winter's scarecrow

風をあつめて

e0158857_0583465.jpg

春を感じた夕暮れ、代官山の西郷山公園。
この場所にきていつも口づさんでしまう歌があります。
"はっぴいえんど" 細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂のメンバーでが'70年代にヒットさせた ♪風をあつめて♪
              
                街のはずれの
                背のびした路地を 散歩していたら
                汚点(シミ)だらけの 靄(もや)ごしに
                起きぬけの 路面電車が
                海を 
                渡るのが見えたんです
                それで ぼくも
                風をあつめて 風をあつめて
                蒼空を翔けたんです
                蒼空を

松本隆作詞の曲、何度も口ずさんでいるが歌詞の意味合いなど関係なく、想い浮かべる情景に酔いしれているだけ。
オリジナルより、玲葉奈のカバーしたものの方がしゃがれた感じでグッとくる。

'70年代の渋谷百軒店(小路の名)、その後のmusic sceneを支えた人たちが"喜楽"でラーメンを食べ、"ムルギー"でカレーを食べていた。 百軒店の定番。 
"Black Hawk" "BYG"などのロック喫茶、音楽の吹き溜まりの街。
20代の彼らはそこに吹く風をあつめていたのかもしれない。

PCが壊れる寸前です。 この2,3日に買い替えなければなりません。
奈良への旅が消えてしまいました。 こうして何年も想い叶わず、想いを遂げずにいます。
吉野の桜、いつか行きます。 散りぎわの桜ではなく、満開の桜を観に行きます。
[PR]
by w-scarecrow | 2009-03-16 02:43 | my back pages | Comments(2)
Commented by Kirara at 2009-03-16 23:51 x
雨上がりに広がる青空 ダイナミックですね。
東京はビルが多い反面 大きな木も多いように感じます。
場所によりけりでしょうか。

PC。。突然壊れますからねT_T
吉野の桜 来年も又咲きますからね^^
ベストの時期に是非ご覧になってくださいね。

「散り行く花」おかげさまで鑑賞できました^^


Commented by w-scarecrow at 2009-03-17 00:34 x
kiraraさんの東京日誌を見ていると楽しさと発見とすごく充実した日々だったことが伝わってきます。
大正8年制作の無声映画にリリアン・ギッシュが出ているんですもね。
「八月の鯨」はビデオならまだ購入できます。80代の彼女が観れます。
アフリカの布の色鮮やかさも素敵でしたね。
東京は結構、緑が多いんです。 
鉄瓶大丈夫ですか? 少しの錆くらい気にしないでくださいね。