winter's scarecrow

2018年 01月 13日 ( 1 )

襟 巻


e0158857_00340258.jpg



氷点下の東京の朝、雲一つない青空。

腰に手を当て Meiji の R-1 ヨーグルトを飲む。 壊れれた胃腸が少しでも復活するように・・。
ただ、飲むたびにレスリングの女王吉田沙保里のはにかんだ笑顔を想い浮かべなければならない。 そんなことで朝から格闘している。


モスバーガーで向かいに座った20代女子二人、柳原可奈子風の子が焦げ茶の長めのマフラーをしている。
スマホをいじりながら、相方?の女子(痩せっぽちのちびっ子)に、「ねぇ、趣味って何を書けばいいんだろ?」
「…ダイエットじゃない、お金かけてるも」
「そうか?だよね・・特技ってなにを書けば」

間髪入れず 『 リバウンド 』と声を殺して私は呟く?叫ぶ!


彼女の首に巻いたマフラーが、身長の割りには長すぎる。


私の人生で最高に格好悪かった日。

高校2年のときに付き合っていた子から X'mas プレゼントに明るい緑色の手編みのマフラーをいただいた。結構長い。

初詣は一緒!

ということでお約束通り、黒のダッフルコートの首には緑のマフラーをグルグル巻きにして明治神宮へ。緑の毛糸に巻かれている。
彼女が夜なべをして編んでくれたマフラー、私も満足気な薄っぺらな笑顔? 誰が見ても手編みのマフラー。
彼女は、満足気なやり切った笑顔!

そんなマフラーにまつわる思い出。 それ以来、マフラーはしたことがないんです。

趣味は「ダイエット」の女子、焦げ茶色のマフラーがチャーミングでした。巻かれている感じが愛らしかった。ちょっと長いけど・・。


[PR]
by w-scarecrow | 2018-01-13 03:17 | そのほか | Comments(0)