winter's scarecrow

2015年 05月 23日 ( 1 )

e0158857_2222438.jpg



e0158857_1494251.jpg



おいてかれても なんのその

先にゆくのも 転ぶのも 

線をこえても なんのその 

ずっとむこうで 誰かが切ってくれたゴールテープが待っている


e0158857_14241640.jpg



昭和の運動会と違いスピーカーから大音量で行進曲が流れていない。 静かな運動場に子供たちの生の声が響く。

聞こえる子供たちの会話が愉しい。 同じ言葉を重ねている。


e0158857_034042.jpg




e0158857_2241188.jpg


子供たちが100の言葉をつかって会話をしているとしたら・・・もし、大人の私たちが100の言葉で会話をしねければいけないとしたら・・・言葉を無駄にしたくない。

もし言葉に終わりがあるとしたら、最後はどんな言葉を残すのだろう・・・「さよなら」、「ありがと」、 最後は、黙って眠りにつきたい。
by w-scarecrow | 2015-05-23 16:40 | そのほか | Comments(0)