winter's scarecrow

カテゴリ:食( 101 )

マドンナ

e0158857_19215467.jpg




official name : 愛媛果試28号

formal name : 紅まどんな

registered date : 2005/3/13

parents : father  天草
       mother 南香

place of birth : 愛媛県立果樹試験場

features : 12月が成熟期で早熟のタンゴール

attention : 千疋屋では高価で手を出しにくい









e0158857_19425790.jpg


e0158857_19452568.jpg
愛媛の稀少な柑橘、紅まどんながやっと届いた。
12月上旬からの2週間程度で出荷が終わってしまう果実。
去年は気が付いたときには終わっていた。

今年の2月にBlogでも紹介した柑橘せとかこちらも太陽の光をいっぱい吸収して、瑞々しく美味しかった。

紅まどんなもせとかに負けず、濃い橙色をした果皮が薄い、包丁をいれると果汁が滴り落ちてきた。
甘~く程よい酸味で濃厚な旨味が詰まっていた。

穏かな瀬戸内の気候とやわらかな光を感じる果実に大大満足。

愛媛の誇る柑橘。 
愛媛で想い浮かぶのは漱石の『坊ちゃん』、NHKで放映されている『坂の上のポニュ』の正岡子規と秋山兄弟、愛媛の小京都・大洲、食べ物は山海の幸も美味しいのでしょうが、やはり柑橘類になってしまう。

四国はいつの日かお遍路で行くことになると想うので、それまでとっておくつもりだ。
瀬戸内海に架かる橋々をヘリコプターでの空撮で行ったことはあるのだが、まだ土を踏んだことがない。


Blogで自分から言うのも恥ずかしいのですが、明日は誕生日。
40歳を過たころから、引き算と割り算はすんなりとできるのだが、40以上の足し算が苦手になってきた・・。

誕生日は父や母に感謝をする日。

老母から電話がかかってきた「最近、身体の状態はいいのかい?」
「今日、区の誕生日月検診で病院に検査に行ってきたよ」
「誕生日月検診って、おまえの誕生日って今月だったけか・・・?!」
いつまでも親に感謝をしなければいけない。
by w-scarecrow | 2010-12-06 20:49 | | Comments(14)

神戸から届いた幸せ

e0158857_9341455.jpg


神戸市東灘区にある小さなバウムクーヘン専門店・Maltin Martin(マルタン・マルタン)からの美味しい届け物。

e0158857_9402066.jpg


バウムクーヘンの周りをフォンダン(砂糖衣)で覆ってないタイプだった。 嬉しい。

e0158857_9441120.jpge0158857_9505039.jpg























e0158857_9534818.jpg


Maltin Martin (マルタン・マルタン)

神戸市東灘区田中町3-4-1 ジャムコビル1F

TEL: 078-451-5540
Open: 11:00~ 売り切れ次第
定休日: 水曜日





日々、なにかを見たり触れたり食べたりして「すごっ!」と感動したり、「ウソッ!」とショックを受けたりしている。
いくつになっても腰が据わらず揺れ動いている。

中学時代の体育祭のフォークダンスで「お~いw、女子の人数が足りないからお前、女子の方にまわってくれ!」と言われ、唯一の楽しみを奪われたショック。
運送会社のトラックが引っ越しの荷物をのせ出発する間際、「wさんとは一番最後に出逢えてれば良かった・・」と言い残しトラックの助手席に乗り込んでいった後姿。
(バウムクーヘンとなんら関係ない話で040.gif失礼しました)

六本木の歴史のある"ハンバーガー・イン"で生まれて初めて食べた分厚いハンバーガーに驚嘆した記憶。
ベニスで食べた欧州では珍しい角食パンにシーフードグラタンを挟んだサンドイッチの美味かった記憶。
感動した食の記憶は限りなく多い。

Maltin Martinのバウムクーヘンは感動とショックが同時にやってきた。 もっと早く出逢っていればよかった・・。
しっとり、しっかりした生地で甘さ控えめ、口の中で溶けてゆく触感・・「なんでこんなに美味いんだろ」。
有名百貨店に出店をしているクラブ・ハリエ、ねんりん家、マダム・シンコ等々、いつでも食べれるということもあって興味が湧いてこない。
街中の小さな店舗でオーナー・マイスターが一つ一つ丁寧に焼いているバウムクーヘンに目がいってしまう。
バウムクーヘンは焼き上がってから3日目が一番しっとり感があって美味しいと言う人もいる。
今日がその3日目だ。 美味しい紅茶を淹れて食べてみよう。
by w-scarecrow | 2010-11-19 08:03 | | Comments(8)

