winter's scarecrow

カテゴリ:my back pages( 25 )

冬に咲いた花なのに・・

e0158857_1757451.jpg
「これからシビヤに行くけど、一緒に行くか」
「・・行く!」
亡父はもちろん、「ひ」を「し」としか発音できなかった。
シビヤ=日比谷のときは皇居、 シヴィヤ=渋谷のときがデパートの食堂でオムライスが食べられた。

皇居から帰るときは有楽町のガード下で、ぬる燗をチビチビと呑みながら、
小さな末息子が焼鳥を頬ばって食べている姿を嬉しそうに眺めていた。

年をとってから授かった子供なので、兄弟のなかでも親といらる時間が少ない。
いつもスタスタと足速に歩く父の後姿を、小走りに追うのに子供ながら息を切らした。
手をつなぐことはしなかった。
おかげで駅で2度も迷子になり駅員室で待たされた。

8月15日、64度目の終戦記念日である。
あの戦争中、ずっと戦禍の中、軍服の胸に収めていたであろう軍隊手帳。

父は近衛騎兵隊に入隊した。 背が高かったのも騎兵隊に配属された理由の一つ。
天皇陛下、皇族を守る軍隊、中国大陸で落城した街に騎兵隊に先導され皇族が入城する。
馬に乗り長いサーベルをさした写真が何枚かある。

戦争の話は殆どしたことがない。
大陸へと出征するときに、どこで知ったのか芸者となり勘当された実姉が、万歳を三唱している品川駅の軍用列車のホームで、父に向かって大きく手を振っている姿を見つけ、最後だと覚悟をしたらしい。
召集がくる前に勤めていた小さな商社、そこで酒、醤油、味噌の仕入れの仕事をしていたらしく、そのときに汽車に乗って会津や宮城、新潟の酒造元を訪ねていく旅の話を楽しそうに話していた。

20代という人生の中でもっとも輝く時を奪われた。
父だけではなく多くの人の青春が奪われ、散った。

昭和天皇が崩御された2ヶ月後、父は逝った。
高校時代、戦争と天皇について何度か父に絡んだ。 答えはもらえなかった。
天皇を守る近衛の最後の使命をあの時、終えたのかもしれない。
 
「人を殴ったらいけないぞ、そいつにもいつも心配している親御さんがいるんだ、だから殴っちゃ駄目だ」といつも言っていた。
by w-scarecrow | 2009-08-14 19:39 | my back pages | Comments(4)

♪雨に唄えば♪

e0158857_934103.jpg

"わが春をあこがれのみが駈け去れり麦藁帽子被りて眠る"

大学生になって初めて登校した日、隣に座った東北訛りの抜けない女の子がジッと見ながら言った。
「Wさんて、出身は北海道ですか?東北ですか?」
「?ここが地元だよ」
「うそ~っ!」
北海道の牧場で酪農をしている雰囲気があると言われた。
磐梯山にある知り合いのペンションで手伝っていたときは5歳も上のオーナーを通り越して
「ちょっとご主人いいですか・・」と私のところへきた。 どう見てもオーナーの方が年上に見える。

街を歩いてて感じるのだが、歌舞伎町辺りの風俗の呼び込みも私には全く声をかけず、後ろを歩いていた温水洋一風の男にまとわりついている。何故?
駅前のティシュ配りも私にはくれない。 チラシ配りもあまり差し出すことはない。
何故なんだろうと数十年考えているのだが答えが見つからない。
電車で前の席に座ったサラリーマンを見て、どこで生まれて、どういう家族構成で育ち、今はどんな奥さんと暮らしているのか? 
そんな他人の分析ばかりしている。

病院の待合室でなにもすることがないので、栄倉菜々に似ている薬剤師さんを眺めながらいろいろなシュミレーションをしている。(毎回)
偶然、街で彼女と出くわしたときのことを考える。 自分だったら「あっ、こんちわ」の一瞬で終わってしまう。
キムタクだったらどうするか、高倉健だったらどうするかを考えるが、キムタクとはかなりの隔たりがあり、
健さんの場合はどうしても舞台が網走の街になってしまう。

"必殺仕事人"の中村主水で考えたらすんなりといった。
町娘の彼女が茶屋の前をスタスタと歩いてくる。 擦れ違いざまに、
「お侍さま、手の傷が・・・血が・・・」
「いや、案じるほどのことではない」
「わたしは近くの小石川療養所の薬園で奉公しています。少しは医術の心得があります」
彼女は自分の着物の裾をサッと捲り、長襦袢を剥ぎ、素早く傷口を塞ぐ。
「そなたは療養所におると言われたな。名は何と申す・・」
「お侍さま、名乗るほどの者では・・・」
「では、そなたの携帯の番号でも・・」
「携帯は持っておりませぬ・・」
「ではFAX番号だけでも・・」
「はい・・」
出来た!シュミレーションが出来た。 FAX番号を訊こう! これだったらつい言ってしまう。

つまらない妄想にお付き合いいただきありがとうございました。emoticon-0139-bow.gifかたじけない。
by w-scarecrow | 2009-05-29 09:22 | my back pages | Comments(10)

