winter's scarecrow

2017年 02月 01日 ( 1 )

鯛焼き

e0158857_21343158.jpg


染井ヨシノ発祥の地に私の父は眠る。

巣鴨駅の西友で供える花束を買い、染井霊園へ。 岡倉天心の墓で掌を合わせ、少し行くと彫刻家・詩人の高村光太郎の立派なお墓。「いつも父がお世話になっております」と掌を合わせる。

その少し先がわが父とご先祖さまのこじんまりとしたお墓。 きっとあの世ではご近所付き合いで盃を酌み交わしているのかもしれない。

なにかのエッセイで吉本隆明(吉本ばななのお父さん)氏が、” 智恵子抄 " の一文が「男のせつなさの象徴」と書いていた。


    ” がらんとした家で待つのは智恵子、粘土、木片、ふところのたい焼きはほのかに熱い、つぶれている ”



昭和の初め、光太郎が一番貧窮であった時代、病んでいる智恵子に少しの贅沢をとたい焼きを買ってきた一文。


そんな父とご近所の高村光太郎の辿ってきた道が気になっていた。 それと「たい焼き」



        ” つぶれたたい焼きでも智恵子さんは食べてくれるのであります。何とも哀しい ”



e0158857_01041386.jpg



渋谷ヒカリエ B2 の特設売り場に、福岡で有名なカルネの専門店 " ラ・スール " と押上、本所吾妻橋にある " クローバーリーフ " のちょいと変わったたい焼きが並んでいた。

「男のせつなさ」を選んだ。

ビスケット生地で焼き上げたサクッとしたクリスピーたい焼き。 羽の部分はビスケット、足までしっかりと詰まった餡、クリーム、チョコの3点を購入。

たい焼きといえば吉祥寺・ハモニカ横丁の " 天音 (あまね)" の餡と皮がベスト、" 根津のたい焼き " も捨てがたい。

新世代のクローバーリーフのたい焼きは、せつなさはないが、「これ、ヤバイくないっ!」と女子の囁きが聞こえそうな美味しいたい焼きだった。

            ” 鯛焼きを 子のない夫婦で分けて食べ ”


こんな愛しい川柳もあった。






[PR]
by w-scarecrow | 2017-02-01 22:44 | | Comments(0)