東北沢にできたパン屋さん

e0158857_21285238.jpg

新橋のギャラリー"陶彩"で催されている伊賀の陶芸家・岸野寛さんの個展を見た帰りに、東京タワーを眺めたく、長~い階段をのぼった。
増上寺会館とザ・プリンスパークタワーの間にある広い公園へ。 

e0158857_21353567.jpg


久しぶりに東京タワーを近くから眺めた。 展望台から誰かが望遠鏡で見ていたらと想って、一応手を振ってみた。
増上寺、芝公園周辺は緑が多くて気持ちがいい。 お弁当でも持ってくればよかったと後悔。

e0158857_21473564.jpg


パン屋不毛の地、小田急線東北沢駅から徒歩1分のところにBoulangerie Main Mano(マンマーノ)という代々木上原にあるパン屋さんの支店ができた。
道路拡張のためかなりの店が廃業をしてしまい、閑散としたした商店街にできたパン屋さん。
11/3の開店日から客足が絶えない。

e0158857_21561048.jpg

トマトのカンパーニュ  トマトの酸味が爽やか。

e0158857_2214054.jpge0158857_2232790.jpg






















左が『イチジクアールグレーのリュスティック』、パリっとした表面にはきれいな裂け目ができ、中はモチモチ感のあるしっかりとした味です。
右は『ピスタチオ』、ピスタチオのクリームが大人の味。『メロンパン』カスタードクリームとカラメルソースがいい具合にマッチしてたっぷりと入っていた。イチ押しのパンです。

e0158857_22253088.jpg

Boulangerie Main Mano (マンマーノ)東北沢店

渋谷区大山町10-3  カーサルーチェ1F

TEL: 03-6407-8310
Open: 9:00~19:00
火曜日定休


日本シリーズ、中日vsロッテを見ながらこの記事を書いていましたが、昨夜につづき今日も延長戦。
売却問題で揺れたわが横浜Baystars、この時期に応援しているチームの熱い試合を見ることができるのが羨ましい。
by w-scarecrow | 2010-11-07 22:40 | | Comments(8)

かるがもシュー

e0158857_2139877.jpg

目を細めて見ないと、ちょっとばかし判りにくいかもしれませんが、かるがもなんです。
札幌『ケーキハウス ステラ★マリス』のシュークリームです。

e0158857_21431244.jpg

東急東横店で催されていた北海道物産展、ブラッと寄った催場の入り口に色んな表情をしたかるがもたちが居た。
思わず3羽をget。

e0158857_2150697.jpg

皮もカスタードも美味しかった。 尾の部分はイチゴがはめ込まれていて想わず笑ってしまった。

物産展のsweetsはロールケーキが人気があり目玉となっていることが多い。
でも井の頭線東松原の『ARANCIA』のロールケーキに勝るものなしと頑なに思っているので、他のものには目がいかない。
物産展でとろろ昆布も買ってきた。きしめんやうどんに花かつおの代わりに入れて食べた。

e0158857_0265674.jpg

以前、紹介した井の頭線高井戸にある『白髭のシュークリーム工房』のトトロのシュークリーム、こちらも美味しかった。

なにか殺風景な部屋がポッと明るくなる菓子たち。 紅茶を淹れDavid Darlingのcello unitを聴く。

チリの救出作戦ずっと見てしまいました。 フェニックスの横で再開を待つ妻たち。
もし自分だったら誰が・・、着物姿の老母が待っているのもなんだかな~。
その時は涙が似合う、若い頃の「さくら」倍賞千恵子みたいなエキストラを呼んでほしい。
竹内結子だとちょっとイヤミになっちゃうし・・。
by w-scarecrow | 2010-10-13 22:20 | | Comments(10)

雲を呑む

e0158857_1832082.jpg

一瞬、何の画か判らないと想いますが、これは雲呑(ワンタン)なんです。
中国の人が作るともっと丸っこく包みます。 でもスープの中で雲みたくヒラヒラしていてくれないとワンタンの感じがしません。

e0158857_18381542.jpg


結局、湯の中で広がってしまいました。

e0158857_18403817.jpg
以前、人に奨められ出会った目黒区にある八幡製麺所のワンタンの皮。
大手の食品会社の皮と比べるとサイズが大きい、そして熱を通しても破れたり、トロトロになったりしない、実に美味しい皮なんです。
餃子の皮も旨い。