風をあつめて

e0158857_0583465.jpg

春を感じた夕暮れ、代官山の西郷山公園。
この場所にきていつも口づさんでしまう歌があります。
"はっぴいえんど" 細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂のメンバーでが'70年代にヒットさせた ♪風をあつめて♪
              
                街のはずれの
                背のびした路地を 散歩していたら
                汚点(シミ)だらけの 靄(もや)ごしに
                起きぬけの 路面電車が
                海を 
                渡るのが見えたんです
                それで ぼくも
                風をあつめて 風をあつめて
                蒼空を翔けたんです
                蒼空を

松本隆作詞の曲、何度も口ずさんでいるが歌詞の意味合いなど関係なく、想い浮かべる情景に酔いしれているだけ。
オリジナルより、玲葉奈のカバーしたものの方がしゃがれた感じでグッとくる。

'70年代の渋谷百軒店(小路の名)、その後のmusic sceneを支えた人たちが"喜楽"でラーメンを食べ、"ムルギー"でカレーを食べていた。 百軒店の定番。 
"Black Hawk" "BYG"などのロック喫茶、音楽の吹き溜まりの街。
20代の彼らはそこに吹く風をあつめていたのかもしれない。

PCが壊れる寸前です。 この2,3日に買い替えなければなりません。
奈良への旅が消えてしまいました。 こうして何年も想い叶わず、想いを遂げずにいます。
吉野の桜、いつか行きます。 散りぎわの桜ではなく、満開の桜を観に行きます。
by w-scarecrow | 2009-03-16 02:43 | my back pages | Comments(2)

谷内六郎

8年前に阿佐谷の古本屋さんにあった『谷内六郎展』の画集。久しぶりに開いてみる。
頭のなかの鬱々としたものがゆるやかに解かれていく。
ノスタルジーに浸るわけでもなく、だだ昔の情景を懐かしむわけでもなく、肩にかかった少しの重しを降ろす。
e0158857_17362743.jpg

     谷内六郎、
     1921年(大正10年)東京市豊玉郡渋谷村(今の恵比寿)で九人兄弟の六男として生まれた。
     私も恵比寿で生まれ、四男。なぜか親しみがわく。

夕映え 1965年
e0158857_17534714.jpg

     小さな頃から喘息に悩まされ、病床で過ごすことが多かったという。
     千葉・御宿の知人宅で療養生活をしいられ、そのときに焼きついた漁村、山、海の風景を絵にしたものが多い。

枯葉のバレー 1959年
e0158857_1853494.jpg

     六郎はミッキーマウスを描くのが好きだったらしい。
     14歳の頃から「キング」「少年倶楽部」等に漫画を投稿して度々の入選。
     16歳のときは報知新聞に半頁大の漫画が掲載され漫画家で生きていくと決心。

電車カバンを買った日 初期
e0158857_1817243.jpg

     戦後は持病の喘息も快方へ向かうが、その後も再発を繰り返す。

夜の公衆電話 1959年
e0158857_1825573.jpg

     週刊新潮の創刊と同時に表紙絵を担当、以後25年にわたり1336枚の絵を描きつづけた。

シーッきじがいる 1971年
e0158857_18303447.jpg

      1981年、谷内六郎逝去、59歳。
                            <サンケイ文化センター発行、谷内六郎展より>

寒い季節の絵を選んでしまいました。
風の心地よさ、土の温かさ、雪を踏む靴音、闇夜に黄金色に光る電球、人々の営みのやわらかな空気感。
そんなものを十分に感じ本を閉じます。
by w-scarecrow | 2009-02-20 20:47 | my back pages | Comments(6)

apple

"煙草くさき国語教師が言うときに明日という語は最もかなし” 寺山修司
e0158857_23542045.jpg

秋になると学生時代からの旧友から、ふるさとの薫りが毎年届く。
山形県の『和合りんご』 蜜をたっぷりとふくんだサンふじが届いた。いつもいつも感謝。

毎日のように一緒にいた古き良き友人。
「いくらある?」「俺、1000円」「オレ、800円」
「ビール5本呑めるかもしれない」
渋谷の西口にあった居酒屋[やまがた]
そんなまったく金のない大学生を受け入れてくれた。
少し余裕のあるときはいつも『タコぶつ』
お店の人は他の人が呑み残していったビール瓶、宴会で残ったビール瓶を僕らのカウンター席にさりげなくポンと置いてゆく。
「呑め!若者」ということ。

旧友たちから毎年、お酒、ジャガイモ、りんご、車海老が届く。
あの時代、丹波篠山、京都、魚の美味しい日本海側、黒豚の鹿児島の人たちが周りにいなかったのが悔やまれます。

青森の園芸高校に<りんご科>があるそうです。
岡山だったら<もも科><マスカット科>があったらいいですよね。
桃、これがいつもそばにあったらなにもいりません。
ジョン・レノンもビル・ゲイツも好きだったりんご。もちろん私もappleです。
by w-scarecrow | 2008-12-27 00:31 | my back pages | Comments(6)