winter's scarecrow

2017年 06月 30日 ( 1 )

BLACK 富山


e0158857_14220959.jpg



東京は朝からよわい雨がしとしとと降っている。 梅雨らしさのなかった六月も今日でおしまい。

富山県出身者の人は新鮮な魚を見ると「わ~、キトキトして美味しそう!」と言う。 
ピチピチ・ギャルは、キトキト・ギャルと言うのかな?

雨の中、思わず口づさむ歌は ♪ キトキトぴっちゃん、キトぴっちゃん、キト~ぴっちゃん・・ ♪ なんだろうか。

先日、ラジオで面白方言のコーナーがあり、一番感動したのは富山弁の「だいてやる」。
タクシーの中で上司が部下の女性に「今日は俺がだいてやるから、任せてとけ」「わ~、ほんとにいいんですか?ラッキー」

東京の街中を走っているタクシー内での富山県人の会話で、もし私が運転手だったら「お客さん、行き先は国立劇場から変更したしますか?・・どっか・・そんなとこ・・」とモジモジしてしまうだろう。

「だいてやる!」とは富山では『奢ってあげる』という意味らしい。

だが真剣に「今日は俺が抱いてやる」と言うときは何ていうのか、『今日は俺が奢ってやる!』と・・・・?

富山弁すごい。

富山の和菓子屋では「半殺しを5ついただけますか」と和服を着た上品な奥様が物騒なことを口にするという。 半殺し=はんごろし=おはぎのことらしい。怖い。 
小萩さんという友達がいたらなんと呼ぶんだろう?

持ち家率日本一、敷地面積も日本一。 数多くの日本を代表する産業の創始者、実業家を生んだ富山県。
ちなみに「有難う」のことを「きのどくな」と言うらしい。

町中に「きのどく」が溢れている雪国富山、路面電車の走る街。

富山出身のKさんからお土産にいただいた " 富山ブラックカレー " のレトルトは今まで食べた中で一番の味だった。 




[PR]
by w-scarecrow | 2017-06-30 15:06 | そのほか | Comments(2)