成城石井の何店かに置いてあったのですが問い合わせたところ渋谷、世田谷、新宿圏内では成城店にしか置いていないとのことだった。

美味しいワンタンが食べたくトコトコとオバQ線に乗って成城学園前まで。
具に入れる芝エビが成城にも新宿にもなく断念。 
東急東横店の魚屋さんには置いてあるのですが、疲れてしまい今回は芝エビ抜きにした。

具はスタンダードで豚挽き、長ネギ、生姜、紹興酒、ごま油、醤油、コショウに五香粉を振りかけただけ。

20代の頃は酒を呑んだ後は昔ながらの屋台の支那ソバが無性に食べたくなった。
渋谷駅西口の駅の敷地内に屋台が出ていた。
呑んだ後のラーメン、食事の後のタバコ。
今日から禁煙生活に入っていて、今も鉛筆をタバコのように指の間に挟みながらキーボードを打っています。
吸いた・・。がまん。
最近は呑んだ後のラーメンは重過ぎて・・そこでワンタンスープがピッタシなんです。

皮が37枚入っていて残りは冷凍庫へ。 いつでも呑んだ後、家に帰ってワンタンを食べられる幸福感。
今度生まれてくるときもワンタンのある国で生まれてきたい。 マトンばっかり食べている国やバターをわんさか料理に入れる国には生まれたくない。

指に挟んだ鉛筆から煙が出ると落ちつくのにな~。
by w-scarecrow | 2010-10-01 22:29 | | Comments(8)

東横線に乗って

自由ヶ丘へ紅茶の茶葉を買いに行く。 
帰りに、大好きな奥沢のパン屋さん"CUPIDO"へは行かず、今回はIDEE SHOPの4Fにある"Jiyugaoka BAKESHOP"へ行くことにした。
e0158857_19521789.jpg

連休中のためかcafe spaceは女子、女子、草食系男子でどう考えても私の居場所はない。

e0158857_19571348.jpge0158857_201907.jpg






















ラズベリーのマフィン、紅茶の友。
空腹でお腹がグーグー叫んでいるけど、我慢してto go。


自由ヶ丘、大人の散歩道。 お洒落な街なのかもしれないが数ある雑貨屋も洋服屋もimpactがないように感じる。
upper 30の街なのかもしれないが、NHKの番組みたいで少しニュートラルな街。

e0158857_20172370.jpge0158857_20202650.jpg























ドライトマトとオニオンのチャパタと右はフィグ。
大好きなチャパタ、口の中でジローラモとロザンナが弾けていて旨かったー!
フィグはしっとり系でこれも美味しい。

e0158857_20261165.jpg

e0158857_20272920.jpg


pizzaを含めこの店のItalianのものも、キッシュも現地で食べているような旨さ。
胡麻のベーグルも香ばしい。
大きめのキッシュは600円代なので今回は断念。

e0158857_2036021.jpg

Jiyugaoka BAKESHOP

目黒区自由ヶ丘2-16-29 IDEE Shop 4F
TEL: 03-3723-2040

平日営業: 10:30~22:30
土日祝日: 9:30~22:30


半年ぶりの自由ヶ丘、楽しい想い出が詰まった街。BAKESHOPの品数の多さ、選択肢が多すぎる。
今度は何を買うか決めていかなければ・・。

あと一週間で私の吸っているタバコが¥320から¥440に値上がりします。
このまま、買い溜めはせず「¥440を払って買うか辞めるか」の択一で10/1を迎えようと思っています。
by w-scarecrow | 2010-09-21 20:57 | | Comments(8)

あんみつおばあちゃん

e0158857_2058096.jpg

夕方から遠雷がきこえるが、まだ降ってこない。
雷鳴がこんなに愛おしくきこえる今夏。

先週、老母の誕生日に京都の和菓子屋の宇治抹茶のあんみつを持っていった。
「今日は朝からMさん(兄嫁)が立派な桃を持ってきてくれるし、お前もあんみつを・・」
「おめでとう、今日誕生日だよ」
「えっ、今日何日? それで桃を持ってきてくれたのかね・・やだやだ忘れっぽくなって」

