winter's scarecrow

2015年 05月 27日 ( 1 )

社員食堂 ??

e0158857_1994160.jpg


東京は夏日がつづいている。 昨日は湿度が10数パーセントだったので茶沢通りを歩いていても気分は L.A.サンタモニカ Blvd. を歩いているようだった。

今日は蒸し暑い。


e0158857_1917825.jpg


以前住んでいたところから、300mしか離れていない今の部屋に引っ越して一年が過ぎた。

部屋は北北西向き、ただベランダからの視界が開けているので陰鬱な感じはしない。

夏は猛暑のとき以外は冷房はいらない、除湿に設定しておけば心地よくひと夏を過ごせる。

「わ~、エコな部屋に越してきてよかった~」と思っていたが、初めて迎えた冬にその思いがぶっ飛んだ。

古風なガラスの金魚鉢でも買って、黒い出目金も含め金魚を2,3匹と考えていたが、それは無理だっと知った。

何日か部屋を空けることがあったら、きっと金魚鉢の水は凍っている。

高倉健さんの " 八甲田山 死の彷徨 " を観ていたときは臨場感たっぷりで自分も吹雪の中を帝国陸軍とともに行軍しているようだった。


e0158857_1931858.jpg


TVのニュースでいくつか紹介されていた恒例の第一生命 " サラリーマン川柳 " 。
ベスト100まで見たが、「ありのままで~♪」と「だめよ、だめだめ」ばかりで毎年マンネリになってきている。
そんなかで気に入った川柳を3句。


                 " マヨネーズ カロリーハーフ 倍使う "


                 " レジェンドと 呼ばれることなく定年に "


                 " 正月は 箱根と決める 入浴剤 "



いつも一緒に呑んでいるイケリーマンのおじさんたちとどれもが被ってしまう。

その呑み仲間に「いつでもうちの会社に遊びにおいでよ! 社食でランチでもいいし・・」そう声をかけてもらうが、そこは大手ゼネコン、日本建築界の英知を尽くした本社ビル。

カーゴパンツにスケーボーシューズを履いた私には敷居が高すぎる。

受付で榮倉奈々ちゃんみたいな娘(こ)の笑顔を見たら、きっとフリーズしてしまって滑らかには喋れない、人間観察好きとしては廊下ですれ違った、シックなスーツにフェラガモのハイヒールを履いたベテランOLを見たら、きっとこの女性は伊豆七島の小さな島の村の年度予算くらいの貯蓄はあるんだろうな~とか、キョロキョロしてしまいそうだ。

社食で女子たちの前で定食を食べるなんて大学時代の学食以来のこと、木村文乃みたいな娘が前に座ったらと・・・考えるだけでお腹がいっぱいになってしまう。
気持ちが昂ぶって声をかけるとしたら「すみません、お父さんはおいくつですか?」と間抜けな質問をしてしまうだろう。


e0158857_2011685.jpg


いいな~社食!!、CoCo壱や天丼てんや、吉野屋、富士そばでのランチはもう飽きた! もうヤダ!
                 
by w-scarecrow | 2015-05-27 20:15 | そのほか | Comments(2)