winter's scarecrow

2017年 01月 20日 ( 1 )

ひらひら

e0158857_14163033.jpg



なんだこの寒さは!!東京。 ひらひらと雪のこどもたちが・・・舞っている。

近所の医院にはこんな底冷えのする日でも 6,7人のお年寄りが待合室にいる。 私は youngest。

お年寄りたちは待合室に置かれた「文春」「週刊新潮」や「PEN」やファッション誌を読むわけでもなく宙を見、退屈になれば看護師さんに不自由な状況を語っている。

私の兄弟も父の遺伝なのか皆、胃腸が弱い。 プレッシャーに弱いのかもしれない。

ガスター20と尿酸値を抑える薬をもらうのに30分以上は待合室でじっとしている。


私の母も隔週に地元の病院へ通院しているが、どんな待合室での空間を過ごしているんだろう?


母の手は魔法のようだった。 熱っぽい額に触れてもらうだけで気分が落ち着いた。
痛いお腹をさすってくれると心なしか和らいだ。

大きくなった今でも、こころ許す人に触れてもらえば痛みは和らぐのかもしれない。


e0158857_14322561.jpg



" 60歳からの主張 ・川柳部門 " というのを目にした。


            ” 定年後 3日で妻の部下になる ”

            ” 目がかすみ妻と書いたら毒に見え ”

            ” 何曜日?馬鹿にするなと指を折り ”


サラリーマン川柳と同じで自虐ネタのなかに、ほのぼのとした家庭の姿が見えてくる。




アメリカ大統領選が終わったとき、嘉門達夫が 森昌子の " 越冬つばめの " の替え歌を歌っていた。

            ♪ ヒラリ~ ヒラリ~ ヒラヒララ トランプに負けた女です ♫

プーチン大統領が来日した際には、" ジョニーへの伝言 " で、

            ♪ プーチンが来たなら伝えてよ 2時間待ってたと~ ♫



今日はアメリカ新大統領の就任式、嘉門達夫はどう斬るんだろう?



NHKの夜11時代に放映されている、桑子アナの「これでもかっ!」くらいな爽やかな明るい笑顔のニュース(暗いニュースでも)の時間に帰れればいいんだけど・・・。 ダッシュ!

黒霧島の水割りを呑みながらの、ホッとする至福のときなんです。 
[PR]
by w-scarecrow | 2017-01-20 14:50 | そのほか | Comments(2)