母の大好きなあんみつ、銀座立田野のあんみつが大好きみたいだ。
今回は志向を変えて宇治抹茶をかけて食べる清涼感たっぷりのあんみつ。 白玉も3個入っている。
母の嫁入りのときに持参した戦前に作られたガラスのうつわで出した。

皺が多くなった手でゆっくりと口に運んでいた。
幼稚園の頃までは毎日、母の後について商店街へ買い物に行っていた。
郵便局へ行くときだけは近くの甘味屋でピンクのすあまが食べられた。
今は80も半ばになった母の嬉しそうに食べる姿を見て、幸せな気分になってくる。

「今度、お袋の一番好きなゆかたの写真を撮らせてくれない?」
「いいけどこんなお婆さんを撮っても・・」
「ゆかただけだよ」
やっぱB型だ。

私の帰ったあと孫たちから「おめでとう!」の電話があったり、訪ねてきてくれたりしたみたいだ。
姪っ子たちの気遣いが本当にありがたい。

仕事仲間に「みのもんたのジョークを聞いて笑ってしまったら、もうオジサンだぜ!」と偉そうに言った私だが、朝の番組の寒~い
みのもんたのギャグを聞いて想わず笑ってしまった。
一生の不覚。 
猛暑の本州を抜けだして、涼しい沖縄かハワイに行きたいですね。
by w-scarecrow | 2010-08-18 20:58 | | Comments(15)

muffin & cookie

e0158857_16591087.jpg

4日連続の猛暑日、暑くて早朝に目が覚め、食欲が全くなく代々木八幡にあるパン屋までトコトコと。
帰りに以前から気になっていた代々木上原のマフィンとクッキーの専門店"Mirayne"ミレイネへ。

6(~8)種類のマフィンから3種類のマフィンを買ってきた。
左から珈琲ラムレーズン、抹茶小豆、ベリー。
これが「わー、うま!!」と叫びたくなるほど美味しかった。
抹茶の少し苦めの風味のなかに甘みを抑えた小豆が入っている。ラムレーズンもベリーも絶品。

たまごや乳製品、白砂糖は使わず、国産小麦粉・天然酵母・ゲランドの塩、舐菜糖で作られたマフィンやクッキー、さっぱりとした味わいです。

e0158857_17111068.jpg

さくさくとした苺のクッキー、甘酸っぱさがうれしい。
クッキーは普段は全く食べないが、これはいける。

e0158857_1714090.jpg

mirayne ミレイネ

渋谷区西原3-24-8

TEL: 03-6407-9331
Open: 10:00~18:30
定休日: 日曜、祝日




代々木上原駅東口から徒歩5分、大黒湯という銭湯の隣りにある。
ショーケースの横には古田真紀さんの素敵なガラスの作品が並んでいる。喫茶スペースもあり白い壁の光の反射が解放感を感じさせてくれる。

36℃のなか寄ってみてよかった!
ずっと空を見ているが入道雲らしき雲が全く現れない「早く出てこい入道雲!出番だぞ!」と呟いているが、無駄みたいだ。 
「降れ~!!」
by w-scarecrow | 2010-07-24 17:30 | | Comments(2)

角食

生まれ育った実家の近くにエビス製パンという朝7時に、焼きたての美味しい食パンが並べられているパン屋があった。
「w坊、食パンを2斤買ってきてくれないかい」
「エー、××兄ちゃんに頼んでよ」
「お釣りでジャムパンを1個買ってきていいからさ」
「・・エー・・」
そこのパン屋には1級上の暴れん坊の息子がいた。「××先輩が店にいないように」といつも祈りながら買いに行った。
e0158857_16543993.jpg

恐怖のパン屋は今は大きなマンションに変わり廃業をしてしまった。

何年か前に実家のすぐそばに『金麦』というお洒落なパン屋さんができた。
しっとりとして、粉の風味が香ばしいギュっと生地の詰まった角食(写真上)が美味い。
パン・ド・ミもあるが、この角食が癖になる。 トーストしたときのさっくり感が堪らない。

e0158857_1721582.jpg

金麦

港区白金台5-11-4

TEL: 03-5789-3148
定休日: 水曜日




白金トンネルの天現寺側入口のすぐそばにある。 横には目黒自然教育園の森が見える。
私たちのターザンごっこや戦争ごっこの主戦場だったところ。
広尾、白金台、目黒駅から徒歩で15分くらいのところにあります。

e0158857_17104621.jpg

宮崎県の霧島山麓にある高千穂牧場で作られている『高千穂発酵バター』、200g ¥504。
新鮮な生乳から分離して得られたクリームをドイツ製の乳酸菌を添加して発酵させた自然で爽やかな風味の発酵バター。
日本国内では数少ないヨーロッパの伝統的製法で作られている発酵バター。

