専門店 " GRANNY SMITH " 。
旬の紅玉を使った2種類のアップルパイを買ってきた。 上の写真はアーモンドとシナモンの香りのバランスがよいフレンチ・ダマンド。


e0158857_1647546.jpg


こちらはクランブルがのったクラッシック・ラムレーズン。
洋菓子屋のサバランを食べて大人の気分を味わって以来、ラム酒を使った洋菓子は見逃せない。 旨い!



e0158857_16543670.jpg


GRANNY SMITH


世田谷区下馬1-46-10

TEL: 03-6805-3353


online shopping 有り






e0158857_16585415.jpg


フィンランドの陶芸家ナタリー・ラハデンマキのC/S でコーヒーとアップルパイの幸せなひと時。


小学生の頃、家の近くに米軍の軍属のマーシャル一家が住んでいた。
長男のジミーはわが少年野球チームの4番打者、2つ下のトーマスは補欠。
戦争ごっこのときは相手が外人なのでかなり真実味があった。

土、日曜日の昼下がりは何かにかこつけてマーシャル家のダイニングに座っていた。
おやつの時間にはシフォンケーキやクレープやホットサンド、アップルパイを出してくれた。

母の作る、味噌をぬっただけのおにぎりや缶詰のみかんが入っていない冷麦、永谷園のお茶漬けのおやつとのギャップにカルチャーショック。

マーシャル家で食べたアップルパイが初体験なのか、酔っ払った父が買って帰った不二家のアップルパイが初めてなのか・・・? 
シナモンの香りが "兼高かおる世界の旅" を観ているようで嬉しかった。


10年に一度のレベルの大型台風が近づいてきている。 近所の居酒屋さんが営業しているかどうか確かめにちょいと出てきます。
by w-scarecrow | 2013-10-15 18:30 | | Comments(0)

美味しいお赤飯

祭りや祝い事がなくても赤飯が食べたくなる。 芋類で腹をいっぱいにするのは悔しさしか残らない。
でも餅やおこわで満たすのは幸せな気分になる。


e0158857_18224741.jpg


以前、美味しい赤飯を検索していてチェックをしておいた馬喰横山駅から歩いて5分くらいのところにある " 亀屋大和 " 。

神田と日本橋の境目、問屋街を抜けると古い小さな和菓子屋が見えてくる。
江戸時代中期の創業で現在は九代目。

焼き団子(みたらし)の醤油と甘みの塩梅が抜群だった。 毎日、石臼と杵で突かれた団子は次の日に食べても硬くなってはいなかった。
しかも一本、百円。
草団子もよもぎの香りと餡の適度な甘さがいい。 すごい。



e0158857_18432671.jpg


赤飯も評判通りに美味い。
関東では小豆は胴割れしやすく切腹を連想させるため、ささげを使うことが多いらしい。
そのささげの煮汁で色づけされた薄いピンク色のコメ粒が上品な風合いだ。


e0158857_1854755.jpg


   亀屋大和



   千代田区東神田1-14-10


   TEL : 3866-3804


   Open : 9:00~ 18:00 月曜~金曜日

      (赤飯の炊き上がりは12時過ぎでした)






昨日、携帯電話を取ると「もし・・(ムニャ)・・もしゅ・・・ウ・・・ポン・・とんだの」、変な電話ではなく小さな子どもからの電話がかかってきた。
「もしもし・・誰かな?お名前は?」 「・・・パパ・・ウΦ÷Ω∀」 「・・とんだの」 「・・・おっこちたよ」、なんだか私も必死にムニャムニャと喋っていたら電話が切れた。

まだ、喋ることが上手くできない2,3歳の友だちは私にはいない。 酔っ払うと赤ちゃん言葉になるオジサンもいない(と想う)。

以前、一度仕事をしたことがあるスタッフの携帯からの発信だった。 

また電話が鳴ったらどうしよう? 一応、ムニャムニャ会話の準備は出来ているんだが・・・。
by w-scarecrow | 2013-08-29 19:23 | | Comments(6)

想い出づくり

e0158857_15301482.jpg


エッグベネディクト、近所のスーパーで売っているPASCO のイングリッシュマフィンにレタスにトマト、カリカリベーコンにポーチドエッグ、それにオランデソースをかけサンドした。

TVで3時間待ちで並ぶパンケーキの店のサブメニューでエッグベネディクトが映しだされていた。
「わっ、食いたっ」、こんなときのフットワークはすこぶるいい。
痛風の人には危険な食べ物かもしれない。

