winter's scarecrow

2017年 02月 17日 ( 1 )

春一番、クシュッ

東京は朝から春一番の突風が吹いている。

街往くベッピンさんたちも、この暖かさにコートを脱ぎ、春へと向かうフキノトウのようないでたち、勿体ないのは多くの人がマスクで顔を隠している。 残念。

強い向かい風の中、愛チャリを目一杯漕ぐ「これが人生さ」とビル風に立ち向かうが、なかなか進まない。

国道246の交差点に出たら、今度は横からの突風。 ハンドル操作が上手くいかず愛チャリを降りた。 人は横風に最も弱い。 今日の教訓。


e0158857_14474825.jpg


飛び交う花粉で鼻をクシュクシュ、涙目でビルの合間を走りながら思う。

小池百合子都知事の東京大改革、” ダイバーシティー ”  ”セーフティーシティー ” ” スマートシティー ” の3つのシティー構想。

シティー、シティーばかりでやっと渋谷のマークシティー、オペラシティー、パークシティーを覚えたのに・・・。

” ダイバーシティー ” ってなんぞや? 潜っていくやつ? 空から落ちてくるやつ? 全く解らん、 薄っぺらな言葉っ!


そもそも広告代理店の会議や役人たちのプレゼンみたいで下々には通じないカタカナが多すぎて、パン屋とケーキ屋の店名のカタカナ名だけでも怯えているのに。 

” 都民ファースト ”

ひとりでフラっと気のきいたイタリアンの店でも入ってみたいなということもある、でもそこはテーブル席ばかりでしみじみと食事をできるカウンター席がない。

” ひとり者(もん)ファースト ”


『孤独のグルメ』の主人公、井之頭五郎が言っていた。

「腹が減って死にそうだ」彼はいつも腹を空かせている。これぞ男のバイタリティー。

「モノを食べるときはね、誰にも邪魔されず・・自由で、なんというか救われていなきゃダメなんだ。ひとりで静かで豊かで・・・」

井之頭五郎を見ていて思う、彼とは違って、人は食通になればなるほど気づかないうちに食に対して上から目線になっているのかもしれません。

花粉、舞っています。 医者からもらった花粉症の薬を飲んでいるのに鼻水が止まりません。 こういう日に限って街にティッシュ配りがいないんです。




by w-scarecrow | 2017-02-17 15:17 | そのほか | Comments(2)