"よつ葉"の発酵バターの強い風味ではなく、"カルピス・バター"のほんわりとやわらかな風味との中間くらい。
油のベタッとした後味はなくコクのある本当に美味しい発酵バターです。 がんばれ宮崎県!!

e0158857_1724087.jpg

池尻大橋駅と井の頭線・池の上駅の中間にある昭和レトロ感漂う、『藤屋製パン』。
天然温泉・淡島温泉(銭湯)の帰りに角食を買ってみたらこれが美味かった!
「みっけ!」と想いネットで検索したら口コミがいっぱいあった。 わざわざ遠くから買いに来る人も多いみたいだ。
気さくなお婆ちゃんが楽しい。「角食は何枚に切る?」
「そのままでいいですよ」
「今日は切らないでと言う人ばっかり・・」
お婆ちゃんはパンを切る機械を使うのが好きなのかもしれない。

近くの三宿にはお洒落なパン屋さんがいっぱいあるのに、自転車で買いにくる人でいつも混んでいる。

昔ながらのきめ細やかでソフトな角食。1斤,¥220。ミミも美味しい!

藤屋製パン 世田谷区池尻4-35-27
TEl: 03-3421-1464 定休日: 日・月・火・水曜日

今日は朝からTVでヤワラと3年B組がやたらと出演していた。 返り咲いた小泉チルドレンの片山さつきの半世紀前に流行ったヘアースタイルがどうしても瞼に焼き付いてしまい、何度、目をパチクリさせても消えない。
ちょっとアルコール消毒に行ってこようっ♪
by w-scarecrow | 2010-07-12 19:37 | | Comments(15)

when you wish upon a star

豚肉のビール煮を作ろうと意気込んで小田急ハルクへ。
豚ロースのブロックを買おうと思ったが、量が多すぎて・・結局、スライスしてあるロースを3枚購入。
e0158857_1893663.jpg

ビール煮は諦め、ロース肉を味噌漬けにすることにした。
仙台と信州の赤・白の味噌を合わせて24時間漬けこんだ。 豚丼にして食べたがなかなか美味い!
誰かに食べさせたいが、弁当箱に詰めて「食べてみてください・・」と男の手料理を渡すのは、ちょいと恥ずかしい。

横浜中華街へはチマキと北京飯店の豚まん、清風楼のシュウマイを年に何度か買いにいくが、焼き餃子は通販をしている大手のお店以外ではなかなか見つからない。中国では殆どが水餃子。

餃子と言えば宇都宮、最近は浜松餃子も進出してきている。 どちらも野菜の多いヘルシー餃子。

e0158857_18324615.jpg

宇都宮『みんみん』の餃子。(上の写真)
白菜、キャベツ、ニラ、長ネギ、玉ねぎ、にんにくの具が厚めの皮に包まれている、人気店だけあって美味い。
e0158857_18433484.jpg


e0158857_18523150.jpg
(焼きが下手でお店の方に申し訳ないです)
西荻窪の南口、昭和30年代にタイムスリップしたような商店街にある餃子専門店『西荻餃子』。
こちらも野菜がいっぱいの餃子、もちもちした皮が嬉しい。
生餃子8個で¥350。 ニラ餃子、しそ餃子もある。

西荻餃子
杉並区西荻南3-10-10

定休日: 日曜日

写真を見て気づかれたと想いますが、餃子のタレはラー油2、酢2、醤油1くらいの割合でハーハーしながら食べています。
博多の餃子は大量の油を使って焼くみたいなので家で焼くのは難しい、関西の小さめの餃子は皮が薄めなので、いつも焼きを失敗してしまう。

明後日は七夕、願い事はなんて書こう?
以前、湯島天神で受験祈願の絵馬のなかに「ここにある皆の願い事が叶いませんように」というテロリストみたいな絵馬があった。
集中豪雨で被害の大きかった南九州でも、七夕の夜は天の川が見えますように!と願う。
by w-scarecrow | 2010-07-05 20:10 | | Comments(6)