どうしてパンケーキを食べるのに3時間、待てるんだろう?


e0158857_11152955.jpg


今朝の東京はやや涼しめの風が吹いている。
冷房に疲れた躰をほぐしたいと思うのだが、猛暑の中、目的もなく街を歩くのは危険がいっぱいだ。

こんなときは鈍っている五感を呼び起こすのがいい、歯切れのいいスティックワーク、足元から突き上げてくるウッドベース、ミズズマシのように軽やかにタッチするキーボード、そう Jazz の Live へ行くのもいいかもしれない。
Blue Note Tokyo のスケージュールを調べる。 N.Y.に行った気分になれるラインナップ。
そんなウキウキ感で料金を見た。 ちょいとキツイ、1万円弱、酒を呑み出したら幾らになるのやら。 うな重の並が5回は食べられる。

ジャズでしっとりとするより、今の私には高揚感が必要だ。 そんなときは Superfly を聴くのが一番!
志帆のハスキーボイスがデトックス効果になるかもしれない!と検索したがライブの予定がない。

さてどうしよう? こんなまどろんだ気分のときは " 笑い " で暑気払いをできるかもしれない。
" 笑い " といったら、「何もいらない貴方がいてくれれば、あれから40年・・・」 綾小路きみまろだ。

お稲荷さんと干ぴょう巻きを頬張りながら、4~50年前のギャルたちと一緒に、" きみまろライブ " で大笑いをできるかもしれない。

きみまろライブ、23日千葉県八千代市、全席指定¥5500。 遠い。
それ以降は和歌山、岡山へと巡業してしまう。

『 ようこそおいで下さいました。 目を閉じたくなるようなお美しい方ばかりです。
 まだまだ老け込むには早過ぎます。 でも連れ込むには遅すぎます。
 新婚時代は口紅を引いて夫を待っていました。 今はカーテンを引いて待っています。
 ねぇ~、何を食べたいの?のと聞くだけ聞いて、いつものおかず・・・』

どうしよう? この夏の想い出づくり。
by w-scarecrow | 2013-08-17 09:11 | | Comments(0)

夏よ終わるな!

10代の後半、夏が終わらないでくれ! ずっと祭りのような日々がつづいてくれと願っていた。
夜が更けても公園のブランコに座り、溢れる話しに時間を忘れていた。
明け方、家へ帰るとホースで水を撒いていた父親に「随分、早起きだな!」。
もみ消すように「朝帰りだよ、息子さん」と母に言われ、次に逢う約束の日までを指で折り、寝床に就いた。

それが今は?天気予報のニコニコ晴れマークがつづくのを見ると、水鉄砲でシューと画面に向かって発射したくなる。
サザンやチューブじゃなくて山下達郎の ♪ 君はきっと来ない・・silent night ♪ を流してくれとラジオに呟く。


e0158857_19354839.jpg


先週、” 秘密のケンミン show " で群馬の食堂の大人気メニューもつ煮込み定食が映し出され、あまりにもシンプルで美味しそうなので早速、豚もつ煮込みを作った。
酒でつまんで、早くも出回っている宮崎産の新米で食べた。 旨い!

夏の高校野球も始まった。
尾藤監督の時代は常連だった和歌山の箕島高校も25年ぶりの出場、お父さんとそっくりな息子さんが監督をしている。

TV中継で箕島の応援席が映し出される、女子高生も都会の茶髪、付けまつげのオネエちゃんと違って、潮風と太陽の香りがしそうだ。
中学まではお父さんと同じ理髪店で髪を切っていたが、高校に入って初めて県庁のある街の美容室で切ったような子もいる。
そんな女の子たちの青春のひとコマ。
陽に焼けたお母さんたちも熱烈応援。

慶応高校が甲子園に出場したときは違った。 応援席のお母さんたちは " ELLE JAPON " から抜け出てきたような、普段ホテルのプール以外では陽を浴びることはなさそうなお母さんばかりだった。
きっと手持ちのお弁当は神戸の老舗「もん」のビーフカツサンドか京都「つる家」の季節の懐石弁当のような気がした。
決して鶏から揚げと、ちくわの天ぷらが入った弁当ではない。


e0158857_20234951.jpg



新年にうっかり見てしまった Yahoo の占い爛、

私の人生のピークは今年の1月から8月までと書いてあった。

やばい!

あと3週間。
by w-scarecrow | 2013-08-08 20:13 | | Comments(4)